« 『赤毛のアン』読みました(2) | トップページ | 里程標 »

中秋の名月

    秘めやかな蜘蛛(くも)の落下や月下の樹(じゅ)   (拙句)

 最近は当地の天候もようやく落ち着き、ここのところ秋晴れの良い天気に恵まれています。暑からず寒からずの、過ごしやすい季節を迎えつつあります。
 案にたがわずきょうも薄い秋雲が多いものの、良く晴れた一日となりました。
 さて本日は「中秋の名月」です。そこで今回はそのことについて、少し述べてみたいと思います。                        
                         *
 古来我が国では、太陰太陽暦(旧暦)の八月十五日の月を「中秋の名月」と呼び習わしてきました。例えばこの夜、月が見える場所などに祭壇を作りススキを飾って月見団子、里芋、枝豆などを盛り、御酒を供えて月を愛でてきました。また秋は収穫の時期であることから、その年の収穫物をこの夜の月に供える風習が各地に残っております。そこでこの月を「芋名月」と呼ぶこともあります。

 しかしなぜ八月十五日の月が「中秋の名月」なのでしょう。そのことを少しご説明致します。
 旧暦では三ヶ月毎に季節が変わり、「一、ニ、三月」は春「四、五、六月」は夏「七、八、九月」は秋「十、十一、十二月」は冬と分けられていました。そしてそれぞれの季節に属する月には、「初、中(仲)、晩」と季節をさらに細分化しました。この方式に当てはめますと、秋である七、八、九月のうち、「八月」は秋の真ん中で「中秋」となります。
 また旧暦は太陰暦の一種ですから、日付はその時の月齢にほぼ対応しています。月の半ばである十五日はだいたい満月になりますから、
    十五夜の月 = 満月
と考えられるようになりました。(なお「仲秋の名月」との表記が一般的ですが、以上のことから「中秋の名月」の方が正しい表記です。)
 しかし仔細に見てみますと、(いろいろな理由で)実際の旧暦八月十五日の中秋の名月は、満月ではないことの方が多いようです。十年間のヅレを平均しますと、「+0.8日」―つまり実際の満月より中秋の名月の方が0.8日分早いようです。ちなみに今年の満月は九月十五日であり、一日分(+1.0日)早かったことになります。
                         *
 夕方少し南に寄った東空に昇り始めた名月は、低くわだかまっている雲によってさえぎられがち。時に雲間を透かして鈍い赤さの、潤んだ大きな月となっていました。
 それが夜八時も過ぎると。名月は中空近くまで昇っており、雲の切れ間から白い顔を煌々とのぞかせていたり。少し経つと周りを取り囲んでいる雲にまるっきり隠れてしまったり。かと思うと、薄い雲間から横すじ雲がたなびくまだらもようの顔で現われたり。
 このようにお月様の変わるさまも、なかなかの風情です。
 そして我がよって立つ下界はと辺りを見渡しますと、おちこちの暗がりの草むらからは美しい虫の音が絶えず聞こえてきます。吹き抜ける風も、涼しい秋の夜風です。
 こうしてみると確かに、旧八月十五夜は観月には佳き夜です。ただ惜しむらくは、街の灯りが強すぎて、名月の情趣が著しくそがれがちなことです。

 (追記) 当記事は、以下を参考にしてまとめました。
        フリー百科事典『ウィキペディア』―「月見」の項
        こよみのページ・暦と天文の雑学―「中秋の名月はいつ?」の項
 (大場光太郎・記) 

|

« 『赤毛のアン』読みました(2) | トップページ | 里程標 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『赤毛のアン』読みました(2) | トップページ | 里程標 »