« 朝顔や | トップページ | 九月尽 »

山林に自由存す


               国木田独歩

  山林に自由存す
  われ此句(このく)を吟じて血のわくを覚ゆ
  嗚呼(あヽ)山林に自由存す
  いかなればわれ山林をみすてし

  あくがれて虚栄の途(みち)にのぼりしより
  十年(ととせ)の月日塵のうちに過ぎぬ
  ふりさけ見れば自由の里は
  すでに雲山(うんざん)千里の外にある心地す

  眥(まなじり)を決して天外をのぞめば
  をちかたの高峰(たかね)の雪の朝日影
  嗚呼山林に自由存す
  われ此句を吟じて血のわくを覚ゆ

  なつかしきわが故郷は何処(いずこ)ぞや
  彼処(かしこ)にわれは山林の児(こ)なりき
  顧みれば千里江山(せんりこうざん)
  自由の郷(さと)は雲底(うんてい)に没せんとす

 …… * …… * …… * …… * …… * ……
9ba974e3259f57517a8c8363cfb02402

《私の鑑賞ノート》
 国木田独歩(くにきだどっぽ)。明治4年(1871年)~明治41年(1908年)。千葉県銚子生まれ。5歳の時父に伴われ上京。その後父が司法省の役人になったことにより、16歳まで山口、萩、広島、岩国などに住む。以後単身上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)に入学、後校長の方針に納得がいかず中退。1891年洗礼を受けクリスチャンとなる。小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。特に小説において、わが国自然主義文学の先駆とされる。代表作『武蔵野』『牛肉と馬鈴薯』『忘れ得ぬ人々』『運命論者』など。37歳で病没。

 若い頃国木田独歩を愛読したのは、私たちの世代が最後かもしれません。いや私たちの一世代前既に、独歩や徳富蘆花などという自然志向の作家は読まれなくなっていたかもしれないのです。そんな中私は高2の頃、独歩の『武蔵野』などを読み耽っておりました。「武蔵野的世界」を私が当時住んでいた郷里の自然の中に見出そうと、「我が武蔵野の道」なる下手くそな詩を作って、独り悦に入っていたこともあります。
 この詩は、その頃おなじみの詩でした。

 独歩の青年時代は、明治の勃興期とも重なります。明治憲法の制定、議会の召集等。明治新政府による、西欧列強に追いつけ式の近代化政策は着々と軌道に乗り始めていました。それゆえ有能な人材が多数必要とされ、比較的富裕な家庭の子弟たちが、全国から中央集権化されつつあった東京に続々と集まってきました。(戦後特に高度成長期は、その拡大版とも言えます。)

 旧士族の子弟だった独歩も、その中の一人だったわけです。しかし、「末は博士か大臣か」とばかりに、ただひたすら立身出世を夢見る大勢の青年たちとは、独歩は少しばかり違っていました。豪放な一面と共に、ナイーヴで繊細な面も合わせ持っていたのです。
 20歳の時、キリスト教の洗礼を受けたことなどは、その表れだと思われます。だからこの詩は、独歩のそんな時代潮流への「アンチテーゼの詩」と捉えることもできます。

 この詩は独歩25歳頃に作られたようです。当時独歩は、東京の渋谷村(現・渋谷区)に居住しておりました。今でこそ渋谷は、大東京の心臓部のような場所ですが、名作『武蔵野』で描かれているように、当時はまだ武蔵野の面影の残る一村に過ぎなかったのです。
 直前独歩は、熱烈な恋愛の末に結ばれた女性との結婚に失敗しています。そのことも、この詩の詠嘆調の基調となっているようです。

 「なつかしきわが故郷は何処ぞや」

 生まれ故郷をわずか5歳で後にした独歩には、本当の意味での故郷は見出せなかったでしょう。だから「山林」とは、少年時代を過ごした中国地方のどこかの山林でもあり、今居住している武蔵野の山林でもあると共に、「虚栄の途」と対極をなす「真実の途」としての「心象の中の山林」でもあったことでしょう。

 詩の中では「嗚呼山林に自由存す」と高らかに謳い上げながらも、ひと度「近代化の洗礼」を受けその渦中に身を投じてしまった独歩には、もはや「山林の児」としての生き方に還れるわけもありません。
 「山林(自由)か虚栄か」。これは、明治の児・独歩のみならず、現代を生きる私たちの誰の心にも潜んでいる、切実なジレンマだと思われます。
 (大場光太郎・記)  

|
|

« 朝顔や | トップページ | 九月尽 »

名詩・名訳詩」カテゴリの記事

コメント

『山林に自由存す』は、たしか中学生時代に学校で習ったのですが、詩の中身は完全に忘れていました。
こういう詩かと改めて思うのですが、山林(自由)か虚栄の市かと言うことなんですね。
これは、自由であった野生児時代への郷愁でしょうか。なにか、東京の都会生活に倦み疲れたような感じがしますね。中学時代に受けた印象と、ずいぶん違っているように思えます。
それにしても、武蔵野は(時間的にも空間的にも)遠くなりにけりですか・・・

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年9月30日 (火) 15時10分

矢嶋様
 実は私もこの詩を読むのは、久しぶりです。『あれっ。こんな詩だったっけ?』。貴兄と同じ感想をもちました。第三聯、第四聯は、特にそう感じました。
 おっしゃるとおり、「野生児時代への郷愁」「都会生活の倦怠」もあったろうと思います。またその他に私が拙文で指摘しました、「時代へのアンチテーゼ」「結婚生活破綻の痛手」などさまざまなものが、当時の独歩の心の中で複雑に絡み合っていたように思います。

 矢嶋様にとりまして武蔵野は、時間的には別にして「距離的には」大変近いのではないでしょうか?先刻ご承知かもしれませんが、ご参考まで『武蔵野』の冒頭部分をご紹介させていただきます。

 「武蔵野の俤(おもかげ)は今僅かに入間郡に残れリ」と自分は文政年間に出来た地図で見た事がある。そしてその地図に入間郡「小手指原久米川は古戦場なり太平記元弘三年五月十一日源平小手指原にて戦ふ事一日か内に三十余度日暮れは平家三里退て久米川に陣を取る明れは源氏久米川の陣へ押寄ると載せたるはこの辺なるべし」と書込んであるのを読んだ事がある。自分は武蔵野の跡の僅かに残て居る処とは定めてこの古戦場あたりではあるまいかと思て、一度行て見る積りで居て未だ行かないが実際は今も矢張その通りであろうかと危ぶんで居る。(文中幾つかの漢字を違う表記にしています。)

 上記引用文中の「小手指原にて戦う」とは、文中年号(西暦1333年―「建武の中興」の年)同月同日の、新田義貞と鎌倉幕府との「小手指原の戦い」を指すものと思われます。但し「源平戦ふ」には、あれっ?と思います。北条幕府は勿論源氏系、それに新田義貞も正式には「源義貞」で、共に源氏系の戦いであったからです。

 私の所沢在住当時(昭和60年頃)、仕事の帰りに、小手指や入間市など「武蔵野の僅かな僅かな…面影」を求めて、雑木林に分け入ったことがあります。
 なお、「武蔵野」とは、新潮文庫版『武蔵野』の注解によりますと、
 関東平野の一部。広義には武蔵国をさすが、狭義には埼玉県川越市以南、東京都府中市までをさす。
とあります。大変長くなりました。今では「武蔵野の面影」は更に更に狭められているかもしれませんが、時折り「身近な武蔵野探訪」をされてみてはいかがでしょうか? 

投稿: 大場光太郎 | 2008年9月30日 (火) 17時43分

大場様
小手指原の古戦場は、わが家にとても近くよく通っています。今は民家も多く建っており、武蔵野といった趣はあまり感じません。これも時の流れでしょうか。
さて、小手指原の戦いは、独歩の言うように「源平」の戦いだったのです。北条家は桓武平氏の流れで、源頼朝の妻になった北条政子も「平政子」と名乗っています。もちろん、父の時政も平家だったので、嫡子の義時(政子の弟)以下、鎌倉幕府の執権は平氏名だったのです。
新田義貞はもちろん源氏の流れですので、北条軍と新田軍の戦いは「源平」の戦いと言って間違いないのです。
以上、ご指摘いたします。矢嶋より

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年9月30日 (火) 21時36分

矢嶋様
 ご指摘ありがとうございます。
 確かに北条氏は、桓武平氏・平貞盛の流れを汲むと言われているようです。しかし私の素朴な疑問は、源頼朝にとって、平家は父・義朝のにっくき仇であり、これから打倒すべき最大目標であるはずなのに、なぜ平氏の流れを汲むはずの北条政子と結婚したのだろうか?ということです。当時としては珍しく頼朝からの恋愛が発端だったらしいので、そんなことは度外視していたのでしょうか?それともこの際、末端平氏など気にしない、とにかく伊豆の豪族・北条家を身内に取り込めということだったのでしょうか?もしそうであれば頼朝は、若い時から怖ろしいほど冷徹な戦略家だったことになります。また北条家側も、なぜ源氏の御曹司に加勢する気になったのでしょう?(その辺のご高説お持ちでしたら、是非ご教示賜りたいと存じます。)
 なお、北条氏「平氏子孫説」という定説に対して、有名な北条時政以前の家系図がまちまちで一致せず疑問も残る、という説もあるようです。
 いずれに致しましても、私の今回の最大の勘違いは、頼朝と政子の間に生じた「源氏の血筋」は、3代将軍・源実朝の暗殺によって完全に断絶した、ということを失念していたことです。北条家はそれ以前も以後も、あくまで将軍職を補佐する「執権」という立場だったわけで(実質的には、頼朝死後「鎌倉幕府」の実権は政子や北条氏のものでしたが)、政子以外は源氏との血の交配はなかったわけです。そこで北条氏が、真に桓武平氏の流れを汲む一族なら、確かに小手指原の戦いは「源平の戦い」だったことになります。
   間違えて恥かき覚える歴史かな(汗) (拙いにわか川柳)
 これからも間違えたことを述べるかもしれません。その都度ご指摘いただければ幸甚です。

投稿: 大場光太郎 | 2008年9月30日 (火) 23時40分

 最近、(極端に多くはありませんが)どういうわけかこの記事へのアクセスが増えています。時折り「山林に自由存す 意味は?」などのフレーズで検索フレーズランキングに顔を出すことがあります。
 確か始めは2週間ほど前の夜にまとまってこの記事への
アクセスがあったように記憶していますから、あるいはその時間帯、NHKあるいは民放他局かの番組で国木田独歩とこの詩を取り上げたものなのでしょうか?これは憶測で本当のところは分かりませんが・・・。
 いずれにしましても、開設年のこういう記事をあらためて読み直していただけるのは、大変嬉しいことです。
 なお、(『二木紘三のうた物語』のコメント仲間だった)矢嶋武弘さんとのコメントのやりとりも懐かしく思います。

投稿: 時遊人 | 2013年6月22日 (土) 02時14分

この詩は高校生の頃(もう60年前ですが)、気に入ってノートの最初のページに書いて何度も読み直していました。
最近ふっと思い出したのは、丸山真男の『「文明論之概略「を」読む』(第14講 ヨーロッパ文明の多元的淵源)の中に、「古ゲルマン族の不羈奔放な”森林の自由”」という言葉を見付けたからです。福沢諭吉がギゾーから引用した言葉です。古代ギリシャローマの都市の自由、キリスト教から発した内面の自由とならんで、ヨーロッパ文明の淵源としています。
独歩の詩と通じるところがあるのかどうかわかりませんが、いろいろ考えてみたくなりました。

投稿: 織田雅己 | 2016年8月24日 (水) 19時06分

織田雅己 様

 このたびはコメントありがとうございます。

 織田様もやはり多感なりし高校時代、取り分けこの詩を愛読されたとのこと。私より一世代上のお方と推察致しますが、自然と人間の生活が今よりずっと密着していたあの時代、独歩のこの詩などは打てば響くような共感性があったのかもしれませんね。

 私自身は、この詩と共に(やはり「詩」カテゴリーで取り上げていますが)信州の自然を謳った立原道造の『のちのおもひに』も当時好きな詩でした。

 貴コメントに「丸山昌男」の名前が出てきて驚きました。私自身はほとんど著作を読んでいませんが、私が20代だった昭和40年代にも日本を代表する思想家の一人でしたから。

 その丸山昌男が、「古ゲルマン族の不羈奔放な”森林の自由”」と述べたとのことですが、大変理に適った指摘だろうと思います。「ゲルマニア」は古代ローマ人にとっての「化外の地」(ケルト語で「川向こう」)を意味していたようですが、カエサル・ユリウス『ガリア戦記』の頃のガリア全体が、それこそ鬱蒼たる豊かな森に包まれた土地だったのでしょうから。

 その豊かなヨーロッパの自然をどんどん破壊していったのがキリスト教、さらに拍車をかけたのが西洋近代文明という見方も出来るように思われます。

 大変生意気な言い方ですが、「自然万物との共生」、これを見出さなければ人類の未来はないように思われてならないのです。

投稿: 時遊人 | 2016年8月25日 (木) 00時30分

国木田独歩ファンにお出会え出来て喜んでいます。私の近くに国木田独歩の詩碑「山林に自由存す」があり、この地方ではよく知られています。この詩碑は、風光明媚な瀬戸内海の海岸沿いにありました。詳しくは私のホームページ「国木田独歩の詩碑 山林に自由存す」http://www.fujiyama-jp.net/wp/?p=2231をご覧ください・

投稿: 藤山照夫 | 2018年6月23日 (土) 15時35分

藤山照夫 様

 このたびは貴重な情報コメントをお寄せいただき、大変ありがとうございます。

 ご紹介の貴HPに早速立ち寄らせていただきました。国木田独歩が青少年期を過ごした地のひとつだったのでしょうか、山口県熊毛郡田布施町にこの詩の詩碑があるのですね。藤山様の英訳詩も興味深く目を通させていただきました。藤山様と町民の方々の国木田独歩への敬愛の念がひしひしと伝わってきます。

 私は高校生当時、発刊間もない旺文社文庫版で『武蔵野』『牛肉と馬鈴薯』『空知川の岸辺』など、鮮烈な想いで読み耽りました。その延長線でこの詩に出会ったのだったと思います。懐かしい思い出です。

 同文庫は50年以上経った今でも大事に持っています。

投稿: 時遊人 | 2018年6月23日 (土) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝顔や | トップページ | 九月尽 »