« 中津川のこと | トップページ | コスモスあれこれ »

見えない小鳥

  よく晴れた日にぼくは
  広い原っぱに出て
  ぼくの胸にしまいこんでいた
  見えない小鳥をそっと取り出して
  両手で大切に包み込み
  それからやさしく大空に放してやる。
  
  見えない小鳥は喜んで
  大きな羽ばたきをしながら
  一心に空に舞い上がる。
  
  幾分の高さまで飛んでから
  ぼくを振り返り
  チチッと一声さえずって
  また飛翔をつづける。
 
  見る見るうちに小鳥は
  空の高みに吸い込まれ
  今度は本当に
  見えない小鳥になる。

        (大場光太郎)
  

|

« 中津川のこと | トップページ | コスモスあれこれ »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。