« 薬物汚染の拡がりを憂う(25) | トップページ | 時の話題(1) »

薬物汚染の拡がりを憂う(26)

 酒井法子の初公判は東京地裁425号法廷で、午後1時半から始まりました。法廷の場に現れた酒井被告は、ジャケット、スカート、ストッキング、パンプスと黒づくめの服装。ストッキングの色が濃く左足首のタトゥーは隠していました。これらすべてから判断するに、酒井なりに考え抜いた「法廷闘争用のいでたち」と見えなくもありませんでした。

 9月17日の保釈以来、公の場に姿を表わしたのは39日ぶりのことです。保釈日夜の都内某ホテルにおける涙の謝罪会見後東京医科大学病院に直行、入院し、同病院を今月1日極秘退院してから、酒井法子の姿は杳(よう)として知れませんでした。さすがの芸能追っかけリポーターも捉えきれなかったようです。まるで「第2の失踪事件」といった感じでした。一説にはその間、東京を脱け出し「闇の指南役」富永保雄のルートで千葉県のある所に潜伏しているのでは?というような情報もありました。しかし今法廷には、都内の知人宅から出廷してきたと見られています。

 今回の酒井裁判で特筆すべきは、何といっても各マスコミ特にテレビ局の過熱報道ぶりです。民放各局は、昼のワイドショーから弁護士や芸能ジャーナリストなどをゲストコメンテーターに迎え、午後4時までぶっ通しで酒井関係を報道し続けた局もありました。同法廷では新聞社、テレビ局には2名の傍聴席が割り当てられたようですが、開廷とともに傍聴席の記者からの情報を、外で待機している記者たちが逐次受け取り、4階から1階玄関前まで息せき切って駆けつけ、リポートを繰り返すという方式を取っていました。
 思えばスポンサーのCM料激減などで青息吐息の民放各社にとって、8月上旬の失踪事件以降今日まで、酒井法子は“救いの神”的存在だったのではないでしょうか?酒井関連を報道すれば、毎回必ず高視聴率が取れたわけですから、表では関係者が酒井バッシングを続けながらも、内心では「酒井法子、のりピー様々」だったかもしれません。

 入廷質問、職業の確認での「無職です」、罪状認否における「間違っているところはありません」という受け答えなど。約2時間に及んだ酒井裁判のもようは、テレビなどで繰り返し報道されましたから、おおむねのところは既にご存知のことと思います。
 ここでは何点か気になったことだけ述べてみたいと思います。酒井は今後の自身の方向性として、「介護を学び、それを仕事としていきたい」と述べました。これは意外でした。自身の継母が現在手術後の回復が思わしくなく、100mを歩くこともままならない、そこから当面の必要性に迫られ学んでみようという気になったのか。またサンミュージックの相澤副社長も情状証言の中で、介護の勉強を勧めていることを明かしました。

 また相澤副社長は、「仕事に対するサポートは一切できません」とも述べています。酒井法子の芸能界復帰の芽は100%なくなったということなのでしょうか?しょせん酒井自身が決断することながら、15歳から現在まで華やかなスポットライトを浴びてきた“スター”が、「介護」という日の当たらない地味な堅気の仕事を本当に業務として続けていけるものなのか。あるいは法廷での裁判官の心証を良くし、さらに実際一時的に介護関係に従事し世間から厚生努力の評価を得た段階で、芸能界復帰を考えているものなのか。
 酒井出演のCMキャンセルによってスポンサーから数億円規模の損害賠償を突きつけられているわけだし。一時は酒井が「私が全額賠償します」と言ったとか、サンミュージックと賠償を折半することで話がついたとかありましたが。結局これまでの酒井の貢献度からそれを退職金代わりとして、サンミュージック側が全額賠償するということになったのでしょうか。そうでもなければ、介護の仕事云々はよく分からないところです。(ただし既に、都内4年制私立大学の通信教育コースに願書申請中とのこと。)

 公判前から注目されていたのは、今後夫・高相祐一との関係をどうするのか?ということでした。以前から酒井も高相も「親子3人で暮らしていきたい」と言っていました。しかし医療専門家、薬物事犯専門家、更正施設関係者らが異口同音に「それでは再犯の危険性が極めて高くなり、更正は無理だ」と発言していました。
 それは判決の行方を左右しかねない問題でしたが、法廷で酒井は「夫と…話し合い…私としては…、離婚をして…お互いに更正するには努力が必要だと思います」と「離婚の決意」を初めて明言しました。酒井、高相両証言から、酒井は夫に勧められて覚せい剤に手を染め、また高相を通してしか薬物を入手していなかったとされていますから、入手の元を断ってしまえば、再犯の可能性は低くなるわけです。
 
 しかしこの段で酒井は、声を詰まらせ涙声だったようです。酒井自身、高相には未練があり、苦渋の決断を迫られたということなのではないでしょうか。
 離婚となると、女々しそうな高相祐一がすんなりそれに応じてくれるのか。また2人の間の10歳の子供の親権をどうするのか、ということにもなります。酒井は現在「継母と子供と3人で暮らしたい」との希望を抱いているようですが、高相にとって子供などどうでもよくても、高相の両親が親権を強く主張するよう促した場合どうするのか?円満離婚となってもらいたいとは思いますが、この件では今後一波乱、二波乱ありそうです。

 今回の初公判は、あるスポーツ紙の一面見出しに大きくありましたが、「シナリオ通り法廷女優」「成功 !! いい人作戦 のりピー」、まさにこの通りだったかもしれません。また相澤正久副社長が「情の部分では捨て切れるものではない」とばかりに、社内の反対を押し切って、情状証人として出廷してくれたことで、法廷の雰囲気がだいぶ良くなったようです。一時はろくに連絡もしなかった酒井ですが、相澤親子という大恩人をないがしろにするようなら、今度こそ本当に天罰が下ります。
 逃走劇という前代未聞の事態があったにも関わらず、「1年6ヵ月」の求刑。来月9日の判決では、間違いなく「3年の執行猶予」となるのでしょう。酒井側としては、満額回答の大勝利といったところではないでしょうか?一社会人になるにせよ、いずれ芸能界復帰となるにせよ。これを契機に、真に生まれ変わった酒井法子の姿を見せてもらいたいものです。

 ところで、検察尋問でもあまり深く追求しなかったようですが。酒井の覚せい剤入手ルートは、本当に夫の高相だけからだったの?他に入手ルートがあったんじゃないの?という疑問は残ります。というのも問題の逃走中、酒井は自身の携帯を壊して新宿かどこかで処分してしまっているからです。そこには密売人やらの激ヤバの着信履歴が入っていたのでは?とみられるのです。

 今後闇社会から狙われかねないヤバイことを、酒井は拘留中も一切供述しなかったようです。おそらく富永一族の指南もあったのでしょう。
 しかし酒井は、薬物に関係している芸能人を5人ほど、実名を上げて供述したともみられています。酒井にしてみれば『皆やってんじゃん。何で私だけが…』という思いがあったのかもしれません。そもそも「酒井夫婦も怪しい」とは、あの小向美奈子の供述で出てきて、警察は内々に捜査を進めていたという情報もあります。

 ちなみに酒井が実名を明かした芸能関係者とは。既に真っ黒と言われている沢尻エリカ、高城剛夫婦、大物政治家を父に持つタレントの小泉孝太郎、清純派女優長澤まさみ、有名格闘家の山本“KID”徳郁などでは?と言われ、このうちの何人かについては警察も内偵を進めているという情報もあります。
 それ以外にも、酒井夫婦と仲良しで千葉の海岸で一緒に写真に納まったこともある、工藤静香、木村拓哉夫婦、現代の歌姫の浜崎あゆみ、プッツン女優の広末涼子、魔性女優の奥菜恵など。既に知れ渡っているとは思いますが、芸能界薬物汚染は決して酒井一人を罰したから、「はい、おしまい」というようなものではなく、膿を出し切るのはむしろこれからだと考えた方がいいのかもしれません。押尾学、酒井法子の事件以降、枕を高くして寝ていられない芸能人は数多いものと思われます。

 (大場光太郎・記)

|

« 薬物汚染の拡がりを憂う(25) | トップページ | 時の話題(1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
あまり週刊誌もワイドショ-も見ないのですが。。。此方の記事を読むとにわかに物知りになってしまいます。
自分が年をとってしまったのでそう思うのかと思う向きもありますが。。。
新人類と言われる人達の価値観が非常に変わってしまったので。。。どこへ行っても
「そうやったっけ?」と思う事が多くなりました。

そしてその方々が中心になっているのですから。。。この迷走が止るのはいつかわからない気持ちで居ます。
私達の価値観で考えるとおかしな事ばかりでした。

そしてその私たちの中にも新人類よりの価値観の方が居て。。。混迷を極めています。

酒井さんも押尾さんも。。。人間として基本的に間違っている事が”何か”それに気が
つくのは私達のような年になってからなのでしょうか?
今は多分誰が言う事もよくわからない状態で生きているのかな?そんな気がします。

介護の仕事も。。。なんで突然そんな話が沸いて来たのか不思議ですネェ。
何故。。。介護なんやろ?と言う気持ちですね。

酒井さんのイメ-ジと違い過ぎるので長続きしないだろうと考えたりします。
相澤さんの方からのアドバイスらしいですが。。。短絡的ですよね。
もっと人生を考える方向でも良かったのではないかと思ったりするのですが
週刊誌受けする思考法が身についてしまっているのでしょうか?

当方にお立ちより下さったそうで有難う御座いました。

今のところコメントが入れ辛いと言う苦情は無いのでこりずにコメントを入れてやってください。

また私の無駄話を聞いて下さいね。

投稿: sunday | 2009年10月29日 (木) 16時49分

 sunday様。
 またまたありがとうございます。当ブログ去年4月の開設からしばらくは、「自然観察文」「名詩、名句鑑賞文」のような上品な内容(?)でした。しかしそれでは思うように視聴率ならぬ「ブログ訪問者」が伸びてくれないのです。それで去年11月頃から思い切って方向転換し、芸能、政治、事件ものなどを扱うことにしました。
 その最初が『小室哲哉逮捕』記事でした。それが何と私があっと驚くような訪問者数で。それで以後適宜そのような記事を作っては公開し、今日に到っております。特に押尾、酒井事件が起きてからは、事件の奥を探るべく夕刊紙、スポーツ紙、テレビのワイドショー、週刊誌、さらにはそれまで軽蔑気味だったネットの2チャンネルも積極的に見るようになりました。2チャンネル、もちろんいい加減で下らなくヒドイ内容もあります。しかし中にはピカッと光る貴重な情報もあったりして。最近では頻繁にチェックしています。
 押尾、酒井事件などは、それ自体が今の世の中の「縮図または鏡」のようなところがあります。それを追求することによって、この社会の本質のようなものが見えてこないだろうか?というような意図もあります。それらを適当にブレンドして、なおかつ私なりの視点をまじえながら、「オレにしか書けない内容を」と心がけながら、今後ともそのようなスタンスで、時々に起こった出来事をユニークな切り口でお伝え出来ればと考えています。
 sundayさんのコメント、いつでも喜んでお待ちしております。大変失礼ながら、sundayさんにまさかあのような「ポエムの才能」がおありとは…。ココログ出版から「ポエム集」を出しても良さそうな、優れものだと思います。また近いうち、貴ブログも訪問させていただきますね。

投稿: 大場光太郎 | 2009年10月29日 (木) 21時18分

この記事へのコメントは終了しました。

« 薬物汚染の拡がりを憂う(25) | トップページ | 時の話題(1) »