« 永き日のにはとり | トップページ | 「参院のドン」政界引退 »

小沢幹事長再々聴取

 小沢氏聴取後の会見開かず。4時間半にも及ぶ聴取は何を意味するのか? 

 民主党の小沢幹事長は、その資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部からの再聴取の要請に早々と応じ、15日午後5時頃から3度目となる聴取が行われました。早期応諾の背景には、「起訴相当」と議決した検察審査会に、自らの潔白を積極的にアピールしたいとの思惑もうかがえます。
 小沢氏と元秘書との「共謀が成立する」と判断した議決に対し、小沢氏は改めて自らの主張を述べられる機会ととらえたという見方もあります。

 聴取場所は、東京地検特捜部が入る検察庁舎から、日比谷公園をはさんで真向かいに見える、東京内幸町の帝国ホテル東京。同ホテル周辺には、100人以上の報道陣が集まり、結婚式が複数行われていてドレス姿の客に混じり、スーツ姿の報道陣が地下駐車場やロビーを行き交うなど騒然としていたようです。

 小沢幹事長は、午後2時過ぎ自身を乗せた車で、ホテル裏口から地下駐車場に入りました。以後聴取時間まで弁護人と綿密な打ち合わせを行なったものとみられます。
 当初は3時間くらいとみられていた聴取は、約4時間半にも及びました。異例とも思われる長時間、小沢氏は同ホテルの一室で担当検事とどう向き合ったのか。これまでの2回の聴取同様、小沢氏は検事から黙秘権を告げられた「被疑者」の立場で聴取を受け、供述調書も作成されたもようです。

 密室での聴取であり内容はまったく分からないものの、漏れ伝わるところでは、特捜部は政治資金報告書の虚偽記載への積極的関与などについて説明を求め、小沢氏は改めて関与を全面的に否定したとみられています。
 今回は特に元秘書との供述の食い違いを徹底的に質したともみられます。予定を大きく越える聴取から、とにかく大鶴基成を筆頭とした特捜部の薄気味悪いほどの執念を感じます。

 小沢氏側弁護人は、聴取終了後小沢氏本人が直接説明することも示唆していました。しかしさすがの小沢幹事長も、特捜部の爬虫類的な執拗さにげんなりしたのか、あるいは相当突っ込んだ供述を強いられ怒り心頭なのか、無言のまま走り去り報道陣を慌てさせました。
 結局小沢氏の説明として、「記憶に基づき、率直に事実経過を説明させていただいた」という内容の、A4判用紙に書かれた10行弱のコメントだけでした。

 同事件に関して石川知裕衆院議員ら元秘書3人も、聴取の意向に応ずる意向を示しており、間をおかず順次聴取がなされる見通しです。
 しかし特捜部は2月4日、石川議員らの供述について「具体性に欠け、小沢氏の積極的関与は認められない」と判断し、小沢氏を嫌疑不十分で不起訴にした経緯があります。このため小沢氏ら4人が今回の聴取でも前回と同様の供述を維持した場合、小沢氏の処分は覆らず再び不起訴と判断する可能性があります。

 ある検察幹部は「必要な捜査が終われば、処分時期を延ばすことはない」として、7月27日の期限まで再捜査する気配のないことを示唆しています。既に物証の精査は終了しているといわれ、5月中にも処分が出る公算が大きいとみられています。

 仮に特捜部が再び小沢氏を不起訴とした場合、検審は自動的に再審査に入ることになります。審査するのは、4月に小沢氏を「起訴相当」とした東京第5検審です。
 同検審は、4月に議決を出した審査員11人のうち6人は5月で交代しています。再審査するのは残りの5人の審査員と、新たに加わった6人。新構成の11人のうち、8人以上が「起訴すべき」と判断すれば小沢氏は「強制起訴」となり、地検特捜部を離れ検察官役の弁護士が後を引き継ぐことになります。

 時事通信社の最新世論調査では、鳩山内閣の支持率が19.1%と初めて2割台を切り「危険水域」に突入しました。また比例の投票先も、自民党が民主党を抜いてトップに立ちました。
 ここまでは、検察、大メディアという悪徳旧勢力の「官報複合体」による、年初以来の徹底的な小沢幹事長攻撃、民主党攻撃がまんまと功を奏した格好です。さらにこの先小沢幹事長を「起訴」にまで追い込めれば、悪徳旧勢力が「最終決戦」と位置づける参院選の勝利は確定的です。悪徳旧勢力の思惑どおりになり、諸改革を後退させてしまうのか。はたまた「日本に真の民主主義を根付かせる」ことをライフワークとする小沢一郎が、参院選で指揮を取ることができるのか。
 この国の将来がかかった大一番にさしかかっています。

 (大場光太郎・記)

|

« 永き日のにはとり | トップページ | 「参院のドン」政界引退 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

「官報複合体」の執拗な小沢攻撃に対して、TV・新聞しか観ていない「国民」は拍手喝采でしょうが、ネットを観ている人や小沢幹事長の辻説法を聴いた人達は苦々しく感じていると思います。数年前、厚木市緑ヶ丘商店街にて小沢代表(当時)が辻説法をした際、怖いもの見たさに集まった大聴衆は、話が終わった途端に大拍手し、握手したさに小沢代表の周りに群がりました。そして帰り道で、『テレビと全く違うじゃないか。話は判り易いし、良いヒトじゃないか。会って見なければ分からないナ!』と多くの方々が言っていました。
小沢幹事長は、全国を回って上記の様な感触を得て参院選挙の準備は整ったと判断し、自分自身に降り掛かった火の粉を払い始めたものと感じて居ます。
それにしても、虚偽・妄想報道を繰り返している連中は羞恥心を持ち合わせていないのであろうか、「ジャーナリズム魂」は死語になったのでしょうか?

投稿: KAD | 2010年5月16日 (日) 21時52分

 KAD様。おっしゃるとおりです。「小沢幹事長 = 悪」という図式は、あくまでも官報複合体合作による、執拗な捜査、報道によって作り上げられた虚像です。いやしくも民主主義を標榜する国で、こんなひどい話はありません。がしかし、我々国民が彼らの大衆操作にまんまと引っかかっていることも事実です。
 かねがね申しておりますが、ネットで情報を得ている人たちは、そのような「操作しやすい大衆レベル」を何歩か脱け出した人たちです。この人たちはあまり心配ありません。しかし何せ少数ですから、世論を動かし、検察や大メディアにプレッシャーをかけるほど大きな影響力に至っていないことが残念です。
 4年前の参院選で、民主党首脳による応援演説会が本厚木駅北口広場でありました。夕方でしたが、たまたま通りかかった私は、しばらくの間その場で聞いていました。当時の小沢代表、鳩山幹事長、菅直人、岡田克也、馬渕澄夫ら民主党豪華キャスト勢ぞろいでした。次々に車の屋根に乗って話をしていました。やはりその中でひときわ存在感を放っていたのが、小沢一郎でした。
 小沢幹事長も、鳩山政権も、この大難局を乗り切り、次なる諸改革(その一環として、検察、マスコミ改革)を成し遂げていただきたいと願うばかりです。

投稿: 自遊人 | 2010年5月16日 (日) 22時57分

こんな記事がありました。
わたしは、ちんぷんかんぷんですが、解説していただければ嬉しい限りです。

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-871.html

投稿: 匿名 | 2010年5月21日 (金) 11時25分

 寄せていただいたのは貴重な情報なので、一記事としてこの問題を取り上げて見たいと思います。ご了承願います。

投稿: 自遊人 | 2010年5月21日 (金) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 永き日のにはとり | トップページ | 「参院のドン」政界引退 »