« マスコミは押尾事件の“巨大な闇”も報道せよ(2) | トップページ | 小沢一郎とフセインがダブって見えてくる »

妻田薬師逍遥記

  名刹も梢まわりも春隣   (拙句)

 早いものできょうはもう一月も終わりの31日です。日曜日のこの日は、3月中旬または同月下旬頃を思わせるような、暖かい大快晴の一日でした。
 こんな日には外に出て近所を散歩するに限ると、午後2時半過ぎ外出しました。いつもは居住地から東の方向すなわちいつも記しています中津川の方に向かいがちです。しかしきょうは反対の西の方に歩いてみました。
 本当に寒中とは思われないほど、「うららか」と形容してもいいほど暖かい日差しです。日差しがそんな具合ですから、風は無風に近い微風で、周りの布旗などそよとも動かないため風向きをしかとは確かめられないものの、どうやら東風、南風の春風に違いないようです。

 当ブログでは時折りその名前を出したくらいでしたが、居住地付近には「妻田薬師」という名刹(めいさつ)があります。大晦日深夜から元旦未明にかけて、いつもこのお寺の除夜の鐘が響いてきて、ことのほか行く年来る年を実感させられます。
 津久井町や手前の愛川町半原に向かう、神奈川県道から東側地区が普段もっぱら徒歩や車で走り回るエリアです。県道から西側へはめったなことでは足を運びません。私がバスで本厚木駅に向かう時、同県道沿いの最寄のバス停はその名も「妻田薬師バス停」です。いつもバス待ちの間県道の先の同薬師のこんもり繁った樹木のさまを眺めたりしますが、目と鼻の先の薬師まではめったに行くことはないのです。

 春のような暖かい陽気に誘われて、きょうは妻田薬師に行ってみようと思い立ちました。県道を横切ると、通り沿いの右側にドライブスルータイプの妻田マック(マクドナルド厚木妻田店)があります。くるくる回るMのマークも、高く日に輝いています。
 同店沿いの大通りに直行した道を歩くと、県道に平行して走る裏道です。それを横切るともう薬師の境内です。正面ではなく脇側になります。
 寺社の裏手とあって、日も射さないほどの鬱蒼とした樹木に覆われています。古い寺社がそうであるように、ここの樹木もいずれも広葉常緑樹、真冬の今でも艶々した葉を梢いっぱいに繁らせています。そのため昼なお暗いほどで、いかにも古刹といった雰囲気を醸し出しています。

 境内に踏み入りますと、すぐの角地が池になっていて、鯉やら大きな金魚やらが泳いでいます。少し幽玄な趣きで、「古池や…」の芭蕉の句が想い起こされます。
 その脇の石の階段を登ります。石段には赤い色の花の塊りがポツンポツンと落ちています。見上げればなるほど、赤い花をつけた山茶花(さざんか)の木があるではありませんか。
 本堂と下道との落差はせいぜい2、3m。しかし石段はグルッと回り加減に設けられており、存外に奥行きのある小径(こみち)の感じをつくり出しているようです。
 登りきると真っ先に巨木の根元を裏から覗き見るようなあんばいです。

 その大きな根回りや艶々した葉の繁り具合に感心しながら、本堂側のいわゆる巨木の正面にやってきました。神奈川県のマーク入りの立派な金属製の碑が側に建っています。それによりますと、この木は「妻田薬師のクスノキ」という名称で、「神奈川県100木選」に指定されているとのことです。
 根回り11m、樹高22m、推定樹齢500年とのこと。なるほど見れば見るほど、巨大で歴史を感じさせる風格ある大楠です。根元には空洞部があり、土も見えているその中に小さな地蔵立像が安置され、手前には花も供えられていました。
 
 何でも戦国時代、この地域もご多分に漏れず戦乱に巻き込まれたようです。小田原北條氏に攻め入った甲斐の武田信玄の軍勢によって、この地は戦火にのまれ、この木も一部焼けたことがあったようです。しかし広葉常緑樹は火災にめっぽう強く、この樹木種が植えられている所は立派な防火帯の役割を果たすと言います。
 この大楠のほかに何本かの同じクスノキ類が境内に配され、名刹らしい鬱蒼たる雰囲気を醸し出しています。

 本堂である薬師堂の付近に樹木はなく、その正面はうららかな冬日をいっぱい浴びています。同堂は普段は閉められているものの、その内部には大きな厨子、その中に薬師如来坐像、同如来立像、日光・月光菩薩立像、十二神将立像などが安置されているようです。これらはすべて、戦国時代の作品で、いずれも厚木市文化財指定となっています。
 この暖かい陽だまりのようなお堂のたもとの板敷きの所で、老婆と小さな女の子が腰掛けて何やら話しこんでいます。どこか近所の家のお祖母さんとお孫さんなのでしょう。こうして単なる「お話」としてではなく、古刹・名刹の雰囲気を幼児から体感させておくのは決して無意味なことではないはずです。
 
 首都圏の一地方都市として、年々変貌著しい周囲の景観の中で、この妻田薬師などは「聖域」として昔々からほとんど変わらずに今日に到っているわけです。周辺は過去から現在そして未来とどんどん時間が推移していく、つまり変化・変滅していくのに、ここの空間のみは何百年も変わらない。特に意識せずとも、幼い時からこういう「永遠を感じさせる空間」に馴染んでおくことは大変有意義なことのように思われるのです。

 (大場光太郎・記)

|
|

« マスコミは押尾事件の“巨大な闇”も報道せよ(2) | トップページ | 小沢一郎とフセインがダブって見えてくる »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスコミは押尾事件の“巨大な闇”も報道せよ(2) | トップページ | 小沢一郎とフセインがダブって見えてくる »