« ベールを脱いだ『IQ84』 | トップページ | 梅雨の名句(1) »

けふは夏至

   夏至遠きメリケン波止場の灯を想ふ   (拙句)

 きょう6月21日(日)は「夏至(げし)」です。多分列島の広い地域でそうだったのかも知れませんが、当地(神奈川県厚木市)ではあいにく朝からの雨となりました。午後から雨は小降りとなり、夕方にはほぼ雨は上がったものの、それでもなお外を歩いていますと、湿っぽい細やかな水滴のようなものが絶えずまとわりついてきます。しかし薄暮の街に涼風が吹き渡り、それすらも心地良い感じがして周りの草花などを眺めて歩きました。
 考えてみますと、毎年この時期はちょうど梅雨にあたるわけで、夏至の日が雨もよいなのは致し方ないのかも知れません。

 夏至は二十四節気の一つで、太陽黄経が90度の時で、この日の太陽は北回帰線上にあるため、北半球では昼が最も長く、夜が最も短くなります。旧暦では五月中にあたります。夏至はまたこの日から小暑までの期間を指すこともあります。
 春分から秋分までの間、北半球では太陽は真東から上りやや北寄りの方角に沈みます。また北回帰線上の観測者から見ると、夏至の日の太陽は正午に天頂を通過します。また夏至の日には、北緯66.6度以北の北極圏全域で白夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域では極夜となります。
 なお1年で日の出の時刻が最も早い日、日の入りの時刻が最も遅い日と、夏至は一致しません。日本では日の出が最も早い日は夏至の一週間前頃、日の入りが最も遅い日は夏至の一週間後頃となります。  (この項、フリー百科事典『ウィキペディア』「夏至」の項を参考にしました。)

 ところで古来から夏至、冬至、春分、秋分などは、1年でも最も「神聖な日」とされてきました。しかし現代人たる私たちは、このような季節の節目に対して大変鈍感になり、夏至が来てもさほど関心をはらうことなくその一日をやり過ごしてしまいがちです。
 以前少し触れたことがありますが、現在「世界共通暦」になっているのはグレゴリオ暦です。これは残念ながら、自然のサイクル、諸天体の運行などとは同調出来ない暦なのです。
 どうしてか?その一端を申し述べれば―。グレゴリオ暦は「1年12ヶ月」表示です。そもそもこれがいけないのです。昔の太陰暦をご存知の方はお分かりかと思いますが、満ち欠けしながら月が1年で巡る回数は「13回」です。よって「1年13ヶ月」表示に戻すことが必要であるようです。

 我が国で「聖(ひじり)」の語源とは、「日知り」すなわち「天文暦数を明らかに知る賢者」を意味していたそうです。私たちは今日、中世キリスト教会が制定した同暦を何の疑問もなく用い、それに合わせた日常生活を送っています。暦は今日の社会全体、私たちの生活全般を深いところから支配していると考えて間違いではないのです。
 肝心要の「暦(こよみ)」から変えなければ、いくら口先で「エコロジー」だ「地球にやさしく」だと唱えてみても、それはしょせん虚言、自然破壊が止むことは決してないと思われます。

 キリスト教会は「13」という神聖数を隠すために、「13番目の使徒(裏切り者・ユダ)」あるいは「13日の金曜日(イエスが処刑されたとされる日)」などを強調することで、13を「忌み嫌うべき数字」という刷り込み(マインドコントロール)をしてきました。
 これはとんでもないことです。「マヤの予言」を今日でも遵守している中南米の先住民、あるいはオーストラリアのアポリジィ二などは「13月の暦」の重要性をよく知っていて、今でもグレゴリオ暦とは違う暦で生活しているのです。
 これだけ世界中で、日本全体で各方面の破綻が目立ち始めている昨今、彼らは遅れている人類、そして私たちは進んでいる人類などと本当に言えるのでしょうか?

 私ははっきり申し上げておきます。近未来グレゴリオ暦は廃止されます。代わって、「マヤ暦」を基本とした「13月の暦」が採用されることになるでしょう。自然や諸天体や銀河と真に同調するためには、それが不可欠であるからです。
 現に世界各地で、ごく少数ながら「13月の暦」に切り替えている人たちが以前から出始めているのです。そしてさらに「心ある人たち」は、夏至や冬至や春分、秋分には、日の出日の入りの太陽を拝し、夜は一人であるいは小グループで瞑想をしている人たちもいるようです。(諸事ずぼらな私はまだそこまでは到っておりません。)

 なお冒頭の拙句は、本夕「二木紘三のうた物語」の『別れのブルース』コメントに掲げたものです。(ハンドルネームは「街の灯」。)

 (大場光太郎・記)

|

« ベールを脱いだ『IQ84』 | トップページ | 梅雨の名句(1) »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベールを脱いだ『IQ84』 | トップページ | 梅雨の名句(1) »