« 子供の情景(1) | トップページ | 子供の情景(2) »

詩人の魂―バイロンに寄す

  詩人―おお稀有なる魂よ !
  この人間界の深き泉より
  エッセンスを汲みとり
  万人の心を激しく揺さぶる者よ !

  詩人よ 汝(な)れは世の遊離者ではない
  汚濁渦巻く世の只中で
  その精華を抽象し 研ぎ澄まされた 
  言霊(ことだま)として世に投げ返す
  類(たぐい)稀なる魂よ !

  詩人よ 汝れは単なる言葉の錬金術師ではない
  汝(なんじ)の真の詩人たる所以(ゆえん)は
  汝のなべての言動によって示される
  
  ただ独り 世界の深奥を探りえた確信と
  探りえぬ数多(あまた)の人々との 何たる乖離(かいり)よ
  その孤独 その懊悩 おお高貴なる魂よ !

  母国英国を追わるるは
  世の反逆児たる汝の運命(さだめ)
  神々の原郷たる希臘(ギリシャ)で命果つるは
  神々の愛(め)でにし汝の運命(さだめ)

  詩人よ !  
  時に手弱女(たおやめ)の如く繊細で
  時に武人のように勇敢なる魂よ !

         (原作・昭和46年―大場光太郎)

|

« 子供の情景(1) | トップページ | 子供の情景(2) »

」カテゴリの記事

コメント

 この詩の公開は2008年5月10日でしたから、ブログを開設して10日あまりだったことになります。こんな古い記事を今回なぜ再掲載したかといいますと、直前にある人が「詩人の魂」という検索フレーズで、珍しくこの詩を訪問してこられたからです。
 それで私も何年かぶりで読み返してみたのです。何とも時代がかった文語調の詩です。『まあ臆面もなく・・・』と、気恥ずかしくなってしまいます。
 「原作・昭和46年」とありますから、私が22歳頃のことになります。しかし今、おぼろげな記憶をたどってみると、それは初案ということで、実際にこのような形に整えられたのは25歳頃のことだったと思います。(公開時一部手直しした)
 確かその頃、鶴見裕輔の『バイロン』という伝記を読んでエラク感動し、それに触発されてこういう形にまとめ上げたと記憶しています。鶴見裕輔という人は評論家の鶴見俊輔の父で、この伝記は戦前のもの、この人には他に『ナポレオン』などがありますが、当時の時代の英雄崇拝の傾向が全体に色濃く、それが若くて軟弱な私の心を大いに鼓舞してくれたのです。

投稿: 時遊人 | 2013年3月 1日 (金) 02時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« 子供の情景(1) | トップページ | 子供の情景(2) »