« 巷に雨の降るごとく | トップページ | 今年の十五夜に思うこと »

「検察は正義」神話の崩壊

 -今回の改ざんは氷山の一角。社会的使命が終わった特捜部は解体すべし !-

 検察による“呆れた犯罪”が明るみに出ました。郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件(郵便不正事件)をめぐり、押収証拠品のフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんしたとして、最高検察庁は21日夜、大阪地検特捜部でこの事件の主任検事を務めた前田恒彦容疑者(43)を、証拠隠滅の容疑で逮捕したのです。

 この事件を21日朝刊で報じた朝日新聞によりますと、FDは昨年5月、厚労省元局長の村木厚子氏(54) = 21日検察上告断念により無罪確定 = の元部下の上村(かみむら)勉被告(41) = 虚偽有印公文書作成・同行使罪で公判中 = の自宅から押収されたものです。これには自称障害者支援団体「凛の会」が同制度の適用を受けるため、上村被告が2004年6月に発行したとされる偽の証明書の作成日データなどが入っていました。

 大阪地検特捜部は、証明書の文書の最終更新日時を「04年6月1日午前1時20分06秒」とする捜査報告書を作成し、FDは押収の約2カ月後の7月16日付で上村被告側に返却され、村木元局長らの公判には証拠提出されませんでした。
 ところが朝日新聞が今夏、上村被告の弁護団の承諾を得てFDの記録を確認したところ、最終更新日時が「04年6月8日午後9時10分56秒」になっており、特捜部が捜査報告書に記した最終更新日時と食い違うことが分かったのです。
 このため同新聞は都内にある大手セキュリティ会社にFDの解析を依頼し、本来は「6月1日」であるべき最終更新日時が「6月8日」に書き換えられていて、改ざんは昨年7月13日午後だったことが判明したのです。

 検察側は、上村被告が村木元局長から証明書の不正発行を指示されたのは6月上旬であり、上村被告が証明書を作成したのはその後という構図を描いて関係者の供述を集めていました。そうだとすると、証明書が6月1日未明に保存されたというFDの記録は都合の悪いものだったことになります。

 最高検察庁-高等検察庁-地方検察庁-各区検察庁と、霞ヶ関を頂点とする検察庁ヒエラルキーは全国に裾野を広げ、総勢2200余名の検察官(国家公務員)がいます。全員が司法試験をパスしたエリート組織です。
 その中でも東京、名古屋、大阪の三地方検察庁に設置されている「特捜部」は、政治家の汚職事件、巨額脱税事件、インサイダー取引等悪質な経済事件などを取り調べる、日本最強の捜査機関で全検察組織中の“花形”と呼ばれています。

 私たち国民は、30余年前の田中角栄元総理の逮捕以来、「検察は正義」「特捜は正義」と信じてゆめ疑うこともありませんでした。しかし今回図らずもこのような形で、検察なかんずく特捜部の「とんでもない犯罪」が明るみに出てしまったのです。
 今回逮捕された前田恒彦主任検事は、「大阪地検特捜部のエース」と呼ばれていたといいます。93年司法試験に合格、2006年~08年には東京地検特捜部にも在籍し、今年1月、2月には小沢一郎民主党元幹事長の資金管理団体をめぐる土地購入の捜査では、応援として呼ばれ大久保隆則元秘書の取調べを担当しています。

 小沢捜査の中心人物だった大鶴基成現東京地検次席検事は、同捜査にあたって「オレの将来がかかっているんだ。だから何が何でも小沢を有罪に持ち込んでやるんだ」と周辺に漏らしていたといいます。今回の前田主任検事も、何やら大鶴次席検事のミニチュア版という気がしてきます。
 彼ら検察幹部の関心事は、世間が注目するような名だたる事件で当事者を有罪に持ち込むことによって、己の出世、栄達を図ることだけなのです。そのためには今回の証拠データ改ざんや、戦時中の特高を彷彿とさせる行き過ぎた取調べ、自白の強要などが当然のように起こり得るのです。その結果何人の冤罪者や自殺者が出ようが、彼らはとんとお構いなしです。大鶴基成は「自殺者が出るのは“筋がいい”証拠だ」とうそぶいていたといいます。

 1993年多数の有罪者を出した「ゼネコン汚職事件」あたりから、本来の「社会正義」を擁護する方向から、検察幹部の栄達第一主義へ堕していく傾向が見られたと、ある司法ジャーナリストは指摘しています。その頃から、検察の「能力」と「モラル」の劣化に歯止めがかからなくなっていったようなのです。その意味で今回の事態は起こるべくして起きた事件といえます。

 今回の事件で法曹関係者は一様に驚きを隠せないでいます。
 元最高検検事の土本武司・筑波大名誉教授(刑法)は、「事件の真相究明を目指す捜査機関が捜査資料に手を加えることは前代未聞で、信じられない思いだ。想定外の事態で、ルール以前の問題だ」と、後輩の所業に呆れ返っています。
 また刑事事件の弁護経験の長い小坂井久弁護士(大阪弁護士会所属)は、「客観証拠の収集過程は完全なブラックボックスであり、そこに不正があると弁護側が見抜くのは非常に困難を伴う」と指摘し、今回の問題に関しては「相互監視の仕組みがないことで、検事の暴走が見逃されたということではないか。個人の問題というよりシステムの問題という印象を持った」と述べています。

 実際この事件について大阪地検内部では、今年2月初旬既に当時の特捜部長、次席検事、検事正らが事態を把握していながら、放置していたといいます。一方では何食わぬ顔で小沢捜査を続けていたのです。検察はつくづく腐った組織です。
 村木元局長の案件のように後を絶たない冤罪事件。小沢元幹事長の政治的抹殺を狙っているとしか思えない、一連の執拗な謀略捜査…。最高検による検証チームの立ち上げなどは手ぬるいのであって、社会的付託に応えられず、信用が地に堕ちた各「地検特捜部」の使命はもう終わったとみるべきです。よって即刻解体すべきです。

 (大場光太郎・記)

|

« 巷に雨の降るごとく | トップページ | 今年の十五夜に思うこと »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

ネットで情報が得られる様になってから、過去の特捜事案に『?』を感じる様になっていましたが、今回、それが実証されてしまいました。
只、今回、妙に気になるのは、自社の記事が基で村木さんが逮捕さたと自慢していた朝日新聞のスクープが切っ掛けで公になったこと、そして朝日新聞が事実を把握してから公にするまで空白期を設けたことです。直ぐに報道していれば、民主党代表戦の結果は? 
続報を期待して居ります

投稿: KAD | 2010年9月22日 (水) 09時03分

 そうですね。植草一秀氏も指摘されていますが、ネット情報によって、マスコミ報道に疑いの目を向ける人たちが確実に増えつつあるのは事実のようです。
 確かに、朝日新聞が改ざんの事実を知ったのは今夏ですから、本当はもっと早く報道できたはずです。「頃合」を見計らっていたのでしょうね。
 先の代表選。某週刊誌によりますと、某テレビ局関係者が投開票日前日の13日既に、態度保留の中間派に対して、「党員・サポーター票では、菅対小沢は220対80で小沢の勝ちはあり得ませんよ」と言う「選挙活動」を展開していたということも漏れ伝わってきています。
 本当に検察も、マスコミも、政治家も…、何もかにもが皆劣化です。しかしどこまでも劣化を続けていて良いわけがありません。突然「真正な日本人」に立ち帰るための、激烈深刻な強制力が働くような気がしてなりません。

投稿: 時遊人 | 2010年9月22日 (水) 13時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« 巷に雨の降るごとく | トップページ | 今年の十五夜に思うこと »