« 「二木紘三のうた物語」(1) | トップページ | 「二木紘三のうた物語」(2) »

夜霧の街

  奥深い闇を退けて
  虚飾の光りに溢れた街を
  慈悲深い夜霧がやさしく包む。

  不夜の街には大勢の人が流れ
  絶えず行き交う
  皆一様に押し黙りながら。

  すれ違いざま
  互いの想いが交錯する。
  とても混じり合えない想いは
  シンパシーを感じる暇(いとま)とてなく
  むしろ敵意の冷たい風を
  互いに感じてそそくさと
  真反対に歩み去る。

  誰もが孤独で
  誰もが寂しくて
  誰もが分ってもらいたいのに…。
  
  硬質で冷ややかな街のどこかに
  あヽ共通の心の言語など
  とうの昔になくしてしまって。

  皆心に傷を負いながら
  人が流れていく街を
  夜霧が静かに包み込む。

           (大場光太郎)  

|

« 「二木紘三のうた物語」(1) | トップページ | 「二木紘三のうた物語」(2) »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。