« 大暑 | トップページ | 夢の話(1) »

中津川寸描

   白鳥はかなしからずや空の青海の青にも染まずただよふ  (若山牧水)

 本日夕方厚木市内で所用を済ませた帰り道、例の中津川沿いの道を通りました。そしてこれもいつものことで、その堤防を下りてみました。
 堤防道の反対の町側には、三階建ての県営住宅が建ち並び、西日はその陰に隠れて見えません。それでこちら岸は日陰。ただ、川の向こう側半分くらいを明るく照らしております。例の二、三十メートル下流の堰で蓄えられた水は湖水のように満々と湛(たた)え、水面(みなも)が青く、下流からの南の風に少し逆波(さかなみ)立って見えております。
 きょうはやや風が強い一日でした。分けても川風は、街風よりも一段と強く吹き渡るもので、川のエリア内は十分に涼風(すずかぜ)ゾーンです。ただ堤防に座っているだけで、本当に爽快な気分です。

 腰を下ろし川を見渡して真っ先に目に飛び込んできたのが、一羽の白鷺(しらさぎ)の姿でした。私のいる位置より上流十メートルくらいの川中です。その更に上流に、もう去年の枯れ葦をほぼ覆いつくすように青々と伸びた葦が、びっしり繁茂している中州があります。その州伝いの浅瀬に、白鷺が立っているのです。白鷺は下流を向きながら、長い脚の下部を水に浸(つ)けて、じっと佇んでおります。赤々とした返照(へんじょう)を一身に浴びた、真っ白い姿です。みごとなほどに純白で、実に絵になる姿です。

 その姿を見つめながら私は、あることをふと思い出しました。
 つい三ヶ月弱前の四月二十八日。私は「二木紘三のうた物語」への(いささか大げさながら)「辞世」のつもりで、「白鳥の歌」コメントを発表致しました。『おそらくあんな文は当分は書けないだろうなあ。またコメントすることが分っていたら、取っておくんだったなあ』。牧水の歌の白鳥(しらとり)と、今見ている白鷺がダブって感受されたのです。

 忘れておりました。私が堤防を下りた途端、こちらの丈の長い草が生い茂る水際からツツーッと一羽の鴨(かも)が、川の方に泳ぎ去っていきました。この中津川で鴨は常連の鳥です。特に秋も深まった頃から春先にかけては、時に数十羽ほどの大群を見かけることもあります。
 人の気配にとても敏感で、『そんなに慌てて逃げていかないでよ』と思っても、いつも決まってそうなのです。さてどこへ行くのかな?と思ってみていると。何と白鷺のいる方へスイスイ…と。そしてそのすぐ側でようやく落ち着きました。何といっても種類こそ違え、同じ鳥類ですからねえ。
 互いにつかず離れず。白鷺は側近くの鴨のことなどまるで知らんぷりで、依然下流をじっと見つめたまま。孤高な純白の立ち姿を守っておりました。
 (大場光太郎・記)

|

« 大暑 | トップページ | 夢の話(1) »

自然」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。