« ドーする?! 医療崩壊(3) | トップページ | 小沢代表秘書逮捕に思うこと »

うれしいひなまつり

    街の灯にまどひて舞へり春の雪   (拙句)

 3月3日桃の節句ひなまつりのこの佳き日。何とあろうことか、当厚木市では夜から雪が降ってきました。そういえば日中も小雨がちの曇り空。『ひなまつりだというのに、きょうはやけに寒いなぁ』と思っていました。
 もさもさというほどではないにしても、時ならぬ春の雪。しかし今冬はこれまで雪という雪はほとんど降らず、今頃になって今年の初雪か?といった具合です。ただ先ほど外に出て見ても、車のルーフや畑などの土の所にうっすら白く積もっているばかり。明日の朝には止みそうな感じです。

 ところで「ひなまつり」ということで、私はちょうど1年前の去年の3月3日頃のことを思い返しました。たまたまその前日の3月2日夜7時過ぎ、「二木紘三のうた物語」の『赤い靴』にコメントを致しました。私の幼少時の忘れがたい思い出、特に下の妹・菊子の死についてだいぶ長文のコメントになりました。
 「赤い靴の女の子・岩崎きみ」とは何の関係もない、ただ余所にもらわれていって幼くして死んでしまったという薄幸さだけが共通項。極めて個人的な体験であり、だいぶ迷いましたが、思い切って発表させていただきました。

 内容が内容だけに、ご同好の皆様にかなり深刻な印象を与えるだろう。私に続いてコメントする人が、しばらく途切れるかもしれない。そうなれば、責任を取って「うた物語コメント」から撤退だな。そう覚悟を決めていました。
 しかし、私の同拙文をお読みになり、3日早朝早々と心温まるコメントをお寄せいただいた方がおられました。れいこ様です。
 おかげ様で『うた物語』へのコメントを、その後去年いっぱいまで引き続きさせていただくことが出来ました。

 れいこ様への返信の中で、「本日たまたま「ひなまつり」です。半世紀余り経ってようやく、妹・菊子への良い手向けができた思いです」と記しました。そうしましたら、私の一連の拙文に心動かされたのかどうか、同日夕方『うれしいひなまつり』に、大変印象深いやはり幼少期の思い出コメントを寄せられた方がおられました。
 それまで3月3日という日に特別な思い入れはありませんでした。しかしそのような次第で、昨年の3月3日はこれからもずっと、私にとって記憶に残る日となることでしょう。

 同拙文、これまでも『うた物語』ご同好の大勢の皆様からお読みいただいたことと思います。きょう3月3日も『赤い靴』から、当ブログ記事『「赤い靴はいてた女の子の像」実見記』をご訪問の方がおられました。このように、『赤い靴』拙文は今後とも読み継がれていくことでしょう。
 わずか3歳で世を去った妹・菊子は、おかげ様で去年そうしてよみがえりました。今生での縁薄かったとはいえ、兄としてこれ以上の喜びはありません。
 考えてみれば菊子は、私ら残りの家族のための人身御供のようなものでした。今改めて申し訳なさと、感謝の想いと、それに恥じない生き方をしてきたのかという自責の念でいっぱいです。 

 末尾ながら。れいこ様は、その後も『故郷を離るる歌』『母さんの歌』『谷間のともしび』と、節目節目でお励ましのコメントをたまわりました。そして当ブログ開設当初から変わらずご訪問いただいております。この紙面をお借りして篤く感謝申し上げます。中には「NG ! 」という記事もあろうかと存じますが、なにとぞ若輩者の致すところとご寛恕たまわり、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 今後益々ご健勝で過ごされますよう、お祈り申し上げます。

 (大場光太郎・記) 

|

« ドーする?! 医療崩壊(3) | トップページ | 小沢代表秘書逮捕に思うこと »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

大場様
寒かったお雛祭りの昨日、私も昨年の大場様のことを思い出して
おりました。そして今朝のブログ拝見の折、私のことをお書き頂いて
いることを知り、嬉しい今朝のスタートとなりました。どこかで
誰かが自分のことを思い出してくれる、と言うことの幸せを感じます。

暖かい筈のこの房総の地も、昨夜はうっすらと白い世界と
なりましたが、今朝はもう融けてしまって、犬を無事に歩かせる
ことが出来る状態となり、ほっとしております。
沿線で眺める菜の花の黄色、お花畑の花々も、時ならぬこの寒さに
身をすくめていることでしょう。

横浜散策の文章も、懐かしい風景を目に浮かべながら拝見して
おります。ご縁あってブログを楽しませて頂いてからもう一年が
過ぎ去ってしまったこと、そして私の残り時間が一年少なくなって
しまったことを痛感してしまいます。

小さな木彫りのお内裏様を飾ってのお雛祭り、春を待つことが出来る
幸せを思いました。寒い朝、お元気な一日のスタートを!れいこ

投稿: れいこ | 2009年3月 4日 (水) 09時04分

れいこ様
 わざわざご丁寧なご返信たまわり、大変ありがとうございます。久しぶりのれいこ様の名文に接し、嬉しく読ませていただきました。
 本当に今年のひなまつりは、寒い一日となりました。それに関東一円、昨夜はうっすら白い雪化粧でしたね。どうせ降るんだったら、思い切ってどっさり降ってくれて、滅多に降らない当地で夜の幻想的な白い世界にして欲しかったなどと、勝手なことを思ったりしております。
 れいこ様、お住まいが房総でしたか。私はこれまでのお便りから、お住まいは東京で、房総へはたまに通院で行かれているのかな、と想像しておりましたが。以前述べましたとおり、私にとって房総は、寒い時期でも花々で溢れている暖かいイメージです。そんな房総の菜の花なども、昨日昨夜はあまりの寒さに身を縮めていたかもしれませんね。
 ワンちゃんも元気なようで、大変けっこうに存じます。今週いっぱいくらいが寒さのピークで、来週あたりから少しずつ暖かくなるのでしょうか。本式な春の到来が待たれますね。
 パソコン本日は先ほど開いたばかりで、ご返事おそくなりました。今後とも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 大場光太郎 | 2009年3月 4日 (水) 13時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« ドーする?! 医療崩壊(3) | トップページ | 小沢代表秘書逮捕に思うこと »