« 「参院のドン」政界引退 | トップページ | ドーなる !?普天間問題 »

白鳥は哀しからずや

                               若山 牧水

  白鳥(しらとり)は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

 …… * …… * …… * …… * …… * …… * …… * ……
《私の鑑賞ノート》

 このような鮮烈な詩歌は、青春のただ中にある者でなければ作れません。
 (調べたところ、やはり牧水二十三歳の作。)

 白鳥はそもそも、わが身を「哀しい存在」とも何とも思っていはしません。人間の喜怒哀楽などまるであずかり知らぬ次元で、飛びたいから飛んでいるだけです。ただそれだけのニュートラルな存在です。しかし、それでは味も素っ気もなく、詩歌にはなりません。

 それゆえ凡人なら、『あヽ白い鳥が飛んでいるなあ』くらいにやり過ごすところでしょう。ところが、牧水は違います。空の青、海の青とは混じり合わずに、孤なる白い飛跡を描く白鳥の姿を、霊感の一閃でとらえ、『哀しからずや』という声なき詠嘆の声を発するわけです。己れ自身の「漂泊の心」を投影して。
 するとただの一羽の白い鳥が、「空の青海のあをにも染まずただよふ」比類なき寂寥感を帯びた存在として、詩的世界の中にくっきりと立ち上がってくるのです。
                       *
 しかし、牧水といえども、近代日本・明治の子。一個の生身の人間です。だから白鳥が「染まずただよふ」のを、ただ見守るのみです。近代的自我は、それ自らでは飛翔できないのです。
 かの悲劇の皇子(みこ)・日本武尊(やまとたるのみこと)のように、自ら白鳥と化して「寂しさのはてなむ国(神話世界)」に飛んではいけないのです。
 だから漂泊なのです。「山のあなたの空とおく」の、かの国を追い求めて。牧水も、山頭火も、放哉も。
 かくいう私自身の中にも、「漂泊の心」はたしかに…。

 (注記)本文は、「二木紘三のうた物語」の『白鳥の歌』に、2008年4月28日投稿した一文を転載したものです。

 (大場光太郎・記)

関連動画
『鮫島有美子 「白鳥の歌」』(YouTube動画)
http://www.youtube.com/watch?v=q4k9V2Gd3qQ

|

« 「参院のドン」政界引退 | トップページ | ドーなる !?普天間問題 »

和歌・短歌観賞」カテゴリの記事

コメント

 本文は末尾注記にもありますとおり、「二木紘三のうた物語」の『白鳥の歌』に、2008年4月28日投稿したのが初出でした。
 今から5年余になりますが、翌4月29日が当ブログ開設でした。それで『うた物語』コメントはこれで最後にするつりでこの一文を出したのです。(実際はしばらくしてまた復帰することになりましたが)そんな当時のことが思い出される懐かしい一文です。
 なお今回、鮫島有美子さんの『白鳥の歌』(YouTube動画)を加えました。

投稿: 時遊人 | 2013年5月30日 (木) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「参院のドン」政界引退 | トップページ | ドーなる !?普天間問題 »