【3・20何かが起きる】大量逮捕?クリントン夫妻逮捕?FRB崩壊?世界的金融クラッシュ?第3次世界大戦勃発?

-『世界銀行300人委員会』ツイートでは、1ヵ月以上前から「3月20日に何かが起きる」と繰り返し注意を喚起していた。その発信元は「Qアノン」のようだが、Q自身そのときに起きることの具体的内容は明かしていないようだ。だから本記事タイトルのような憶測、または下のポスト英米時代氏のような記事となるわけである。いずれにせよ、その注目すべき3・20があと2,3日に迫ってきている。私は過去にもこういう情報に接し、「その日」が何事もなく経過した経験を多くしている。だから何事か起こるケース、または何事も起こらないケースと両方を睨みながら20日に臨みたいと考えている。何事か起きる場合は、カバール悪魔勢力敗北が如実なヒラリーらの逮捕orFRB崩壊のような、世界と日本にとって明るい方向性を指し示すものであってほしい。いきなりの金融クラッシュや第3次世界大戦勃発の報など願い下げである。ということで、以下に最近の『世界銀行300人委員会』ツイート群(抜粋)を転載したい。 (大場光太郎・記)-

嗚呼・Q・トラ候補のヒラは投獄だ映像を九回掲載。来週の大ハプンとはこれの事のようである。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/511.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 3 月 16 日 18:14:44:

安倍サックスの飼い主サックスであったヒラリーサックスが逮捕されれば、少しは戦争屋サックスも大人しくなると思うが、半月前にベンが書いたトラは寝返ったという書き込みが気掛かりで、その後にハノイ合意が潰されたのは事実で、ヒラリーサックス敗北だけは言い当てた板垣とベンの予言を読みたいところである。
そして、Qとトランプも来週が正念場で、芸人の大量逮捕は始まったようだが、そんな雑魚の話はどうでもよく、抵抗が激しくて大大大ハプニングは延期となりますたとかベンの竹中サックス逮捕あるあるみたいになるようだと、連中側のトリックスターを疑わねばならないが、核戦争が始まったとか違うハプニングはやめてよねーという感じである。

【世界銀行300人委員会】ツイートより (古い順)
https://twitter.com/someone5963

57037

世界銀行300人委員会   @someone5963       3月15日

DOJ And Clinton Lawyers Struck Secret Deal To Block FBI Access To Clinton Foundation Emails: Strzok | Zero Hedge ウラニウムワンが暴露されてきた。3/19の大量逮捕説に信憑性。で、3/20にカバールFRBが報復利上げ?要警戒だね。

 世界銀行300人委員会   @someone5963       3月16日

衝撃的な広島、長崎の原爆地上起爆と北朝鮮における日本チッソの原爆開発:アトランタ紙の記事より|freeml byGMO

日本国民が最も知るべき事。
昭和天皇 裕仁はイギリス国籍であり、CIA工作員だった。

世界銀行300人委員会  ⚡️ @someone5963       3月16日

・【広島長崎原爆投下】トルーマンとナチスドイツの黒い関係・ | ~★photon★~

裕仁もグル。第2次世界大戦は、ヤラセでした。まだ騙されてる人、知能指数を上げましょう。😬

57038

 世界銀行300人委員会   @someone5963       3月16日

裕仁がCIA工作員だった証拠を、また貼りますね。これはトランプが開示したアメリカ公文書です。安倍ちゃんと違って、偽造や捏造ではありません。

世界銀行300人委員会   @someone5963       3月16日

Intel: Restored Republic 3/16 Qが3/19にでかい でかい でかい事が起きる、が注目の的です。クリントン財団摘発の噂ですが、小さいかな、という気がします。長い時間をかけて準備した、とJFKの仇討ちを目指す人が言うわけですから、FRB崩壊に繋がる出来事を予想しています。

57039

世界銀行300人委員会   @someone5963     3月16日

日米合同委員会の流出写真
統一教会の阿部正寿が特等席に鎮座。
統一教会が議長なのでした。
変でしょ?

57040

世界銀行300人委員会   @someone5963       3月16日           

| | コメント (0)

【昏君安倍終身総理論】日本はもう止まらない!異常な国家になってしまった!

-このたび読了した『封神演義(上)』終盤に、「それ天下は、一人の天下にあらず。天下の天下なればなり」という、(周の文王、武王を支えた名軍師)姜子牙・太公望(きょうしが・たいこうぼう)の言葉があった。けだし名言である。よく考えてみれば、この言葉はどんなに時代が下ろうとどんなに社会体制が変遷しようと変わらざる普遍的真理の言葉とみるべきだ。しかるに安倍晋三の6年余の民主主義を否定するような独裁的あり方はどうだ。仔細には挙げないが、安倍のやってきたことは、暴虐の果てに周に追い詰められ結局は自殺した殷の糾王さながらだ。先日の国会答弁で口走った「私は国家です」「私は森羅万象担当大臣です」という驕り高ぶった物言いは何だ。これをうがって解釈すれば「それ天下は、安倍晋三一人の天下なればなり」となろう。天に唾する妄言を、国民視聴者の前でぬけぬけと言い放ったのだ。千年女狐の精が化けている妲己(だっき)に誑(たぶら)かされた糾王の場合は、面と向かって「昏君(フンチュン)!」(バカ皇帝)と面罵、諫言し残虐な刑死の憂き目に遭った忠臣が何人もいた。が、「現代の昏君」安倍晋三の場合はどうだろうか。上の「私は国家」「森羅万象担当大臣」発言は党としての品格が問われるものだろうに、表面きって異を唱える自民党議員は一人も出ないのだ。それのみか自民党NO.2の二階俊博幹事長などは、「安倍総裁の任期を4期に延長するのは何の問題もない」と言い放ったというのだ。「余人をもって代えがたい場合は」と付け足したと。んっ、お宅の党はそれほどまで人材が枯渇しているわけ?と、自民党のお家の事情などどうでもいいのだが。昨年秋の総裁選で安倍は「最後の総裁選」と繰り返していたその舌の根も乾かぬうちに、二階は何ということを抜かすのじゃ。安倍と共にそなたも甘い汁を吸い続けたい魂胆なのか?くたばりぞこないの強欲じじいめ。 (大場光太郎・記)-


北朝鮮の最高人民会議代議員選挙で当選者名簿に金正恩党委員長の名前がなかったのは、新国家「コリア」を建国したとき、日本と同じ「立憲君主制」国家にするためだ
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/2dfa9778c7bc68a754ddd5eb37e4e725
2019年03月14日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 北朝鮮の国営朝鮮中央テレビ(KCTV)は3月12日、最高人民会議(国会に相当)代議員選挙の当選者687人の名簿を読み上げた。この名簿に、金正恩党委員長の名前がなかったので、韓国あたりで訝る声が出ているけれど、これは、北朝鮮が国家体制について「新たな決断」をしていることを意味している。朝鮮半島統一・新国家「コリア」を建国したとき、日本と同じ「立憲君主制」国家にするということだ。今後は、日本の皇室のように完璧に金王朝をつくってしまうということになった。だから、大幅な体制変換が起きる。日本でいうと天皇陛下のような立場に金正恩党委員長がなる。民主化の第一歩だ。以下は、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦のトップ情報である。

リテラ・安倍・公約の九割達成。永田町で飼い殺しにするには勿体ない馬鹿で、松沢メジャーに挑戦させてあげるべきである。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/501.html 
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 3 月 14 日 14:41:52

常勝軍団松沢ヤンキースでもエースで四番を打てる逸材で、永田町に埋もれさせておくのは勿体なく、松沢医師団は最高の治療設備と史上最高額の入院手付金を提示して、幡ヶ谷斎場の霊柩車をオープンカーに改造してピンクに塗装して官邸から病棟までパレードして入院出来るように手配し、やはり斎場から花輪を借りてド派手に迎える事で、背番号と言うか病室も永久欠番の998号室を用意し、早速ワールドシリーズを狙う即戦力として合流させる事で、この際、ちょっとノイローゼ程度の二流患者は思い切って放出するかファームの墨東行きを命じて、始皇帝の生まれ変わりとか地球防衛軍最高司令官とか安倍サックスの豪速球をプロテクター無しでキャッチできたり、スタンド上段に打ち返す打撃センスのある者のみでチームを作る事で、時々正気に戻ってしまうような甲子園のアイドル程度のプロでは通用しない選手は潔く退院させる事で、金の卵のような馬鹿を大事に育てる事である。
つーかこれ以上キャリアとノンキャリを馬鹿に接触させると霞ヶ関自体が精神病院化してしまうから隔離が必要で、伝染病患者のように扱わないと駄目である。
てか、統計偽装を追及されて、予算の積算根拠が崩壊している最中に、公約殆ど達成と胸を張る神経が分からないが、これまで馬鹿の正横綱を張ってきたブッシュと小泉を超えた馬鹿であるのは確実で、入院させるに当たっては玄関前で土俵入りもさせてあげるべきで、ゴジラと昭和の妖怪を足して二で割ったような風貌の母親の現在の顔が見てみたいものだが、ここまでの馬鹿に育てるとはある意味大したものである。

【上記事に一言】 
 ポスト米英時代氏は、私の精神病院強制入院報告以来、松沢病院もの連発で大受けである。同氏はどうも当ブログを覗いてくれているようで嬉しい限りである。そうなのである。私が入院した横浜のM病院精神病棟そして当市内のS精神病院の入院患者は、私を含めて二軍、三軍しかいなかった。せいぜい見えないものが見えるとか、声が聞こえるとかいうレベル。M病院では夕方集会室にいると、近くの個室で大声で怒鳴っている男の声が聞こえていたが、ある夕食の時、40前後のその男が車椅子で集会室に食事に来た。食事前に若い看護師が薬を飲ませようとしたところ、「俺に毒を飲ませるのか。お前は“殺し屋”か」と叫んでしばらく飲もうとしなかった。この看護師さんは初々しい可愛い感じなのである。それが殺し屋だぁ?私自身はこの病院では薬を飲まなかったのだが、すぐ後ろで聞いていてそれには思わず笑ってしまった。まあどちらの病院もこの程度、安倍晋三級とは出会えませんでしたねぇ。

日本はもう止まらない!異常な国家になってしまった! 
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/425.html 
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 12 日 23:59:05: https://85280384.at.webry.info/201903/article_80.html 
2019/03/12 23:37 半歩前へ
 
▼日本はもう止まらない!異常な国家になってしまった!

 自民党幹事長の二階俊博が気が触れたかの発言をした。安倍晋三に死ぬまで総理を続けてくれと言ったのだ。安倍にやらせておくと、相当甘い汁が吸えるようだ。でなければこんな愚かなことは言わないハズだ。

 安倍晋三もしかり、二階俊博もしかり、官房長官の菅義偉もしかり。この者どもはみんな、自分のことしか考えていない。いかに権力の地位に留まっておれるか。いかに利権をほしいままにできるか。アタマにあるのはそればかりらしい。

 基地にあえぐ沖縄や、放射能の恐怖におびえる福島、地震、豪雨に襲われ、家を無くし避難所暮らしを続ける人たちのことなど眼中にない。寄り添う気など微塵もないのに、その場その場で出まかせを言う。

 こんな輩をまだ支持する愚か者が私たちの周りに「4割」もいるのである。

 日本国は狂ってしまった。もう止まらない。異常な国、キチガイ国家になってしまった。

*********************** 

二階自民幹事長 安倍首相の4選は十分ありうる

NHKが報道した。

 再来年9月までとなっている安倍総理大臣の自民党総裁としての任期について、二階幹事長は任期を延長して4期目に入ることも十分ありうるという認識を示しました。

 二階幹事長は記者会見で、去年の自民党総裁選挙で3選を果たし、再来年9月までとなっている安倍総理大臣の総裁任期の延長について、「安倍総理大臣は十分、党員の期待に応え、しっかり頑張っているのは間違いない。十分ありうることだ」と、任期を延長して4期目に入ることも十分ありうるという認識を示しました。

 そのうえで二階氏は「連続3期まで」となっている党則の改正について「余人をもって代えがたいという時には何ら問題はない」と指摘しました。

      

         

【はぁ?】「余人をもって代えがたい」二階自民幹事長が安倍首相の4選は十分ありうるとの認識

4選…2024年まで😖

「連続2期6年」→「連続3期9年」→「連続4期12年」→「連続5期…

北朝鮮に張り合うのか❓
法治国家の対義語を知らない首相による“人治国家”を目指すのか❓ http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/46815健康法.jp/archives/46815 


      
         

公共放送であるNHKが、こういうあからさまな「観測気球」報道に手を出して恥じない現状は、あらゆる意味で最悪だと思う。

二階自民幹事長 安倍首相の4選は十分ありうる | NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190312/k10011845071000.html


      
         

一番の問題は、、
こういう印象を刷り込むようなことを、
公共放送が軽薄にもやっちまうという事なんですよ。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190312/k10011845071000.html


      
         

予想
2021年「余人をもって代えがたいという時には何ら問題はない」安倍5選
2023年「余人をもって代えがたいという時には何ら問題はない」安倍6選
2025年「余人をもって代えがたいという時には何ら問題はない」安倍7選
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190312/k10011845071000.html @tim1134


                

総理大臣としての仕事も評価しないけど、トップとして次世代を担う人材を育てられないのは致命的だと思う。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190312/k10011845071000.html


      
         

いえもうお腹いっぱいなんで結構です。二階さんはそろそろ引退なさったらいかがですか。

二階自民幹事長 安倍首相の4選は十分ありうる | NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190312/k10011845071000.html

      
         

@wanpakutenshi【はぁ?】「余人をもって代えがたい」二階自民幹事長が安倍首相の4選は十分ありうるとの認識。4選24年まで「連続2期6年」→「連続3期9年」→「連続4期12年」→「連続5期…北朝鮮に張り合うのか。法治国家の対義語を知らない首相による“人治国家”を目指すのか~安倍政権を叩き潰せ!。

·  Neyagawa-shi, Osaka
      
         

あってたまるかよ。4月バカには少しはやいぞ。
二階自民幹事長 安倍首相の4選は十分ありうる | NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190312/k10011845071000.html



(以上、転載終わり)

| | コメント (0)

【犠牲は弱者】“景気暗転”むき出しになるアベノミクスの真実

-昨年の坂の上零氏の「この2、3年で日本は未曾有の経済危機に見舞われる」という警告が現実のものになりそうな雲行きである。が、事ここに至っても国民の多くはじっと我慢して“莚旗(むしろばた)”一つ挙げようとしない。昨年フランスの黄色いベスト運動ではないが、大規模デモや暴動が起きてもおかしくないレベルまで来ているとみられるのに。これは国家権力に手なづけられていることのほかに、取りあえず衣食住に事欠かなく、日々飯が食えている事と無縁ではないのだろう。これも平和ボケの一つなのかも知れない。戦後70年余豊かなこの状況が続いてきたのだしと高をくくっているのか、それとも今の安倍政治に絶望しあきらめ切っているからなのか。が、どうもこの国にアベノミクス大失敗による金融クラッシュが忍び寄っている気配である。仮にそうなって、生活必需品が買えない、日々の食料すら満足に手に入らないという事態になった時が恐ろしい。後進国ならいざ知らず我々日本国民はそういう飢餓線上を生きた経験がない。ただでさえ規範やモラルが低下している当今、そうなって潜んでいた獣性を一挙に爆発させる国民が全国津々浦々で多く出て来やしまいか。共食いもあるでよ~。そういう事態に立ち至らないことを切に祈るばかりだが、“地獄の使い魔”のような安倍晋三&同政権は一向に立ち退こうとしない。よって以上のことが余計懸念されるのである。 (大場光太郎・記)-

八割が景気回復を実感せず一割だけ実感とは、景気回復ではなく所得移転の泥棒だったという事である。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/489.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 3 月 11 日 17:09:59

小泉竹中サックスの時がそうだが、非正規三千万人の引き金を引いた時に、小泉サックスが新丸ビルの盛況を見てどこが不景気よとやった訳だが、格差は悪いと思わないとも悪態をつき、竹中サックスに至っては若者には貧乏になる自由があるとほざいた訳だが、一割への所得移転の始まりだったという事である。
時は流れて第二次安倍サックス政権の六年で、とうとう中間層が完全に破壊され、ガキに金のかかる中堅層まで喘ぎ出したというのがこの数字である。
小泉サックスの時がイザナギ超えだと竹中サックスがほざき、今回は電通マンサックスの造語であるイザナミ超えだと馬鹿とハゲとひょっとこがアホ面で吠えているが、ただの所得移転で泥棒だろー、津々浦々に唐草模様の風呂敷広げて隅々から盗みまくりますってかー、暖かい風じゃなくて生温かい泥棒の手を突っ込みます宣言かー、数字をいじって景気回復とかなめてんのかーという感じである。

8.    2019年3月13日 09:13:02 : yhqgtQH9sI : YlRMQ1M4N3F5cGM=[20]        報告

       (前略)

無能安倍政権がこの6年間やってきたこと❗

❶森友・国有地払下げ事件。
❷加計学園への獣医学部新設にからむ公的資金強奪事件。
➌TBS強姦魔救済の伊藤詩織さん事件。
➍血税補助金詐欺事件。
❺リニア疑獄。
❻財務省の公文書改竄、隠蔽。
❼アベノミクス偽装。

☆☆☆☆☆「安倍犯罪」底なし沼のように深い。以上は、単なる汚職事件ではない。この政権の体質、構造的な腐敗体質を露呈したもので、釈明の余地などない❗
☆☆☆☆「空前の破廉恥政権」恐るべき幕引き❗
巨悪の中心がのうのうと居座り、自分の為にやった事を他人事のように批判し、「膿」よばわりの倒錯❗
官邸ぐるみの「国家犯罪」を身内に調査させ、部下に責任を押し付けるとは、チンピラ以下の恥知らずだ❗
「アベ政治の6年間」でどこにも正義がなくなった「悪党天国日本」❗
「日刊ゲンダイ」より  

上コメント引用記事
「悪夢だ、自民党に人はいないのか」と小池晃! 
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/427.html

57029

犠牲は弱者 “景気暗転”むき出しになるアベノミクスの真実(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/384.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 11 日 21:50:05 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/249212
2019/03/11 日刊ゲンダイ 文字起こし 

57030
自分だけ良ければ(安倍首相と麻生副総理)/(C)日刊ゲンダイ

 景気動向指数の1月の基調判断について内閣府が先週7日、これまでの「足踏み」から「下方への局面変化」に引き下げた。この表現の使用は、消費増税の影響を受けた2014年以来。景気の現状を示す「一致指数」は3カ月連続で減少し、5年7カ月ぶりの低水準とメタメタだ。

 さすがの大マスコミも一斉に「すでに景気後退入りか」と1面で報じたが、何を今さら騒いでいるのか。安倍政権と大マスコミはそろって「中国経済の急減速の影響」と強調するが、要因はそれだけではない。茂木経済再生相に至っては「1月は中国の春節の時期で、さまざまな生産活動が低くなり、中国向けの輸出が手控えられた」と説明したが、今年の春節は2月4日からだ。ミエミエのゴマカシは論外である。

 景気動向指数のうち、景気の先行きを示す「先行指数」は既に昨秋ごろから落ち込む傾向を表していた。それなのにボンクラ政権は昨年相次いだ自然災害による「一時的な景気の落ち込み」と放置し、何ら手を打ってこなかった。景気後退は当然の帰結だ。

 1月の景気動向指数をもってして、安倍首相が喧伝する「戦後最長の景気拡大」に、今さら疑念を挟む大マスコミには鼻白む。大体この政権下で6年以上にわたって世論調査を実施してきたが、「景気回復を実感している」との回答が一度でも5割を超えたことがあったか。常に8割近くが「実感できない」と答えているではないか。

 統計不正のアベノミクス偽装で、あらゆる基幹統計が信頼できなくなった今、景気の良し悪しは国民の実感に頼るほかない。今回の景気の後退局面は、とうとうアベノミクス偽装の化けの皮がはがれ落ち、いよいよ、ペテン政治のツケと副作用が剥き出しになる――そう捉えるべきだ。

 ハッキリ言ってアベノミクスの6年間はゴマカシの連続。この政権がひたすらやってきたことは、大企業優遇、格差拡大、庶民切り捨ての暴政の数々と、その悪事を隠蔽するための金融政策を駆使した国民騙しだ。

57031
庶民の厳冬はこれからが本番(C)日刊ゲンダイ 

■壮大なマヤカシで空理空論を目くらまし

 安倍政権は弱肉強食の新自由主義にどっぷり漬かり、規制緩和の旗の下、国民の暮らしを海外に売り飛ばし、労働者を散々痛めつけてきた。

 昨年の種子法廃止と改正水道法では、国民の命の源である食と水を召し上げ、外国資本に献上する。TPPや日欧EPAの発効に邁進し、日本の農水産業を壊滅に追い込む。

 働き方改革に盛り込んだ高度プロフェッショナル制度で、労働者から残業代の概念を強奪。外国人労働者の門戸拡大の改正入管法により、日本の労働者は劣悪な環境に立つ外国人の安い労働力と競わされ、ますます賃下げ圧力が加わる。

 こうして人件費を抑制したい大企業を喜ばせた上、政権発足時に37%だった国の法人実効税率を段階的に20%台まで引き下げる優遇ぶりだ。ジャーナリストの斎藤貴男氏は、こう指摘する。

「この売国政権下の新自由主義とは権力者と資本家のための『自由』であり、その見返りに庶民の『自由』が奪われてしまう。史上最悪のイデオロギーなのです。安倍政権は規制緩和の名の下に新たな利権の確保を正当化し、弱者の声は全く聞き入れない。沖縄県民投票の結果への冷淡な対応が象徴的です。ここまで国民生活が虐げられれば、景気回復の実感がわかなくて当然。アベノミクスで日本経済が改善したなどという言説は大嘘で、政権発足以来、景気が向上していないのは国民の肌感覚の通りです。ところが、この政権は日銀のETF購入、年金基金、ゆうちょマネーなどを株式市場に大量投入。公的資金による株買い支えの“偽装株高”で、経済政策のデタラメや矛盾から国民の目をそらし、あまつさえ統計データまでデッチ上げ、アベノミクスの自画自賛を繰り返した。安倍首相は国会で『私が国家です』と答弁しましたが、まさにその発言通り。『こうありたい』と望むまま、隠蔽と偽装を重ねた印象操作で、景気の実態をゴマカし続けてきたのです」

■庶民の生活実態に目もくれず大威張り

 安倍は二言目には「雇用の改善」を口にして、「アベノミクスの実績」と胸を張るが、これも国民を言いくるめるための方便に過ぎない。現実に増えたのは低賃金の非正規雇用ばかり。雇用者数は13年1月の5179万人から今年1月は5628万人へと449万人増加したが、うち非正規の増加数は327万人。増えた雇用の実に72・8%を占めた。そのため、雇用者に占める非正規の割合は38・3%と過去最高水準に達している。

 安倍の自慢のタネの雇用増加について、経済評論家の斎藤満氏は「安倍政権下で、所得の格差と配分の不公平を測る『ジニ係数』も上昇傾向にあり、世帯主の所得に頼れず、主婦や高齢者が生活防衛のため、非正規で働きに出ているとみるのが妥当です」と分析し、こう続けた。

「つまり富裕層や大企業を豊かにしても、富は国民全体にしたたり落ちてこない。アベノミクスのトリクルダウン理論なんて嘘っぱちで、現実には、この6年で『1%対99%』の格差社会を拡大させたのです。ところが、安倍首相は庶民の生活実態に目もくれず、『国民総所得は増えている』と大威張り。官僚たちも右へ倣えで実体経済を良く見せようと、毎月勤労統計を密かにカサ上げ。エンゲル係数の計算式を勝手に変えて上昇傾向にフタをし、家計調査も消費水準を高めるため、意図的にサンプルを変更した疑いもある。こうしたインチキで覆い隠してきたアベノミクスの失敗を糊塗しきれず、露呈してきたのが現在の景気後退局面なのです」

 しょせん、アベノミクスなんて空理空論。刹那的な壮大なマヤカシで、国民をペテンにかけてきたのが真実である。

■「一将功成りて万骨枯る」に納得するのか

 人口減少で放っておいてもマーケットが縮小する中、6年以上に及ぶ暴政で庶民生活はズタズタに引き裂かれた。

 その結果、実質GDPに占める純粋な家計消費の比率は4割台まで落ち込み、消費の改善を望めるはずもない。日本経済に景気後退をはねのけるパワーは残されていないのだ。

 前出の斎藤貴男氏は「壮大なマヤカシが通じなくなれば、アベノミクスの真実が剥き出しとなって経済弱者に襲い掛かることになる」と警告。前出の斎藤満氏も「景気後退期に真っ先に切り捨てられ、アベノミクスのツケと副作用をモロに被るのは、生活苦で働きに出ている非正規の人々です。正規雇用者も賃上げは望めず、いずれ年金受給開始年齢も引き上げられる。99%の庶民には『死ぬまで働け』の地獄が待ち受けています」と予測する。政治評論家の森田実氏はこう言った。

「世界経済全体が景気後退期に差し掛かった恐れすらある中、安倍政権は異次元緩和で金融政策を既に使い切り、財政的余裕もない。来るべき危機に、もはや打つべき手段を失わせてしまったのです。その罪は幾重にも重い。しかも異次元緩和で景気は上向くどころか、ジャブジャブに供給したはずの資金は融資を怠る大銀行の金庫に眠っているか、あるいは大企業の内部留保に消えただけ。庶民の手元には回らず、経済の悪循環を生み落とした。結局、安倍政権は国民の暮らしを度外視し、『今だけ金だけ自分とお友達だけ』の刹那主義に毒されています。このままだと、安倍首相が歴史的な長期政権を築き上げただけで、庶民は泣きを見るという『一将功成りて万骨枯る』の状況に日本は陥ってしまいます。今こそ国民は目を覚ますべきです」

 今の日本に左右の違いで小競り合いを演じている余裕はない。

 騙されてきた99%の庶民は、大嘘つき首相の舌を抜くまで一致団結すべきだ。


      

         

日刊ゲンダイ
【景気暗転 剥き出しになる真実】

『今だけ、金だけ…刹那の終焉、その先の地獄』

『この6年間、安倍政権がひたすらやってきたことは大企業優遇、格差拡大、庶民切り捨ての暴政と金融政策によるゴマカシだ』

「騙されてきた99%の庶民がモロに被るペテン政治のツケと副作用」 pic.twitter.com/S0clhXHUE8


      
         

アベチンパン政権はイカサマミクスの他に、原発再稼働、PKO日報隠蔽、夫婦主導のモリカケで公文書偽造・隠蔽、戦争法・共謀罪・過労死促進法・奴隷移民法・カジノ法の強行採決、辺野古赤土投入等 やりたい放題だ。😱

国民の皆さんは何時、この嘘つきに切れるのかな?
この儘では日本が滅ぶぞ。😡


      
         

<犠牲は弱者 “景気暗転”むき出しになるアベノミクスの真実
日刊ゲンダイ 公開日:2019/03/11 17:00 更新日:2019/03/11 17:01>https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/249212  さすがの大マスコミも一斉に「すでに景気後退入りか」と1面で報じたが、何を今さら騒いでいるのか。https://folly.live7.jp/Remarks.html#dark


      
         

アホノミクスの化けの皮が
今ごろやっと剥がれてきた💦
ホントフザケンナよ💢早く辞めろhttps://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/249212


      
         

安倍政権がひたすらやってきたことは、大企業優遇、格差拡大、庶民切り捨ての暴政の数々と、その悪事を隠蔽するための金融政策を駆使した国民騙し。
それなのに安倍政権の支持は高いまま。

犠牲は弱者 “景気暗転”むき出しになるアベノミクスの真実|日刊ゲンダイhttps://docs.google.com/document/d/1qxw01be_i8gODRzEs-KfJAYskT6U05QfaTnZUbkiKpo/edit?usp=sharing


      
         

多数派弱者を手なずける(詐欺的に騙す)手練手管に長けた政権だよね。

犠牲は弱者 “景気暗転”むき出しになるアベノミクスの真実 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/249212


      
         

【今だけ金だけ・・・刹那の終焉、その先の地獄】景気暗転剥き出しになる真実 この6年以上、安倍政権がひたすらやってきたことは大企業優遇、格差拡大、庶民切り捨ての暴政と金融政策によるゴマカシだ 騙されてきた99%の庶民がモロに被るペテン政治のツケと副作用(日刊ゲンダイ)


(以上、転載終わり)
 

| | コメント (0)

#偽造捏造安倍晋三

-そういえば最近、「偽造、捏造、安倍晋三」なる言葉をよく目にする。ついさっきふとその言葉が思い浮かび、念のためネット検索してみた。すると驚いたことに「#偽造捏造安倍晋三」なるツイッターハッシュタグが既にあるではないか。どれどれと、ざっと中身を見てみるとこれがけっこう面白いのだ。そこで予定を変更してこれをタイトルとした記事にした次第である。それにしてもこのハッシュタグだけではない。安倍晋三をおちょくったものがぞろぞろ連なっている。 と、まあこんな具合だ。これだけ誹謗中傷、おちょくりの対象にされた総理大臣がかつていただろうか。本人は今年中に郷里県の山口出身の桂太郎を抜いて、明治以来の日本憲政史上最長の内閣になると大はしゃぎらしい。が、万事物事長ければいいというものではないだろう。すべての政策を偽造、捏造されたら国民はたまらないのだ。それが政権発足以来、「偽造、捏造、安倍晋三」の大嘘の連続で維持してきたものならば余計そうだ。「すべては空の空の空」とは旧約聖書の箴言だったかの一節だが、安倍晋作三の長期政権など特に虚名、空名で空虚の極みと言うべきである。 (大場光太郎・記)-

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、安倍晋三首相を名指しで非難、はっきり言えば、「外交能力ゼロ」の安倍晋三首相へのズバリ「退陣要求」とも言える
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/17d797d3969d0efd8ca0422bcbe4aa44
2019年03月11日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「北朝鮮の朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は8日付の論評で、安倍晋三首相がトランプ米大統領に、ハノイで2月末に行われた米朝首脳再会談で日本人拉致問題を提起するよう要請したことを『主人のズボンの裾をつかんで見苦しく行動した』と名指しで非難した」と産経ニュースが3月8日午後10時50分、「北朝鮮が安倍晋三首相を非難『拉致問題の提起要請、見苦しい』」という見出しをつけて配信した。これは、「第2の日本」北朝鮮を相変わらず、敵視し、あわよくば、「米国の核攻撃」を促し、なおかつ、「経済制裁強化」の姿勢を崩していない安倍晋三首相に対する露骨な嫌味である。はっきり言えば、「外交能力ゼロ」の安倍晋三首相へのズバリ「退陣要求」とも言える。金正恩党委員長は、日本の北朝鮮外交について、「小沢一郎代表とアントニオ猪木」以外は、信用していない。米国の国家安全保障局(NSA=国防総省の諜報機関)責任者が3月9日、キッシンジャー博士の代理として来日、天皇陛下の側近に「トランプ大統領が大チョンボをして、全部ぶち壊しにした。『助けてくれ』」と言ってきた。英国のメイ首相の代理人も来日して、同様に「合意なきEU離脱になってしまう。『助けて欲しい』」と言って来た。これに対して天皇陛下の側近は、どのような対応になったのか。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、以下のように解説している。

共同・好景気実感ない85%。統計をいじり、支持率をいじり、開票をいじったイザナミ不正選挙だったのである。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/484.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 3 月 10 日 18:39:33

馬鹿が天皇に新元号は安心でどうよと上奏したようだが、どこまで馬鹿なのかと言いたくなるが、松沢ファイターズは患者を全員放出してでも獲得に乗り出すべき逸材で、墨東ドラゴンズに抜け駆けされぬように今晩にでも死にかけの岸娘に同意を取り付けに向かうべきで、江川事件のように卑怯な手を使ってでも単独一位指名すべきである。
それが難しければ、押し掛け女房みたいに官邸を松沢ドームにしたいと本音でぶつかるべきで、これ以上馬鹿が進まぬうちに日本を救う積もりでタックルすべきである。
稀代の馬鹿を見て治療したいと思わなければ医者として失格で、全国の精神科医は後作考えず官邸前に集合し、精神鑑定を申し入れるべきである。

#偽造捏造安倍晋三
https://twitter.com/hashtag/%E5%81%BD%E9%80%A0%E6%8D%8F%E9%80%A0%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89

#AbeOut0223 悪夢の安倍一強独裁時代 #安倍は辞めろ @abenomaxsengen                    14時間前

安倍官邸に都合悪い答弁する委員長の出席阻止を画策か    >公文書を改ざんした安倍政権のことを考えれば、「さもありなん」と思ってしまうが、こんな簡単にバレるような文書の捏造を平気でやってしまうとは、あまりにも腐敗しきっているとしか言いようが

#AbeOut0223 悪夢の安倍一強独裁時代 #安倍は辞めろ @abenomaxsengen                    14時間前

統計委員長の「国会出席拒否」文書は捏造と本人が証言!    >22日に総務省が野党側に送った、国会に参考人として出席することを拒否する文書は、西村統計委員長が書いたものではない、総務省側がでっち上げた“捏造文書”だったのである。

57027

m@itta @fmdoskume                    15時間前

の名を欲しいにする(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 民間試算は81兆円 安倍政権「福島原発事故」処理22兆円のデタラメ

57028
calsifer @calsifer11                    3時間前

国会議員主導の改憲は   、ロシアに北方4島を献上した男 改憲したら99%国民は地獄

 あまぞーきんぐ @Amazoo_King                    14時間前

米専門家【福島原発フクイチ全面廃炉は技術的に不可能】日本政府と官僚と東電は自らの地位と金と原子力産業の財源を守るため、場当たり的な対応を続け、多くの日本人の命を危険にさらしている! から

東京散歩人 ™️ @wysvoice                    7時間前

汚染水はアンダーコントロールされています。「私は国家です」から。ほら、まさに閣僚も官僚もアンダーコントロールされてますね。稀代の詐欺師

 Yab. (反戦・反核・反原発) @yab887                    23 時間前          

#AbeOut0223 悪夢の安倍一強独裁時代 #安倍は辞めろ @abenomaxsengen                    14時間前

  >ただひとつ間違いないことは、安倍政権下ではこうやって「改ざん・捏造・偽装」と「国会の冒涜」が繰り返されて、国民は騙されつづけるということ。この国は、安倍政権によって、非常に危険かつ異常な状態に晒されているのである。

Hohobok @Hohobok                    3月9日           

返信先: さん

本当に分からんのですよ。この人は日本をどうしたいんだろうって。良くしたいとか発展させたいとか・・、少しも国の事を考えてないと思う。何で首相になったんだろう。注目を浴びたいだけ・・か??

 新おにぃ教官 @hosonisp                    3月8日

返信先: さん

国民の留保を吐き出させてるので大成功ノミクス。

Takenobu.A @0816Bu                    3月6日           

「法の支配」の対義語を知らずに答えられない 国民の前で無知無能を露呈した瞬間でした🎵

大阪粒焼 @OsakaRyuShow                    16時間前

安倍 に罹患した内閣 <この病気の主な症状> ・都合の悪いデータを隠蔽します。 ・隠しきれない場合は改竄します。 ・息をするように嘘をつきます。 ・嘘がバレると開き直ります。

 MOGMOGはなこ @hQsaYzAwX7uPeC3                    3月5日

腐った政治。日本おわってる。

(以上、転載終わり)

| | コメント (0)

【昏君(フンチュン)安倍を倒せ】現代日本版「封神演義」の主役は小沢一郎とアントニオ猪木か

-ここはその感想文を記す場所ではないのだが。私は最近ひょんなことから中国明代の小説『封神演義(ほうしんえんぎ)』の翻訳版(安能務訳)を読み始めている。講談社文庫(上)をまもなく読み終わるところである。時は紀元前11世紀、殷(いん)から周(しゅう)へと「易姓革命(えきせいかくめい)」される過程を描いた伝奇小説である。天界、仙界、人界入り乱れての大騒乱の末、殷の糾王(ちゅうおう)は道術のマスター・姜子牙(太公望)を軍師とする周の文王に敗れ周の天下になるのである。その要因となったのは元々は名君だった糾王がスケベ心を起こして美貌の妖妃・姐己(だっき)を迎えたことにある。以来糾王は、正体は千年を経た女狐(金毛九尾の狐の説あり)である姐己に骨抜きにされ、昏君(フンチュン-馬鹿皇帝)となっていくのである。とにかく面白いご機嫌な小説だが、私は読みながら『現代の昏君とはまさに安倍晋三に違いあるまい』と当たりをつけた。この見当に間違いはないと思うが、そうなるとさあ大変だ。こんな暗愚な昏君に引きずられた日本は、天の定めるところ、本当に亡国に向かいかねないからである。出でよ、救国の名君、名臣と言いたいところである。と、ここに安倍政権打倒、その先の政界再編に向けた動きが少しずつ顕在化しつつある。その主役は小沢一郎でありアントニオ猪木である。ご両人には「現代日本版易姓革命」の第一歩として、安倍晋三の下では1mmも動かなかった拉致問題解決のためにも一日でも早く訪朝していただきたいものである。 (大場光太郎・記)-

57022

米朝首脳会談の失敗は、「新機軸」を挫折させてしまう危険があり、キッシンジャー博士自ら「助けてくれ」と天皇陛下の側近を通じて極秘裏に泣きつき、小沢一郎代表を「仲介役」に指名
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/e04acdfea41ce6dbe72eb09cd1dde936
2019年03月09日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 案の定、米国からしかもキッシンジャー博士自ら、天皇陛下の側近を通じて日本に対して「助けてくれ」と極秘裏に泣きついてきて謝ってきたという。日本といっても、日本国政府にして欲しいわけではない。ましてやキッシンジャー博士が「バランスの破壊者、最悪の男」と口を極めて批判し嫌っている安倍晋三首相は、完全なる不適任者、及びこれを助けている麻生太郎副総理兼財務相は、「仲立ち」など絶対にできない。この窮地を救える人物としてキッシンジャー博士が「仲立ち役」に指名しているのは、小沢一郎代表である。第2回米朝首脳会談が、トランプ大統領の2度にわたる「大チョンボ発言」に起因して、折角、合意文書調印の寸前、メンツ丸つぶれにされた金正恩党委員長に拒否されて失敗したためだ。トランプ大統領が、「頭を丸めて坊主」になり謝罪して、全世界に恥を晒すわけにも行かず、さりとて、金正恩党委員長に再び「核兵器開発」を続行させるわけにもいかない。へたをすれば、「世界恒久の平和と繁栄」を築く目的で進めている「新機軸」(第3次世界大戦の回避・全世界の原発443基廃炉・地球環境改善・AIの産業化)を挫折させてしまう危険がある。これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦からのトップ情報である。

57021

馬鹿・次は私が金と首脳会談だ、北・招かれざる客が朝米間に入って平和を邪魔。蚊帳の外は夢遊病である。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/481.html 
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 3 月 10 日 00:01:16 

ラブロフにも王毅にも金孫にも相手をされず、宗主国のトランプだけがお金を払って30分の電話の相手をしてくれるだけで、テレクラかーという感じだが、金孫は当然、安倍サックスが法の支配の反対語を繁栄の海と答えた事を知っており、プーも習も文もトランプもそうで、5カ国の首脳はイタイ奴だと思っているのである。
ドジで愚図で間抜けでのろまな亀の堀ちえみのようにスッチーになるのを諦めないで教官に食らいつくところは評価するが、それプラス馬鹿でアホでワルで意地っ張りでは教官だって匙を投げる訳で、飼い主サックスにおかれましては一刻も早くタオルを投げ入れて楽にさせてやる事で、末期ガンが脳みそに見つかったからドクターストップがかかり、国政が停滞してはいけないので無念だが後は石破に任せるので万事宜しく頼むと格好つけさせてやり、松沢にチェックインさせる事で、もういいんじゃねという感じである。 


5709

<サンデー毎日> 参院選 野党結集仰天構想 アントニオ猪木議員「国民会派入り」で急浮上 「剛腕」が仕掛ける!= 鈴木哲夫
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/338.html 
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 10 日 04:10:05: 


      

         

今夏の参院選に向けた野党結集の動きが停滞する中、国民民主党会派入りして政界を驚かせたのが無所属のアントニオ猪木参院議員。そのウラには、驚くべき仕掛けが--。https://mainichi.jp/sunday/articles/20190306/org/00m/010/023000d

 
      
         

参院選 野党結集仰天構想 アントニオ猪木議員「国民会派入り」で急浮上 「剛腕」が仕掛ける!=ジャーナリスト・鈴木哲夫 https://mainichi.jp/sunday/articles/20190306/org/00m/010/023000d

Twitter広告の情報とプライバシー  

参院選 野党結集仰天構想 アントニオ猪木議員「国民会派入り」で急浮上 「剛腕」が仕掛ける!=ジャーナリスト・鈴木哲夫
https://mainichi.jp/sunday/articles/20190306/org/00m/010/023000d
2019年3月9日 サンデー毎日 文字起こし

▼GW(ゴールデンウィーク)までに「第二、第三の猪木」

▼どう動く?「小沢」「玉木」のシナリオ


 今夏の参院選に向けた野党結集の動きが停滞する中、国民民主党会派入りして政界を驚かせたのが無所属のアントニオ猪木参院議員(76)。そのウラには、驚くべき仕掛けが施されているという。「一寸先は闇」の永田町で密かに進む「仰天シナリオ」をすべて明かす。

「今回で任期(満了)。もう一回出るのか出ないのか迷っているかもしれないが、もう一回やってほしい。あなたの得意分野を生かせばいいんじゃないか」

 そして、最後のひと押しにこう付け加えた。

「僕も一緒に北朝鮮に行っていい」

 この一言が、アントニオ猪木参院議員(比例)を口説き落とした自由党の小沢一郎共同代表の「殺し文句」だったという。ライフワークの北朝鮮問題を全面支援するという小沢氏の思いが猪木氏に届いたか。

 猪木氏の国民民主党会派入りは電撃的だった。2013年の参院選では日本維新の会から出馬したため、イデオロギーや政策的には「自民党寄り」を印象付けたが、その後、無所属に転じていた。今夏参院選では不出馬説が取りざたされていた。

 そうした中での会派入り―。今国会では、国民民主党と小沢氏の自由党は統一会派を組み、党としての合流へ向けても協議を進めている。2月21日の記者会見では、小沢氏と国民民主の玉木雄一郎代表も同席。猪木氏はその場で「野党大連合という部分でみんなが力を合わせる手伝いをしたい」とまで語った。

 そこで疑問が湧く。なぜ、今なのか。

 多くのメディアは再編や選挙協力が進まない野党同士の「野党第1会派争い」と報じた。国民民主では藤田幸久参院議員が立憲民主党会派入りの意向を表明、参院での勢力がさらに減る見通しだ。そこで猪木氏を加えて当面は野党第1会派を維持し、「予算審議など与党との交渉で主導権を握りたい」(立憲幹部)という見方だ。

 ところが、実はまったく違う。背景にあるのは野党内の争いどころか、むしろ「野党が結集するための猪木合流」なのだ。もちろん仕掛け人は小沢氏。年明けに国民民主と自由が合流へ舵(かじ)を切ったその時、玉木氏はこう言った。

「(野党結集へ向けて)選挙をやってほしい」

 小沢氏は早々に動き出し、その第1弾が猪木氏の説得だったというのだ。小沢氏側近が明かす。

「二人は年明けから、猪木氏を知る人物を介して会ってきた。猪木氏は絶大な人気があり、北朝鮮訪問など独自の政治もやってきた。これほどの大物が身近にいるのに、誰も接触していない。小沢氏は『猪木氏が野党再編に加わってくれれば顔になる』と考えていた」

 別の側近は、参院選において猪木氏の存在は極めて重要な意味を持つとした「小沢シナリオ」をこう話す。

「猪木氏支持票は35万票で選挙に強い。一方、国民民主は参院選で立憲民主などに野党結集を呼びかけてきたが進んでいない。これを打開するには、ただ立憲に頭を下げるだけではなく、国民民主側に強力な候補がいなければならない。そこに向けた戦略を練るのが“小沢流”なのです」

 側近がさらに続ける。

「たとえば猪木氏を抱えた上で、立憲に『こちらにはこんな凄(すご)い候補がいる。一緒に戦えば相互の票の開拓にも底上げになる』と呼びかければいい。比例については、最終的には野党による統一名簿にして、猪木氏も立憲の候補も、国民・立憲にまたがる連合の候補まで並べれば相当なインパクトになる。猪木氏が記者会見で出馬の可否や猪木氏を公認する政党名を答えなかったのは、そんなシナリオが先にあるからなのです」

 本誌2月24日号で報じた通り、国民・自由の“合流”について、反小沢筋からネガティブ報道が流れた。小沢氏の狙いが「国民民主が旧民主党時代からため込んだ政治資金約166億円を、合流して幹事長になり自由に使うこと」という内容だが、小沢氏はこれを一笑に付し、周辺にこう言い切った。

「幹事長なんかになる気もない。そもそも資金は選挙以外の何に使うというのか。参院選ではいい候補を口説こうにも『野党だから』と簡単に受けてくれない。ならばすべて面倒みる。だから資金は必要だし、何より口説く時にその候補の信頼を得られる政治家が野党にいるかどうかだ」

「猪木・小沢訪朝団」の可能性

 猪木氏に対し、小沢氏はこれを実践したのだ。前出の側近は「当然、“第二、第三の猪木”を小沢氏は考えて動いている」。そこで私は小沢氏に直接、これをぶつけると、「なかなかうまくはいってないんだよなあ」とニヤリ。「うまくいっていない」とは、裏返せば「やっている」ということだ。

 その猪木氏がライフワークとしてこだわってきたのが先述した北朝鮮だ。驚くべきことに、国民民主内部などでも参院選対策として「北朝鮮訪問」が密(ひそ)かに検討されているという。

「猪木氏の北朝鮮のルートは確実。これを活用し、小沢氏や玉木氏、立憲の枝野幸男代表ら野党そろい踏みで訪朝し、拉致問題など対話の窓口を作ろうという構想です。ただ、その際には自民にも参加を呼びかけつつ、野党主導の議員訪朝団という形にする。単に安倍政権を批判するだけの野党ではなく、日本の対北朝鮮外交をリードして国政を動かす“王道を歩む野党”をアピールできる。安倍政権ができなかったことを野党が、しかも政局とは一線を画して取り組むとしたら、国民からは必ず大きな支持を得られる。ウルトラC戦術です」(前出・小沢氏側近)

 小沢氏は「5月の大型連休明けぐらいには、参院選に向けて野党を一体化させたい。『一つの政党』が難しくても、野党が大同団結する『オリーブの木』を作ってでも、自民に代わる受け皿を作る」と語り、玉木氏は時間的な目標も含めて「どんどん前へ進む」と私に語った。強力な候補をさらに獲得して立憲にアプローチし、猪木氏という存在も一層生かすなど、「剛腕」が描く野党結集シナリオは今、大きな局面を迎えつつある。

(ジャーナリスト・鈴木哲夫)

すずき・てつお
 1958年生まれ。ジャーナリスト。テレビ西日本、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリー。豊富な政治家人脈で永田町の舞台裏を描く。テレビ・ラジオのコメンテーターとしても活躍。近著『戦争を知っている最後の政治家 中曽根康弘の言葉』『石破茂の「頭の中」』


      
         

米朝会談が失敗に終わり、自由党の小沢一郎代表の訪朝が実現する可能性が高まっています。「訪朝発言」は、アントニオ猪木参院議員が国民民主党の会派に加わることを表明した2月の記者会見でのこと。もし実現すれば、成果ゼロの安倍首相は外交無能をさらすことになりかねません。記事は本日の3面に掲載


      
         

米朝決裂で安倍政権が警戒 小沢一郎氏「電撃訪朝」に現実味 https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_524898/


      
         

猪木氏の北朝鮮のルートは確実。これを活用し、小沢氏や玉木氏、立憲の枝野幸男代表ら野党そろい踏みで訪朝し、拉致問題など対話の窓口を作ろうという構想。その際には自民にも参加を呼びかけつつ、野党主導の議員訪朝団という形に。“王道を歩む野党”(小沢氏側近)https://mainichi.jp/sunday/articles/20190306/org/00m/010/023000d


      
         

安倍周辺が小沢訪朝に神経を尖らせているという。本当に安倍は笑わせてくれるが拉致問題解決にはやはり小沢が動くしかないのでは。米中首脳にも動じない小沢は金正日にも会っており今度はアントニオ猪木もいる。安倍は焦るだろうが小沢とは政治家としての格が違い過ぎる。 https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-205888/


      
         

猪木も訪朝しているので、小沢訪朝はその気になれば平壌は“小沢なら”受け入れるのでは。小沢訪朝が実現すれば、日朝両政府の主張の相違点が明確になり、拉致問題の解決が17年もかけて1ミリも進まなかったのか、理由が白日の下に曝されるはずだ。安倍の顔面蒼白で茫然自失とした姿しか浮かんでこない。


      
         

安倍は1年後くらいにこんなことを言ってそうですね。「向き合うとは言ったが、会うとは1度も言ったことはない」
拉致問題は最重要課題、と言ってもう何年たつ?    数ある嘘の中でも最も罪が重い嘘。この間、あなたは何度外遊に行かれたのだろう。

      
         

私もアントニオ猪木議員が北朝鮮と繋がりを断たないように、馬鹿にされたり笑われたりしながらもずっと個人で繋げてきた努力を、小沢さんと力を併せて何とか頑張って欲しい。
安倍政権だともう足下見られて無理だと思うし。拉致被害者の高齢になられたご家族の為にも是非思い切りやって欲しい。


      
         

くやしいけれど、 氏は聡明な男です。 がどんな人物が熟知していて「 」を言うだけの には は解決できないとわかっています。
そういう意味でも、 にはがんばってもらいたいですね。


      
         

確かに仰る通りです私達も
小沢さんにそれを望みます
是非拉致家族の皆さんの為日本の為その壁を登りきって欲しいと思います


      
         

仰せの通りです。今は、小沢さんの豊かな政治経験、広い人脈、胆力、剛腕と言われた突破力、行動力が必要だと思います。野党連立政権樹立のキーマンとして、動いてくれることを期待したいですね。安部政権は、あまりにも酷すぎますから。


      
         

それなら自分が早く行けばいいのに、怖くて行けないんだね?トランプに頼んでみたり。それをまた拉致被害者家族会が、いつまでも信用して待ってるんだもの、呆れます。


      
         

拉致被害者を連れ戻そうとする猪木と小沢を妨害するとしたらアベ官邸だ。
家族会も本当に家族を北朝鮮から連れ戻したかったらいい加減にアベと縁を切ることだ。そして小沢と一緒に北朝鮮に乗り込んで自分たちの力で肉親を奪還することだ。


      
         

小沢さんと猪木さんに期待しましょう!




関連記事
米朝決裂で安倍政権警戒 小沢一郎氏「電撃訪朝」に現実味(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/1001.html

 

(以上、転載終わり)

| | コメント (0)

差別を助長するシステムとしての自民党型の立身出世主義

-今回は東海アマ氏による優れた論考記事を以下に紹介する。「末は博士か大臣か」と夢想していた人間、確かにいたよなぁ。昭和40年代半ば過ぎのある年、私より3歳年上のある人からの賀状にそう書いてあった。この人は当厚木市のニューリーダーと目されていた人で、当ブログ記事でも以前書いたが、この年の市会議員選挙に立候補し私なども駆り出された(結果は落選)。今では土建屋の社長に収まっているが、この人も東海アマ氏のいう「権威主義の呪縛に洗脳された人」の一人だったのだろう。さてこの日本という国は、良し悪しは別として独特なヒエラルキー構造を有している。その源はやはり「天皇制」であろう。頂点に天皇家が厳として存在し、最底辺に被差別部落民がいる構造だ。しかし何かの本で読んだのだが、天皇家と部落民は根っこのところでつながっているという。元をたどればどちらも“渡来系”という共通項があるというのだ。東北出身の私は高校時代、島崎藤村の部落民をテーマとした『破戒』を深い感銘とともに読了したが、縄文系の多い土地柄、被差別の部落民など身近で聞いたことはなかった。そういえば関西地方に部落問題が最も多く見られるが、これは古来からの天皇家の勢力範囲と見事にリンクするわけである。天皇家という「聖」の存続にとって、部落民という「卑」の存在はどうしても不可欠だったらしいのだ。よって部落民問題は天皇家が続く限り真の解決を見ない、いわばこの国にとっての“宿痾(しゅくあ)”のようなものなのかもしれない。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 転載文途中まことに勝手ながら、文中で紹介されている岡林信康の『手紙』動画を挿入しました。

立身出世主義
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2100268.html#more
06:11 大摩邇 
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-671.html
東海アマブログ

<転載開始>
 私の子供時代、世の中の価値観は、まだまだ「末は博士か大臣か……」の権威主義の呪縛に洗脳された人が大多数だった。
 人間社会の頂点に、天皇家があって、底辺に、部落民や死刑囚がいて、貧乏人がいて、中産階級がいて、特権階級がいて……と際限のない差別の重層構造があった。

 これは一種の信仰に近いもので、ちょうど水戸黄門が印籠を振りかざして、悪代官をひれ伏させるテレビ番組が、日本では圧倒的な人気を誇っていたわけだが、「権威が民衆を救う」かのような妄想は、西洋キリスト教における、「メシアを拝めば救われる」という発想と同等のものである。

 社会のあらゆる価値の序列が、価値観の基準になり、学歴でいえば、東大を頂点として、無学歴者・中卒者を底辺とするピラミッドがあって、自分がそのなかの、どこに位置するのかわきまえるのが分別であるとされたものだ。
 とりわけ企業内では、この種の権威を信奉する秩序が重視され、学歴のわずかな違いも、出世や人間関係に大きく反映したものだ。

 だから、私の記憶では、1960年代、出生地域が「部落名鑑」に記載された被差別地帯であったり、在日朝鮮人であったりすると、どんなに成績が優秀でも、人間性が卓越していても関係ない、「表札が悪い」と一蹴され、普通の企業から採用を拒否された。
 当時の人間を定める価値は、断じて実力ではない、アホでもいいから表札=看板に権威があればよかったわけだ。

 私=東海アマを、ネットで検索してみると、私が、詐欺師であるとか、嘘つきデマ屋であるとか誹謗中傷をずらり並べたサイトが、実にたくさん出てくるが、そのなかでも共通するのが、私を「中卒」と決めつけて中傷する連中である。

 こうした誹謗中傷を調べてゆくと、多くが自民党本部と同じIPアドレスを使っていて、ほぼ全部が、安倍晋三の熱狂的な支持者によるものであった。
 つまり、中卒というのが、人間をもっとも小馬鹿にし、見下す表札=レッテルの一つだと信じられているのが、自民党の関係者、支持層なのである。

 権威など存在しない私を、ここまで熾烈に誹謗する理由は、2011年以降、私が原子力産業の反社会性を糾弾し続けてきた成果であろう。
 この膨大な誹謗中傷のおかげで、原子力産業や自民党支持者の、人間性の底まで見渡すことができて、彼らの大半が、知能に劣り、知性や分別さえもない、人間として信用してはならない集団であることを、骨の髄まで理解することができた。

 ところが、彼らの信奉する安倍晋三の学歴はといえば、神棚に飾って拝むような東大どころか、成蹊大の裏口から入って裏口から出ていることが判明するので、実に不可解である。

岡林信康 手紙   


  『手紙』 岡林信康 1969年
 https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=lbiCLUwFwTY

私の好きな みつるさんは
おじいさんから お店をもらい、二人いっしょに 暮らすんだと、うれしそうに 話してたけど
私といっしょに なるのだったら、お店をゆずらないと 言われたの
お店をゆずらないと 言われたの

私は彼の 幸せのため、身を引こうと 思ってます
二人はいっしょに なれないのなら、死のうとまで 彼は言った
だからすべて 彼にあげたこと、くやんではいない 別れても
くやんではいない 別れても

もしも差別が無かったら、好きな人とお店が持てた
部落に生まれたそのことの、何処が悪い何が違う
くらい手紙になりました、だけど私は書きたかった
だけども私は書きたかった

 上は、1969年、私が高校生時代の岡林信康の名曲だが、これを聞いて、私は激しい衝撃を受けたことを覚えている。いろいろ調べてゆくうちに、これが近江八幡市で起きた実話であることを知り、ますます強烈に憤り、それ以降の、私の思想、人生観を決定したといってもよい。

 当時、私自身も、総評(愛知労働評議会)の幹部であった父親から、立身出世主義の価値観による、「いい大学に入って権威ある立場になれ」と不愉快な薫陶を受け続けてきたので、少なくとも父の望まない、権威の対極にある真実の世界に向かうことを、この曲は決定的に後押ししてくれたのだ。

 当時、私は名古屋市中村区に実家があり、近くの城西病院の西側には、江戸時代から続く未解放部落があり、調べてゆくと、自分の住む地域が、どうやら江戸時代に表舞台には出せない不可解な地域であることが分かった。

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-350.html

 私は学校に行くと、大門に縄張りを持つヤクザ子弟からイジメを受けたのだが、彼らから「四つ」と呼ばれた。最初はチンプンカンプンだったが、「四つ足」つまり獣の意味らしい。
 なぜ、そんなことを言われるかというと、家の近所にあるカラスの森という地名とか、用水沿いにホルモン焼きの臭いを漂わせる集落とかが、獣に関係する仕事をしていた事情かららしかった。
 これが、私が部落問題にのめりこむきっかけであった。

 父が、この土地に家を建てた理由は、名古屋市内の他の場所よりも格段に土地が安くて、安月給の蒸気機関車運転手だった父親の、職場に近くて、安価に買える土地が、ここしかなかったからである。
 しかし、異様に安いことには理由があった。名古屋という都市は、名古屋駅よりも西側の地域=中村区の土地価格が異様なほど安く、世界的な大都市であるにもかかわらず、名古屋駅西口の開発が極端に遅れている事情を、多くの人が訝るのだが、もちろん、本当の理由は、上に述べた、中村区と未解放部落の関係性である。

 その後、日本政府も自治体も、すべて足並みを揃えて、見せかけの同和対策、すなわち部落問題に対する徹底的な隠蔽を図り、公共図書館の歴史的資料さえ、改竄してしまうような暴挙に出た。
 しかし、この効果は強力で、1980年頃から、教科書や辞書からも、部落問題に関するあらゆる表現=例えば、部落・屠殺などの言葉が消され、今利用している一太郎の変換さえ出てこない=あたかも部落が存在していないかのような、歴史的事実さえも消してしまった。
 驚いたのは、私の実家の江戸時代の地図まで、周辺が白抜きに消され、情報が削除されていたことである。

 上に紹介した、岡林信康の手紙に出てくる女性は、部落出身であることが知られたら、婚約者の実家に猛烈に反対されたときの悲しい心情を手紙に残して自殺したが、こうした悲劇は、行政の隠蔽姿勢によって消えたのだろうか?
 私の知る限り、差別への思いは隠蔽すればするほど地下に深く潜行し、2019年の今でも、部落差別は決してなくなってはいない。
 https://synodos.jp/society/20420

 我々は、小泉純一郎政権で、日本国内の格差を極端に拡大した悪魔が登場したのを目撃した。その名を竹中平蔵という。
 竹中は和歌山市内の履物屋の息子である。日本で、部落差別が激しく残されている土地を言うと、奈良県・岡山県・和歌山県・滋賀県・三重県であろう。
 和歌山で履物屋といえば、土地の人には瞬時に階級が浮かぶ。竹中平蔵は、部落出身者だと分かるのだが、彼の行った政策は、その階級差別を歴史上最大級に激化させる新自由主義の差別政策であった。
 小泉政権までは、年収180万円は非課税だったのだが、この底辺の生活苦大衆にさえ一割の課税を行ったのが竹中平蔵なのだ。

 竹中兄弟は「金の亡者」で知られるが、一方で、貧しい人たちを、これほど苦しめる為政者も過去にいなかった。竹中が登場したことで、日本の差別は10倍以上拡大したとも評されている。

 自民党は、黄門様を崇める自民党支持者の価値観である立身出世・権威主義を信奉する政党であった。
 「末は博士か大臣か」
 の立身出世価値観を神棚に奉って、毎日参拝するような集団だったのだが、竹中平蔵の登場あたりから、そうした権威主義と微妙にずれはじめた。

 ヒッピー出身の大臣が出てきたり、安倍晋三や麻生太郎のように、高級学歴を持たないが、家柄の権威だけで政権を担う軽薄な人物が出てきたり、若い、二世三世議員の多くが、知性とは無縁の、強欲集団に成り下がっていたり、もはや、かつての(福田や三木、後藤田、大平ら)知性的政党ではなくなってしまった。

 とうてい、立身出世主義からは逸脱して、露骨な強欲一本槍というイメージなのだが、それでも、すでにない権威を必死になって守り、依存しようとする安倍晋三の姿勢が痛々しい。
 彼らを見ていると、近代憲政議会が、立身出世、権威の価値を失って崩壊してゆく最期の断末魔のような気がする。
 統計を捏造、改竄するような、根源的知性をないがしろにする姿勢が、何をもたらすのか? 彼ら自身にも分かっていない姿が、実に悲惨である。

 立身出世=権威主義の価値観の最期の砦は天皇制である。
 私に言わせれば、天皇制があるから、日本政府があり、死刑制度があり、権威への信仰=幻想が成立している。

 だが、一方で、「天皇はタダの人」という究極の何一つ掛け値のない真実を知る国民が大多数を占めるようになり、今、天皇制が支持されている理由は、明仁氏と美智子氏の、真摯な努力によるものだけであり、浩宮君が新天皇になって、明仁氏と同様の国民への連帯を示せなければ、たちまち、この究極の虚構が自己崩壊してしまうのである。

 すべての権威は、真実からかけ離れた虚構でしかない。そこには嘘しか存在しない。真実は、権威を必要としない。
 一流大学を出れば知性があるわけではない。権威があれば悪が滅びるわけではない。
 すべての人々は、ネットを通じて真実を学んでいる。だから、過去100年のような、権威を信奉する=黄門様の印籠にひれ伏す時代は、もう終わったのだ。
 部落民などという看板、表札も、士族という表札同様に何の効果もない。本当に効果をもたらすのは、真実の温かい人間性だけである。
 虚構の時代は、崩壊しているのだ。
  

<転載終了>

コメント一覧
  • 8. アマさん控えめ                            
  •                             
  • 2019年03月08日 18:33
  •  
  •                            
  • 天皇制は精神的な支えであり、体現されている方がおられる限り否定のしようがない。それは虚の部分であっても無くても個々人にあっては善だと思います。だからとは言えませんが差別・区別をできるのであれば、既に立ち位置に居るのだから、もっと増える言葉を作ってほしいです。極端が好まれているのは残念ですが、真ん中の幅を明確にしていただけるほうが大勢にとって役に立つと確信しています。下品な奴らには上品な批判を浴びせたい!!                           
  •  
                                     
                                        
    7. 名無し                           
    2019年03月08日 15:26

    48年前の話しですが、あの頃は就職状況はよかった、
    ある大企業に履歴書を提出した、その中に指示する
    政党はという質問があった、そこに社会党と記述した、
    数週間後不採用の通知を受け取った、学校の先生は
    最初からわかっておられた、友達からお前は共産党
    呼ばわりされていた、私の人生で一度も右翼の党に
    投票したことがない、私の現在の健康状態とバイタリティー
    はこの思想によるものだと疑う余地も無い。す
    6. これは                           
    2019年03月08日 14:29
  • ウヨ思想っていうやつですか?                                                           5. 花子
    2019年03月08日 12:36

    5.花子
    2019年03月08日 12:36

    東海アマさんと同感です。

    西欧では「大学なんてメトロ(地下鉄)の切符でしかない」と言う近代的(?)諺があります。

    大学の裏口入学に関して外国にもあります。パリ16区にあるパリ・ドーフイン大学経済学部(数年前日本の首相が正式訪問していた大学)には、聞いた話では、ユダヤ系の子弟が裏口入学しているとか。


    4. つなし                           
    2019年03月08日 11:29

  • 他を差別する者は、因習偏見にとらわれた弱いものである。差別のもとになった歴史を解明する必要がある。解明すれば被差別者の権威が上がり、支配関係が逆転するから(損害賠償)、人から人へ因習を引き継ぐのだ。どんな成文古典でも必ず矛盾と胡麻化しがある。
    えったは飛騨、さんかは山奥に逃げたひと、よっつは人でない者は天孫の子孫という説が日本書記及び古事記を読み解けば解明されるという。ヒラリークリントンのDNA検査で爬虫類DNAを持つからよっつでなくアシナシである。コタンの口笛はアイヌ差別を記すが血を流して比べよと迫っている。確かに所謂部落民の幾らかは現在のハザールマフィアのやり方を継承するから不思議ではある。マルクスの父はラビでラビとユダヤ長老会がユダヤ人を奴隷にしてきたから、マルクスは差別と隷属を失くす社会科学を構築した。自分を高めるものは低められる、自分を低めるものは高められる(キリストの福音書)。英国王室は人食いの家系で実践中という者もいる。四つ足皇室の差別を英国当局は取り締まるという。安倍は低能でも低くめるな!
  • 3. あ                            
  • 2019年03月08日 10:34
  • 天皇制こそが日本を日本国として永続させてこられた真髄である。

    日本、そして地球の天神地神八百万の神々へ、修験行者、神官、僧侶の方々の先頭で祈りを捧げられてこられたのが天皇であり、これこそが神界を通じて日本を治められてこられた天皇のお役目である。
  • 2. 新撰組                            
  •  
  • 2019年03月08日 08:54
  • 大変良い記事だね❗
  • 1. YouTube大好き名無しさん                            
  •  
  • 2019年03月08日 07:36
  • 東海アマ氏ありがとうございます。                           
  •  
                                     
    (以上、転載終わり)つなし

    他を差別する者は、因習偏見にとらわれた弱いものである。差別のもとになった歴史を解明する必要がある。解明すれば被差別者の権威が上がり、支配関係が逆転するから(損害賠償)、人から人へ因習を引き継ぐのだ。どんな成文古典でも必ず矛盾と胡麻化しがある。
    えったは飛騨、さんかは山奥に逃げたひと、よっつは人でない者は天孫の子孫という説が日本書記及び古事記を読み解けば解明されるという。ヒラリークリントンのDNA検査で爬虫類DNAを持つからよっつでなくアシナシである。コタンの口笛はアイヌ差別を記すが血を流して比べよと迫っている。確かに所謂部落民の幾らかは現在のハザールマフィアのやり方を継承するから不思議ではある。マルクスの父はラビでラビとユダヤ長老会がユダヤ人を奴隷にしてきたから、マルクスは差別と隷属を失くす社会科学を構築した。自分を高める 
  • | | コメント (0)

    【いよっ!倒閣の千両役者】籠池泰典氏 初公判でも籠池節健在「日本一の夫婦花」法廷で一句

    -6日は注目すべき二つの司法の動きがあった。一つはカルロス・ゴーン日産前会長が保釈されたこと。そしてもう一つが、小学校建設で不正に補助金を詐取したとして詐欺と詐欺未遂の罪に問われている学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典(本名・康博)被告(66)と妻諄子(じゅんこ=本名・真美)被告(62)の初公判が6日、大阪地裁で開かれたことである。今回はこのうちの籠池氏初公判についてみてみたい。籠池被告自身が一部認めているように、確かに詐欺の事実はあったのだろう。が、これは森友事件全体の枝葉に過ぎない。同事件の幹となるものは、当該国有地が8億円という超不当な廉価で森友側に払い下げられたことである。そのプロセスで安倍昭恵サイドから財務省に対して強い口利きがなされ、それをきっかけに籠池被告が「神風が吹いた」と表現したとおり、同土地の不当払い下げが劇的に進んでいった。2017年2月17日の国会質疑で安倍総理は、「私も妻もこの件に関わっていたなら総理も国会議員も辞める」と明言したが、それをきっかけに安倍昭恵の関与を示す箇所を中心に、当時理財局長だった佐川宣寿の指示で、財務省文書の大規模改ざんが行われた。また2015年9月4日、安倍総理来阪の折り、今井秘書官とともに公明党冬柴元幹事長の息子が経営する料理店を訪問、りそな銀行からの学校建設費21億円の融資話がその時話し合われたと言われている。ことほどさように、森友事件は俗に「アッキード事件」と呼ばれたように、根っこの部分で安倍晋三&安倍昭恵の関与があったことは明らかなのだ。が、財務省文書は改ざんされるは、安倍昭恵は国会証人喚問から逃げ回るはで「総理夫妻の犯罪」はすべてスルーされてきた。なのに籠池夫妻のみは枝葉の案件で、国策捜査、国策逮捕され、そして300日にも及ぶ国策勾留を受けてきた。その流れで行けば、籠池夫妻のみを同事件のスケープゴートにすべく、今後の公判は国策裁判つまりは国策判決で実刑とされる可能性は高いと思われる。安倍夫妻の高笑いが聞こえるようだ。が、日本の司法が「中世」のままであってはならない。公判過程での籠池被告の爆弾証言に期待するとともに、国会における同事件の一段と鋭い追及に期待したいものである。巨悪は眠らせるな! (大場光太郎・記)-

    関連記事   
    森友学園問題 籠池前理事長「国策捜査許せない」 大阪地裁 初公判で一部否認 
    http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/219.html
    <もろ手を挙げて賛成だ!>社説で「森友疑惑は法廷で真相を解明せよ」と書いた東京新聞  天木直人 
    http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/246.html

    ベトナム、中国、韓国、北朝鮮、そして米国と、すべての繋がりを持っている日本の国際的政治家は、小沢一郎代表を置いて他にはいない。いまこそ、小沢一郎代表の出番であり、それを自主的にやってもらいたい
    https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/55a879ec265a9e0ebd16ad243118a20b
    2019年03月06日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

    ◆〔特別情報1〕
     米トランプ大統領は、「非核化」や「経済制裁解除問題」などとはまったく関係のない「2度の大チョンボ発言」により、第2回目の米朝首脳会談を台無しにした。このため、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」、とりわけキッシンジャー博士が「100%悪いのは、トランプ大統領だ。金正恩党委員長は、まったく悪くない」と激怒しているだけに、トランプ大統領は金正恩党委員長に頭を下げて謝罪することもできずにいる。天皇陛下の側近たちは、直ちにキッシンジャー博士に連絡して、裏の世界ではすぐに調整が始まっているが、この流れで表の世界でも当然、調整をしなければならない段階に入ってきている。しかし、仮にトランプ大統領が辞めないとしても、世界恒久の平和と繁栄を実現しようと齢95歳の老骨にムチを打って頑張っているキッシンジャー博士が「バランスの破壊者、最悪の男」と口を極めて批判し嫌っている安倍晋三首相、及びこれを助けている麻生太郎副総理兼財務相は、「仲立ち」など絶対にできない。そのため政権交代を早めなければならない。天皇陛下のごく側にいる吉備太秦は、「ベトナム、中国、韓国、北朝鮮、そして米国と、すべての繋がりを持っている日本の国際的政治家は、小沢一郎代表を置いて他にはいない。いまこそ、小沢一郎代表の出番であり、それを自主的にやってもらいたい。自主的にやれば自ずと次の総理大臣は小沢一郎となる。大クラッシュが起きたのだから、もう二重外交を懸念する必要はまったくない。いま、総理大臣ではないが、アントニオ猪木参院議員と一緒に北朝鮮に行って仲立ちをしてもらってもいい」と提案し、以下のように説明している。

    57019
    学校法人・森友学園をめぐる補助金詐欺事件の初公判を終え大阪地裁を後にする籠池泰典被告(撮影・上山淳一) (画像・日刊スポーツ)

    初公判でも籠池節健在「日本一の夫婦花」法廷で一句
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12168-03060822/

    国や大阪府、大阪市の補助金計約1億7000万円をだまし取ったなどとして詐欺と詐欺未遂の罪に問われた学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典(本名・康博)被告(66)と妻諄子(じゅんこ=本名・真美)被告(62)の初公判が6日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で開かれた。

    両被告は起訴内容の大半について無罪を主張した。法廷でも籠池節は健在で「国策捜査、国策逮捕を絶対許さない」と語気を荒らげ、自作の句まで朗読した。

       ◇   ◇   ◇

    大阪地裁で最も大きい201号法廷。紺のスーツ姿に金色を基調にしたネクタイ。午後2時に始まった初公判で、泰典被告は険しい表情で起訴状朗読を聞いた。罪状認否で意見陳述を求められると一転、籠池節をさく裂させた。

    「国策捜査、国策逮捕を絶対許さない」。ときおり検察官をにらみつけ、強い口調でまくしたてた。「自分の非は素直に認める」と述べたが、起訴内容の大半について無罪を主張した。保釈まで大阪拘置所で約10カ月の長期勾留を強いられたことについて「人質司法として300日間も国策勾留したのは口封じ」と主張し、「国有地売却の忖度(そんたく)問題の目くらましをしていることを、裁判所もしっかり見てほしい」と訴えた。

    延々と続く“籠池劇場”に検察官が「簡潔に」と中断を求める場面もあったが、裁判長らが協議した結果、続行が認められた。意見陳述の最後には背筋を伸ばし、自作の句まで詠み上げた。

    「凜(りん)と咲く 日の本(ひのもと)一の 夫婦花(めおとばな)」

    10分以上続いた主張を終えると、裁判長に一礼し、弁護人席へ戻った。泰典被告は続いて証言台に向かった諄子被告に視線を投げかけ、心配そうに見入った。諄子被告は「私は無罪です」と訴えた。

    検察側は冒頭陳述で、泰典被告は学園の業務全般を総括し、諄子被告は経理担当で預金や帳簿を管理していたと説明。国の補助金は「上限の額が得られるよう設計会社や建設会社と共謀し、虚偽の請負契約書などを作成した」と指摘した。

    閉廷後、諄子被告は夫の一句について「グッときた」と感激した様子。安倍政権を揺るがせた森友学園問題で、検察との全面対決。泰典被告は「言うべきことは言いました」と胸を張った。【松浦隆司】

    (以上、転載終わり)

    | | コメント (0)

    【政報共犯複合体】この国を芯まで腐らせた大マスコミ 安倍政権は「ちょろいもんだ」と高笑い

    -「この国を芯まで腐らせた大マスコミ」とは何とも衝撃的なタイトルだ。が、事実そのとおりだから仕方ない。今国会を揺るがせている統計不正問題を見ても分かるとおり、森友文書改ざん問題以降明らかなとおり、安倍晋三の政権は「不正」が当たり前のようにまかり通る政権なのだ。それについて野党側が鋭く追及しても安倍は「それがどうした」と逆切れ野次を飛ばす始末。12年12月の巨大不正総選挙で再登板した安倍晋三に不正が付きまとうのは当然なのだ。「権力は絶対的に腐敗する」とは洋の東西を問わず長く政権を担当している政権への絶対則だ。が、安倍政権にあっては政権発足時からいかがわしさ満開だったということである。そういう政権だからこそ、大マスコミは余計シビアに政治権力のチェック機能を果たさなければならなかったのだ。しかし当初から大マスコミは方向性を間違えていた。他の新聞・テレビメディアの先陣を切って、読売新聞社主の渡邊恒雄が安倍晋三との会食に応じた。むしろナベツネの方から安倍を呼び出したのかもしれない。が、わが国大マスコミに睨みの利くCIA読売ナベツネとの会食で、大マスコミが安倍政権の方向性にお墨付きを与えることが決まった。その後は他社の幹部クラスが安倍と事あるごとに会食を重ねて今日に至っている。大マスコミは安倍政権と共犯関係、よって中小マスコミの日刊ゲンダイの本タイトルでの「この国を芯まで腐らせた大マスコミ」というし指摘はまさに正鵠を得たものなのである。また安倍晋三は、NHKの会長、経営委員会人事にも早くから手を突っ込み、同局の完全手なずけに成功した。さらに以前から目の敵にしてきた朝日新聞には系列のテレビ朝日ともどもしばしば恫喝的介入を繰り返しその弱体化を目指してきた。かくて今大マスコミで政権に逆らうものはどこにもない。NHKのみならず「安倍様の御用達メディア」と堕している。図らずも「同じ事二度ある仕組み。この事忘れんでくだされよ。同じ事二度」という日月神示預言が、軍部の暴走を助長した戦前翼賛報道とパラレルの形で、政権と大マスコミの共犯関係として見事に成就されているのである。 (大場光太郎・記)-

    57016

    この国を芯まで腐らせた大マスコミ 安倍政権は「ちょろいもんだ」と高笑い

    http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/167.html
    投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 05 日 00:13:05:
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/248694
    2019/03/04 日刊ゲンダイ 文字起こし ※タイトルは紙面による

    57017
    安倍首相(C)日刊ゲンダイ

    ■この国はいつも政権とメディアがグルなのだ

     先週末、あっさり衆院を通過した2019年度予算案の審議が、4日から参院でスタートする。

     野党は衆院で「一連の統計不正の審議が尽くされていない」「実質賃金がプラスかマイナスか分からない状況では予算審議はできない」と採決に抵抗したが、安倍自民党が数の力で押し切ってしまった。

     しかし、よくもこんなデタラメな予算案を無傷で衆院を通過させたものだ。本来、予算編成は、国民生活に何が必要なのか、必要な金額はいくらなのか、詳細なデータに基づいて行うものだ。ところが、基礎となるデータが、ことごとく不正だったのだから話にならない。「毎月勤労統計」を筆頭に政府が重要と位置づける56ある基幹統計のうち、実に4割超で不正が行われていた。基礎データが間違っていたら、適正な予算を組めるはずがない。

     しかも、統計不正の動機は、アベノミクスが成功しているように見せかけるための「アベノミクス偽装」である。安倍官邸が動いた後、表向き賃金を上昇させるために「毎月勤労統計」の調査方法が不自然に変更されていた。

     とうとうGDPの数字まで操作している疑いが生じている。ここまで統計不正が蔓延するとは、本当に日本は先進国なのか。

     統計不正について、芥川賞作家の中村文則さんが、毎日新聞(3月2日付)でこう書いている。
    <日銀が政府のGDPなどの基幹統計に不信感を募らせ、独自に算出するため元データの提出を政府に迫っているという衝撃のニュースが出たのは昨年11月のこと。恐らく、この国の政治はもう末期である>

     たしかに、日銀が政府の統計を信用できないとは末期的である。

    ■日銀まで政府統計を信用しない異常

     なのに、大新聞テレビは、デタラメな予算案が衆院を無風通過した翌日、「過去最大、年度内成立へ」などと、サラリと報じただけなのだから、どうかしている。

     日銀まで政府の統計を信用できず、時の政権が数字を操作している疑いがあるということが、どういうことなのか分かっていないのではないか。戦前、日本が無謀な戦争をやめられず、国土が焦土となったのも、軍部によって都合のよい数字が集められたからだ。

    「大手メディアは、統計不正に対する感度が鈍すぎます。なぜ、統計不正が問題なのか。国民が政権を評価する時、統計が大きな判断材料になるからです。『賃金が上がらない』と肌感覚で思っても、“賃金アップ”が統計で証明されたら、庶民は『そうなのか』と納得するしかない。

    57018
    菅官房長官(C)共同通信社

     逆に言うと、統計を操作されたら、国民は政権を監視できなくなってしまう。一連の統計不正の最大の問題は、役人が勝手にやったことではなく、安倍官邸が関与した疑いが濃いことです。放置できる問題ではないですよ。どうして大手メディアは、統計不正について追及キャンペーンを張らないのか、2019年度予算案の衆院通過を黙認しているのか、不思議です」(立正大名誉教授・金子勝氏=憲法)

     中村文則さんは、毎日新聞でこうも書いている。

    <「二+二=四」だが、「五」と党から言われれば、それは五に見えなければならない。ジョージ・オーウェルの全体主義国家を描いた小説「一九八四年」に出てくるモチーフである><今の日本政府はどうかというと、さすがに「二+二=五」を国民に強制はしていない。だが「五」という結果を見せたいがために、本来「二+二」だったものを、どうやら「二+三」や「一+四」などと、何だか変えているらしい>

     この国は、完全におかしくなっている。

    ■政権に不都合なことは報じない、質問しない

     いまごろ、安倍首相は高笑いしているのではないか。統計不正が発覚しようが、官邸の関与がバレようが、大手メディアから徹底批判されることはないからだ。実際「支持率は下がっていないでしょ」と、うそぶいているそうである。

     支持率が下がらない理由として「野党が弱いからだ」とか、「ポスト安倍が不在だから」などと解説されているが、一番の理由が、大新聞テレビの報道にあるのは間違いない。もし大マスコミが、メディアの役割を果たしていたら、とっくに国民の支持を失って崩壊していたはずである。

     最近は、安倍政権にマイナスとなることは、ほとんど報じなくなっている。

     たとえば、先月28日、衆院予算委員会での発言である。「わたしが国家だ」と、「朕は国家なり」と言い放ったルイ14世張りの発言をしたが、大手メディアはまったく報じなかった。

     国会で不正統計を追及された時、「だから何だってんだ!」とヤジを飛ばしたことも伝えなかった。

     大新聞テレビは、完全に牙を抜かれた状態だ。菅官房長官が記者会見で「あなたに答える必要はない」と暴言を吐いても、抗議ひとつしようとしない。法大名誉教授の須藤春夫氏(メディア論)がこう言う。

    「いま官邸は、政権に厳しい質問をする東京新聞の女性記者を排除しようと動いています。質問を途中で遮り、ついに菅長官は『あなたに答える必要はない』とまで言い放っている。どうかしているのは、他社の記者が“官邸に睨まれたくない”と見て見ぬふりをしていることです。なぜ、同じメディアとして官邸に抗議しないのか。これは東京新聞だけの問題ではありませんよ。メディアとして権力とどう向き合うかが問われている。メディアの役割は、国民の代表として権力を監視することです。なのに、官邸に嫌われたくないと厳しい質問をせず、東京新聞と官邸の対立を傍観しているのだから、情けないにも程があります」

    ■メディアが力を失って喜ぶのは権力者

    「辺野古ノー」を政府に突きつけた沖縄の県民投票についても、大手メディアは「影響は限定的」「県民の総意と呼べない」などと終始、政権寄りだった。

     安倍政権にベッタリなのは、大新聞テレビ向けに用意されている400億円の政府広報予算を失いたくないから、というのも一因らしい。

     しかし、このまま安倍政権にスリ寄っていたら、いずれ国民から信頼を失うだけだ。メディアが国民からの信頼を失ったら、喜ぶのは安倍政権である。

    「権力者にとって、好都合なのは、メディアが国民の信頼を失い、力を失うことです。逆に困るのは、国民の代表としてメディアからチェックされること。安倍官邸が東京新聞に対して、『国民の代表ではない』とムキになったのは、国民の代表では困るからでしょう」(須藤春夫氏=前出)

     いい加減、大新聞テレビは、目を覚ましたらどうだ。

     政府のスポークスマンが、記者に向かって「あなたに答える必要はない」と口にするほど増長しているのは、この6年間、大手メディアが揉み手でスリ寄ってきたからだ。

    「メディアの役割は、政府が知らせたくないニュースを国民に知らせることです。メディアは『番犬』でなければいけない。なのに、日本の大手メディアの記者は、自ら『愛玩犬』になっている。幹部が安倍首相と食事をしたがっているようでは、どうしようもありません」(金子勝氏=前出)

     中村文則さんは、<まるで政権の犬としか思えないマスコミ関係者たちが(本当にびっくりするのだが)一定数おり、(略)国が徐々に滅んでいく時は、こういう感じなのかもしれない>と書いている。

     この国を芯まで腐らせた大マスコミの罪は本当に重い。


          

             

    日刊ゲンダイ
    【安倍政権は「ちょろいもんだ」と高笑い】

    『この国を芯まで腐らせた大マスコミ』

    「芥川作家が“もう末期だ”と嘆いた統計不正と予算案の無風通過。その翌日の新聞に書かれていた他人事のようなアリバイ的総括」

    「この国ではいつも政権とメディアがグルなのだ」


          
             

    与党の傲慢さも酷い物ですが、野党の弱っちさは何処から来るんでしょうか?数の論理で押し切られる以前の問題で、質問態度も実に生温い。あの姿を観て、野党に政権を任せたい!と思える人が如何ほど居るのか?『ちょろいもんだ!』と言わしめる理由は、決してマスゴミが酷いだけでも無いように思います


          
             

    マスコミを味方につければ独裁なんて簡単。国民は馬鹿にされきっている。

    予算通過 安倍政権「国会なんてチョロいもんだ」と高笑い https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/248694


          
             

    【この国を芯まで腐らせた大マスコミ】安倍政権は「ちょろいもんだ」と高笑い 芥川賞作家が「もう末期」と嘆いた統計不正と予算案の無風通過。その翌日の新聞に書かれていた他人事のようなアリバイ的総括 この国ではいつも政権とメディアがグルなのだ(日刊ゲンダイ)



    (以上、転載終わり)

    | | コメント (0)

    【誇大妄想性障害の晋】「僕ちゃんは国家なり」「私は森羅万象である」 都内松沢精神病院はこの手の妄想者で溢れているというが同病院直行レベルじゃねえかw 

    -1ヵ月半に及ぶ私の二病院精神病棟への入院のそもそもの病名は「妄想性障害」というものだった。その伝でいけば私などお呼びもつかない「誇大妄想性障害者」がいる。時の総理大臣・安倍晋三である。2月28日の衆院予算委員会での立民党長妻昭委員との質疑の中で、安倍総理は「私が国家です」と言ったというのだ。17世紀フランスにおいて太陽王と称されたルイ14世の「朕は国家なり」以来のぶっ飛び発言である。当のフランスでは、1789年のフランス革命により、子孫のルイ16世及び妃のマリー・アントワネットが断頭台の露と消え絶対王政的同宣言は否定された。現在の民主主義は世界史的な進化の最先端の政治体制であると考えられる。だから過日の天皇在位30周年記念式典において平成天皇は、民主主義とは微妙な齟齬を来たしかねない象徴天皇制のあり方について「今後とも考えてゆくべき課題」と自制的におっしゃったのだ。平成に入ってからだけでも十数人も入れ替わった内閣総理大臣の一人に過ぎない安倍晋三のこの発言は一体何だ。総理大臣など所詮「国民からの雇われ者」だろう。テメエ何様のつもりだ。おごり高ぶり、傲慢にもほどがあるぞ。民主主義にあって主権者は国民である。不正手段により長期政権に至っているためコヤツはのぼせ上がりとんだ思い違いをしてやがる。国民の幸福など眼中にない恐ろしい独裁的志向である。今より世の中がまともだった一昔前なら、この発言は大問題となり内閣総辞職に追い込まれるほどのものだろう。が、「安倍様御用機関」と堕している腐れマスゴミのほとんどはスルーである。ところで板垣英憲氏情報では、2019年度政府予算案の衆院本会議可決を受け、政局は「安倍晋三首相の退陣時期をめぐる攻防と4月の統一地方選、7月の参院選挙、総選挙戦の勝敗に焦点が移った」としている。こんなトンデモなサイコパスをいつまでも最高政治権力者にしておくわけにはいかない。板垣氏情報どおりに政局が推移してくれるよう切に望みたいものである。 (大場光太郎・記)-

    政局は、安倍晋三長期政権に「倦み、嫌う国民世論」を受けて、安倍晋三首相の退陣時期をめぐる攻防と4月の統一地方選、7月の参院選挙、総選挙戦の勝敗に焦点が移った
    https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/a745d22de9bdecd5e4a592d85acf26b1
    2019年03月03日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

    ◆〔特別情報1〕
     2019年度政府予算案(101.5兆円)が3月2日未明の衆院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、参院に送付された。衆院通過後30日で自然成立することを定めた憲法の規定により、2018年度内成立が確定した。このため、政局は、安倍晋三長期政権に対して「倦み、嫌う国民世論」を受けて、安倍晋三首相の退陣時期をめぐる攻防と4月の統一地方選、7月の参院選挙、総選挙戦の勝敗に焦点が移った。加えて、自民党は、東京都の小池百合子知事(在任期間2016年8月2日~)の後釜に谷垣禎一元幹事長を据えることを想定しているので、早くも2020年7月に東京知事選挙戦が事実上早まる可能性がある。2020年東京オリンピックが、2020年7月24日から8月9日までの17日間に開催されることから、選挙時期が調整されることもあり得る。以下は、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の見立てである。

    シャン・ルイ14世になった安倍とそれを呆れ顔で見る石破。馬鹿夫婦は16世になる前に入院する事である。
    http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/437.html
    投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 3 月 02 日 12:41:31:

    花道としては、脳ミソが風邪をこじらせて糖尿病になったとか、脳ミソの捻挫がこじれてリューマチになったという事にして体裁を繕い、更に私は日本国である前に東京都ですから、百合子サックスが知事だからってそれがどうした、あくまでも都民病院として利用するのであって、精神科に強制入院する訳じゃないですから、そこんとこ誤解しないで頂きたい訳でして、気違い病院とかヘイトはやめてよねー、小泉サックスも退院できたんだからねー、アイシャルリターンで三回目も戻って来るからねー、今度リベンジする時は銀河系総統の肩書き引っ提げて帰って来るからねー、上手くすれば二階級制覇で創造主の生まれ変わりというベルトも巻いて殴り込みかけるからねー、退陣とかネガティブに受け止めないでよねー、レベルの低い永田町から松沢シリーズ制覇の為のメジャー挑戦と捉えて暖かい拍手で送り出してよねー、記念パレードもやるから沿道で日の丸振ってよねー、くどいけど私が国家なんだから盛大に見送ってよねーみたいな感じで入院させれば気が済むんじゃねという感じである。 

    報じられない安倍発言「わたしが国家」/政界地獄耳
    http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/1010.html
    投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 02 日 10:45:05:
    https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html
    2019年3月2日7時44分 日刊スポーツ 

    ★首相・安倍晋三の批判がネットにあふれようと、過去の選挙での勝利、最近の支持率の上昇を見れば首相への期待が高いことは国民が認めることとなる。その理由に野党が弱いからだとか、ポスト安倍が周りに見当たらないなどの分析が説明されるがそうだろうか。不安定な経済の中、政治の混乱が生じてはガラスの経済が崩壊してしまうという奇妙なバランスを国民が維持しようとしているからではないか。その意味では安定している安倍政権は不安定を恐れて安定しているだけなのかも知れない。

    ★ところがこの政権はその安定を維持することに注力すべきところを人気の政権と勘違いして妙なことを口走ることがある。先月26日の会見で防衛相・岩屋毅は沖縄県での県民投票で「辺野古反対」の民意が示されたことに関し、「沖縄には沖縄の民主主義があり、しかし国には国の民主主義がある。それぞれに、民意に対して責任を負っている」と発言した。それを受け翌日の沖縄タイムス社説は「そこまで言うんですか」と嘆いた。

    ★すると今度は28日、衆院予算委員会で立憲民主党・長妻昭が「統計問題を甘くみない方がいい。扱いによっては国家の危機になりかねない、という認識はあるのか」の問いに首相は「今、長妻委員は国家の危機かどうか聞いたが、わたしが国家です。総理大臣ですよ」と言い出した。発言は「『朕(ちん)は国家なり』のルイ14世張りの絶対君主の発言」(野党幹部)だが、この発言を新聞は取り上げない。だから首相は頑張っているというニュースだけが支持者の心に届くのだ。知りたくない情報や興味のない情報だけを選んで求めれば、首相の支持は高止まりになるはずだ。本当に国民は首相の行状を見て判断しているのだろうか。(K)※敬称略

    長妻昭 予算委員会 集中審議 質疑(2019/02/28)

    (問題発言は12分過ぎから)

          

             

    安倍晋三くんの「私が国家です」発言、前後を含めて検証してみます。

    「私が国家です」と、確かに聞こえますね、、、




    “国家の危機”野党追及に首相が反発
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190228-00000131-nnn-pol
    2/28(木) 18:38配信 NNN



    厚生労働省の不正統計問題で、組織的隠蔽(いんぺい)を否定した特別監察委員会の報告書について、立憲民主党の長妻代表代行は国際的に悪いイメージになると追及した。

    安倍首相は再発防止に取り組むとして「危機感をあおらない方がいい」と反論したが、長妻議員は「できないことを言わない方がいい」などと激しい応酬となった。

    立憲民主党・長妻代表代行「ギリシャも統計の問題から発端で、ギリシャの経済危機が起こりました。甘く見ちゃいけないと思うんですよ」

    安倍首相「原因を究明し、再発の防止に向け、総理大臣として責任を果たしていく覚悟であります」

    長妻代表代行「国家の危機になりかねないと、こういう重大な認識ありますか」

    安倍首相「ギリシャの状況と、日本はまったく違う。不安をあおるような議論はやめた方がいいのではないかなと思いますよ」

    長妻代表代行「年金記録問題で、ちょうど私がここで質問したときに、不安をあおるなと12年前おっしゃって。大ウソついたじゃないですか。最後の1人までと発言をされて。どうなってんですか今」

    安倍首相「政府としてそういう決意を示すことは当然のことではないでしょうか」

    長妻代表代行「これは決意なんだと。決意だったらウソをつき放題じゃないですか」

    安倍首相「(消えた年金を)最後のお一人までお支払いすることはできませんと、私に言って欲しかったんですか。それは違いますよ」

    長妻代表代行「極端ですね。こういうことを軽々に言わないで欲しいってことなんですよ。できないことを」

    また立憲民主党会派の大串議員が自民党総裁の任期をさらに延長して連続4選を考えているのか問いただすと、安倍首相は「自民党においてしっかりと議論をしていく」と述べるにとどまった。

    一方、与党側は来年度予算案の来月1日の採決を提案したが、野党側は反発しており、攻防は来月1日夜までもつれ込みそうだ。

          
             

    他でもつぶやいたが、今日本にとって一番報じなければならないのは、米朝首脳会談よりこの件だ!!こんなとんでもないことをほとんどのマスコミが取り上げないとは…。

    報じられない安倍発言「わたしが国家」/政界地獄耳 https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから



          
             

    報じられない安倍発言「わたしが国家」https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 衆議院ネット中継で確かめたが、唐突に言ってるんだよねえ。でもジェスチャーから見て明らかにそういう自負を持っているのは確かなようだ。
    以下のリンクから 12:00頃から参照(WindowsMediaで再生)http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=48689&media_type=wb&lang=j&spkid=22512&time=99:00:00.0



          
             

    という安倍総理の発言を報じているニュースはテレビ新聞雑誌を眺めても、この日刊スポーツの社会コラムのみという日本メディアのお寒さ。記事じゃなくコラムでが精一杯だったにしても今やスポーツ紙やタブロイド紙の方が頑張っていますね、日本のマスコミ。https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp


          
             

    報じられない安倍発言「わたしが国家」/政界地獄耳 https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp
    首相がこれほど思い上がっていても、咎められない国になったんだなぁ…


          
             

    ’19.2.28
    安倍国家「いま、長妻委員はですね国家の危機かどうか、わたしが国家です。」

    大串「先ほど長妻さんのとき国家っていわれましたが。あれ?っと思ったので、ちゃんとメモリました」

    安倍チン「ここに誰もね、『朕は国家なり』みたいなことね、言いいませんよ」あれ?”国母”といたかな


          
             

    マスゴミさんの報道しない自由は、「普通の日本人」が支えているのです~♡→報じられない安倍発言「わたしが国家」/政界地獄耳 https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから


          
             

    報じられない安倍発言「わたしが国家」果てまで行ったね https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp


          
             

    報じられない安倍発言「わたしが国家」/政界地獄耳 https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201903020000098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから

    どう判断するかは個人の自由と思うんです。
    でも「この発言を新聞は取り上げない」というのは怖いと思いました。



    (以上、転載終わり)

    | | コメント (0)

    【小沢訪朝・安倍真っ青】米朝決裂で安倍政権警戒 小沢一郎氏「電撃訪朝」に現実味

    -残念ながら2回目の米朝会談は不発に終わった。だがこれは決裂ではなく、すぐ下の板垣英憲氏情報によれば、トランプ大統領の大チョンボ発言が原因で金正恩委員長が合意文書へのサインを拒否したためだという。逃げるようにハノイを後にしたトランプに比べ、ホーチミン廟や戦没者慰霊碑への献花、グエン・スアン・フック首相らとの面会等をして金正恩はその後も余裕でハノイ滞在を楽しんだ。中断したとはいえ勝者がどちらかは明らかだろう。超大国の座から転落しつつあるとはいえ米国はなお大国、一方の北朝鮮はGDPが私の出身県の山形県ほど、数多ある世界中の国々の中でも下位の経済的国力しかない。そんな国のトップの金正恩は、米中露韓などすべての近隣諸国パワーバランスを正確に読み切って米国との合意文書に簡単にサインなどしないのだ。米国トランプ相手にがっちり主導権を握っているのである。喧嘩上手というかむしろ外交の天才というべきかもしれない。それに引き換え、共に朝鮮李王朝&わが国天皇家の血流かもしれないのに、一方の李晋三こと安倍晋三はどうよ。安倍は、「僕ちゃんは国家なり」と過日の国会答弁でまたもアナクロニズムな妄言性障害者ぶりを遺憾なく発揮し顰蹙を買っている。その延長線上で今回の米朝会談についてこの者が何を抜かそうと“引かれ者の小唄”よろしく、国内外でまともに相手にしてくれるのは島国腐れマスゴミくらいなものである。と、そこで大朗報である。近日中に、小沢一郎自由党代表が国民民主党会派入りをしたアントニオ猪木参院議員と共に訪朝する可能性大有りだという。詳細は以下の転載記事をお読みいただきたいが、6年余の安倍害交のおかげで近隣5ヵ国で地盤沈下著しいわが国の立場を一気に浮上させる可能性を秘めた動き。安倍晋三が金正恩に歯牙にもかけられていない以上、西郷隆盛の征韓論ならぬ小沢一郎の「訪韓論」、大歓迎である。 (大場光太郎・記)-

    関連記事
    <いまの小沢一郎ならうってつけだ!>小沢一郎はいますぐアントニオ猪木と訪朝すべきである  天木直人 
    http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/791.html
    <それにしても、安倍首相の無様な姿はなんだ!>米朝合意ならず(ベトナム公式訪問を続けた金正恩の余裕) 天木直人
    http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/1003.html
    報じられない安倍発言「わたしが国家」/政界地獄耳(日刊スポーツ)
    http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/1010.html


    5709

    安倍晋三首相は、金正恩党委員長からも相手にされず、蚊帳の外、世間では、俄かに「小沢一郎代表とアントニオ猪木参院議員の電撃訪朝」を求める声が大きな高まりを見せている
    http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/1019.html

    投稿者 笑坊 日時 2019 年 3 月 02 日 16:07:28:
    https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/3b570353784d818e14bc7089ec6db325

    2019年03月02日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

    ◆〔特別情報1〕
     第2回目の米朝首脳会談が失敗に終わったのが、トランプ大統領の「大チョンボ発言」が原因で、金正恩党委員長が、折角出来上がっていた合意書にサインするのを拒否したためだったという真相を知らない世界中のマスメディアがこぞって誤報を垂れ流し続けている。トランプ大統領は、28日夜、ベトナムの首都ハノイから逃げるようにして大統領専用機エアフォースワンに乗り込んだ。機内からの電話を受けた安倍晋三首相は会談後、安倍晋三首相は、トランプ大統領が非核化で妥協しない姿勢を示したことについて「安易な譲歩を行わず、北朝鮮の具体的な行動を促していくトランプ氏の決断を全面的に支持する」と記者団に語った。トランプ大統領が米朝首脳会談のなかで、拉致問題を提起していなかったと言われているうえに、金正恩党委員長から、歯牙にもかけられていないのに「KY(空気読めない)」安倍晋三首相は、「私自身が金正恩党委員長と向き合わなければならない」と勝手に言及している。このなかで、世間では、俄かに「小沢一郎代表とアントニオ猪木参院議員の電撃訪朝」を求める声が大きな高まりを見せている。

    57010_2

    【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

    1.       赤かぶ[5431] kNSCqYLU 2019年3月01日 18:08:39 : 90EZJT5uPI  : YU9qMWtEWURTcUk=[467]   

    米朝決裂で安倍政権警戒 小沢一郎氏「電撃訪朝」に現実味(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/1001.html
    投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 01 日 18:00:55: 
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/248541 
    2019/03/01 日刊ゲンダイ 文字起こし

    57011_2
    アントニオ猪木参院議員と自由党の小沢一郎代表(C)日刊ゲンダイ

    「トランプ大統領が安易な妥協をせずに良かった」――米朝会談が土壇場で決裂したことに、安倍政権はひとまずホッとしている。

     いま、安倍周辺が警戒しているのは、自由党の小沢一郎代表の「電撃訪朝」だという。すでに小沢代表は、北朝鮮訪問を明言しているが、米朝会談が失敗に終わったことで、小沢訪朝の実現性が高まる可能性があるからだ。

     小沢代表の「訪朝発言」が飛び出したのは、アントニオ猪木参院議員が国民民主党の会派に加わることを表明した2月21日の記者会見。会見に同席した小沢代表は、「いま北朝鮮と対話できる人は猪木さんしかいない。来いと言われればいつでもご一緒したい」と強調し、猪木議員も「早い時期にそういう機会をつくりたい」と早期の訪朝を予告してみせた。猪木議員の訪朝は30回を超え、昨年9月にも訪れている。

     小沢代表も、自民党の幹事長時代、「金丸訪朝団」の一員として北朝鮮に行き、金日成主席と会っている。

    「猪木さんが持ちかければ、いつでも北朝鮮は、小沢訪朝を受け入れるでしょう。でも、小沢さんが訪朝するとしたら、金丸訪朝団の時のように超党派で行くことになるのではないか」(霞が関関係者)

     もし「小沢訪朝」が実現し、拉致問題や日朝関係が動いたら、この6年間、成果ゼロの安倍首相は、外交無能をさらすことになる。

     元外交官の天木直人氏が言う。

    「小沢さんは、いますぐにでも訪朝すべきだと思う。実は最近、私は北朝鮮の関係者から訪朝しないかと持ちかけられた。北朝鮮は日本とのパイプ役を探しているというのです。安倍政権には期待していないが、北朝鮮もホンネでは日本との関係改善を望んでいる。小沢さんは、うってつけでしょう。しかも、米朝会談が失敗に終わり、いま金正恩は困っているはずだから、小沢さんと会う可能性がある。訪朝するなら、いまがチャンスです。外交は相手に会い、ホンネを聞くことが大事です。小沢―正恩会談が実現したら、世界中が小沢一郎という政治家に注目しますよ」

     もし、安倍首相が本気で拉致問題を最優先に考えているなら、小沢訪朝を後押しするべきだ。


          
             

    米朝会談が失敗に終わり、自由党の小沢一郎代表の訪朝が実現する可能性が高まっています。「訪朝発言」は、アントニオ猪木参院議員が国民民主党の会派に加わることを表明した2月の記者会見でのこと。もし実現すれば、成果ゼロの安倍首相は外交無能をさらすことになりかねません。記事は本日の3面に掲載

     
          
             

    米朝決裂で安倍政権が警戒 小沢一郎氏「電撃訪朝」に現実味 https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_524898/

      
          
             

    安倍政権には期待していないが、北朝鮮もホンネでは日本との関係改善を望んでいる。小沢さんは、うってつけでしょう。安倍首相が本気で拉致問題を最優先に考えているなら、小沢訪朝を後押しするべきだ。
    米朝決裂で安倍政権警戒 小沢一郎氏「電撃訪朝」に現実味 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/248541

      
          
             

    安倍首相真っ青【小沢一郎 電撃訪朝あるぞ】猪木が橋渡し もし「小沢訪朝」が実現し、拉致問題や日朝関係が動いたら、この6年、成果ゼロの安倍首相は、外交無能をさらすことになる もし、安倍首相が本気で拉致問題を最優先に考えているなら、小沢訪朝を後押しするべきだ(日刊ゲンダイ)

      


          
             

    小沢代表「ご一緒したい」猪木氏との訪朝に意欲 https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201902210000480.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp



    関連記事
    <いまの小沢一郎ならうってつけだ!>小沢一郎はいますぐアントニオ猪木と訪朝すべきである  天木直人 
    http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/791.html

    (以上、転載終わり)

    | | コメント (0)

    «【私も妻も関わっていた】森友学園・籠池前理事長が明かす「安倍さんからの“お詫び文書”」