« 夏の名句(2) | トップページ | 帰郷 »

記事数500越えました

 前記事『夏の名句(2)』で、開設以来の記事数が500に達しました。既にご承知のとおり、当ブログは他のブログに比べて1記事あたりの文章が圧倒的に長文です。これを毎回読みこなしていくのは、大変難儀なことなのではないでしょうか。にも関わりませず、ほぼ毎日のようにご訪問いただいております方々には深く感謝申し上げますと共に、「なみなみならぬ読書家」と心より敬意を表させていただきます。

 今回調べましたところ、1記事あたりざっと1500~2000文字。つまり400字詰め原稿用紙4、5枚くらいになりそうです。仮に1記事400字詰め原稿用紙4.5枚としますと、 4.5×500=2250枚となります。
 中には一部矢嶋武弘様、くまさん様のコメント文をそのまま記事として公開したものもありました。それらを差し引いても、十分2000枚以上にはなりそうです。もし仮にこれが首尾一貫したストーリーを有する小説だとしたら、それこそ何巻にも及ぶ大長編小説になりそうです。(ただ残念ながら私には、そのような大長編をものするための構想力も筆力も気力もありませんが。)

 このような節目に何度か申し上げましたが、昨年4月末の開設当初は、『ホントに今後新しい記事を書き続けていけるの?』と不安でいっぱいでした。しかし本当に「必要は発明の母」というものです。折角二木紘三先生のお勧めによるものであり、中途半端に挫折してしまっては申し訳ないという思い、その上何かしら使命感のようなものが私を今日まで衝き動かしてくれたように思います。

 先月下旬のある記事が、当ブログとしては驚異的な訪問者数、アクセス数をはじき出しました。何だと思われます?意外とお思いかもしれませんが、『皆既日食』記事です。日食当日である22日未明同記事を完成させ、その日の昼前当ブログの「アクセス解析」を開いてみてびっくりです。何とその時点で、既に「訪問者120人」が表示されていたのです。時間帯によっては1時間30数人ということもありました。
 ちなみにそれまでの最高訪問者数は、5月21日『草なぎ剛 手紙』記事の156人でした。たった半日でそれに迫ろうかという勢いだったのです。
 
 私は結局見逃してしまいましたが、当日列島各地は曇りがちだったものの、午前11時前に日食があったことが大きかったと思われます。昼少し前のニュース番組でそのことを知りましたので、『さすがに訪問も下火だろうな』と思っていました。しかしその後も同記事へのアクセスは一向に衰えることなく、夕方6時頃には訪問者200を軽く越えました。その時点で当ブログとしては前代未聞の領域でしたが、『こりぁ、ひょっとすると300にいくんじゃないの?』と期待させるに十分なものでした。

 結局当日の相訪問者数は301人、アクセス数342件。私としては本当に目をむくような驚異的な数字となりました。もちろんこれは『皆既日食』だけの数字ではありません。しかしざっと見たところ、約90%くらいは同記事への訪問、アクセスでした。
 また同記事は「雑記」「日常」「身辺雑記」「思い出」カテゴリーに載せましたが、翌日の各カテゴリーの「ディリー部門」はすべて1位でした。特にブロガーが集中しやすい「雑記」でも、その時ばかりはぶっちぎりの1位だったと確信しています。

 その前数日間訪問者数が減少気味でした。それでてこ入れのために、タイムリーな記事として同記事を選んだという理由はあります。そこそこはいくだろうと思ってはいましたが、『小室哲哉』『草なぎ剛』『レッドクリフ』『天地人』『酒井法子』といった芸能がらみではないだけに、そんなに期待はしていませんでした。
 この息苦しい現在の社会システムの中で、ともすれば見失いがちな「本当の自分」というものを、日食という珍しい自然現象を通して確かめたい欲求からなのか。あるいは古代から連綿と続く、日食というものへの畏れと憧れがないまぜになった心情が、現代人の血の中に依然として流れているからなのか。それとも単に、事前に各マスコミがはやし立てたからなのか。とにかく今回の異常な関心の高さには驚きました。

 それに引きかえ、「自然観察文」「季節の報告文」「名句・名詩観賞文」「スピリチュアルな内容の文」などは、アクセスが減少します。これらは私が最も力を入れて、推敲を重ねて公開しているものです。ですからこれらの文こそ、本当は多くの方にじっくりお読みいただきたい記事なのです。
 しかしこれらの「不人気記事」も、後になってから思いがけない検索フレーズでご訪問されお読みいただくケースがままあります。アクセス解析でそのような方を発見しては、『お読みいただきありがとうございます』と思っています。

 ここのところすっかり無頓着になっていますが、当月中に総訪問者数20,000人に達しそうです。また本日で、(推定)アクセス総数が30,000件に達しました。
 なお今後は、3、4記事を公開したら1日は「更新なし」くらいのペースでやっていこうかな、と考えております。折角軌道に乗り始めた当ブログ、長く続けたいですから。そのためにはそう気負うことなくゆったりしたペースで、と考えるきょうこの頃です。どうぞご了承の上、これをお読みの皆様も、気長く当ブログとお付き合いください。

 (大場光太郎・記) 

|

« 夏の名句(2) | トップページ | 帰郷 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。