« 魂の映る菊見とは? | トップページ | 呂布と貂蝉(1) »

「七五三」と「三五七」

    母が子の歩みに合わせ七五三   (拙句)

 きょう11月15日は「七五三」の日です。めったに見かけませんが、それでもたまにこの日に街中で、母と子が手をつないで歩いている姿を見かけることがあります。母も着物で正装、子も特に女の子の場合はきれいな着物で着飾っているので、『あヽ七五三だな』とすぐ分かります。そうしてこれからお宮参りに向うのでしょう。
 冒頭の拙句は、何年か前にそんな母娘の姿を見かけて、微笑ましくなって詠んだものです。

 「七五三」は7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝い、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳で、神社や寺に詣でる年中行事です。現在では全国で行われていますが、元々は関東圏における地方風俗だったのが全国に広まったもののようです。
 昔は今と違い乳幼児の生存率がとても低く、3歳まで生きるのでも大変だったようです。まして5歳、7歳となるとなおのこと。そこで7歳までは子供は人間ではなく、神様からの預りものという認識を抱くようになりました。子供が無事7歳を越えてくれれば、後はほっと一安心と言うわけです。七五三というお祝いの文化は、このような考えをもとに生まれたもののようです。

 昔は、7歳まで成長できた子供はお祝いをした後、氏神様(自分が住んでいる所を守ってくれる神社の神様)にお参りし、氏子札をもらいました。氏子札をもらって初めて人格として認められ、地域社会の仲間入りを果たすことが出来るという考え方があったようです。
 それに「なぜ七五三か?」と言えば、中国そして日本では奇数を「陽数」といって縁起のいい数という考え方があったためです。元旦や桃の節句、端午の節句など奇数の重なる日に特別のお祝いをするのもこの考え方によるものです。
 そして「七五三の祝い」はもともと公家や武家の文化だったものが、江戸時代から大衆文化にまで広がりました。
                        *
 ところで、「七五三」であってなぜ「三五七」ではないのでしょう?「長幼の序からいって上の子を立てて七五三にしたんだろ」。確かに一理あります。あるいはそのとおりかもしれません。
 話は本来の七五三から大きく逸脱、飛躍しますが。神道系のある説によると、今の世の天地律そのものが「七五三」の律動(リズム)なのだそうです。しかし本来は「三五七」が「正律」なのであって、七五三は「逆律」つまり本来の天地のリズムとは真逆なのだと言うのです。

 本来の根本律が180度引っ繰り返っている以上、世が進めば進むほどそれに準拠している政治、経済、宗教、教育、文化などすべてにおいて混迷を深め行き詰まるのは理の当然だと言うのです。
 これを根本から正すには、本来の「三五七」のリズムに戻さなければならない。そのため我が国では幕末、明治から、そのための「立て替え」「立て直し」が徐々に進行してきた。そして近未来「世の大峠(おおとうげ)」を迎えることにより、逆律から正律への切り替えが為され、天地のリズムは三五七になるだろう、と言うのです。

 私はこの説が正しいかどうかの判断基準を持ちません。しかし気になるのは、今から20余年前から世界中の心ある人々の間で、(現時点の)後数年以内の「ある年ある月ある日」が密かに注目されていることです。
 その時が「世の大峠」の切り替えの時なのかどうか。よくは分かりません。しかし私は『今の世の中の激変からして、ひょっとしたら有り得るのではないだろうか?』と、その日を注目しながら、現在自分に出来る備えをしておいた方がいいかもしれない、そう考えております。

 (大場光太郎・記)

|

« 魂の映る菊見とは? | トップページ | 呂布と貂蝉(1) »

所感」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魂の映る菊見とは? | トップページ | 呂布と貂蝉(1) »