« のぎく小曲 | トップページ | 秋風辭(秋風の辞) »

秋風の詩(うた)

    秋風の詩(うた)     

  冷ややかな大気が
  なべてのものを秋の色に
  変えていこうとする。
  風はだめ押しのように
  さらに深い秋のスタンプを
  到るところに押して過ぎてゆく。

  風は 落ちなんとして
  なおためらいがちな朽葉に
  最後の一押しを加えて
  母なる枝から引き離す。

  ああ 朽葉は
  空中をひらりひらりと舞い落ちる。
  落葉の落下点を
  風は誰にも予測させない。

  風はまた 孤独のうちに
  秋思して歩く者に吹きつける。
  時に体をもするりと通り抜け
  心の核心にある想いを
  そっと取り出して運び去るだろう。

  遠くの そう幾つもの
  野や町や山や川を越えて
  風はそれを 見も知らぬ誰かの心に
  秋のメールとしてそっと届けるだろう。

                                 (大場光太郎)    

|

« のぎく小曲 | トップページ | 秋風辭(秋風の辞) »

」カテゴリの記事

コメント

 この詩は、08年10月19日に公開したものです。それ以後も、たまに詩を作っては公開していました。が、1年後くらいにある人の詩に接して、『これはとても適わん』と思い、それ以後まったく作っていません。
 そうしましたら、そのうち「詩想」さえ湧いてこなくなりました。出来得れば加齢に関わらず、いつまでも「みずみずしい感性」を保ちたいもの。今後はまた思いついた時に、「詩」を作っていきたいと思います。

投稿: 時遊人 | 2010年11月10日 (水) 02時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のぎく小曲 | トップページ | 秋風辭(秋風の辞) »