« 行く年の… | トップページ | 児玉神社参拝記(1) »

去年今年

    去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの   高浜虚子

  …… * …… * …… * …… * …… * …… * ……
《私の観賞ノート》
 
 新年明けましておめでとうございます。
 平成21年(2009年)がスタートしました。皆様新年をいかがお迎えになられましたでしょうか。今年は現下の大不況のもと、世界的にも国内的にも激動が予測されますが、そんな荒波を乗り越えて、この1年を実りある良い年にしたいものです。

 さて今回の虚子の句についてです。
 私たちは午前0時の時報と共に、『さあ、まっさらな新年を迎えたぞ !』という気分になります。またそういう気分になろうとつとめます。年の大きな「Change」なのですから、当然です。
 なのに虚子は「去年今年貫く棒の如きもの」と詠むのです。まるで、上の通念に対してのアンチテーゼの句のようです。つまり年はあらたまっても、実は「時間」というものは、過去、現在、未来と連続したもので切断されるものではないのだ、ということを言いたかったのでしょう。

 考えてみれば確かに、例えば財産などは増えもせず(但し銀行預金などは、当節微少の金利はついています)減りもせずに、新年にそのまま引き継がれていきます。同様に負債も、またそのとおりです。財産はともかく負債の方は、金銭的なものでも心理的なものでも、そっくりそのまま去年に置いて来れれば何と好都合なのでしょう。しかしどっこい、そうはまいりません。
 だからこの句は、「後悔とか負い目を負うような生き方はしなさんなよ」ということを言外に匂わせているのかもしれません。(私などは、大いに耳が痛い話ですけれども。)

 「貫く棒」という形容は凄いですよね。過去・現在・未来という「時間の連続性」というものはかくも確かなものなのであり、ともすれば切れやすい糸のようなか細いものではないわけです。
 新年にあたり、常平生の心構え、生き方について考えさせられます。そして、思わず粛然とさせられるような句だと思います。
 (大場光太郎・記) 

|

« 行く年の… | トップページ | 児玉神社参拝記(1) »

名句鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行く年の… | トップページ | 児玉神社参拝記(1) »