« 真夜更けに鳥鳴くは | トップページ | 東海大学湘南キャンパス近辺今昔(2) »

コスモスの種

 きょうは少し変わりやすい天気でした。と申しましても、雨こそ降りませんでしたが。
 日中雲が多く、お日さまが雲間から出てきてカーッと暑くなってみたり、いつの間にか雲間に隠れて薄日がさすのみだったり。周りの景色は?と見渡せば、あたかも未だ春の名残りのような霞みがち。遠くの大山や丹沢連峰は完全に霞みに隠れて、影も形もありません。
 「夏は来ぬ」と高らかに言いたいけれど、これでは「暮春」とも言いたいような。季節の端境期を象徴するような、微妙な一日でした。

 午後厚木市内の神奈川県の出先機関に赴きました。その一階で某証明書交付を受けるための手続を済ませ、「それではこれから準備致しますから、おかけになって少しお待ち下さい。」という窓口の女性のガイダンスで、長いすの片隅に腰掛けて待ちました。
 所内をぐるっと見回しますと、職員が司々(つかさつかさ)で職務にいそしんでいるようです。今日の逼迫した国家財政のもと、中央官庁、各地方公共団体とも「ムリ、ムダ、ムラ」を極力排除すべく腐心しているようです。それに加えて各役所の不祥事が次々に暴かれ、ために国民、県民、市民の各行政へのチェックの眼は一段と厳しくなり、どちらの役所の職員も自ら襟を正して職務に当たらざるを得ないようです。
 私のような、各官庁が相手の業務に携わる者(行政書士)から見ても、ここ数年担当窓口の人たちの応対は、以前とは比較にならないくらい親切になりました。「民」はもはや「変なお上意識」を許さず。現状の厳しい国の状況から生まれた、歓迎すべき「官の変化」です。

 フォーカスする視点を、近めに変えてみました。受付け用の長いカウンターが目に入ります。そのすぐ目の先に、「ご自由にお持ち下さい」という文句が書いてあるケースが目に入りました。『ん?何だろう』。なおしっかり見てみますと、テッシュペーパーが入っているようです。『あれば便利だな』と思って一つ頂戴することにしました。立ち上がってそれを手に取りますと、ケースの中にはもう一つ、花物の種袋が置いてあります。一つ取ってみますと、絵柄から『コスモスの種だな』とすぐ分かりました。裏返しますと、「まきどき…4月~9月」とあります。今は5月、『ちょうどいい時期じゃないの』。
 種袋を手にとっただけで、気の早いことに、私のとりわけ好きな花の一つであるコスモスが、晩秋の風に揺らぎながら可憐に咲いている姿が、パーッと思い浮かびました。
 『よし。これももらっちゃえ』。欲張って2袋も。裏の蒔き方の説明をよく読んで、家のベランダのプランターに、近いうち蒔いてみるつもりです。
 なおその裏面に、コスモスの花言葉も記してありました。「真心」 。行政に携わる方々には今後とも、「真心のこもった行政サービス」を望みたいものです。

 5時すぎ、何と。あれほど全天を覆っていた雲がきれいに払われ、快晴になりました。丹沢連峰の一角の上に、西日がぎらぎらまぶしく、明日の晴天と暑さがもう今から確定されていそうです。                         
 (大場光太郎・記)

|

« 真夜更けに鳥鳴くは | トップページ | 東海大学湘南キャンパス近辺今昔(2) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

大場光太郎様
「Blog こころの居間Ⅱ」にお立ち寄り頂きまして有難うございました。
お仕事の内容を伺い、また文中の「司々」から、昔を思い出しました。
私は或る企業を定年退職し、現在は風の向くまま、気の向くままの時を過ごしております。
その昔、司法書士の個人事務所向けに造ったシステムが“司”と言う名称でした。
そのシステムを採用導入して頂いた事務所のオープニングにも、何箇所か伺った事を思い出しました。
あれから、約20年の月日が経った事になります。
多様化、薄益で大変でしょうが、頑張って下さい。

投稿: 仙人 | 2008年5月27日 (火) 11時32分

仙人 様
 この度はコメントを頂戴致し、まことにありがとうございます。仙人様は既に人として果たすべき務めを果たされ、「風の向くまま、気の向くまま」の悠々自適の日々をお過ごしのごようす。実に羨ましい限りです。
 私はかの老子の「無為自然」こそ、人として最高の生き方と考えておりますが、それに近い生き方ですね。また、それでこその「仙人」かと。
 翻りましてこの私は、生来の怠け者ゆえ、人として果たすべき務めのうちの、何分の一かしかまだ果していないと思います。これまで余りにも『オレはこれだけなんだ』と、多分に「自己限定」してきたきらいもあります。
 よって「オレの人生、今始まったばかり」。改めてそう自分に言い聞かせながら、今後ともやり残した務めを一つずつでもクリアーできればと考えております。そのプロセスでの、またはその先にある「無為自然」を目指しつつ。
 大変ありがとうございました。

投稿: 大場光太郎 | 2008年5月27日 (火) 19時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« 真夜更けに鳥鳴くは | トップページ | 東海大学湘南キャンパス近辺今昔(2) »