【アッキード事件】政権直撃で、安倍晋三総理が週明け電撃辞任!???

-まずはじめに。本タイトルで用いた「アッキード事件」とは、一連の瑞穂の國“安倍晋三”記念小学院問題に対するネット上でついさっき見かけたネーミングである。例のロッキード事件をもじったものだろうが、「総理大臣の犯罪」という点において共通しており、グットジョブ!と当ブログでも使わせていただくものである。続いての「安倍晋三総理が週明け電撃辞任」は、最初に転載する原田武夫氏文のタイトルを拝借したものである。原田武夫氏(株・原田武夫国際戦略研究所所長)は、あの東日本大震災直後「原田武夫@本人、です。「地震とは、起きるものではなく、起こすものである。2004年以降、そうなっている。知らないのは日本人だけだ」米側関係者から伝わってきた言葉。要注意。 安倍総理にとって再登板4年余ではじめての強烈なアゲンストの風(逆風)が吹き出したように見受けられる。原田氏は「安倍総理は『我が国の本当の“権力の中心”』からの声に怯えている」と独特のぼかした表現をしているが、安倍増長を差し置いた「我が国の本当の“権力の中心”」とは一体どこの誰なのだろう。天皇家か裏天皇家かはたまた藤原五摂家なのだろうか、いやいやそんな大それた存在ではなく「国民主権者」ということなのだろうか。ということはさて置き。2番目転載の天木直人氏文の読売系日本テレビの辛坊治郎司会番組で、この事件への疑惑と安倍夫妻の関与にまで言及したという。辛坊と言えばベストファイブに挙がるくらいの大の安倍シンパテレビ人だったはずだ。それより何より、安倍応援団筆頭格の読売系日本テレビがアッキード事件を取り上げ出したのだから、さあ大変。産経新聞も自紙の過去の安倍動向を漁り、2015年9月3日つまり安倍昭恵が名誉校長就任の2日前、同校への国有地払い下げの財務省責任者だった迫田英典理財局長(当時-直後に国税庁長官に栄転)らと面談していたことをスッパ抜いた。読売、産経が揃って「安倍斬り」に転じたのだろうか。外堀ばかりか内堀まで埋められた格好だ。遅かれ早かれ「安倍総理辞任」は必至の情勢である。第1次安倍政権末期には松岡利勝農水相をはじめ死者がいっぱい出たが、今回はそうならぬうち早く辞めろや! (大場光太郎・記)-

〔「美しい国」の国有地疑惑〕◇ 元外務官僚の原田武夫さんがメルマガで「安部晋三総理が週明け電撃辞任!?
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/390.html 
投稿者 てんさい(い) 日時 2017 年 2 月 26 日 09:30:41

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-31f4.html#more

〔「美しい国」の国有地疑惑〕◇ 元外務官僚の原田武夫さんがメルマガで「安部晋三総理が週明け電撃辞任!?市場への​影響は?」 / 「……これに怯えているのは安倍晋三総理大臣自身であるはずです…………それが『我が国の本当の“権力の中心”』からの声だからです。これまで何度となく聞こえてきた声を完全に圧殺してきました。 今回も巧みにそうできるのか。 ・・・そう怯えているはずです」

〔★は大沼〕 ◎ IISIA公式メールマガジン ⇒ 
http://www.haradatakeo.com/

          *

 ─大事なことはただ一つ。
  「引き際」なのです。

安部晋三総理大臣が非難されています。
「森友学園」による国有地購入に関与しているというのです。

 本人は否定しています。
 また実際にその可能性は低いとも言えます。

 しかし問題は「逆風」が生じたということなのです。
 本来ならば生じるはずのない「逆風」です。

 これに怯えているのは安倍晋三総理大臣自身であるはずです。
 なぜならば「あの時」と全く同じだからです。

 第1次政権を退陣した際にもそうでした。
「週刊現代」によるスクープ記事が出る直前に退陣しました。

 それが「我が国の本当の“権力の中心”」からの声だからです。
 これまで何度となく聞こえてきた声を完全に圧殺してきました。

  今回も巧みにそうできるのか。
 ・・・そう怯えているはずです。

 「潮時」は肝心です。
 “潮目”は逆らう者を巻き込むからです。

「いよいよ」なのです。
 その瞬間が到来したのです。   


安倍首相はピンチだと認めたウェークアップの衝撃-(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/378.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 26 日 00:21:05
http://www.twitlonger.com/show/n_1spldfa
25th Feb 2017 市村 悦延 · @hellotomhanks

けさ8時から始まった読売系の日本テレビ「ウェークアップ」を観て驚いた。

 この番組は辛坊治郎が司会するコテコテの安倍首相よいしょ番組だ。

 ところが、きょうの番組では、辛坊治郎も政治記者もゲストも、

みな国有地払下げは疑惑だらけだと言っていた。

 徹底的に責任追及しなければいけないと言っていた。

 安倍首相自らが払下げに関与した事がないにしても、

安倍夫妻の関与がないとは言えないとまで言っていた。

 これには本当に驚いた。

 野党が安倍首相を追いつめる事が出来なくとも、

国有地払下げ疑惑は、ひょとして本当に安倍首相の命取りになるかもしれない。

 そうなれば日本政治史上はじめての革命的な出来事になる。

 その功績は決して野党ではない。

 土地問題を最初に追及した豊中市の市議だ。

 その事を書いた日刊ゲンダイや週刊誌だ。

 日本会議問題をクローズアップした菅野完氏だ。

 それらを知って怒った国民だ。

 ここまで来れば大手新聞も書かざるを得なくなった。

 そしてついに、最後まで取り上げようとしなかった読売がついに取り上げざるを得なくなり、

日テレが取り上げた。

 そして取り上げた以上、弁護は出来なくなった。

 安倍夫妻はかなり堪えているに違いない。

 私がそう思うのは、あの饒舌な昭恵夫人がテレビの取材に答えずに逃げた姿を見たからだ。

 昭恵夫人が嫌気をさせば安倍首相は止められない。

 ひょっとしたらひょっとするかもしれない。


外国メディアは安倍辞任の理由をどう報じるか見ものである  天木直人 「もはや安倍首相の辞任は当たり前」 
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/398.html 
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 26 日 10:55:15

http://kenpo9.com/archives/1036
2017-02-26 天木直人のブログ

 私の頭の中には、もはや安倍首相の辞任は当たり前となっている。

 問題は辞める理由である。

 国有地払下げ疑惑に関与していたから辞めるということは、あり得ないと思う。

 いくら安倍首相がお粗末な政治家でも、国有地払下げに直接関与していたとは思えないからだ。

 いくら安倍首相が嘘つきでも、「国有地払下げに関与していたら国会議員も首相も辞める」、などという墓穴を掘るような嘘はつかないと思うからだ。

 安倍首相にはまったく辞める気などない。

 ないからこそ、直接関与していたら辞めるとまで自信を持って大見得を切ったのだ。

 ところが、今度の大騒ぎの過程で、想定外の、もう一つの大きな問題が表面化した。

 それが、日本会議の幹部である籠池理事長の韓国、中国に対する数々のヘイトスピーチであり、その偏った歴史認識に基づく軍国主義的教育方針である。

 このことこそ、日本会議と価値観を共有し、昭恵夫人に至っては堂々と籠池理事長の教育方針を賛美して名誉校長まで引き受けていたと言う意味で、「私も妻も」直接に関与していたのだ。

 いよいよ外国メディアが関心を持ち始めた。

 その理由は、まさしく安倍首相夫妻の、この、右翼的、軍国主義的歴史認識であり教育方針に着目したからだ。

 外国メディアに書かれ始めたらお終いだ。

 私は繰り返し書いてきた。

 一強多弱の政治状況の中では、安倍首相が国内問題で倒れる事はないと。

 しかし世界を敵に回してはひとたまりもないと。

 わずか8億円程度の国有地払下げ疑惑など、外国メディアは関心がない。

 そんなことを書いても外国人には理解できない。

 しかし軍国主義の再来は別だ。

 安倍首相が軍国主義を復活させようとしているとなれば、世界的なニュースになる。

 それを危惧する日本国民が安倍首相を拒否したと報じれば世界は納得する。

 このまま行けば、「瑞穂の國記念小學校」は間違いなく4月には開校できなくなる。

 それどころか、幼稚園児を軍国主義に染め上げようとしていたことがバレた森友学園さえも、存在が危うくなる。

 安倍首相が辞任する理由は、まさしくその社会的混乱を招いた引責辞任となるに違いない。

 そして外交メディアはそれを、極右の歴史認識を持つ安倍首相が国民から拒否された、と書くに違いない。

 まさしく安倍首相は自らの間違った政治姿勢の為に辞任の追い込まれるのである(了)

(以上、転載終わり)

関連記事
<重大>安倍晋三首相、昭恵夫人が名誉校長になる直前に理財局長と面会!安保の時期に大阪入り!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/367.html
<その時何が>2015年9月4日「近畿財務局9階会議室で森友学園の価格交渉」同日「安倍総理大阪でミヤネ屋出演」
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/365.html
第2次安倍政権発足と同時に始動の「安倍小学校疑惑」-(植草一秀氏) 
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/377.html
<驚愕>塚本幼稚園の選手宣誓映像が全国放送に流れる!「安倍総理ガンバレ 安倍総理ガンバレ」
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/358.html
本当に逃げた安倍昭恵と逆切れ晋三のポチと化した維新!(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/332.html

| | コメント (0)
|

【美しい国の変な事件】名誉校長辞任でも終わらない “安倍晋三小学校”異様の全容

-安倍総理は17日、本事件への関与を否定し、「もし私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞めますよ」と啖呵を切った。が、以後しばらく衆院予算委員会に姿を見せなかった。国会審議最優先を考えればサボり以外の何物でもないが、24日何食わぬ顔で出てきて、民進党、共産党の本事件追及に答えた。答弁内容を聞くと、サボリ期間安倍はどうやら相当本事件対応策を練っていたようだ。安倍自身&同政権にダメージを及ぼさぬよう、菅官房長官、世耕経産相、飯島内閣参与など悪知恵の働く連中と連日連夜鳩首相談していたのではないか?その結果が安倍昭恵の名誉校長辞任である。それと共に、(いけ好かない)佐川財務省理財局長による「近畿財務局と森友学園の交渉記録は既に破棄」答弁、松井大阪府知事による「認可取り消しもある」発言などから、関係省庁に手を回した可能性がある。『日本会議の籠池さんとは10年来の知友だが背に腹は代えられぬ。籠池一人を悪者にしよう。よしっ、これで辞任せずに済む手を打った』とばかりに、24日満を辞して例のヘラヘラ答弁となったのだろう。これで事件は収束の方向へと持って行きたいのだろうが、どっこいそうは行かない。新聞・テレビが逆に本腰を入れて報道し始めたからだ。新聞ではきっかけを作った朝日新聞や毎日新聞、東京新聞など。テレビではテレビ東京の『ゆうがたサテライト』やテレビ朝日の『報道ステーション』など。この際世論感度の鈍い「安倍様」読売、NHK、産経はどうでもいい。何といっても国民大衆に最も強い影響力を有する新聞・テレビがこうして本気で報道していけば、国民の多くが知るところとなり、学校用地の不当払い下げ、有り得ない学校認可過程などに誰しも疑問と怒りを持つことだろう。また、今まで沈黙を守っていた志位和夫共産党委員長が「政治的圧力があったのは明らか。それが誰なのか、徹底的に追及していく」と宣言した。さらに小沢一郎自由党代表は「(学園HP安倍昭恵の名誉校長あいさつを)削除すれば済むと思っているのか」と厳しく一喝。志位、小沢両巨頭が疑惑追及に本腰を入れれば、各野党委員の国会追及も一段と弾みがつく。なお民進党は「安倍追及のエース」辻元清美カードを早く切るべきだ。国会追及+新聞・テレビ報道+ネット拡散。疑惑追及はこれからが本番だ。「巨悪は眠らせない」とは昔の東京地検特捜部のスローガンだったが、まったく動く気配のない大阪地検が嫌でも動かざるを得なくしていかなければならない。内閣総辞職、国会議員辞職さらには安倍晋三&安倍一派を刑務所に! (大場光太郎・記)-

【追記】
 24日の民進党の福島委員の質問に安倍総理は、「妻は嫌だと断ったが、籠池理事長がしつこい人で強引に口説かれ、なおかつその後集会で親たちから拍手され断れなくなった」というような答弁をした。しかしこれは真っ赤な嘘の可能性がある。直近のテレ東『ゆうがたサテライト』では安倍昭恵が壇上挨拶で心から学校設立の主旨に賛同している様子を映している。さらに(以下に紹介するとおり)昭恵名誉校長就任の日の2日前、安倍晋三自身が大阪入りしていたのだ。例の戦争法案審議たけなわの頃のことで、審議をすっぽかしての大阪行きに非難殺到だったが、この時この問題で関係者と会い協議した、新たな疑惑が浮上しているのである。

森友学園:不認可の可能性言及 大阪知事
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0226m040093/
2017年02月25日 22時13分 毎日新聞

 大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として大阪府豊中市の国有地を鑑定額より安く取得した問題に関し、松井一郎知事(日本維新の会代表)は25日、「森友学園が安定した経営ができないようであれば認めるわけにはいかないというのが府教育庁の立場だ」と述べ、小学校設置を認可しない可能性に改めて言及した。大阪市内であった党の会合で語った。

 また松井氏は建設現場から掘り出したごみの一部を運動場予定地に埋め戻したとする土木業者の証言を踏まえ、豊中市に対し、再調査して早急に報告するよう求めたことを明らかにした。【念佛明奈、青木純】

塚本幼稚園理事長・籠池泰典の経歴、見つけ! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/280.html

(中略)
【籠池靖憲氏プロフィール】
昭和28年香川県生まれ。昭和51年関西大学卒業後、奈良県庁に入庁。
昭和54年に結婚し、義父である森友寛が運営する塚本幼稚園の副園長となり、
幼児教育の道に進む。現在、南港さくら幼稚園幼児教育学園と合せ園児数450名。平成22年4月より保育園「肇國舎」を開園する。

上投稿記事コメントより

37. 2017年2月25日 21:35:26 : DcYRyD2WFQ : yg9aozpnhaE[65]
これは いわゆるフェイクニュースというやつ?本人が?

【速報】産経新聞が大スクープ 昭恵名誉校長就任の2日前に安倍ぴょんが財務省理財局長と面会、前日に大阪入りしてたことを突き止める

【安倍日誌】2015年9月3日
【午後】2時2分から12分、内閣府の松山健士事務次官、黒羽亮輔賞勲局長。17分から27分、財務省の岡本薫明官房長、迫田英典理財局長。
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150904/plt1509040010-s.html
【安倍日誌】2015年9月4日
【午後】0時13分、同空港発。39分、大阪市中央区の読売テレビ着。1時30分から2時29分、番組収録。
3時3分から45分、情報番組に出演。48分、同所発。4時7分、同市北区の海鮮料理店「かき鉄」着。故冬柴鉄三元国土交通相の次男、大さん、秘書官らと食事。
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150905/plt1509050012-s.html

安倍昭恵の塚本幼稚園講演会&名誉校長就任は9月5日

上コメントを裏付ける投稿記事
<重大>安倍晋三首相、昭恵夫人が名誉校長になる直前に理財局長と面会!安保の時期に大阪入り!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/367.html

 きっこ @kikko_no_blog 

【時系列はすべてを語る】
2015年9月3日、安倍晋三首相、財務省の岡本官房長、迫田理財局長と面会。
2015年9月4日、安倍晋三首相、安全保障の審議を欠席して大阪でテレビ出演。
2015年9月5日、安倍昭恵氏、大阪の塚本幼稚園で講演して名誉校長に就任。

| | コメント (0)
|

【金毛九尾昭恵】女狐め、森友事件の旗色悪しと見てオロチ晋三と策謀を巡らし、名誉校長を辞任しおったわw

-古い話ながら。出口王仁三郎が率いていた戦前の神劇団・大本では、「人三化七」(にんさんばけしち)と言う用語がよく使われていた。一人の人間が悪霊に憑依され、まともな人の部分が三分、後の七分は悪霊に支配されている状態を言うのである。第一級(?)の悪魔・悪霊は、一国の指導者に取りつくのを好む。その方が手っ取り早くその国全体を魔道亡国に導く事が出来るからである。この4年余の増長が目に余る振る舞い、国&国民を平気で不幸に陥れるやり方から、安倍晋三&安倍昭恵が既に人三化七状態である可能性が高い。晋三が果たして「悪の総大将」「オロシアの極悪神」と日月神示で言われている八頭八尾の大蛇、昭恵が国家元首級の奥方に憑依するとされる金毛九尾女狐という高級悪神(?)かどうかは分からない。が、いずれにせよ、二人が邪悪レプティリアンまたは凶悪霊に憑依されているのは間違いないだろう。と、話がだいぶ脱線したが、そこで今回の森友小学校事件。そういう邪悪な存在に本霊(御魂)を占領されている状態の人間はとにかく「何でもあり」だ。今回の安倍晋三小学校事件の各官庁への政治的口利き・圧力くらい平気の平左。それに今の今まで、これがまさか表ざたになり事件化されるなど思いもしなかったであろうから。安倍晋三、安倍昭恵、麻生太郎財務相、下村博文文科相(当時)、松井一郎大阪府知事そして籠池泰典森友学園理事長。すべてが凶党霊団・日本会議カルトメンバーではないか。なお、日本会議と表裏一体で統一教会も関わっている可能性が指摘されているが、ご案内のとおり安倍は祖父・岸信介の代から統一ともズブズブ、統一の機関誌『世界思想』表紙に安倍晋三はたびたび登場、また同誌はかつて森友・塚本幼稚園を詳細に紹介もしていた。そうだ忘れていた。この事件には国交省近畿航空局も絡んでいるが、当時の国交相は池田大作への反逆者・公明党一の安倍シンパの太田昭宏だ。これで日本会議、統一教会、創価学会と凶悪三大カルトが全部揃ったわけだ。それらがまとまって「アベ真理教」。その殿堂が安倍晋三記念小学校ということだったのではないのか?件の小学校敷地には瑞穂神社なるものも造営されるそうだが、学校側はご祭神を公表していない。まさか祭神は安倍夫妻などということはあるまいねw (大場光太郎・記)-            

▼安倍昭恵が名誉校長を辞任
共同通信によると、
 安倍晋三首相は24日の衆院予算委員会で、大阪市の学校法人「森友学園」が今年4月に開校する予定の小学校に関し、昭恵夫人が名誉校長を辞任したと説明した。

 「安倍晋三記念小学校」名目での寄付金集めについて同学園に抗議し、謝罪があったことも明らかにした。

 昭恵夫人の名誉校長就任の経緯について「当初断ったが(2014年12月の)講演の場で拍手をされて、その場で『お引き受けできない』とはっきり言うことができなかった」とした。

 小学校の名称に関し「断っているにもかかわらず、寄付金集めに名前を使われたのは遺憾だ。抗議し、先方から謝罪があった」と語った。  (以上 共同通信)

********************

 安倍晋三が「得意のキレイゴト」を並べた。これまで素晴らしい教育をなさっているとほめていたではないか。「森友学園」の籠池泰典は、大の安倍信奉者で、極右仲間だ。

 タダ同然の200万円と言う激安払い下げが、騒ぎとなり、慌てて名誉校長を白紙に戻し、抗議するポーズを取っただけだ。

 安倍晋三がここまで手を打ったのは、国有地の“激安バーゲン”が政権の命取りとなる危険を感じたからだ。

 だが、こんなことで幕引きは出来ない。舞台の幕はたった今、開いたばかりだ。これでお開きとなれば、税金と言う名の木戸銭を払った客が黙っていない。


初公開! 総理夫人が名誉校長になるまで テレビ東京 2017年2月21日

(以上、転載終わり) 


関連記事
逃げる<安倍昭恵・晋三>を追え!(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/261.html
政界地獄耳 安倍昭恵を参考人招致すべき(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/248.html
<森友学園騒動>安倍晋三首相、国会で声を荒げて大激怒!「私と妻を侮辱した!」「隠蔽ではない!」
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/299.html
<速報>森友学園の「瑞穂の國記念小學院」から安倍昭恵夫人の挨拶が削除される! ←逃がすな!とことん追い詰めろ!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/271.html
テレ東 徹底追及! 安倍首相の嘘答弁を暴く!昭恵夫人は森友学園とズブズブだった!<“愛国”小学校の土地格安取引の謎… >
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/308.html

| | コメント (0)
|

【安倍小学校事件】早く幕引きしたい官邸を忖度し読売・NHKなどはほとんど報道せず こうなったら「ネット草の根運動」で大拡散しよう!

-民進党、共産党議員たちの渾身の追及により、国会では日々森友学園事件の新たな事実が出てきている。毎度引き合いに出す阿修羅掲示板などは、そりゃもう凄いものだ。拍手ランキング50位のうち、この事件関連記事が39もある。日刊ゲンダイも1面から3面のいずれかで、毎日同事件関連を記事にしている。一言言えば、日刊ゲンダイの記事内容の深さ、追及の鋭さは本来、昔々は「社会の木鐸」と呼ばれた大新聞が報ずべきものだ。同事件報道の口火を切った朝日新聞、そして毎日新聞や東京新聞なども少し本腰を入れて報道し始めたようで一定の評価はできる。テレビでは何と言っても(意外なことに)テレビ東京が他局の追随を許さぬ奮闘ぶりだ。同局の『ゆうがたサテライト』で、既に2回にわたって安倍晋三・昭恵小学校事件を掘り下げて報道しているのだ。翻って、「安倍友新聞」の読売、産経両新聞や系列テレビ局、「安倍様の」NHKなどはアリバイ的にほんのチョロッとしか報じていない。同じ新聞・テレビでも安倍政権に対する距離感によって、同事件報道姿勢がくっきり分かれている構図である。それにしても、(岸信介などとともにCIAスパイだった正力松太郎が大きくした)読売新聞は犯罪的だ。アリバイ的に何面かの隅っこで一度小さい記事にして「ハイ、お終い」。読売を牛耳っているのは渡辺恒雄だが、この者は安倍増長と最多の8回も会食しており、平成ただ今の筆頭老害というべきだ。真に伝えるべきことを意図的に伝えない読売は、(正力のCIAコードネームを取って)PODAM読売と言われている。2年ほど前、ある女性ジャーナリストが「貴社はポダム新聞と言われているが事実か」「貴社の渡辺恒雄氏もCIAスパイなのか」などというドキッとする質問をぶつけたらしいが、もちろんなしのつぶてだった。喫緊の事件をロクに報道せず、先週末読売調査で内閣支持率66%をはじき出すような胡散臭さでは、そのような質問を投げかけられても仕方あるまい。いずれにせよ、こんな大疑獄事件を官邸の幕引き意向でウヤムヤ決着にさせては末代までの日本国民の恥だ。「ネット草の根民主主義」の本領発揮。燎原の火。全国民にこの事件が知れ渡るまで大拡散していくべきだ。 (大場光太郎・記)-

21016

森友学園、ほんとのなまえは「あべとも学園」(別名「すしとも学園」とも呼ぶ)
[ 2017/02/20 14:44 ] 名無し [ 編集 ]

上至言の転載元
森友学園の国有地買収騒動、安倍昭恵氏が関与否定!「主人が国会で話した通りです」
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/122.html

21015

【森友学園】設立経緯が不透明すぎる「神道小学校」・・・学校用地の取得単価は隣接する土地を購入した豊中市のおよそ10分の1★4 [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487575236/7

7 :名無しさん@1周年:2017/02/20(月) 16:21:44.68 ID:qv7qntyQ0
  ☆機能している報道機関

 ○朝日新聞
 ○毎日新聞
 ○産経新聞
 ○東京新聞
 ○西日本新聞
 ○新聞赤旗
 ○テレビ東京
 ○TBSテレビ
 ○MBSテレビ(大阪)
 ○ABCテレビ(大阪)
 ○テレビ大阪(大阪)


△動きの鈍いアンコンされてる報道機関

 ○NHK
 ○テレビ朝日
 ○関西テレビ(大阪)


●ネトサポなみ報道機関(報道機関なのか?)

 ○読売テレビ(大阪)
 ○読売新聞
 ○時事通信 
 ○日経新聞
 ○フジテレビ 
 ○日テレ



報道各社の首相との会食頻度
http://i.imgur.com/HdXBj4U.jpg

20716

【アベ小学校疑惑】マジで幕引き図る政権とマジで追随するマスコミ(田中龍作ジャーナル)
http://tanakaryusaku.jp/2017/02/00015405
2017年2月22日 20:41 田中龍作ジャーナル

21013
ヒアリング会場で撮影するテレビ朝日のカメラマン。日本のテレビ局でただ一社だけだった。=22日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 「与党の方がもう幕引きを図りたいということなのか。採決をどんどん提案している」。こう話すのは民進党の衆院予算委筆頭理事である長妻昭議員だ。

 長妻氏の言う通り「平成29年度予算案」は来週前半に衆院予算委で採決される見通しだ。予算案が採決されれば予算委員会は開かれなくなる。

 安倍晋三記念小学校への国有地タダ売り疑惑は、少なくとも衆院で日の目を見ることはなくなる。

 官邸の思惑を察してか。大阪以外のマスコミは幕引きモードに入ったようだ。

 民進党による財務省と国土交通省からのヒアリングがきょう、国会内で開かれたが、日本のテレビ局のカメラはテレビ朝日の一台だけだった。他には香港フェニックスTVが一台。

 ヒアリングでは福島のぶゆき議員らの厳しい追及を受けてポロッと真相の一端が飛び出すことだってある。にもかかわらず日本のテレビ局のカメラはテレ朝一台だけなのだ。

 政治部の記者さんたちは、そこそこの数来ているが、明日(23日)の予算委員会で飛び出す質問の「予習」だ。疑惑を書くために来ているのではないのだ。

 文科省に新聞を大量に購入してもらい、軽減税率の適用を受ける。政府に助けてもらっている新聞社(テレビ局は新聞社の支配下)が、政権を批判できる訳がない。

  官邸記者クラブに席を置く知人のジャーナリストによると、マスコミ各社は自粛ムードになっているそうだ。官邸も疑惑を乗り切れると安心できっているという。

 「一度やったんだから(ニュース番組で取りあげたんだから)いいじゃないか」。スシ友幹部の高笑いが聞こえてくるようだ。


21014
アベちゃんによく似た財務官僚(右)。21日は大阪に出張り、近畿財務局で開かれたヒアリングの際は出先の役人に目を光らせていた。=22日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 ~終わり~

21018

なぜ、報道しないとガンガン抗議しよう!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/205.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 22 日 10:50:05
http://79516147.at.webry.info/201702/article_238.html
2017/02/22 09:34 半歩前へⅡ

 14億円の国有地を200万円でたたき売った森友疑惑は、政権が吹っ飛ぶような大スキャンダルだ。それをNHKはじめ読売などは報道しないのはおかしい。

 金正男事件より安倍晋三の「森友学園疑惑を報道しろ」とガンガン電話をかけてやろう!

 メールのアドレスが分かる人は教えてほしい。出来る人はメールで抗議しよう。

会社名 住所 電話番号
朝日新聞東京本社
〒104-8011 中央区築地5-3-2 03(3545)0131

毎日新聞東京本社
〒100-8051 千代田区一ツ橋1-1-1 03(3212)0321

読売新聞東京本社
〒100-8055 千代田区大手町1-7-1 03(3242)1111

日本経済新聞社
〒100-8066 千代田区大手町1-3-7 03(3270)0251

東京新聞
〒100-8505 千代田区内幸町2-1-4 03(6910)2211

産経新聞東京本社
〒100-8077 千代田区大手町1-7-2 03(3231)7111

NHK 150-8001 渋谷区神南2-2-1 0570-066066

日本テレビ 105-7444 港区東新橋一丁目6番1号 03-6215-1111

TBS(東京放送) 107-8066 港区赤坂5-3-6 03-3746-6666

フジテレビ 137-8088 港区台場2-4-8 03-5500-8888

テレビ朝日 106-8001 港区六本木6-9-1 03-6406-2222

テレビ東京 105-8012 港区虎ノ門4-3-12 03-3432-1212

21019

2109

安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務める私立「瑞穂の國記念小學院」用地取得疑惑が政変へと発展?(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/245.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 2 月 23 日 09:06:23

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/bb909292ff0e4d9fd7842625a9562201
2017年02月23日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務める私立「瑞穂の國記念小學院」用地取得疑惑が政変へと発展?

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務め、4月に開校する大阪府豊中市の私立「瑞穂の國記念小學院」(寄付金を募った際の名称・安倍晋三記念小学校)の用地をめぐる疑惑について、小沢一郎代表は2月21日、国会内で定例の共同記者会見のなかで、事実関係を徹底的に解明し、責任追及に乗り出す意向を明らかにした。疑惑とは、財務省近畿財務局が大阪市内の学校法人「森友学園」(籠池泰典理事長)に私立小学校用地として豊中市内の国有地8770平方メートルを8億1900万円も値引きし1億3400万円で売却したことである。小沢一郎代表は、「国民の財産を特定の者たちだけで、不当に安く払い下げが行われたということであれば、それは国民に対する背信行為であり行政の背信であり、政治家が関わっていれば政治家の背信行為である」とはっきり述べた。安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務めている事実は、安倍晋三首相自身の関与を疑わせており、最低限「倫理的責任」は、免れない。安倍晋三首相は「私や妻が関係したということになれば、間違いなく首相も国会議員も辞める」と明言しており、小沢一郎代表の追及次第では、一気に政変へと発展しかねない。

21020

健闘している野党、メディアを激励しよう!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/226.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 22 日 22:25:05:
http://79516147.at.webry.info/201702/article_247.html
2017/02/22 21:55 半歩前へⅡ

▼健闘している野党、メディアを激励しよう!
  野党が動き出した。小沢一郎が「安倍自民党にやられ放っしだ。もっと発信力を」と民進党にはっぱをかけた。民進党が「森友疑惑」で森友学園理事長の参考人招致を要求した。

 タダ同然で国有地をものにした森友学園に絡む「森友疑惑」。

 何よりも議員たちを動かしたのは私たち市民パワーだ。ネットでの追及の声は日を追うごとに高まった。恐る恐るメディアも動き出した。

 批判ばかりするのではなく、「森友疑惑」追及に立ち上がった野党を励ましてやろう。元気づけてやろう。頑張っている朝日新聞や東京新聞、日刊ゲンダイ、それに毎日新聞を電話、メールで激励しよう。

 励まされてうれしくない者はいない。普段批判されているばかりだから、激励がなおさら身に染みる。

 自民党は「森友疑惑」を甘く見ていたら大間違いだ。言い訳がつかないような無茶な払い下げ。政権が吹っ飛ぶ大スキャンダルの発展する可能性が濃厚だ。そのためには追及の手を緩めてはならない。

 野党、メディアが自信を持って対決出来るよう私たちは応援しよう。電話、メールで直接激励しよう。それが私たちが出来ることだ。安倍政権との対決は総力戦だ!

96
「もう、降参」と安倍首相が退陣するまで拡散しよう!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/259.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 23 日 14:00:04
http://79516147.at.webry.info/201702/article_252.html
2017/02/23 12:55 半歩前へⅡ

▼「もう、降参」と音を上げるまで拡散しよう!
 政府自民党は慌てている。戸惑っている。「森友疑惑」を深刻に受け止めている。ここは、騒ぎが収まるのをひたすら待っている。

 話題を反らそうといろんな仕掛けをして来よう。だが、誤魔化されてはならない。彼らの思う壺にさせてはならない。「森友疑惑」の手綱を緩めてはならない。

 みなさんは「森友疑惑」に関する情報やニュースをドンドン拡散してもらいたい。国有地をタダ同然に手に入れた「森友疑惑」に注目が集まれば、集まるほど政府自民党は窮地に追い込まれる。彼らが「もう、降参」と音を上げ、安倍首相が退陣するまで拡散しよう。

(以上、転載終わり)

| | コメント (0)
|

【安倍晋三記念小学校】この疑惑で居直る安倍の神経と幼児性に唖然

-問題の国有地を森友学園に払い下げた経緯には財務省、国交省、そして学校認可には文科省、大阪府がかかわっている。既報のとおり、ゆうに10億円以上する国有地を森友学園は、「行って来い」のわずか200万円余だけでまんまとせしめた。その上、木造校舎建設補助金として6千2百万円+校内緑化補助金として大阪府と環境庁から4千万円、計1億円以上を手にしたという新情報まである。何がいいたいのか。日頃は融通の利かない硬直化したわが国縦割り行政にあって、この安倍晋三記念小学校建設プロジェクトだけは各省庁それに(安倍友党・維新が牛耳る)大阪府などすべてが阿吽の呼吸のような連携プレイで、通常の国有地では有り得ない価格で払い下げられたのだ(しかも1億円のボーナス補助金までつけて)。さらに、通常ならうんと手間隙暇かかる学校認可なのに、この日本会議カルト小学校だけは有り得ないほどとんとん拍子で認可されていったのだ(さすがに事件が発覚した今、大阪府は「最終認可はしていない」と言い始めているが)。とにかくこれだけスムーズに各役所横断的に物事が進むのは、わが国行政における一大奇跡という以外ない。それが可能になるには、うんと上からの「天の声」がなければとてもムリだ。聞くところ、今をときめく安倍増長総理は、なんでも行政府の長のみならず、立法府果ては司法府の長でもあらせられる大独裁者だそうな。かかる絶大な権力がなければ、本件の安倍晋三記念小学校建設に至るスムーズな流れなどとても作れるものではない。安倍「総理大臣の犯罪」の疑いが濃厚だ。なお本転載の日刊ゲンダイ記事タイトルには「この疑惑に居直る神経と幼児性に唖然」とある。日刊ゲンダイさんは先刻ご存知でしょうに。これこそが安倍晋三なる人間の本質である事を。今度こそ、幼児的サイコパス・安倍晋三の逃げ得を許すな! (大場光太郎・記)-

安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/180.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 21 日 21:55:05

21010

安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199995
2017年2月21日 日刊ゲンダイ 文字お越し

21011
夫婦そろって…(C)日刊ゲンダイ

 “疑惑”の舞台を21日視察した民進党国会議員の目には何が飛び込んできたのか。

 安倍首相の妻である昭恵氏が名誉校長を務め、4月に開校を控えた大阪・豊中市の私立「瑞穂の國記念小學院」(寄付金を募った際の名称・安倍晋三記念小学校)をめぐる国有地の激安払い下げ問題。当初は大阪市の学校法人「森友学園」に隣地の「10分の1程度」で払い下げられた――と報じられたが、その後、隣地の「10分の1程度」どころか、2度にわたる地下埋設物の撤去費用を差し引くと実質的には“タダ同然”で引き渡されていたことが判明。さらに森友学園が新たな埋設物が見つかったと主張し、国交省大阪航空局が撤去費用として約8.2億円と積算したごみの搬出や土壌入れ替えについて本紙記者が現場を取材すると、「撤去」されるべきはずの建築廃材や生活ゴミがいまだに埋まっている可能性も浮上した。

 地下埋設物の「撤去費用」と「土地代」を帳簿上で相殺して激安で国有地を手に入れながら、実際は埋設物のごみはそのまま――。あってはならないことだが、仮にそうであれば許されるはずがない。誰でも元手ナシで簡単に国有地を取得できてしまうことになるからだ。

 一方、学校の設置認可を出した大阪府の対応も不可解さが指摘されている。森友学園から提出された新設小学校の認可申請書を審議した2014年12月の府私学審では、少子化が進む中での児童確保や資金繰りを懸念する声が出て「継続審議」となったにもかかわらず、わずか1カ月後の15年1月には一転して条件付きで「認可適当」の答申が出たからだ。一連の経緯を見る限り、国や大阪府の対応は不自然極まりないと言わざるを得ない。

■教育基本法よりも教育勅語を重視

 学校の理事長を務める籠池泰典総裁は、日本最大の右翼組織「日本会議」の大阪代表。大阪市の私立塚本幼稚園の園長でもあり、〈園長の部屋〉と題したブログには、こう書いている。

〈安倍晋三内閣総理大臣のように身近な人をモデルにし、偉人を手本とする〉〈日本の伝統文化を守り発展させようとする保守安倍晋三政権と、歴史と伝統の文化を崩壊し滅亡させようとする(日本衰退待望クーデター=民主・共産・社民)との攻防が今や最中である〉〈教育勅語的精神に基づく教育をする塚本学園が小学校を興す〉

 ハッキリ言って読むだけでクラクラするが、国のトップを「偉人」と大絶賛する姿勢は、どこかの将軍様の国とソックリではないか。ちなみに教育基本法の第14条(政治教育)は〈法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治活動をしてはならない〉と明確に規定されている。安倍礼賛や野党“口撃”は〈法律に定める学校〉として、明らかに法の趣旨に反しているのだが、教育基本法など屁のカッパらしい。「思想・良心・信教の自由」は憲法で保障されているとはいえ、「お国のために死ね」と滅私奉公を国民に刷り込み、戦前の日本が軍国主義化に突き進む基になったともいわれる「教育勅語」を前面に打ち出す右翼的思想の私立小学校が、国有地を“タダ同然”で手に入れ、スピード認可されたのだから、良識ある国民は「オイオイ」と思うだろう。京都精華大専任講師の白井聡氏はこう言う。

「この国有地払い下げ問題の経緯は明らかに不自然です。まずは払い下げの過程において、国の担当者の誰が、いつ、どのように決裁したのかを明らかにするべきでしょう。おそらく背景に政治的な圧力があったと思いますが、それは一体、誰だったのか。学校設置の認可に至るプロセスも含めて徹底追及する必要があります」


21012
許されるのか(C)日刊ゲンダイ

安倍首相の「議員辞職」答弁は、いつもの「逃げ口上」だ

 不可解な国有地払い下げを指摘されている学校の名誉校長を昭恵氏が務め、さらに「安倍晋三記念小学校」名目で寄付金を募っていたとなれば、誰だって安倍政権と森友学園の「怪しい関係」を疑うのは当然だ。17日の衆院予算委で野党議員から追及された安倍は「私や妻が認可、国有地払い下げに一切関わっていないことは明確にしたい」「私や妻が関係したということになれば、間違いなく首相も国会議員も辞める」と色をなして反論していたが、安倍がわざわざ辞職を口にしなくても、仮に“口利き”があったとすれば内閣総辞職モノである。

 それよりも“口利き”以前の問題として問われているのは、疑念を抱かれている学校の「広告塔」に現職総理大臣のカミさんが就いていて、自分の名前を冠した寄付金募集が行われていたことを一体、どう考えているのか――という政治家としての良識だろう。

■現職総理が詐欺の片棒を担ぐ?

 少なくとも、マトモな感覚を持った政治家、それも総理大臣であれば、たとえ絶縁してでも即刻、カミさんを名誉校長から引きずり降ろすだろう。寄付金募集の件だって、国会の「初めて知った」という答弁が本当であれば、学校法人に対して厳重抗議はもちろん、名誉毀損で告訴するべきだ。総理大臣が全面バックアップの学校――と信じて疑わない人がカネを振り込んでいた場合、後になって「事実と違う」と訴えを起こしたらどうするのか。詐欺の片棒を担いだのではないか、と疑われる事態になるかもしれないのだ。ところが、安倍は野党の質問に真正面から答えようともせず、顔を紅潮させ、ムキになって「俺は悪くない」と言わんばかりの幼稚な態度だったから唖然ボー然だ。「超・反知性主義入門」の著者で、コラムニストの小田嶋隆氏はこう言った。

「安倍首相は森友学園との関係や妻が名誉校長に就任した経緯などを粛々と説明すればいいのに、そういう話は一切なく、感情的に反論していて、とても一国の首相の態度とは思えませんでした。彼は、南スーダンPKOで自衛隊員に死傷者が出た場合の対応を問われた際も『辞任』を口にし、北朝鮮の拉致問題を『政治利用したのではないか』と質問された時も『私が言っていることが真実だ。違っていたら国会議員を辞める』とキレていました。おそらく『議員を辞める』という言葉は国会で追及された時の一種の逃げ口上なのでしょう。野党や国民に対して丁寧に説明する気はなく、『不退転の決意』を示すという支持者向けのポーズなのだと思います」

 本来は「不徳の致すところ」と謝罪し、夫婦そろって時代錯誤の右翼団体とはキッパリ縁を切ると宣言してもおかしくない。ところが、国民への説明もロクにしないまま、そろって居直っているから、神経を疑ってしまう。これが日本の最高権力の座にいる夫婦の姿なんて情けなくなるし、居座り続けられたら国民が不幸になるだけだ。

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

【アベム真理教】森友学園の闇 安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ

-都合により、今回は私のコメントなしで以下の日刊ゲンダイ総力記事をどうぞ-

森友学園の闇 安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/836.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 18 日 20:00:05

2106

森友学園の闇 安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199878
2017年2月18日 日刊ゲンダイ 文字お越し

2107
安倍首相(C)日刊ゲンダイ  (一言 こんな卑しい人相の男が教祖様かよ~。世も末だ~)

「ウラで何か怪しい力が働いていたのではないか」――。民進党の福島伸享議員が17日の衆院予算委で取り上げた、大阪市の学校法人「森友学園」が4月に開校する予定の私立「瑞穂の國記念小學院」(豊中市)の土地をめぐる国有地払い下げ問題。安倍首相の妻である昭恵氏が名誉校長を務めるからなのか、大新聞はチョボチョボ、在京テレビもアリバイ程度にしか報じていないが、この問題は内閣総辞職に発展してもおかしくない大スキャンダルだ。

 あらためてコトの経緯を振り返ると、ざっとこんな流れだ。森友学園は豊中市内の国有地(約8700平方メートル)に私立小の建設・開校を計画。申請を受けた「国有財産近畿地方審議会」は2015年2月に可否を審議した結果、土地は「売り払い」が原則にもかかわらず、〈10年間の事業用地定期借地権による時価貸付及び売買予約による時価売払〉と「定期借地契約」でGOサインを出した。そして同5月に森友学園は近畿財務局から土地を借り受けて学校建設に着手した。

 一方、土地を管理していた国交省大阪航空局は16年4月、地下にあった環境基準を超える鉛やヒ素などの有害物質や埋設物の撤去費用として約1.3億円を森友学園に支払ったものの、その後、学園側が新たな埋設物が見つかったと主張したため、大阪航空局は新たな埋設物の撤去にかかる費用を約8・2億円と算出。結局、土地の価格(約9.5億円)との差額約1・3億円で払い下げられたのである。

 つまり、最初に支払われた埋設物の撤去費用約1.3億円を含めると、森友学園は国有財産を「ゼロ円スマホ」のように“タダ同然”で手に入れたワケだ。それだけじゃない。新設小学校の建物は、国交省の「サステナブル建築物等先導事業」に採択され、約6200万円の補助金交付を受けているから、実質的には「国有地」プラス「ウン千万円」のカネもゲットしたのだ。

■埋設物の撤去費用はダンプカー4000台分に相当

 福島議員は予算委で、約8.2億円もの撤去費用が適正だったのかどうか――などをただしたが、財務省側は学校が開校を1年後に控え、国で撤去するには入札なども考えると「時間がかかると考えた」とノラリクラリ。しかし、大阪航空局の撤去費用の積算根拠は、地下の土壌約1.2万立方メートルを入れ替えた場合の想定で、福島議員によると、この量は「ダンプカー4000台分」にも相当するという。とてもじゃないが、一般住宅や幼稚園、公立の小中学校が立ち並ぶ住宅街で、4000台ものダンプカーが往来すれば、地元で大騒ぎになっていただろう。常識的に考えれば撤去費用は高過ぎるし、こうした不自然な中身を精査するのが財務省の役割なのに、なぜか「スルー」したのだ。

 予算委では、学校設置認可にかかわる不自然な経緯も追及された。認可権限を持つ大阪府の基準では、学校の土地は「自己所有」と決められているにもかかわらず、当初は「借地契約」だった森友学園にスンナリ設置認可が出ていたためだ。まさに疑惑のオンパレードで、福島議員が「何か特別な力が働いたのではないか」と語気を荒らげたのもムリはない。新設小学校が開校すれば、今後、さまざまな補助金や私学助成金が支払われることになる。可否を判断するのは国や都道府県などの行政機関だ。その私立学校の名誉校長に現職総理大臣の妻が就いているのは、どう考えてもおかしいだろう。

「昭恵氏は名誉校長就任のあいさつで『普通の公立学校の教育を受けると(略)芯が揺らいでしまう』などと公教育を否定するような発言をしています。これはファーストレディーが私学を斡旋しているようなもの。国有地の払い下げ問題も大事ですが、こういう状況が果たして正常なのか考えるべきです」(「日本会議の研究」の著者・菅野完氏) 


2108
今春開校予定(C)日刊ゲンダイ

実際の戦争を知らずに戦前を礼賛するタチの悪さ

 森友学園の新設小学校をめぐる「闇」は、国有地取得の不可解なカネの流れだけじゃない。籠池泰典校長は、日本最大の右翼組織「日本会議」の大阪代表。学校案内のパンフレットには〈教育の要〉として〈教育勅語素読・解釈による日本人精神の育成〉が掲げられ、〈宿泊研修(予定)〉先に〈靖国神社〉などが載っている。

 1890(明治23)年10月30日に発布された教育勅語は、各学校に「下賜」され、戦前は祝祭日や入学、卒業式などの行事のたびに「奉読」が義務付けられた。戦後、日本を占領下に置いたGHQは、教育勅語が日本の軍国主義化や国民に絶対服従の精神を植え付ける「聖典」の役割を果たしたとみて廃止。国会も1948(昭和23)年に衆院が「教育勅語等排除に関する決議」を、参院が「教育勅語等の失効確認に関する決議」をそれぞれ採択し、代わって現行の教育基本法が制定された。そんな戦前回帰のアナクロ教育を前面に打ち出す小学校が、戦後70年余り経った今、新たに開校するのだ。「思想・良心・信教の自由」は憲法で保障されているとはいえ、クビをひねる国民は少なくないだろう。

■幼稚園児に国歌斉唱を強要

〈私や妻が認可、国有地払い下げに一切かかわっていないことは明確にしたい〉

 安倍首相は予算委で、薄ら笑いを浮かべてこう答弁していたが、学校側は新設学校名を「安倍晋三記念小学校」と命名して寄付を募っている。自分のカミさんを名誉校長という「広告塔」に使い、教育カリキュラムの基本は「教育勅語」。さらに総理大臣の名前を冠した小学校名で寄付の振込用紙を配っていたのだ。マトモな歴史観を持った政治家なら激怒どころじゃ済まない。学校側に厳重抗議するのはもちろん、名誉毀損で訴えたって不思議じゃない。それなのに安倍がヘラヘラ笑っていたのは、安倍政権自身も教育保育現場への政治介入を強めているからだ。

 文科省が新たに公表した幼稚園の教育要領案。唱歌やわらべ歌とともに示されたのが「国歌」(斉唱)だ。厚労省も保育所の運営指針の改定案に「国旗、国歌に親しむ」と明記したが、国旗・国歌法が制定された1999年、国は「強制したり義務化したりすることはない」と説明していた。ところが、安倍政権内では国立大の入学式や卒業式でも国旗掲揚と国歌斉唱を求める声が強まり、一昨年には文科省が「適切な対応」を要請する事態に発展。今回の幼稚園の国歌斉唱もこの流れで、戦前と同様に国家統制を強めているのだ。政治評論家の森田実氏がこう言う。

「安倍政権は、戦前の国家主義的思想を現代に取り入れようとしているわけですが、安倍首相も日本会議も実際の戦争を知らず、観念だけで動いているだけにタチが悪い。森友学園の問題も、このまま放置すると、安倍政権さえバックに付ければ、違法・脱法行為は何でもアリということになりかねません。新聞・テレビが徹底的に追及しないと今後、とんでもない事態になります」

 こういう国家主義的な思想を持つ政権だからこそ、共謀罪なんて絶対認めてはダメなのだ。戦前の治安維持法のように法案が成立した途端、あ~だ、こ~だと理屈をつけて国民を弾圧するのだ。金正男暗殺事件で、あらためて北朝鮮の狂乱独裁ぶりがクローズアップされているが、「安倍晋三教」というイカレた邪教が広がり始めた日本も他人事ではない。

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

【墓穴を掘った】神道改憲軍拡首相 神道「安倍晋三記念」小学校の国有地払下げ事件が議会でさく裂

-(本転載の本澤二郎氏文とは見解が少し違うのであるが)安倍総理が「私は総理大臣を辞めますよ」と国会の場で言ったのは、私の記憶ではこれで3回目である。1度目は昨年、拉致被害者家族の蓮池透氏の「安倍総理は、帰国した拉致被害者たちを日本に引き止めたのは私だと言っているが、当時の安倍氏は北との約束どおり早く北朝鮮に帰せと言っていた。一旦帰せばもう二度と日本に戻れなくなるから必死で帰さないよう働きかけたのは私なのだ」という暴露本が国会で取り上げられた際の答弁で出たものである。次は、今国会で民進党委員から「万一南スーダンに派遣されている自衛隊員が戦闘に巻き込まれて死者が出た場合、総理はどう責任を取るのか」質問の答弁としてである。拉致被害者帰国のケースは、安倍晋三はご存知のとおり「息するように嘘を吐く」男だし、蓮池氏がデタラメを言っても何のメリットもないことから蓮池氏の言っている事が真実だと思われる。次の南スーダン派遣問題は、激しい戦闘のあった昨年7月当日の日報が全黒塗りである事から、「既に死者が出ているのでは?」とも囁かれている。そして今回のケースも含めて、安倍が「総理を辞める」云々という時は、関係者に絶対の緘口令が敷かれ、安倍の嘘吐き、責任、指示が明らかでも安倍自身に累が及ばないことを計算ずくで、高を括ってそう発言しているのだ。今の安倍独裁状況下、安倍晋三の本事件への関与を明らかにし、当人が明言したように総理辞任、国会議員辞職に追い込むのは容易ではない。しかしそうしなければ、この国は日本会議悪霊カルト・アベム真理教に益々蹂躙され亡国に向かうだけだ。既に明らかになったところによると、問題の安倍晋三記念小学校用地は1億3千余万円の超破格値だったばかりでなく、国はそれと同額くらいの有害物質・埋設物撤去費用を森友学園側に支払っていた。それだけでただ同然の用地取得なのに、さらに6千万円ほどの補助金まで交付していたという。「安倍総理は偉大な人物です」(籠池泰典森友学園理事長)と言ってのける一私立小学校建設への信じられない厚遇の出元はどこか明らかだろう。「総理大臣の犯罪」にどこまで迫れるか。(森友学園はまた韓国や中国へのヘイト発言が問題視されているが)お隣韓国では、首都ソウル100万人規模の大デモがパク・クネを職務停止に追い込んだ。野党の追及やしっかりしたマスコミ報道も必要だ。がそれとともに大切なのは、国民自身がいかに怒りの声を挙げていけるかであると思われる。 (大場光太郎・記)-

20730

墓穴を掘った神道改憲軍拡首相<本澤二郎の「日本の風景」(2518) <神道小学校の国有地払下げ事件が議会でさく裂>
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/819.html

投稿者 笑坊 日時 2017 年 2 月 18 日 08:22:26
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52166928.html

2017年02月18日 「ジャーナリスト同盟」通信

<神道小学校の国有地払下げ事件が議会でさく裂>

 ネットで大炎上している大阪の国有地払下げ重大事件について、2月17日の衆院予算委員会で野党・民進党議員の追及がさく裂、これに改憲軍拡首相が慌てふためいて興奮、キレる事態が起きた。問題過ぎる神道小学校の民族差別文書問題を、大阪府が行政指導をする事態を、籾井が辞めたNHKでさえも報じた。どうやら改憲軍拡首相の開き直り答弁が、墓穴を掘ってしまった春一番と受け止めた国民は、多いはずだ。

<「事実なら首相・国会議員を辞める」と公約>

 信じがたい破格の値段で、民族差別をする神道小学校に、国民の資産を預かっている財務省が、広大な国有地を払い下げた重大事件は、間違いなく政治がらみである。違うと考える国民はいないだろう。
 麻生財務大臣の口利きも想像される。安倍と麻生の二人三脚内閣という格別の事情もあるが、自民党内の空気は、久しく病んでしまっている。内心、ほくそ笑んでいる実力者と入閣待望組の永田町である。新たな追及材料が噴き出るだろう。
 それに大阪には、首相追及のプロが控えている。新たな材料がを、神社神道の日本会議が封じ込められるか?
 「わたしや妻、事務所は一切関わっていない。関わっていれば、首相も国会議員も辞める」と議会で答弁した。内外に公約してしまったのだ。
 人間という動物は、痛いところをつつかれると、動揺して、その分、精神が混乱して、言ってはならない言葉を口にしてしまう。それを改憲軍拡首相が演じた、2月17日の春一番ということになろう。
 この首相答弁を、どう報じた新聞テレビが報じたか?それが、日本の言論の現状を証明することになる。賢明な国民は、このことで新聞購読を止めたり、進んで講読することになるだろう。

<自ら深い仲を認めた心臓>

 報道によると、既に安倍内閣1期目の場面で、問題の神道小学校という奇妙な学校を運営する日本会議幹部と深い関係が出来ていたことを認めた。
 察するに、右翼教育に熱心な安倍ファンということになる。「安倍晋三小学校」と命名したいと申し出たという、この右翼人士との深い仲は、尋常ではないだろう。
 自ら疑惑を認めたようなものである。安倍答弁によって、今度は国民が興奮している。国民は改憲軍拡に反対している。これはトランプと会談を終えた後も変わっていない。
 創られた内閣支持率に翻弄される国民ではない現在である。それは先の東京都の区長選挙で証明されている。無党派が動けば、自公は弾き飛ばされる今である。特定秘密保護法・戦争法と次は共謀罪である。相次ぐ憲法違反に日本弁護士や憲法学者の怒りは、ただ事ではない。

<何ら関与否定の証拠を示せず>

 心臓は、問題の日本会議幹部との深い仲を認めた。ことほど関係は深く、否定することが出来なかった。もう疑惑はこれで十分である。そして肝心要の疑惑事件と無関係である、との清廉潔白の証拠は、何一つ示すことが出来なかった。

 右翼スキャンダルは、既に指摘したように、手口が大胆不敵である。露骨なのだ。権力の乱用に無神経である。議会とメディアが健全であれば、即座に事件の真相にたどり着ける。いまは、その入り口に到達した場面である。

<追及材料を提供した首相と財務省>

 一般の組織や人間が、新しく学校を新設するとなると、途方もない時間がかかる。役所の壁は厚い。与党政治屋を裏工作の要員として駆使しても、それでも簡単ではない。
 それなのに、この安倍ファンであるはずの、日本会議メンバーの神道小学校設立と、広大な国有地の、タダみたいな値段での国有地払下げについて「一切関わっていない」といわれて、ハイそうですか、とは国民が奴隷人間でない限り困難だろう。
 この政治スキャンダルは、安倍夫妻が関係していることも発覚している。国会追及の最後の場面では、参考人招致や国会証人喚問が待ち受ける。これを3分の2の権力乱用で押し切れるか。

 財務省は、不動産鑑定士や大阪航空局の積算という新たな事実を、国会答弁で明らかにして、追及材料を野党に提供してくれた。血税をはたいている大事な国会開会中である。不正腐敗を許してはならない。野党の奮起を望む。

<創価学会と朝日新聞に注目>

 7月都議選に総力を傾注している宗教政党が、共謀罪や天皇退位問題のように、安倍擁護に徹することが出来るのか。対して、野党の総力結集で、日本会議の裏は容易に取れるという事案でもある。

 「朝日に勝った」とトランプに吹聴したという日本国首相である。国民は、その朝日にも期待をかけている。朝日は本当に死んでしまったのかどうか、そのことも国民は注視している。墓穴を掘った心臓の高鳴りが、列島に響いているようだ。

2017年2月18日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

【安倍晋三記念小学校事件】安倍首相、関係していたら総理大臣も国会議員も辞めると明言。辞めてもらいましょう! (by某ツイートより)

-「安倍晋三記念小学校」こと瑞穂の國記念小學院(名誉校長 安倍晋三内閣総理大臣夫人 安倍昭恵)建設のための国有地不当払い下げ事件。例えばネット公論の場・阿修羅掲示板では、18日未明で拍手ランキング50位までのうち27記事がこの事件関連だった。そして本19日未明は33。私が同掲示板を覗くようになってから数年経つが、一つの問題にこれだけ投稿記事が集中するのはちょっと記憶にない。阿修羅のみならず他の掲示板や有名ブログやツイッターなどでもこの事件はどんどん取り上げられ拡散され続けている。翻って新聞・テレビ、いわゆる主要メディアはどうか。この問題を長年追及してきた大阪府豊中市議の木村真議員が8日、大阪地裁に提訴したことを受けて、翌9日、朝日新聞が社会面で最初にこの問題について取り上げた(間を置かずロイターも海外発信)。しかしその後は他紙もNHKや民放各局もダンマリ。今週、民進党と共産党議員が国会でこの問題を取り上げるに及び、新聞・テレビがボチボチ断片報道するようになったようである。毎度表現するように、新聞・テレビは安倍政権と「政報利益共同体」化している。多くの側面が安倍総理の関与を指し示している闇の深いこの事件、国民の知る権利を無視して、主要メディアの報道はまったく及び腰なのだ。いつぞやの「でんでん問題」もそうだった(主要メディアはついに取り上げなかった)が、今や立場逆転。まずネットで出来事の核心が伝えられ掘り下げられ大拡散され、新聞・テレビが重い腰を上げて後追いする。残念ながら今後ますますこの傾向は鮮明になってくるのではないかと思う。こういう問題に関心をお持ちの皆さんは脱B層国民である。というより、腐りきったこの国をより良くするための「ネット草の根民主主義」の一翼を担う栄誉と責任を担っておられる。その自覚の下、当ブログも「安倍晋三総理辞任&国会議員辞職」まで、この問題・この事件を今後とも取り上げていく所存なので、どしどしご訪問いただきたいと念願致す次第である(笑)。 (大場光太郎・記)-

20714

🍋 福島伸享・民進党【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年2月17日
(安倍首相による「この件でもし妻や私が認可や国有地払い下げに関与していたら総理大臣を辞めますよ」「繰り返しますが、妻や私が関わっていたのなら総理大臣はもとより国会議員を辞めますよ」答弁は19:45分頃&25:50分頃から。)

激怒したいのは国民の方だ  天木直人
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/824.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 18 日 10:15:05

20725

miyashiyta@chatarou10000                          16 時間前

Retweeted 窪田 誠/緑の党Greens Japan (): 安倍首相、関係していたら総理大臣も国会議員も辞めると明言。辞めてもらいましょう!

激怒したいのは国民の方だ  
http://kenpo9.com/archives/1015
2017-02-18 天木直人のブログ

 いくら暇な私でも、国会審議を一日中テレビで見るほど暇ではない。

 だからきのうの衆院予算委員会で、森友学園に対する国有地払下げ疑惑が追及され事をきょうの各紙で知った。

 そして驚いた。

 ついに予算委員の集中審議で追及された。

 その事に驚いたのではない。

 追及された安倍首相が激怒してこう答えた事に驚いたのだ。

 つまり、売却への関与を否定した上で、「私(安倍首相)や妻(昭恵夫人)が(売却に)関与していたとなれば、首相も国会議員も辞める」と述べたというのだ。

 とんでもない開き直りだ。

 売却に関与していたなら犯罪だ。

 辞める前に捕まっている。

 売却に関与していなくても、自分や妻が学園と懇意にしていたことは認めたらしい。

 昭恵夫人が建設予定の小学校の名誉校長になる事も、その学校の名前を安倍晋三記念小学校にするという話も、断ったらしいが、知っていた事を認めた。

 それだけでも辞職ものだろう。

 国有地払下げ価格が市価の10分の一になった理由として、財務官僚は地下のごみ撤去費約8億円を差し引いた価格だと説明したらしいが、ごみ撤去は確認されていないという。

 これでは8億円を割り引いたことと同じだ。

 森友学園を証人喚問して確かめるほかはない。

 それよりもなによりも、森友学園の最大の問題は学園の理事長が日本会議大阪の運営委員であるということだ。

 森友学園が経営する幼稚園がヘイト文書を保護者に配布していたとして大阪府から事情聴取を受けていたという。

 大問題だ。

 森友学園が、間違った歴史認識を持つ安倍首相の応援団であることは明らかである。

 それにもかかわわず、野党が安倍首相に開き直られてお終いでは、安倍政権はやりたい放題となる。

 稲田防衛相も居直り、共謀罪も強行採決され、辺野古本格工事は止められない。

 その行き着く先は改憲だ。

 このままでは日本の政治は崩壊する。

 政治家もメディアも有識者も、そんな安倍政治をこれ以上、やりたい放題させていいのか。

 激怒したいのは国民のほうである(了)

            ◇

<安倍首相>「私や妻関与なら辞任」国有地格安払い下げで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000088-mai-pol
毎日新聞 2/17(金) 20:01配信

 安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、国有地を格安で買い取った学校法人「森友学園」が設立する私立小学校の認可や国有地払い下げに関し、「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と述べた。小学校は今春に大阪府豊中市で開校予定で、「名誉校長」は首相夫人の昭恵さんが就任する見通し。

 民進党の福島伸享氏への答弁。福島氏は、同学園が過去に「安倍晋三記念小学校」の名目で寄付が募られていたとも指摘。首相は寄付について「初めて知った」とした上で、「私の考え方に共鳴している人から『安倍晋三小学校』にしたいとの話があったがお断りした。現役の政治家である以上、私の名前を冠にするのはふさわしくない」と説明した。

 また、該当の国有地の売買価格が評価額を大幅に下回っていたことに関し、財務省の佐川宣寿理財局長は予算委で「国有地は時価で売るのが基本で、適正な価格で売っている」と述べた。評価額は9億5600万円だったが、ガラスや木くずなどのごみ処理費として約8億円を減額し、売却額は1億3400万円だった。

関連記事
<衆院予算委・森友学園疑惑>安倍首相「私も妻も認可、国有地払い下げに関係ない。関わっていたら総理大臣を辞める!」
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/795.html

上西(うえにし)小百合     @uenishi_sayuri                     2月17日        

 園児に「教育勅語」を暗唱させることで知られる「愛国幼稚園」こと塚本幼稚園幼児教育学園を運営する学校法人森友学園をめぐる国有地“激安”売却問題。先日、本サイトでは問題の「瑞穂の國記念小學院」の校名が当初「安倍晋三記念小学校」として計画され、実際にその校名で寄附金を募っていたことをお伝えしたが、きょう、新たな事実と疑惑が浮上した。

 それは、森友学園の理事長である籠池泰典氏が本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じ、「安倍晋三記念小学校」という校名にすることを安倍首相本人に内諾を得ていた、と答えたのだ。

「(校名を決めたのは)安倍総理が野党議員の時の話です。内諾はいただいていましたが、総理になってそれは出来ないと辞退されました。安倍総理は政治家というより偉人ですよ」(「週刊文春」より籠池理事長のコメント)

 既報の通り、籠池理事長は憲法改正などで安倍政権と二人三脚の関係にある極右団体・日本会議の大阪支部役員だ。くわえて瑞穂の國記念小學院の名誉校長には昭恵夫人が就くことになっている。こうした事実から、国有地が隣接地の約10分の1という破格の値段で森友学園に売却されていた問題も、安倍首相と何らかの関係があるのではないかと見られてきた。そして今回、安倍首相が小学校設立に自分の名前を冠することを許可していたことを理事長自ら認めたことで、その疑惑はさらに濃厚になった。

 しかも、この籠池理事長の話にはひとつの疑問が残る。籠池理事長は、校名に安倍氏の名前を冠することを「総理になってそれは出来ないと辞退されました」と言うが、本サイト前回記事で取材に応じてくれた、塚本幼稚園に子どもを通わせていた保護者Aさんは「安倍晋三記念小学校」という名が記された寄附の振込用紙について“2014年に学園側から保護者に配られていたもの”と証言。「2014年に何度も保護者に配られていたという話を別の保護者から聞いています」とも話している。

 一方、安倍氏が総理に返り咲いたのは、2012年12月。「総理になったから辞退した」という籠池理事長の説明は辻褄が合わないのだ。

 もしかしたら、この小学校は安倍が総理就任後も「安倍晋三記念小学校」として計画は進められていたが、2015年に何か別の事情ができて、安倍晋三との関係を隠そうとしたのではないか。そして、この「別の事情」こそ、いま、問題となっている国有地取得ではないのか。

 実際、この土地取得には、それを物語るような疑惑の経緯が次々明らかになっている。そもそも、この国有地の売却は、校名から「安倍晋三記念小学校」の名前が消えた2015年、国有財産近畿地方審議会の審議で決まったものだが、審議会委員は「当時は森友学園に土地を10年間貸した後、その時の時価で売却するとなった。土地の金額についてはいっさい情報がないなかで審議した」と証言している(しんぶん赤旗2月15日付)。

 この時点でもかなり不自然な条件だが、審議会の決定から一転、森友学園より「地下に埋設物が見つかった」という報告を受けて、定期借地契約ではなく売買契約に変更。2016年に森友学園へ国有地を売却した。相場で約14億円あまりだと考えられる土地だが、同局が評価した価格は9億5600万円。そこから埋設物・土壌汚染除去費用8億1900万円を控除した結果、売却額は1億3400億円という破格値となった。

 しかも、じつは売買契約の約2カ月前である同年4月6日に、大阪航空局は森友学園に除去費用として1億3176万円を支払っている。土地の評価額9億5600万円に対し、森友学園に支払われた撤去費用と売却の際に控除された撤去費用の合計は9億5076万円。つまり、この国有地売買で国庫に入る額は、たったの500万円ほどなのだ。相場14億円の土地がたったの500万円----。

 この問題を15日の衆院財務金融委員会で追及した共産党の宮本岳志議員は、さらに森友学園は破格の土地代金1億3400万円のうち頭金しか支払っておらず、あとは10年間にわたる「分割払い」で延納利息1%という大甘な契約であることを指摘。近畿財務局が学校法人に対してこのような延納を認めた事例は直近3年間でも一件もないというが、売却額の根拠としている「控除したゴミの撤去費用」が8億円という見積もりといい、近畿地方審議会が森友学園からの小学校新設申請をたったの1カ月で認可していたこといといい(日刊ゲンダイ2月14日付)、何かしらの大きな力が働いていた──そうとしか思えない。

 そして、この怪しすぎる経緯を見れば、安倍首相が自身の名を小学校に冠することをやめて、その関係を隠そうとした理由もここにあるのではないか、と考えるのは自然の流れだろう。

 いや、問題はこれだけではない。森友学園が運営し、籠池理事長が園長を務める塚本幼稚園は、保護者に向けて「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと書いたヘイト文書を配布、大阪府は〈憎悪表現に当たる恐れがあると問題視〉し、今年1月12日に籠池園長と副園長である妻から事情を聴いていたと本日、共同通信が報じている。

 こうした同園のヘイト体質は以前から指摘されていたが、そのような理事長と安倍首相は関係をもってきたのだ。実際、きょう発売の「週刊新潮」(新潮社)でも、〈籠池理事長は、安倍総理が来阪すると、定宿の『リーガロイヤルホテル』に駆け付けることもあった〉と書かれている。

 しかも、同誌では、籠池理事長の教育者としての資質そのものに疑問を抱かざるを得ない実像も追及。なんと籠池理事長の次男が取材に応じ、「父は、自分と異なる意見には耳を傾けず、気に入らない人はすぐに切り捨てようとする」と語り、長男の結婚相手を気に入らず玄関先で追い返したことや、孫のことを「幼稚園にぎょうさん子どもはおるから孫は要らん」と言い放ったこと、さらには厳しい教育に抵抗した三男は「両親から白い目で見られ、家にも入れてもらえなくなった」上、7年前に21歳で首つり自殺したと証言。遺書には“両親には頭が上がりません。もう居場所が見つからない”と書かれていたという。しかし、そのときも籠池理事長と妻は神社の研修に行っていたらしく、次男は「警察からの連絡に対応せず、弟は遺体安置所に長時間放置されていた」と話している。

 塚本幼稚園のHPでは〈国家があってこその国民であり、家族であり、個人であります〉と書かれているが、その教育とは一体どんなものなのか。国有地の売却問題のみならず、ヘイトを撒き散らす学校法人が小学校を設立しようとしている事実、そして安倍首相との関係について、今後も追及していきたい。

(編集部)

(以上、転載終わり)
   

| | コメント (0)
|

【超難解】近隣5カ国高次連立方程式 「暗黒の歴史」再びの予兆 稲田防衛相のクビでは済まない

-日米首脳会談を忠犬ポチぶりで何とか乗り切った安倍総理が国会に復帰した。と、訪米前から頭の痛い問題大臣・稲田朋美が、いまだに南スーダン日報問題で民進党などから集中砲火を浴びているではないか。廃棄したはずの「戦闘行為」が最も激化していた昨年7月の現地日報が実は存在していた事が昨年12月に判明、しかし稲田大臣に上がってきたのは1ヵ月遅れの今年1月下旬だったこと。それより何より、昨年11月からの一段と危険性の増す駆けつけ警護に自衛隊を向わせたいため、戦闘のようすを生々しく伝える同日報を防衛省はもとより官邸ぐるみで隠蔽していたのではないか、と因縁対決の辻元清美の鋭い追及に稲田は立ち往生。見かねて「私が」「私が」の安倍が指名されてもいないのに何度も答弁に立ち、辻元委員から「稲田大臣に聞いているのに総理がお答えになるという事は、安倍総理自身稲田大臣が頼りないと考えておられるということですよ」とたしなめられる始末である。2年前の戦争法案時以来久しぶりに「稲田、辞めろ!」の国会前集会が盛り上がっているが、今転載の日刊ゲンダイ記事のように、この際稲田のクビなどどうでもいい。トランプ登場、政権停止状態の韓国、金正男殺害の北の将軍様・金正恩の暴走など。わが国を取り巻く東アジア近隣情勢が風雲急を告げ出した。最近の国会討論で民進党の前原誠司が、「安倍総理はわが国には日米同盟というカードしかないとおっしゃるが、有利なカードを幾つも持つ努力をして来こなかったのが長い自民党政権ではないですか」と安倍総理にグサッと迫っていた。前原氏の言うとおりなのである。古代中国・春秋戦国時代における“遠交近攻策”は、例えば当時の斉、晋、秦やかつてのアメリカのような突出した超大国だからこそ有効となる策である。しかし断言してもいいが、トランプがいくら「夢よもう一度」と躍起になろうが、米国がかつての栄光を取り戻すことは金輪際ないだろう。一癖、二癖ある近隣5カ国に囲まれたわが国は、いざという時のために、前々から中国やロシアとのパイプを太くしておくべきだったのだ。付け焼刃では間に合わないし、第一、安倍でんでんサイコパスには、戦争に突っ走ることはできても、外交手腕で日本をソフトランディングに導く知恵などありはしないのだ。 (大場光太郎・記)-

20722

「暗黒の歴史」再びの予兆 稲田防衛相のクビでは済まない(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/797.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 17 日 20:10:06
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199779
2017年2月17日 日刊ゲンダイ 文字お越し

20723
情報隠蔽の責任を取らない、取らせない異常(写真は稲田防衛相)/(C)日刊ゲンダイ

 野党議員の質問に困惑顔の知識不足と、南スーダンPKOの日報問題で連日、立ち往生。見るに見かねた安倍首相が“リリーフ答弁”に立てば、それこそ「駆けつけ警護」と揶揄される――。初の女性首相候補の「最右翼」ともてはやされたのがウソのようだ。稲田朋美防衛相(57)が見るも無残なポンコツぶりを露呈している。

 南スーダン派遣部隊の日報に記載された「戦闘」という表現を巡り、「憲法9条上の問題になる言葉を使うべきではないから(国会では)武力衝突という言葉を使っている」と発言。まさに“語るに落ちた”で、9条とのつじつま合わせにヘリクツをこねるだけの資質の欠落も問題だが、かくも窮地に立たされている要因は、本をただせば防衛省が“お飾り大臣”にマトモな情報をあげようとしない隠蔽体質に突き当たる。

 昨年7月の首都ジュバの大規模市街地戦について、現地部隊は日報に〈戦闘が生起。(中略)流れ弾には注意が必要〉と書きつづっていた。日刊ゲンダイも日報のコピーを入手。実際に読むと、〈夜明けから銃撃が激化する可能性〉〈対戦車ヘリ2機が大統領府上空を旋回〉など現地の緊迫感がヒシヒシと伝わってくる。

 明らかな内戦状態はPKO参加5原則のうち、「紛争当事者間の停戦合意」に反するのは明白だが、現地の状況は稲田にどう説明されたのか。

 昨年8月4日、就任翌日のレクチャーに使用された資料には〈大規模な政府側と元反政府側の衝突事案が発生〉との記載があるのみ。現地部隊の手による「戦闘」という生々しい表現は消え失せ、わざわざ「衝突」に改めていた。

 稲田に対し、現地の状況を正確に伝えようとする意思はみじんも感じられない。これだけ大きな問題になっても誰も情報隠蔽の責任を取らない、取らせない体質も異常だ。

■トップが率先して「戦争は平和」とけむに巻く

 旧日本軍は国内外の批判を避けるため、「戦争」状態におちいっても「事変」と言いくるめて、ゴマカし続けた。日中戦争勃発時も、軍部は「支那事変」や「日華事変」と呼び、当時の新聞もそう表記して無批判に追随したものだ。軍事評論家の前田哲男氏は、こう指摘する。

「『戦闘』を『衝突』と言いくるめる“二重語法”の発想は、まさに旧日本軍と同じ。政府の方針に従わず、満州を勝手に制圧するなど先の大戦で大暴走した『関東軍』を彷彿させます。当時は、現地で起きた正確な情報をひた隠し、政府の不拡大方針に反して独断専行で無謀な侵略戦争に突入していった。自衛隊はその反省に立ち、発足以来、文民統制が徹底されてきたのです。ところが、一連の日報問題で防衛省は、いったん『廃棄』とした日報を昨年末に見つけながら、その情報を1カ月も文民トップの大臣の耳に入れなかった。その理由も日報の『黒塗り』を進めていたためです。文民統制の大原則に反した独断専行で、防衛省の暴走は既に始まっているのかと痛感します」

 防衛省のタガが外れてしまうのもムリはない。集団的自衛権を容認する安保法制=戦争法を「平和安全法制」と言いくるめたのが、自衛隊の最高指揮官でもある安倍首相だ。政権トップが率先して戦争ゴマカシの“二重語法”を操っていれば、防衛省の暴走は当然なのかもしれない。

20724
狂おしいまでの抱きつき外交(C)AP

暴走首相の「この道」と別の道は可能だ

 防衛省にナメられっぱなしのお飾り大臣と平和憲法蹂躙首相という最悪の組み合わせが続いているうちに、この国はドンドン、安全保障の危機に立たされている。

 オバマ政権時代の「戦略的忍耐」という不干渉政策から一変。トランプ新政権が北朝鮮への強硬姿勢を日増しに強め、金正恩委員長も負けじと、新型弾道ミサイルを発射。トランプの別荘で日米トップが懇談しているタイミングを狙っての発射に、単細胞大統領がメンツを潰されたと、ますます憎悪の炎を燃やしたのは想像に難くない。

「中国の海洋進出に対抗する形で、安倍政権は集団的自衛権の行使容認に踏み切り、米国の先兵役を買って出ました。日中両国が互いに軍事挑発を強めるチキンレースに突入し、東アジア情勢はただでさえ、混沌としていたのです。そこに絡んできたのが、独裁体制維持のためなら兄でも容赦なく殺す金正恩と、手段を選ばぬ勝負を仕掛けるトランプ政権の“狂気のバトル”です。トランプとの電話会談で融和を図り、米中対立の懸念を一掃させた中国の習近平国家主席を含め、これだけクセのある厄介なメンツがそろえば、この先、何があっても不思議ではありません」(前田哲男氏=前出)

 何でもアリの東アジア情勢で、軍事国家に邁進する戦争バカ首相と、利口に見せて実はバカの防衛相を担いでいるのが、いかに不幸なことか。

 先の日米首脳会談で、安倍はトランプに「2プラス2」(外務・防衛閣僚級協議)の早期開催を約束した。稲田の目の前に座るのは、石油メジャー前CEOとしてタフな交渉術で鳴らすティラーソン国務長官と“狂犬”の異名を持つマティス国防長官だ。百戦錬磨のコワモテ2人に、バカ丸出し防衛相はかないっこない。いいように丸め込まれる姿が今から目に浮かぶ。

■国民は狂気のバトルの巻き添えを望むのか

 防衛省が「暗黒の歴史」の予兆をあからさまに示し、東アジア情勢に暗雲がハッキリと垂れ込めているのに、残念ながら国民の危機感は薄い。

 その能天気ぶりを証明するのが、内閣支持率の奇妙な上昇だ。NHKの最新世論調査によると、「支持する」との回答が前回調査より3ポイント上がり、58%にアップ。2014年9月以来、実に2年5カ月ぶりの高水準に達した。

 ロシアのプーチン大統領との北方領土交渉は頓挫し、米国のトランプ大統領には文字通り抱きつく、ロコツな朝貢外交。国政に目を向けても、文科省の組織的な天下りあっせんに、稲田防衛相に輪をかけて無能の金田勝年法相の迷走答弁が畳み掛ける。野党の質問に「私の頭脳では対応できない」と開き直る大臣なんて前代未聞だ。

 冷静に考えれば、支持率上昇の要素はゼロに等しい。それなのに実際の数字は跳ねあがるとは、いかに多くの人々が思考停止におちいっているのかが、よく分かる。稲田のクビ1つでは、解決できない問題だ。

「政権の暴走に批判の声をあげる大手メディアは今や皆無で、野党の追及は腰が引けています。国民の思考停止はある意味、当然の帰結かもしれません」と語るのは、政治評論家の森田実氏だ。こう続けた。

「今の日本に必要なのは、安倍首相の『この道』とは異なる路線の提示です。トランプ大統領に抱きつき、軍事予算は青天井。『バイ・アメリカン』の掛け声ひとつで、米国製の武器をジャンジャン“爆買い”。北朝鮮の核開発や中国の海洋進出にかこつけ、頼まれもしないのに、米軍の先兵役を進んで買って出る。そうした『強固な日米同盟』に名を借りた軍国化路線とは別の道です。それこそがメディアと野党の本来の務めなのに、今や完全に役目を放棄。ますます安倍政権はつけ上がり、気がつけば東アジアは“世界の火薬庫”という悪循環です。健全な批判勢力を失ったら、国民が目を覚ます術はありません」

 いざトランプ政権が本気で北朝鮮に先制攻撃を仕掛け、金正恩の独裁体制が崩壊すれば、人口約2000万人が総難民化する。混乱の影響はこの国にも確実に押し寄せてくる。トランプに絶対服従の戦争屋政権を支持する人々には、それだけの覚悟があるのか。狂乱バトルに巻き込まれてから「過ち」に気付いても、手遅れなのである。

(転載終わり)


関連記事
稲田大臣に質問すると、安倍でんでんがちょこまか出てきて、なぜ、「私が、私が」としゃべくりまくるのか。
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/716.html
無能大臣(稲田朋美と安倍晋三)を庇うネトサポ連合体(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/732.html

| | コメント (0)
|

【本当か?】正男暗殺、ミサイル威嚇に倍返し トランプが始める3月“血の報復”

-何日か前、たまたま@niftyの注目のニュース見出しを見ていたら、「金正男氏死亡」というような見出しがあった。『えっ、そうなの』と驚いたものの、その時はそれ以上深く考えなかった。しかしその後つらつら思い巡らすに、わが国を含めた東アジア全体に深刻な影響を及ぼす可能性がある出来事のように思われてきた。マレーシアのクアラルンプール空港での金正男氏殺害の状況が少しずつ明らかになってきている。下手人とみられる二人の女のうち一人は逮捕されたらしいが、共に北朝鮮工作員とみられる。正男氏殺害は異母弟の金正恩指令という線が濃厚だ。正恩は最近元側近たちを次々に粛清してきたが、ついに異母兄とはいえ同じ金正日の血を分けた金正男氏まで暗殺させたのだ。若い頃から正男氏は「世襲制は良くない」と語るような、金王朝の一員としては貴重なリベラル派だったらしいが、そんな正男氏を中国は以前から手厚く保護してきた。いざという時は正恩を廃して正男氏を担ぐ計画だったとも言われている。金正恩は先手を打って正男氏殺害に及んだつもりかもしれないが、顔に泥を塗りたくられた格好の中国との関係悪化は決定的だろう。金正恩の頭にあるのは「米国ただ一国」ということだが、トランプ・安倍会談時の新型ミサイル発射といえ、今回の事件といえ、今回の日刊ゲンダイ記事が述べるようなトランプ米国激怒の次第で、一体何のメリットがあるというのか。金正恩いよいよ狂気の暴走というべきである。毎度言う、わが国を取り巻く「近隣5カ国高次連立方程式」は今回の金正恩暴走で、東アジア和平の「解」を得るのはより一層難しくなった。「トランプ米国様々」オンリーの安倍単細胞でんでんに解を求めるのは土台ムリというものである。 (大場光太郎・記)-

20712

正男暗殺、ミサイル威嚇に倍返し トランプが始める3月“血の報復”(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/warb19/msg/678.html 
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 16 日 02:07:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199509
2017年2月15日 日刊ゲンダイ

20713
トランプ大統領と金正恩(C)AP

 “晴れ舞台”への挑発を、トランプ大統領は絶対に許さない。北朝鮮が日米首脳会談に合わせて新型の戦略弾道ミサイル「北極星2号」を発射。さらに金正恩の異母兄にあたる金正男が暗殺された。完全に狂った暴走をエスカレートさせている金正恩に米国はどうでるのか。まもなく米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻め込むという情報が流れている。

 北極星2号は朝鮮半島北西部から日本海に向けて発射された。このミサイルが日米韓への脅威になっているのには理由がある。従来の液体燃料ではなく、固体燃料を使った新型だからだ。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が言う。

「これまでの液体燃料エンジンはミサイルを格納庫から移動させ、1時間ほどかけて燃料を入れて撃つ方式で、発射までに時間がかかりました。その間に米軍は軍事衛星や偵察機で捕捉し、攻撃もできます。ところが固体燃料エンジンはあらかじめミサイルに燃料を入れて移動し、発射ボタンを押すだけ。10~20分で発射できるのです。米軍が空から破壊できない可能性が高まりました」

「北極星2号」の飛行距離は500キロだったが、新型中距離ミサイル「ムスダン」(射程2500~4000キロ)を改良したものとみられている。米国の準州であるグアムも射程に入る計算だ。

 黒井氏によると、北朝鮮ではミサイル開発チームが複数存在し、互いに成果を競い合っている。そのため目覚ましいスピードで技術が進歩し、近い将来、ワシントンなど米国の東海岸全域を射程に収める高精度のICBM(大陸間弾道ミサイル)が完成する可能性もあるという。発射時間が短縮されたうえに、長足の進歩であることが日米韓の脅威となっているのだ。

■マンガのような「先制攻撃論」が現実に

 こうした状況の中、「金正恩の首が危うくなってきた」と言うのは、拓殖大客員研究員で元韓国国防省北朝鮮情報分析官の高永喆氏だ。

「オバマ政権は北が挑発しても我慢して無視してきましたが、トランプ大統領はそうはいかない。なにしろ周囲は共和党のタカ派ばかりですからね。私は数日前、韓国の情報筋から、この3月に米軍が北に攻撃を仕掛けるとの情報を得ました。核や通常兵器による空爆ではなく、デルタフォースのような特殊部隊が金正恩の首を取る作戦というのです。北を庇護している中国も黙認するという。正恩の首さえ取れば北は心理的に参ってしまい、ミサイルで反撃できないでしょう。今回のミサイル実験で特殊部隊出動の確実性が一気に高まりました」

 もし特殊作戦が発令されなくても正恩の命運が尽きる可能性は高い。

「米韓は2年前から北が核ミサイルを準備するのを前提に演習を展開しています。以前は38度線での戦闘を想定していましたが、いまは北の核基地を空爆する作戦。同時に特殊部隊の破壊工作によって核ミサイルを無力化します。これまでマンガのように語られていた北への先制攻撃がトランプ政権誕生で現実となってきた。トランプが“俺が本気を出せば北朝鮮をつぶせる”と息巻き、大統領補佐官のマイケル・フリンがOKを出せば、すぐに出撃するでしょう」(黒井文太郎氏)

 今月16日は亡き父、金正日の誕生日。北朝鮮はまたミサイルをぶっ放すとみられているが、こうした状況下で正恩にその度胸があるのか。けだし見ものである。


 吉川 幸男 @FP_Yoshikawa 

日刊ゲンダイDIGITAL|正男暗殺、ミサイル威嚇に倍返し トランプが始める3月“血の報復”http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199509
拓殖大客員研究員 高永喆氏 談『…空爆ではなく、デルタフォースのような特殊部隊が金正恩の首を取る作戦というのです…中国も黙認するという…』

| | コメント (0)
|

«【大事件発覚!】晋三・明恵夫妻モロ絡み 日本会議系「安倍晋三記念小学校」建設用地として国有地を不当払い下げ