« 日傘など | トップページ | 河童考 »

大神殿への道

  私はいと高き神の神殿に向かっていた。
  私の誠心を神に宣(の)り上げ祈りを捧げるために。
  しかし行く手には夥しい群衆がひしめいている。
  進もうにも一歩も進めそうにない。
  どうしたものか?私は躊躇逡巡していた。

  と気がつくと私の右手に立派なロッド(杖)が握られていた。
  二匹の蛇が互いに絡み合い、
  先端で頭を天に聳やかしている装飾のロッド。
  なぜか私はその用い方がすぐに分った。
  ロッドを厳かに大群衆に向けて、
  高らかに告げた。
  「民よ!我が道を開けよ !」

  我が大音声を聞くや否や、
  大群衆は二手にさっと分かれた。
  そのさまは紅海が真っ二つに分かれた時のようだ。
  私はモーセさながらだ。

  一気に視界が開け私は粛々と歩を進める。
  彼方に黄金に煌めく大神殿が見える。
  群衆は賞賛の眼差しで私を見守っている。
  神殿の階(きざはし)を一歩ずつ登り始める。

  と突然神殿も階もかき消えて、
  私はとある近世の大きな広場のただ中にいた。
  私が登っているのは何と断頭台だったのだ !
  大群衆は今度は周りをぐるっと取り囲み、
  断頭台の上の私に容赦ない怒号と罵声を浴びせかける。

                   (大場光太郎)
  

|

« 日傘など | トップページ | 河童考 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日傘など | トップページ | 河童考 »