« かなえの殺人レシピ(2) | トップページ | 速報 ! 市橋容疑者逮捕 !! »

かなえの殺人レシピ(3)

 埼玉県警は殺人での立件を視野に逮捕した

 一部報道によりますと、木嶋佳苗が関与していたとされる複数男性の不審死は、結婚詐欺容疑での逮捕後の取調べの過程で浮上してきたものとされています。しかしこれは事実ではありません。

 埼玉県警が殺人事件としての立件を視野に、木嶋佳苗への本格的な捜査を開始したのは、逮捕前の8月からでした。実際にまず動いたのは、千葉県警の方だったようです。5月15日千葉県野田市の自宅火災で安藤建三さん(80)が焼死。それに佳苗が関わっていることを突き止めたことから、同県警は水面下で捜査を進めていたのです。
 そんな中今度は8月6日埼玉県内の駐車場に停めていた車中で、大出嘉之さん(41)が一酸化炭素中毒による死体となって発見されました。これにも佳苗が関与していることが分かり、所轄の埼玉県警が素早く動いたのです。県警関係者の話では「すぐさま、24時間態勢の(佳苗の)行動確認を始めました。」

 同警察関係者は続けます。
 「木嶋が自宅にいる時も外出している時も、ベッタリと複数の捜査員が張り付いた。行動の確認というと、対象者に悟られないように尾行するのが普通ですが、今回は違った。本人に悟られることなどお構いなしで、対象者の身辺に密着したのです。
 例えば、木嶋が電車に乗ると、捜査員が隣に座る。そして“天気いいですなぁ。きょうはどこに出かけるんですか?”と声をかけることもありました。」

 一見変わった捜査手法を選択した理由は、「対象者の心理動向を探ることが目的」だったのだそうです。関係者は続けて、
 「突然捜査員に張り付かれ、声までかけられた時に対象者がどういった反応をするかを見るのです。ポリグラフ(嘘発見器)にかけているようなもの。埼玉県警は、‘98年に発生した会社社長による保険金殺人事件の際にも同じ捜査手法を取って解決に導いた実績があります。」
 結局埼玉県警が結婚詐欺容疑で木嶋佳苗を逮捕したのは、9月25日のことでした。同県警はそれまで約50日間にも及び、上記のような佳苗の行動確認を続けたのです。その結果同県警は一つの結論を導き出します。
 「これは、完全否認事件になる。“本件”である殺人容疑で取り調べても、自白は得られない」。この同県警の判断は、警察庁にも報告として上げられているといいます。(事実佳苗は、詐欺罪についてはおおむね認めているものの、殺人については否認を続けているようです。)

 捜査関係者いわくー、
 「つまり、行動確認に木嶋は全く動揺しなかった。“相当なタマだ”と感想を漏らした捜査員もいますが、ともかく木嶋の行動は大胆極まりないものだったのです。」
 しかし捜査員を驚かせた佳苗の動向が、逮捕を早めさせる要因にもなったのです。行動確認をしている最中に、佳苗が埼玉県ふじみ野市の30代男性に接触していることが判明。「このままでは彼が第5の被害者になる」と、着手を判断したのです。
 また既に幾つかのテレビ局が取材、「室内の火災報知器すべてが持ち去られていた」などと報道しているように、佳苗は逮捕の6日前からネットで知り合ったばかりの千葉県在住の40代男性のマンションに転がり込み、同棲をスタートさせてもいました。
 9月25日の逮捕日は、そのマンションに捜査員が踏み込み、木嶋佳苗に任意同行を求めたのです。何が起きたのか分からないでおろおろしている同居男性に、佳苗は「大丈夫だから」と涙ながらに言い残したといいます。

 以上は、11月12日号「週刊新潮」の“木嶋佳苗特集”の一部を引用しながらまとめたものです。上記の中に、「このままでは彼が“第5の被害者”になる」という埼玉県警の判断を紹介しました。つまり佳苗が関与していると思われる不審死した男性は、捜査当局は合計「4人」と見ていることになります。
 しかし一部夕刊紙などでは、不審死した男性は「6人」としています。県名は明かされていないものの、後の2名はいずれも「関東在住」としています。それなりの裏づけがあってのことなのでしょう。捜査当局もさらに今後、その2名の不審死について何らかの情報を開示することになるのでしょうか。  (以下次回につづく)

 (注記) 本シリーズ、当初は数回くらいでまとまるだろうと気楽に考えていました。しかしどうもそんなものでは収まりそうになく、10回は軽く越えてしまいそうです。
 現在世間的関心は「鳥取県不審死事件」の上田美由紀の方に移ってしまったようです。現に9日には同事件関連でまた一つ新事実が報道されました。‘08年2月40代の鳥取県警の巡査部長が、謎の死を遂げていたことが判明したというのです。『えっ。警察官まで !?』と言うところです。この死はあくまでも自殺と見られていますが、同警察官は当時美由紀と不倫関係にあり、別れ話が持ち上がった直後の死だったようです。

 写真を見るかぎり美由紀容疑者は、率直に言いますと“キモイ(気持ち悪い)”感じです。実物は「さらにキモイ」という証言もあります。なのになぜ…?
 私が思いますに、上田美由紀にも確かに「詐欺師」的要素は多分にありますが、同時に「粗暴犯」的要素もかなりありそうで。今ひとつ強い関心が持てません。
 そのようなわけで。あくまでも『かなえ殺人レシピ』をメーンとし、美由紀情報は適宜にということにさせていただきます。

 (大場光太郎・記)

|

« かなえの殺人レシピ(2) | トップページ | 速報 ! 市橋容疑者逮捕 !! »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。