« 薬物汚染の拡がりを憂う(7) | トップページ | 薬物汚染の拡がりを憂う(9) »

薬物汚染の拡がりを憂う(8)

 今は衆院選挙の真っ最中です。しかしテレビなどは、酒井事件と新型インフルエンザ流行問題が連日報道されています。選挙戦はすっかり霞んでしまっているようです。4年前の郵政選挙時の、あの過熱報道とのさま変わりには驚きます。

 さて酒井事件の陰に隠れてついつい忘れがちですが、同時期に起こった押尾学容疑者(31)の事件も忘れてはいけません。それのみか「薬物問題」の本筋からすれば、こちらの方がはるかに重要だと言えそうです。というのも、酒井事件の方はあくまで夫婦間あるいはつながりのある芸能人の所持、使用というレベルですが、押尾事件の方は「汚染の拡がり」のスケールがまるで違うからです。
 捜査の進展しだいでは、芸能界のみならず政界、IT業界、スポーツ界などを巻き込んだ大スキャンダルに発展する可能性が大なのです。

 なのになぜばったりなのでしょう?あるマスコミ関係者が言ったそうです。「上から出来るだけ“のりピーのネタ”を取り上げるように言われています。押尾の方は難しい問題があるから控えめにというお達しです。何らかの圧力がかかっているようです」
 これはどういうことなのでしょう。実は押尾事件では、大物政治家の名前が取りざたされているのです。問題の六本木ヒルズマンションの一室で、押尾と一緒にいて死亡した女性(30)は一時「政治家の娘」と言われましたが、どうやらその政治家との関連でそのような噂が流れたようなのです。
 それ以外にも、同事件では何人ものIT企業のトップの名前が取りざたされていますし、これらと関係の深い大物政治家もいるようです。実際、問題の一室には政界関係者も出入りしていたという情報もあるくらいです。

 六本木ヒルズレジデンスはセキュリティ万全で、当然防犯カメラも設置されていて、その中に出入りした人たちがいっぱい写っているわけです。中には「どうして?」と思われるような人物も写っているようです。例えば、紅白出場経験のあるグループのメンバー、アスリート、女性歌手のマネージャー、さらには政界ジュニアなど。警察は既にチェックに入っていると言われています。

 ところで、この事件の発端となった問題の「六本木ヒルズレジデンス」の借主の実像が明確になってきました。借主は、通販下着会社「ピーチ・ジョン」の野口美佳社長(44)。同室は野口社長が賃貸契約している1LDKで家賃40万円以上の3部屋の一室で、別名「ミーティングルーム」。親しいタレントや関係者に自由に使わせていたようです。
 野口社長は「ミカジョン」の愛称で知られ、ヒルズ族の中心的存在だとか。人脈は華麗で、堀江貴文、IT社長の野尻佳孝、歌手の浜崎あゆみ、タレントの吉川ひなの、あびる優、梅宮アンナ等々。(ただし同社長を含め以上の人たちは、薬物とは無関係と信じたいです。)

 野口社長は1965年仙台市生まれ。高校卒業とともに上京し、グラフィックデザインを学び、‘94年に女性向け下着通信販売会社ピーチ・ジョンを設立。‘06年にはワコールホールディングスと資本業務提携を結び、‘08年には完全子会社に。野口社長はワコール株を670万株所有している筆頭株主で、同株だけで80億円を超える超資産家なのです。これを彼女一代で築いたわけですから、相当のやり手女性なわけです。
 彼女のモットーは「情熱と快楽」。そのせいか結婚、離婚を繰り返し、バツ2で子供4人の母親。現在5人目の子供を妊娠中ですが、父親の名前は明かしていないそうです。

 その野口社長は、今年6月の自身のブログで押尾容疑者を「押尾先生」と呼び、その顔や肉体美を賞賛していたとのこと。今回亡くなった女性と押尾が知り合ったのは、同社長の知人に連れて行かれた銀座の高級クラブだったようです。
 ただ事件後はさすがに、「押尾を安易に信用したことを反省している」とのコメントを発表しました。

 押尾事件には捜査一課も乗り出しているようです。つい先日警視庁長官が、「芸能界の薬物一掃のため、関係者には再発防止に努めていただきたい」旨の発言をしたばかりです。
 本シリーズなかなか結論に至れませんが、薬物中毒は肉体のみならず「諸体」にも極めて深刻なダメージをもたらします。「今回の人生」だけで済むような生易しいものではないのです。もうこれ以上の薬物汚染の拡がりを防ぐためにも、警視庁は政治的思惑などに左右されることなく、六本木ヒルズ“麻薬窟”レジデンスの怪しい実態解明のため、徹底的に捜査のメスを振るっていただきたいものです。

 (大場光太郎・記)

|

« 薬物汚染の拡がりを憂う(7) | トップページ | 薬物汚染の拡がりを憂う(9) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

野口美佳の逮捕は秒読みといわれてますが・・・。

もしも、野口美佳が逮捕されなかったら警察上層部
が押尾学と同程度のレベルに汚染されて堕している
証拠でしょうね。

現に麻布警察署の動きは初動から揉み消しに躍起
になっているような怪しさで誰が見ても不自然です。

あまりの惨状(地元闇勢力とズブズブ)のため本庁
から監察官が入りテコ入れしてるらしいですが。

野口美佳が逮捕されるまでみんなで警察の動きを
厳しく監視しましょう。

投稿: tokumei | 2009年8月23日 (日) 06時21分

 tokumei様 えっ。野口美佳社長も、薬物やってたんですか。逮捕間近ですか。まさに驚きの新事実です。tokumei様は、私などよりずっと新鮮かつ肝心の情報を得ておられますね。
 野口社長の薬物使用が事実なら。おっしゃるとおり、野口社長が逮捕されるのか、されないのか。もし逮捕などとなると、その衝撃たるや押尾や酒井以上のものになることでしょう。それを突破口に、各界の薬物汚染の実態の解明が一気に進むのかもしれません。
 さあ、警察はどうするのか。本当に「注視」ですね。貴重な情報、大変ありがとうございました。

投稿: 大場光太郎 | 2009年8月23日 (日) 13時42分

お久しぶりです。
二木先生の所へ行こうと。。。探していたら
大場さんのブログが出てきました。
読んでいると面白いので。。。ついつい長居して
しまいました。
覚醒剤の抜き打ち検査。。。と言う案が出ているよう
ですが芸能人だけと限らずどんどんやって欲しいものです。

投稿: sunday | 2009年8月23日 (日) 14時12分

sunday様
 本当にお久しぶり!
 訪ねて下さって、嬉しいです。
 『うた物語』コメントで、sundayさんのお名前を見かけなくなってから、半年くらい経つでしょうか?寂しいです。『うた物語』には、人それぞれに思いがおありのことでしょう。私も昨年末「もうコメントは致しません」と宣言し、実際何ヶ月間もコメントしませんでした。
 しかしやっぱり気になるのですね。2カ月ほど前から、また復帰しました。ただし今度は本名ではなく、「Lemuria」というハンドルネームで。
 『うた物語』へのsundayさんの「名物コメント」、また楽しみにしてます。当ブログにもお気軽にお越しください。ありがとうございました。

投稿: 大場光太郎 | 2009年8月23日 (日) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬物汚染の拡がりを憂う(7) | トップページ | 薬物汚染の拡がりを憂う(9) »