« 神奈川県庁本庁舎にて(1) | トップページ | ドーする?! 医療崩壊(1) »

神奈川県庁本庁舎にて(2)

 神奈川県庁本庁舎の屋上には、何人かの人がいました。いずれもお役人のようです。この屋上だけが唯一の喫煙場所になっていて、業務の合い間横浜の景色を眺めながらの贅沢な一服なのでしょう。中には『アンタも一服?ホントかよ』と思うような、県の制服に身を包んだ知的で綺麗な女子職員が混じっていたりします。
 もちろん屋上からは、横浜市街が360度ぐるりと見渡せます。しかしどうせ横浜に来たからには、自ずと横浜港の方向に視線が惹きつけられ、足は自然とそちらの壁ぎわへと向ってしまいます。

 早春の淡い西日を浴びて、横浜港が大パノラマで一望できます。すぐ目に飛び込んでくるのが、何といっても左手の横浜赤レンガ倉庫、そして真ん中から右よりの大桟橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)です。そのさらに右手は山下公園ですが、手前の大きなビルに阻まれて全体は確認できません。
 さらには向う岸の神奈川区や川崎市鶴見区などの途切れることなく建ち並ぶ建造物群が、夕霞に霞みがちに見えています。本夕さして風はなく、鶴見区の工場の高い煙突から白い煙がほぼ真上にもくもくと立ち上っているのが認められます。
 その間港内を中くらいの大きさの真っ白い客船が、ゆっくりこちらに向って来ます。少しすると、赤レンガ倉庫から張り出した停船所に着船しました。乗客を降ろすのでしょうか。

 横浜港に接する手前に、赤レンガ倉庫や大桟橋埠頭そして山下公園などに行くための、高架の遊歩道が見られます。老若男女さまざまな人がひっきりなしにそこを行き交っています。その道を中央部から視線を左に赤レンガ倉庫の方にたどってみると、なるほど名高い観光スポットの一つなわけです。その手前の道あるいは倉庫前広場に、小さな人影がいっぱい集まっているのが認められます。

 そうこうしているうちに、停船していた例の客船がまた出航していきました。新たな乗客を乗せ終わったのでしょうか。まるで亀の歩みのように、じれったいほどのろのろです。
 するうち、倉庫と大桟橋埠頭のちょうど中間くらいの海面でパタッと停まってしまいました。『んっ?』と思って見守ること何分か。そのうちゆっくりゆっくり時計回りに旋回し始めました。『そうか。あそこまで船尾方向から進んで、本来の向きに変えてるんだな』。そのとおりで、海面に丸いやや大きな波紋を広げてぐるっと180度向きを変えていきます。その時一瞬、見えている側の黒い船窓が西日にキラッと光りました。そしてまた何分かのじれったい停止。それから静かに動き出しました。

 後には小さな水脈(みお)を残しながら。一時大桟橋の陰に隠れ再び姿を現して、そのままゆっくり右手の港の外へと。
      ……  ……
    黒い煙をはきながら 
    お船はどこへ行くのでしょう
      ……  ……
 私は紫煙をくゆらしながら、『みかんの花咲く丘』を口ずさんでいました。お船は本当にどこへ行くのでしょう?早春の潮風に吹かれてどこまでも…。
 ぼんやりそんなことを想う、それはつかの間ささやかなロマンです。  ― 完 ―
 
 (大場光太郎・記)

|

« 神奈川県庁本庁舎にて(1) | トップページ | ドーする?! 医療崩壊(1) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

 大場様の情景描写の見事な筆致には、何時ものことながら、つくづく感服しております。拝読しながら私も一緒に県庁の屋上から、大桟橋や赤レンガパークをながめているような気分を味わうことが出来ました。たしかに今やgoogleのstreet viewなどを利用して、居ながらにして赤煉瓦の神奈川県庁舎や倉庫館の周囲を散策することが出来ますが、このような文章で辿るとまた格別の味わいがあるものです。たぶん大場様にはご理解いただけると思うのですが、日本海側に住む者にとって、太平洋側の広々とした明るい雰囲気はやはり魅力的なものです(もっとも見慣れてしまえばどうってことは無いのですが)。
ところで、この京浜工業地帯の生みの親といわれている人をご存知でしょうか。浅野総一郎という人ですが、わが郷土越中は氷見市の人です。やはり同郷(富山市出身)で安田財閥の創始者安田善次郎等の助力を得ながら、今日の東京湾、川崎、横浜港の発展に貢献しました。また横浜には浅野学園という中高一貫教育の進学校がありますが、これは彼が創立した学校です。ちなみにJR鶴見線には浅野駅という彼の名にちなんだ駅もありますよ。

投稿: くまさん | 2009年2月28日 (土) 15時00分

 拙文お褒めにあずかり、恐縮です。でも私としても、本当はこのような情景描写文や自然観察文をもっと載せたいというのが本音です。実際開設後しばらくは、それらが主体でしたから。
 しかし需要と供給のバランスというもので。本当に読んでいただきたいこのような文は、皆様から敬遠されがちで、アクセスが減少します。訪問者数に一定の目標を持っている私としては、とても困るのです。そこで時には思い切って、「受け狙い記事」の公開となってしまいます。
 グーグルの「ストリート・ビュー」。今大評判らしいですね。同時に、覗かれたくないプライバシーが覗かれてしまって、規制すべきかどうか大問題にもなっているとか。テクノロジーの進化には、光に影が必ずつきまといます。
 浅野総一郎という人と、京浜工業地帯、安田善次郎そして貴県との関係など、初めて知りました。大変貴重な情報ありがとうございます。そういえば「浅野学園」は名前だけは聞いたことがあります。
 本日午後から『おくりびと』観る予定が、2、3日前急に仕事の予定が入って。綾瀬市から先ほど帰ってきました。来週平日または土曜に予定して、観てこようと考えています。ところで先日コメントし忘れましたが、青木氏の少年の写真そして文章、強烈な内容でした。

投稿: 大場光太郎 | 2009年2月28日 (土) 18時36分

大場 様
 自分が本当に書きたい訴えたいという記事を書いてもあまりアクセスの反応が無い、だから「心ならずも」受け狙いの記事を書かざるを得ないとのことですが、実際にブログを持たない私には少々理解しかねます。一定のアクセス数の確保を目標にしているというのはどういう意味でしょうか、参考のためにご教示いただけたらと思います。
 ところで、今日は高輪の東京プリンスホテルで飯島愛の「お別れ会」があったそうですね。彼女のブログを覗いたら、イチローにならんで小沢一郎と麻生太郎の献花が飾られていたのには笑ってしまいました。しかし彼女のグログは昨年の12月5日で更新が途絶えたにもかかわらず、いまなお大勢の訪問者とコメントが絶えません。しかも匿名のコメントが殆どなのに、「荒らし」はほとんどなく真面目な内容ばかりだそうです。私はここに「ブログ」本来の姿を見るような気がします。

『朋あり遠方より来る、また説ばしからずや。
 ひと知らずして怨みず、また君子ならずや。』   (くまさん 記)
      

投稿: くまさん | 2009年3月 1日 (日) 22時02分

 「一定のアクセス数の確保」というのは、1日1日というよりも、何千件のアクセス数をいついつまでに達成したいという、私だけの目標値です。当ブログは先刻ご承知のとおり、何の営利も目的と致してはおりません。ただ、折角開設している以上は、出来るだけ多くの方々の訪問を得たいわけです。それに何でも「目標」がなければ、物事は前進も進歩も図られませんから。
 「受け狙い」云々はあまり気にしないで下さい。私は例えどんな内容の記事でも、「一記事入魂」で書いているつもりです。
 飯島愛のブログは、そうでしょうね。それだけ彼女の死が、多くの人に惜しまれているということでしょう。 

投稿: 大場光太郎 | 2009年3月 1日 (日) 23時28分

何事にも目標を持つというのは大切なことだと仰るのは、私も全く同感です。つい言わずもがなの事を申し上げて大変失礼いたしました。先のコメントは撤回させていただきます。

投稿: くまさん | 2009年3月 2日 (月) 00時56分

 いいえどういたしまして。ついでながら申し上げますと、当月後少しで総訪問数8,000人、そして開設一周年(?)には10,000人到達を目指しています。おかげ様で、今のペースでいけば何とかクリアーかな、と思われます。
 なお、『論語・学而第一』のご引用恐れ入ります。その前段の「学びて時にこれを習う、亦た説ばしからずや」からご引用までの全体は、「道を志す者」が心すべき基本姿勢ですね。
 しかし「人知らずして恨みず、亦た君子ならずや」の実践は、私のような凡人には難しいです。ただ独りよがりかもしれませんが、これまでも『多分ご理解いただけないだろうな』と思いながら、記事にしたこともけっこうあったように思います。

投稿: 大場光太郎 | 2009年3月 2日 (月) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川県庁本庁舎にて(1) | トップページ | ドーする?! 医療崩壊(1) »