« 名古屋場所開催で良かったのか? | トップページ | 岡田監督、北海道で「自然塾」主宰 !? »

「今までで一番悔しい負けだった」

 -岡田ジャパン、ベスト8進出ならず。でも「約束が違う」と責める気にはなれない-

 6月29日W杯日本対パラグアイ戦が行われました。結果は先刻ご承知のとおり、90分でも、さらに30分の延長戦でも決着つかず、PK戦へ。
 テレビ観戦していたどなたもそうだったかも知れませんが、私は後半途中から『こりゃあ、とても決着つかんぞ。PK戦だ、PK戦だ』と思い始めたのです。そして私の中でイメージが浮かんでいました。もちろん「日本がPK戦に勝った」のイメージです。
 しかしPK戦はかなりの部分、運頼み、神頼み。結果日本は3-5で、惜しくも敗れ去りました。

 敗戦が決まった瞬間、ピッチ上の選手の多くが涙を流していました。試合には勝ちもあれば負けもあります。実際過去何回かのW杯大会で、日本代表が勝った試合負けた試合を幾つも見てきました。
 しかしこの試合ほど、多くの選手が公衆の目をはばかることなく涙するのを見た記憶はありません。そしてかく言う私自身、その姿に不覚にも涙がこぼれて仕方なかったのです。
 タイトルの「今までで一番悔しい負けだった」は、試合後の大久保だったか誰だったが漏らした言葉です。

 ホントに悔しかったんだろうなあ。勝ちたかったんだろうなあ。勝ってその上へ、さらにベスト4に進みたかったんだろうなあ。全世界の視聴者が観ている中で、誰はばかることなく涙が流されるなどは、そう出来るもんじゃない。90分、30分そしてPK戦まで、持てる力を出し尽くしたからだろう。理屈もへったくれも何もない、とにかく勝って次の戦いに進みたかったんだろうなあ。

 日本もパラグアイも「守って攻める」組織力重視のチーム。戦前から互いにやりづらい相手と言われていました。試合は果たしてその予想どおりの展開になっていきました。120分を通してみれば、数少ないながら、互いに決定的な得点チャンスがないわけではありませんでした。しかしそのつど互いの鉄壁のディフェンス力と、日本でいえばGK川島のファインセーブにより、互いが絶好の得点機を逃し合いました。
 海外メディアの中には、「今大会もっとも退屈な試合の一つだった」との酷評もありました。しかしそれは互いの組織力が相拮抗して、華々しく試合が動かなかっただけのこと。真のプロの目から見れば、両チームとも随所に好プレー、光るブレーが見られた好ゲームに違いないのです。

 ただプロならぬ素人の私は、「退屈」ではなく、言いようのない「重苦しさ」は感じました。これが同じくPK戦にまで至っても、2-2とは言わずとも1-1と試合が動いていたのならまた違ったことでしょう。
 とにかく得点の動きがない0-0の試合というものは、まして自国代表の試合だけに余計疲れもしストレスも増幅されました。とはいっても、一観客ですらそうなのですから、ピッチ上で120分フルに戦った選手たちの疲労と消耗ぶりは、それこそ大変なものだったと思います。

 結果として日本代表はまたしても、ベスト8進出の壁に阻まれた形です。今大会岡田ジャパンは、組織的守備力では、どんな強豪国と対戦しても決して引けをとらないことを世界に証明して見せました。
 しかしそれは同時に、日本サッカーの弱点、現時点での限界を浮き彫りにする結果ともなりました。組織的守備力にいかに優れていようとも、サッカーはつまりは点取りゲーム。それだけでは、この先ベスト8以上に進出するのは、難しいのかもしれないということです。

 試合を現地で観戦していた中田英寿は、「前半の早い時間帯で日本は点を取っていてもおかしくなかった」と語っていました。仮にそうであれば、この試合は日本の1-0の90分決着となっていたはずです。
 しかし実際そうならなかったのはなぜなのか?言わずと知れた、ここ一番の日本チームの「決定力不足」です。ベスト8の分厚い壁を突破するには、どうしても国際級のエースストライカーを中心としたチーム全体の「攻撃への強い意識」が日本には不可欠です。

 今回その役割を期待されたのが本田圭祐でした。本来MFである本田は、大会直前岡田監督からFWに急遽指名されたのです。“にわかFW”にも関らず本田は2得点。彼の活躍は(もちろんそれ以外の全員サッカーでですが)1次リーグ突破に大きく貢献しました。
 退任の意思が固いとされる、岡田監督の後を引き継ぐ新監督(多分外国人)は、日本本来の持ち味である組織サッカーに加えて、エースストライカーをどうやって育成してくれるのか。本田圭祐をさらに国際級に育てるのか。それともポルトガルのクリスチィアーノ・ロナウドやスペインのダビド・ビジャ級の選手を、金に糸目をつけずJリーグに引っ張ってきて、日本に帰化してもらうのか。
 4年後の「ベスト4」に向けた、新日本代表の課題はその一点に尽きるものと思われます。

 とにかく。岡田監督以下選手の皆さん。お疲れ様でした。そして夢と勇気をありがとう。胸を張って帰国してきてください。

 (大場光太郎・記)

|

« 名古屋場所開催で良かったのか? | トップページ | 岡田監督、北海道で「自然塾」主宰 !? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。