« 梅雨晴れ間(3) | トップページ | 当世若者気質(1) »

山のあなた(2)

        カール・ブッセ

  山のあなたの空遠く
  「幸い」住むと人のいう。
  ああ、われひとと尋(と)めゆきて、
  涙さしぐみ、かえりきぬ。
  山のあなたになお遠く
  「幸い」住むと人のいう。

          (上田敏訳)

…… * …… * …… * …… * ……

 カール・ブッセ(1872-1918)は、ドイツの新ロマン派(その代表的詩人はリルケ)の詩人です。ブッセは母国ではさほど有名ではなく、上田敏(1874-1916)のこの名訳詩により、遠い我が国で有名になりました。この詩は、明治三十七年刊の訳詩集『海潮音』の中の一篇として収められました。

 「詩の読み方」に「かくあらねばならない」というのは、何もないと思います。たまにある詩集をパラパラとめくって、その中の一詩を拾い読みするもよし。あの時の私のように、詩の情景をイメージしてうっとりするもよし。うんと深読みするもよし…。どうやらとうの昔に「頂上体験」という恩寵を失ってしまった私は、その分「詩」に余計な意味を探ろうとしてしまいます。
                         *
 この詩における「山」とは実際の山というよりは、ブッセの心象に描かれた山だと思われます。詩人の心の中で「理想」と仮託されている山。その「山のあなた(彼方)」の空遠くには、「幸せ住む理想郷」があると人々が言い伝えているという山。

 「山のあなた」は西欧キリスト教社会では、「天(ヘブン)」と言っていいのかもしれません。しかし人はかの天に直行するすべを持ちません。そこで人は、山のあなたの空遠くのちょうど真下辺りの未知の地を、「天に行われるとおり、地にも行われますように」という「主の祈り」にみられるような、「天の映しの地」に擬制するわけです。

 しかしかの地をいざ尋ねてみると。理想郷は行けども行けども見つからず。それはまるで虹か蜃気楼のように、先へ先へと逃げていくばかり。こうして尋ね歩く旅は虚しく終わり、「涙さしぐみ、かえりきぬ」ということになるわけです。
 (それはあるいは、時あたかもヨーロッパ中に吹き荒れていた「産業革命」などにより失ってしまった、「大切な何か」を取り戻す旅であったのかも知れない…。)

 それでも人間というものは。なおも懲りずに止むことなく、山のあなたの理想郷を求め続ける…。

 (大場光太郎・記)

|

« 梅雨晴れ間(3) | トップページ | 当世若者気質(1) »

名詩・名訳詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨晴れ間(3) | トップページ | 当世若者気質(1) »