« 唐傘(からかさ)の思い出 | トップページ | 山のあなた(1) »

シュールな黄昏

  何者かが遥か上空で
  薄くて仄(ほの)暗いヴェールをさっとかけると
  街に黄昏(たそがれ)の気配が兆す。
  鳥たちは黒い影となって空高く
  西の明るい世界目指して飛び去る。

  夕暮れを告げる鐘の音(ね)も今は響かず
  残照色に染まったビルの壁々に
  遠い昔のこだまがただ虚しくはね返るだけ。

  涼風(すずかぜ)が過ぎた日の歌を歌いながら
  街行く人らの心にそっと触れ
  埋もれた記憶をごっそり掠(かす)め去る。

  広場の噴水は四方に迸(ほとばし)り
  そのほとりで飛沫(しぶき)を浴びた女が
  憂わしげに佇(たたず)み空を見上げて
  夕月にそっと目配せする。

  面(おも)を半分隠した傾いた月が
  地上の街に鈍い光を投げつける。
  光りに撃たれた街全体が一斉に傾いて
  黄昏の底に沈みこむ。

                (大場光太郎) 

|

« 唐傘(からかさ)の思い出 | トップページ | 山のあなた(1) »

」カテゴリの記事

コメント

 今はもうありませんが、当時の本厚木駅北口広場には中ほどに大きな噴水がありました。ある夕暮れ、そのほとりでしぶきを浴びながら立っている若いスレンダー美女がいました。美女には目がない私は(笑)、見るともなしに彼女を見ていました。この詩どおりに憂わしげに夕空を見上げたりしています。そんな彼女の姿に『おっ、これは詩になるぞ』と思って作ったのがこの詩です。
 確かに中空に半月がかかってはいましたが、彼女はその月にそっと目くばせなどしていません。ましてや、月の光に撃たれて街全体が傾いた事実もありません。

投稿: 時遊人 | 2012年8月 9日 (木) 02時08分

この記事へのコメントは終了しました。

« 唐傘(からかさ)の思い出 | トップページ | 山のあなた(1) »