« 東京オリンピックの思い出(3) | トップページ | 夏と言わんや秋と言わんや »

しあわせ少女(4)

 開設以来、当ブログで既に150以上の記事を公開してきました。その中でも特に人気があるのが、6月中に公開しました「しあわせ少女シリーズ」です。今でも、一週間に数人以上必ず訪ねてこられます。当ブログの隠れた人気商品ならぬ、隠れた「人気記事」です。

 特にその中でも、しあわせ少女そのものに私自身の考えを少し加えた、『しあわせ少女(2)』。試しに「しあわせ少女ゆうかちゃん」をグーグルで検索してみますと、検索結果として約1万件の情報があります。その第1ページの上から2番目に、当ブログの同記事が載っております。ちなみに一番上は、(もう名前を出してもいいでしょう)ズバリ「お仏壇のはせがわ」です。
 やはりCMや街中の大ポスターで、あのゆうかちゃんの可愛らしい合掌姿に心惹かれて、ついついネット検索をしてみたくなるものなのでしょう。(再度ポスターをご覧になりたい方は、下をクリックしてください。)
            しあわせ少女ゆうかちゃん

 さて当ブログで人気がある記事がもう一つあります。何だと思われます?『そんなこと知るか!』ですよね。申し上げます。『「赤い靴はいてた女の子の像」実見記』です。
 こちらは「二木紘三のうた物語」の中の、『赤い靴』の私のコメントをお読みになり、心を動かされて当ブログの『実見記』も読んでみようか、と訪問される方々のようです。こちらも実は、「しあわせ少女」に勝るとも劣らない訪問数です。
 参考まで、「赤い靴の女の子の像」をご覧になりたい方は、下をクリックしてください。
            赤い靴はいてた女の子の像
 なおこの写真は、仙人様の『心の居間Ⅱ』からのものを使用させていただいております。仙人様は、当ブログ開設当初からほぼ毎日のように訪問してくださり、時に暖かく時に厳しく、この至らない私を見守ってくださっておられます。この場をお借りして、深く感謝申し上げます。

 共にキーワードは「少女」です。一方は数千人の応募の中から選ばれた、「超しあわせ少女」。他方は童謡『赤い靴』で知られているとおり、岩崎きみちゃんという親元を離れて幼くして病死した、薄幸の「超不しあわせ少女」。(そして私の下の妹・菊子も)
 考えてみれば不思議です。「超しあわせ少女」と「超不しあわせ少女」が、当ブログで甲乙つけがたい隠れた人気になっている…。どうしてなのでしょう?よくは分かりませんが、「しあわせ少女」の方からは、少しでもその幸せのおすそ分けをと願い、方や「不しあわせ少女」には憐憫の情禁じ得ず、思わずもらい泣きして…ということなのでしょうか?

 ともすれば、お互いが別個別個にまるでヤドカリのように、自分たちだけの狭い殻に閉じこもり、そこ以外とはコミニュケーションを拒絶しているかのような「冷たい社会」。
 もちろん「戦う心」を中核にすえている男共は、ハナからダメ。かといって、今が盛りの10代、20代の美女でも、色香ただよう美熟女でもなく。まるで年端もいかない、いたいけない「少女の力」。今の殺伐としたこの時代に、意外にも「少女」は強い訴求力を持っているのかな?などと、適当なことを考えてしまいます。
 (大場光太郎・記) 

|

« 東京オリンピックの思い出(3) | トップページ | 夏と言わんや秋と言わんや »

雑記」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京オリンピックの思い出(3) | トップページ | 夏と言わんや秋と言わんや »