« かなえの殺人レシピ(8) | トップページ | ヴェルレーヌ『落葉』 »

かなえの殺人レシピ(9)

 (「大出嘉之さん中毒死事件」のつづき)

 大出さんが、練炭による一酸化炭素中毒死体で発見されたレンタカーの中には、大出さんの財布や免許証は残っていたものの、現金やカードなどは見つかりませんでした。さらには「旅行に行ってくる」と家族に言って出たはずなのに、旅行道具やカバンも見つかりませんでした。ドアがロックされていたにも関わらず、レンタカーのキーもなかったのです。
 また練炭を運ぶのに使ったはずの箱などもありませんでした。そもそも木嶋佳苗が供述しているように、「練炭自殺した」のであれば、夜10時頃だというのにそんな遅い時間に、どこから練炭や七輪を入手できたというのでしょう?佳苗が予め計画性をもって車中に持ち込んだとしか考えようがないのです。なお付近には、練炭に火をつけるためのマッチの燃えカスはありましたが、ライター類は見当たりませんでした。

 さらに同乗を認めていながら、レンタカーからは佳苗の指紋も検出されていません。かなりの酩酊状態だった大出さんを乗せて運転したのは佳苗だったと思われますが、ハンドルに佳苗の指紋がないのです。これは予め指紋がつかないように手袋をはめてハンドルを握っていたものと推測されます。8月5日という残暑厳しい折りだったことを考えると、これも前もって計画的にそうしたとしか考えられない、奇妙な行動です。
 その他車内のどこにも佳苗の指紋が残されていないことから、捜査当局(埼玉県警)は佳苗が指紋をふき取る隠ぺい工作をしたものとみています。しかし同乗していたのなら、指紋が残っていて当たり前、なのに残っていない。

 夜の10時頃とはいえ、いつ何どき人が来るとも限らない駐車場。かなり焦っていたのかけっこうちぐはぐな点がありそうです。結婚詐欺では天才的な知能犯の佳苗も、殺人犯としては必ずしもそうでもなかったということでしょうか?
 取調べの段階で、当然そのような矛盾点を警察は厳しく問いただしているはずです。最近取調べの情報がさっぱり洩れてきませんが、これらについても佳苗は「知りません」で通しているというのでしょうか?

 時間を少し戻して、板橋区内の佳苗のマンションを出る際のことです。大出さんはかなりの酩酊状態、その上睡眠薬を飲まされて満足な歩行も困難な状態だったと思われます。しかも男性です。相当の重さがあったはずです。
 対して佳苗は当時100㎏前後の体重があり、それなりの力はあったとしても女性です。果たして、佳苗一人で自室から下の駐車場までスムーズに運んで行けたのでしょうか?
 板橋区は都心から外れた埼玉寄りとはいえ、まがりなりにも都内です。夜9時過ぎとはいえ、人通りもあったはずです。またマンションの住人に不審な物音を聞かれる可能性もあります。
 青梅市の寺田隆夫さんの自宅マンションに、6個もの七輪や練炭を素早く運んだ手際といい、今回の大出さんの件といい、「共犯者」がいてもおかしくないケースです。

 ところで。大出さんは人一倍結婚願望が強かったようです。結婚詐欺師・木嶋佳苗にとっては、またとないかっこうの餌食だったわけです。「学生だから金がかかる。欲しい物がある」などとウソを言って、佳苗から470万円を騙し取られた上命まで奪われてしまったのです。
 既に述べてきましたとおり、予め睡眠薬を用意していたり、直前にネットで練炭を購入していたりと、佳苗に前もって殺意があったことは明らかだと思われます。
 大金をせしめながら、その上何で殺す必要があったのでしょうか?佳苗はターゲットの男性に「“かなえキッチン”を見てくださいね」と勧めていたそうです。あるいは佳苗も逆に、大出さんのブログをチェックしていた可能性があります。あれほど舞い上がっていたからには、「結婚詐欺にあった」と分かった時の大出さんの落胆や怒りはただならぬものでしょう。ブログを通して、不特定多数の人々に佳苗の氏名や罪状をばらされる恐れもあります。
 自供を待たなければ分かりませんが、そういうこともあって佳苗は『殺(や)るしかない』と決めたのでしょうか?

 ともかく大出さんは、事件直前「結婚の喜び」を自身のブログに書き綴っていました。対して『かなえキッチン』はどうだったでしょうか?実は事件前後、大出さんを思わせる記述は一切なかったのです。
 それのみか事件直後佳苗は、「別の男性」と福島県の裏磐梯に旅行に行ったのです。また直後、‘06年8月から借りていた(大出さんをもてなした)板橋区のマンション(家賃13~14万円)から、池袋駅前の14階建マンションに引っ越しています。当然家賃は一気に跳ね上がり219,000円でした。  (以下次回につづく)

 (注記) 「大出さん中毒死事件」につきまして、下記サイトなどを参考にしてまとめました。深く感謝申し上げます。
   http://ee-news.seesaa.net/article/131430539.html

 (大場光太郎・記) 

|

« かなえの殺人レシピ(8) | トップページ | ヴェルレーヌ『落葉』 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かなえの殺人レシピ(8) | トップページ | ヴェルレーヌ『落葉』 »