« 水路道(1)―よく通る小径 | トップページ | 水路道(2)―狭まりゆく自然 »

また台風が…

     春風にはたはたなびくゆえに旗   (拙句)

 本日は晴れたり曇ったり、移ろいやすい一日でした。
 またもや台風(4号)が日本列島に接近中とのこと。今は遥か南の海上にあり、列島に急接近しながら北上し、関東の当地でも今夜半から明日いっぱいくらいは、荒れた天候を覚悟しなければならないようです。

 午後4時過ぎ、所用で厚木市内にある県税事務所に出かけました。昼過ぎからは晴れて明るかった空が、その頃には全天が雲に覆われてしまっておりました。
 東の空はまだ幾分の明るさを残しながらも。「天気は西からくずれる」 のが気象上の鉄則らしいですが、当市の真西に位置しております大山(おおやま)は?と見ますと、まさに山頂付近は横なびきの大きな白雲にすっぽりと覆われその姿を完全に隠して、何やら怪しげな雲行きです。
 あの分だと、山頂付近はかなり濃いガス状の雲霧に包まれており、それこそ一寸先も分からないほどの視界でしょう。

 大山は古来阿夫利峯(あふりね)とも呼ばれておりますが、この元々の意味は「雨降り峯」ということだったようです。その秀峰は市内の多くの場所から望まれますので、昔の地元の人たちは本夕のような峯のようすを見て、「あヽあれじゃあ、あしたは雨だな」という具合に判断し、それで翌日の農作業などの段取りを考えたもののようです。

 夕方、時に強い風が吹きつけてきました。県税事務所や、裏道をはさんでお隣りの保健所の敷地の桜の木々の、もう深緑といってもよいほどの豊かな深い緑葉が、「嵐の予兆」のような強い風に身もだえのように揺れ動いておりました。
 いつもは木立の周りでかまびすしい、夕鳥たちの姿もあまり見かけず、「寂(せき)として声無し」といったところです。

 それにしても。『5月って、いつもこんなに天気が変わりやすかったかしら?』
 今晩から明日の未明にかけては、当ブログで以前紹介致しました、孟浩然(もうこうねん)の漢詩「春眠」の一節のように
       夜来風雨の声
       花落ちること知りぬ多少ぞ
などというようなことになるのでしょうか?

 (大場光太郎・記)

|

« 水路道(1)―よく通る小径 | トップページ | 水路道(2)―狭まりゆく自然 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

大場様、本当に博識で文章も素晴らしいですね。前回の水路道
も、自動車のナビに導かれるように、読みながら私の頭の中に
その情景が浮かび上がりました。大山も、小学生だったこどもと
出かけた日のこと、蛇のオモチャを買ったことなど、懐かしく
思い出しています。大場様のように、感性豊かに周りを見回して
生活したら、もっと素晴らしい発見をしながら毎日をすごせる
かしら?と反省です。
今日は嵐、午後の回復を待って、l5才の老犬と外を歩きます。
本当に緑も深まって、これから夏までちょっとの間ですが
気持ちよく過ごせそうです。

投稿: れいこ | 2008年5月20日 (火) 06時57分

れいこ 様
 この度は「また台風が…」の拙文にまたご感想をたまわり、まことにありがとうございました。そして過分なお褒めにあずかり、恐縮に存じます。このようにれいこ様よりお便りたまわり、その都度心励まされあらためまして、『またしっかり頑張らなければ!』という思いを新たに致しております。

 今回の台風は真夜中雨と風が時折り激しかったくらいで、そう大過なく通り過ぎてくれました。当地でも風雨も朝方にはおさまり、昼過ぎは一時明るい日差しが差し込むほど、天気が回復致しました。(その後また曇ってしまいましたが。)

 れいこ様はお子様が小学生だった頃、大山に行かれたとか。今では懐かしい思い出でしょうね。今後のお子様のご活躍、陰ながらお祈り申し上げております。
 「大山」につきましては、いつかまたその歴史などをしっかり調べ、さらには大山阿夫利神社にも参ったりして、そのうち一文として発表できればと考えております。

 私は決して自分で「感性豊か」とは思っておりませんが、このたびブログを開設致し記事を載せていく以上、現状に決して満足することなく、常に「感性を磨く」努力を怠ってはならないと、自分に言いきかせております。
 それは日々の「気づき」のいかんにかかっていると思います。またあらためまして、「感性」「気づき」に関する一文も、記事としてまとめたいと考えます。
 なお、『「赤い靴はいてた女の子の像」実見記』。きのう『像の写真がすぐに見られるようにしたらどうだろう?』と思い立ちました。検索の結果、ある人のブログ内のお写真に、リンクをつけさせていただきました。れいこ様もよろしかったら、その像の写真をご覧になってみてください。

 お飼いになっておられるワンちゃんは15歳ですか。かなりの高齢ということでしょうが、お散歩できるということはまだまだ元気なのだと思います。いつまでもワンちゃんとお散歩できますよう、お祈り申し上げます。
 本当に5月は良い季節です。れいこ様には、この良い季節を益々ご健勝でお過ごしくださいませ。大変ありがとうございました。

 

投稿: 大場光太郎 | 2008年5月20日 (火) 19時10分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/illuminatemp/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年5月24日 (土) 20時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« 水路道(1)―よく通る小径 | トップページ | 水路道(2)―狭まりゆく自然 »