« 二木紘三のうた物語(3) | トップページ | 「記事数100」越えました(1) »

七夕のこと

    願いごと山ほどもありお七夕    (拙句)

 きょうは新暦で七月七日。どなたもご存知の七夕(たなばた)です。そもそも七夕とは、
 
 陰暦(いんれき・旧暦のこと)七月七日、またその日の行事。現在は陽暦(ようれき・新暦のこと)七月七日や月遅れの八月七日に行う所が多い。この行事は中国の牽牛・織女の伝説とそこから派生した乞巧奠(きっこうでん)の行事が伝わり、日本の棚機女(たなばたつめ)の信仰と習合したものとされる。江戸時代には五節句の一つとされた。笹竹に詩や歌を書いた短冊形の色紙を吊るし、軒先や窓辺に立てて文字や裁縫の上達を祈る。仙台や神奈川県平塚市の七夕祭は風物詩として有名。 (角川書店編・俳句歳時記「秋の部」より)

 さて、七夕の本日の当地のお天気はどうだったかと申しますと。これが日中からあいにくの曇り空でした。全天をやや分厚い雲が覆い、それは夜になっても変わらず。結局七夕の夜空に、天の川を挟んでの彦星(わし座一等星・アルタイル)と織女星(琴座一等星・ベガ)の煌めきは、残念ながら見られませんでした。
 年によって晴れることはあっても、例年この時期はまだ梅雨のさなかなわけで、確率的にもあいにくの天気になることが多いと思います。
 そこでちなみに、旧暦を繰ってみますと。新の七月七日は旧のまだ六月五日。そこで旧の七月七日は新ではいつか?とみますと。八月七日。今年はたまたまその日が立秋にもあたります。ちょうどそのくらいの日でしたら、例年を思い起こしても残暑厳しい折りで、牽牛と織姫の一年に一度の「逢ひびき」の日としては、絶好の日和のようです。真夜中に外に出て、『彦星どこだ?織女星どこだ?』と、空を見上げて星涼し。なるほど。だから七夕という季語は、歳時記でも「秋の部」なんだな!

 上に引用しました中でも触れられている、「平塚市の七夕祭」。新暦で行われます。(ちなみに有名な「仙台七夕祭」は、月遅れの八月七日。)おそらく今晩は、豪華に飾りつけた平塚市紅屋町商店街は、夥しい人、人、人でごった返していることでしょう。
 平塚市は当厚木市と接した市です。そこで私は当地に来たばかりの若い頃、当時の仲間と一緒に二、三度、平塚の七夕を見に行ったきりで。以来三十有余年、とんと見ておりません。

 七夕に限らず、あのような大観衆が集まる場には、一人で行くものではありません。独り身の私は、それがすっかり習い性になってしまって、何をするにもいつも単独行動、普段は特に不便も何も感じません。ところが一転、そのような「お祭り」などの場に入り込みますと、独りであることの孤独感がにわかに浮きぼりにされ、それと共に寂しさが増幅されてしまうのです。
 老若男女を問わず、あのような「ハレの場」に共に連れ立って行ける、パートナーなり家族なり仲間がいる人は、本当に幸せだと私は思います。
 (大場光太郎・記) 

|

« 二木紘三のうた物語(3) | トップページ | 「記事数100」越えました(1) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。