« 流れ行く大根の葉 | トップページ | ネットの話題 »

私の今年の漢字は―「迷」

 「1212」と言えば私などは「トェルブ・トェルブ」という大変重要な数字として認識しています。しかしそれはさておき。12月12日は「漢字の日」だそうです。そしてこの日は、もうすっかり恒例になった「今年の漢字」が発表される日でもあります。

 これは1995年に始まったもので、財団法人 日本漢字検定協会が、その年の日本や世界の世相を表わしその年をイメージできる漢字一字を全国から公募し、その中で最も公募数の多かった漢字一字を、この日に清水寺(京都府京都市東山区)で発表するものです。
 サラリーマン川柳、創作四字熟語、新語・流行語大賞などと並んで、現代日本の世相を反映する一つの指標として使われることが多いようです。

 ちなみに、1995年からこれまで(去年まで)の歴代「今年の漢字」は以下のとおりです。

 1995年―「震」  1996年―「食」  1997年―「倒」  1998年―「毒」  1999年―「末」  2000年―「金」  2001年―「戦」  2002年―「帰」 2003年―「虎」  2004年―「災」  2005年―「愛」  2006年―「命」  2007年―「偽」

 この中で特に印象に残っているのは。まず「今年の漢字」がスタートした1995年(平成7年)は、1月17日の阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件、金融機関の倒産などにより、まさに社会に激震が走った年でした。
 次に1997年の「倒」。山一證券に代表される相次ぐ大型企業の倒産や銀行の破綻が相次ぎ、バブル崩壊後の我が国社会の深刻な事態を改めて認識させられました。
 また2001年の「戦」。この年は「世界を変えた日」と言われた(私の認識では「世界が騙された日」です。その理由については、いずれ述べさせていただければと思います)、あの「9・11」が起きました。そしてその直後「待ってました !」とばかりの手際のよさで、アメリカのアフガン侵攻が始まりました。続くイラク戦争に到るまで、世界中がどす黒い相互不信と憎悪に覆われました。
 翌年2002年の「帰」も『あヽそうだった』と懐かしささえ覚えます。北朝鮮による拉致被害者の何人かが帰国した年でした。曽我ひとみさんの、帰国に当たっての望郷の想い迸るメッセージには、涙がとめどなく流れました。後は横田めぐみさんをはじめとする、一日も早い「全員帰国」が強く望まれます。
 (以上は、フリー百科事典『ウィキペディア』「今年の漢字」を参考にしました。)
                       *
 先月下旬頃、ふと「今年の漢字」を思い出し、私なりに考えてみました。これは既に「二木紘三のうた物語」の『遠い世界に』コメントで述べさせていただいたことの繰り返しになりますが。その結果あまり迷わずに思いついたのが、「迷」の一字でした。
 
 「政(まつりごと)乱れれば国乱れる。国乱れれば人心乱れる」と言いますが、まずもって国の根幹であるべき政治の世界が、迷走続きだったと思います。秋には福田前首相が突然辞任会見をして、さっさと重責を放棄してしまいました。去年の安倍元首相に続く、あってはならない不祥事です。そして次の総理に就任した麻生首相、この人がまた、かの吉田元首相のお孫さんと言うには肚の座らない煮え切らないお方で。定額給付金や二次補正予算案などをめぐって、二転三転の周章狼狽、迷走ぶりです。「百年に一度の危機」と口では唱えながら、では発足後一体何か有効な手を打ってくれたの?と言いたくなります。(私も「迷いっぱなし人間」でエラソウなことは言えませんが、一庶民と一国の総理では、迷うことで与える悪影響はおよそ比ぶべくもありません。)

 その大危機を招いて全世界を一挙に混迷化させたのが、ブッシュ政権下のアメリカで起きたリーマンショックでした。すべての発端は、去年のサブプライム問題でした。しかしそれはもう2、3年前から、「いずれそうなるよ」と識者たちが強く警告していたにも関わらず、です。巧妙に証券化して世界中にばら撒いたことなど、私はブッシュ政権の無策と言うよりは、「何者か」の謀略、悪意を感じます。
 その他中国の毒入り食品問題や、国内で次々に出てくる食に関わる事件には、国民は本当に迷惑しました。
 そんなこんなで、本当に日本も世界も先行き不透明で出口の見えない、迷路、迷宮にすっぽり入り込んでしまったような感じが致します。しかしご安心ください、と『遠い世界に』コメントでは続けました。それにつきましては、また改めて述べさせていただければと存じます。

 もちろん当日選ばれるのは、別の漢字でしょう。しかし今年一年を振り返りながら、自分にとっての「今年の漢字」を考え、選定してみるのも、決して無駄ではないと思います。
 皆様にとっての「今年の漢字」は何でしたか?
 (大場光太郎・記) 

|

« 流れ行く大根の葉 | トップページ | ネットの話題 »

所感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 流れ行く大根の葉 | トップページ | ネットの話題 »