« 娘ことごとく売られし村 | トップページ | 梅雨の名句(4) »

私のマイケル・ジャクソン観

 世界的なスーパースターといえども、その名前や表面的なことを知っているだけ。だから自分の中では世間が大騒ぎするほどのスーパースターとは思っていない、ということがよくあります。これまで私がマイケル・ジャクソンに対して抱いていたものは、おおむねそんなところでした。

 マイケル・ジャクソン情報として、私が知っていたことといえば―。
 代表作の『Thriller(スリラー)』くらいなもの。黒人のくせして、何だか薄気味悪い白蝋(はくろう)のような畸形的な顔に変わっていったヤツ。幼児への性的虐待によってその親から訴えられたヤツ。何だかよく分からない歌を歌いまくって、変なクネクネ踊りを踊っただけで超億万長者になったヤツ。そうして稼いだ金をつぎ込んでネバーランドなどという広大な遊園地のような所に住んでいたヤツ…。

 このように私の場合、世界はおろかこの日本にも無数にいるであろう「マイケル命」の熱烈なファンとは、かなりの温度差がありました。それゆえ6月25日(日本時間26日)の彼の急死の報に接しても、特段驚くでもなく『あっ、そう』くらいなものでした。
 生前のミステリアスなマイケル像を死後なお引き継ぐかのように、その死因をめぐって乱れ飛ぶさまざまな憶測。違法な麻酔剤使用の問題。死の直後主治医が行方をくらました。ロス市警が主治医の車を押収した。彼の死は他殺か?どうなる、数百億円のマイケルの遺産の行方。マイケル自筆の遺言書があり、それによると遺産は彼の子供そして母親、母親死後はダイアナ・ロスに遺産の管理を頼む。父親や元妻には相続の権利がないそうな…。
 むしろ三面記事的なそんな情報を面白がって観ていました。

 当ブログ最近の記事『梅雨だより(4)』の中で、マイケル・ジャクソンについて少しふれました。「(正式なマイケルについての感想が)今にまとまりましたら公開します」と述べたものの、実はその時点では何が何でも、ということでもなかったのです。いや実のところ、ここ何日かはそう述べたことすら忘れかけていました。
 それが11日未明NHK総合テレビで、『マイケル・ジャクソン“King of Pop”の軌跡』という追悼特別番組の再放送の冒頭部分をたまたま(本当にたまたま)目にしたのです。そうしたら観るにつれて魅き込まれて、とうとう最後まで観てしまいました。

 観終わった後、私のマイケル・ジャクソン像あるいはマイケル・ジャクソン観はがらりと変わりました。どう変わったのか?やっぱりマイケル・ジャクソンはスーパースターだった。マイケルの前にマイケルなく、マイケルの後にマイケルなしだ、というように。
 マイケルの生涯の主な事跡が、映像という極めて訴求力のある媒体によって端的に紹介されていたことが大きいと思います。そして頑(かたく)なな私のこれまでのマイケル観を決定的に打ち破ったのが、1982年の『Thriller』や1987年の『BAD』などの十数分にも及ぶプロモーション映像がノーカットで流されたことです。今までは『Thriller』のほんの一部しか観たことはなかったのですから。全部を観せられていやあ驚いたの何の !

 あのような映像、ミュージックそして踊り。21世紀の今日でも色褪せない斬新かつ革新的なものでした。それはまさに衝撃的でした。歌もさることながら、特に踊り。ムーンウォークに代表される、彼の天性の身体能力のなせる神業的ダンス。
 私は改めて思ったのです。マイケル・ジャクソンは紛れもない天才だったではないか ! 革命児だったではないか ! どのくらいの天才?どのくらいの革命児?ビートルズの4人のメンバー全員で成し遂げたことを、たった一人で成し遂げてしまったほどの。
 うかつにも私はほとんど知らなかったものの、マイケルはどれほどのインパクトを当時の世界に与えたことだろうか !?

 そういえば数日前、上記当ブログ記事に「マイケル・ジャクソン プレアデス」という印象的な検索フレーズでアクセスしてきた人がおられました。確かに上記番組の中の何かの歌のプロモーション映像で、「白か黒か」という人種差別を乗り越えようというメッセージのもと、世界各地でそれぞれの民族衣装に囲まれながら歌い踊るマイケルの姿がありました。こういう人類愛こそまさにプレアデス的です。
 マイケル・ジャクソンは、バッハやゴッホのように、この世界を大きくチェンジするためにプレアデスから特別に派遣された使者だったのではないだろうか?…。

 この世界は、本当に惜しい天才を失いました。
 
 (大場光太郎・記)

|

« 娘ことごとく売られし村 | トップページ | 梅雨の名句(4) »

所感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 娘ことごとく売られし村 | トップページ | 梅雨の名句(4) »