« 梅雨だより(4) | トップページ | 俳句を始めた頃(1) »

『天地人』について(13)

 本シリーズ(12)以来だいぶ間があいてしまいました。前回は第23回「愛の兜」についてでしたが、それから「戸惑いの上洛」「天下人の誘惑」「関白を叱る」と第26回まで、3回分も進んでしまいました。
 この3回は、上杉景勝(北村一輝)と直江兼続(妻夫木聡)主従の「初上洛シリーズ」といったところでした。この上洛シリーズ、私は素直にまあまあ面白かったと思います。

 なぜだろう?と考えてみました。理由は意外にも簡単で、ドラマの舞台が一気に戦国時代末期の中心地である京都、大坂に一時的に移ったこと。そしてまた織田信長亡き後の戦国大スターである豊臣秀吉(笹野高史)を中心とした、名だたる戦国スターたちが勢揃いしたためです。
 秀吉以外に、徳川家康(松方弘樹)、前田利家(宇津井健)、福島正則(石原良純)、石田三成(小栗旬)、千利休(神山繁)、北条氏政(井吹吾郎)、真田幸村(城田優)…。それら戦国豪華スターたちの中に立ち混じって、景勝、兼続の名門・上杉主従がお家の面子にかけていかに立ち回ったのか?
 おそらく今回の上洛シーンの多くはフィクションであるとしても、当時の歴史的中心地で上杉主従を巻き込んで繰り広げられた人間模様がけっこう楽しんで観られたのです。

 これは何度も述べることですが、やはり戦国ドラマは戦国スターたちによる戦国絵巻が展開されないと面白くありません。例えば越後の直江家の兼続とお船(常盤貴子)の家庭の事情を情緒的に描かれても…。それは現代的メロドラマのテーマを戦国時代にただ移し替えたに過ぎず、これでは面白くない、つまらないとなりがちだと思いますがいかがでしょうか?

 ここで上洛シリーズにおける主要キャスト評を―。
 まず秀吉役の笹野高史についてです。どちらかのブログで、笹野高史は『釣りバカ日誌』での運転者役のイメージが強すぎて、天下人秀吉の風格などありゃせんよ、というような批評がありました。私は幸いにも(?)同映画はあまり観ていませんので、運転手笹野がどういうものなのかイメージが湧きません。
 笹野高史には申し訳ありませんが、「猿のようだった」と評される秀吉の風采には、まさに打ってつけなのではないでしょうか?信長(吉川晃司)存命の頃は、秀吉の特異なキャラクターを誇張し過ぎな演技がいささかハナにつきました。しかし天下人になった現在の秀吉役としては、なかなかさまになっていると思います。

 誇張し過ぎといえば、松方弘樹の徳川家康にもその傾向が見られます。秀吉、家康(ついでに言えば石原良純の福島正則も)を戯画的に演じさせる、これは今回のドラマの演出家、脚本家の方針によるものなのでしょう。
 いずれ秀吉は死に、家康が戦国の世にピリオドを打つことになります。そのプロセスでもなお戯画的に演じさせるのだろうか?あるいは、松方弘樹はどのような家康像を作り上げていくのだろうか?今後注視していきたいと思います。

 何日か前、「小栗旬 目で演技する凄み」というような検索フレーズで本シリーズにアクセスしてこられた人がいました。なるほど言われてみれば。今回の「関白を叱る」の中で、北条家から逃げてきた初音(長澤まさみ)の扱いをめぐって、三成の屋敷で三成と兼続が差しでやりとりするシーンがありました。襖一枚へだてた次の間で、初音は耳そば立てて二人のやり取りを聞いている。その時、小栗旬の「目の演技の凄み」を感じました。
 私の中で「小栗旬映画監督効果」が生じたのか、小栗三成を少し(だいぶ)見直しつつあります。小栗は26歳、主役の妻夫木は27歳。妻夫木の方が一歳年上ながら、役者の力量としては小栗旬の方が上なのかな?と感じられます。

 その他今回私が特に触れたいのは、(おそらく架空の人物に違いない)千利休の娘で上杉主従の上洛中の世話係のお涼役の木村佳乃です。
 個人的な好みで大変恐縮ながら、私は実は現在の日本の女優の中で木村佳乃が一番のお気に入りなのです。彼女は、日本航空の幹部だった父親の赴任先のロンドン生まれだそうです。小学時日本に帰国したものの、中学時今度は父親の転勤でニューヨークで。高校からようやく日本に住み続けることになった、ばりばりのバイリンガルなのです。
 にも関わらず、私は以前から木村佳乃に、日本女優の伝統的気品のようなものを感じるのです。そのような女優さんは、吉永小百合以来本当に数少なくなりましたから。今回のお涼役もぴったりはまっているようです。

 またその父親の千利休役の神山繁。神山利休もなかなか良い味を出しています。今後悲劇的最期をどのように演じるのか、今から楽しみです。

 今回もキャストなどをめぐって、「天地人評」を気楽に述べてみました。上杉主従が越後に戻った途端、また「戦国越後版メロドラマ」に先祖帰りしませんように(既に今回のラストでその徴候が見えていました)。ドラマチックな、上杉版戦国絵巻を期待したいものです。

 (大場光太郎・記)

|

« 梅雨だより(4) | トップページ | 俳句を始めた頃(1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。