« 梅雨の晴れ間のある夜さは | トップページ | 「花泥棒」も罪なの? »

逃げろ !

  ちぇっ。頼りにならん奴等だ。
  俺は必死で走りながら舌打ちする。
  「奴等の一味が襲ってきたら、
  みんな団結して立ち向かおうぜ !」
  そう誓い合ったのに何たるザマだ。
  いざその段になったらチリヂリバラバラじゃないか。

  そうは言ってもこの俺も、
  一味の姿を見た途端、それ逃げろっとばかりに、
  真っ先に逃げ出したんだった。

  するうち一味の何人かが俺を見つけ出した。
  追っ手の奴等は大刀振りかざして、
  怖ろしい形相でひたすら俺に迫ってくる。

  それ逃げろ ! とにかく逃げろ !
  俺は足ももつれ心ももつれて、
  必死のあがきでひたすら逃げる。

  ……どれほど走ったんだろう。
  と何かに蹴つまずいた。
  どうやら土手の天辺(てっぺん)らしかった。
  途端にごろんごろんと転がり落ちた。

  えらく長い土手で、
  ずいぶん長く転がり続けた。
  おかげでその間、
  俺様の悪行三昧の生き様を、
  まざまざと思い出してしまった。

  転がる痛さの上に嫌な思い出が、
  次々に被さってくる。
  俺の苦悩は途方もなかった。

  このまま根底(ねそこ)の国まで、
  永劫(えいごう)の転落か?と思った途端、
  どすんと土手の下に着いた。
  我ながら無ざまな格好で引っくりかえって。

  ふと我れにかえって体を起こした。
  その先には広々とした草原が続いていた。
  緑の艶々した丈長い草が、
  一帯にどこまでも生い茂っている。

  草原の彼方に目をやった。
  もう夜明けらしかった。
  しののめの紫色の山並みが、
  ただ静かに連なっている。

  そのさまを見るともなしに見ていると、
  一つの峰から真っ赤な朝日が、
  厳(おごそ)かにぬっと現れた。

            (大場光太郎)
  

|
|

« 梅雨の晴れ間のある夜さは | トップページ | 「花泥棒」も罪なの? »

」カテゴリの記事

コメント

 『星の荒野にて』『オリオン落下譚』に続いて、「夢の三部作」の完結編です。と言っても、この詩は独立した夢ではなく、『オリオン落下譚』の続きとなるものです。
 ただし前の2詩は、見た夢そのままの再現ですが、この詩だけはかなり創作が入っています。もう少し詳しいことは、いずれ『夢の話(3)』で述べたいと思います。

投稿: 時遊人 | 2011年7月19日 (火) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨の晴れ間のある夜さは | トップページ | 「花泥棒」も罪なの? »