« 「代表選」メディア狂騒曲間奏曲 | トップページ | 村木元局長無罪判決 »

【読者の声】-代表選をめぐって

 前回の『「代表選」メディア狂騒曲間奏曲』に、KDA様より貴重な情報が寄せられました。KDA様は、小沢一郎氏とは都立の名門・小石川高校時代の同級生であり、若い頃からの小沢氏の人間味を誰よりもよくお分かりなわけです。(ちなみに鳩山由紀夫氏は同校の5年後輩にあたり、小沢氏と鳩山氏の絆の強さは、この辺に原点がありそうです。)
 また同氏は、今年早春頃に立ち上げた『小沢一郎議員を支援する会』の発起メンバーのお一人でもあります。
                        *
鈴木宗男氏の件、まさか門前払いとは驚きました。それ以上に驚いたのは、自民党幹部の反応です。自民党橋本内閣時代の事案なのに・・・。官房機密費発言が絡んでいるとしか思えません。
小沢一郎に対する大手マスコミ、特にTBSテレビの扱いは愚劣極まりますネ! 「クロス23」では、限界レベルを超えたので、放送中に抗議のメールを入れましたが、当然ながら、反応無しです。TBSテレビは、『石川議員が水谷建設から裏金を受け取った現場VTR』の捏造報道もお茶を濁したままなのに、先日、小沢事務所が『成りすましツイッター』と公言しているものを小沢ツイッターと報道したり、悪意に満ちています。
先日(9/4)の「小沢一郎議員を支援する会」の第3回決起集会『シンポジウム・「小沢一郎を考える」』にて、コメンテーター・森ゆうこ参議院議員が出演経験を基にTV放送の実態を話されました。文字に出来ないのが残念ですが、凄まじい内幕に唯々驚きました。又、菅総理自らが一年生議員に電話し、その留守電に『小沢氏がポストを要求して来たので断った』と虚偽の伝言を残し、又、ポストの用意も仄めかしているとのことで、平野氏曰く『クリーン、クリーンと言っている政治家にクリーンな者は居ない』が実証されました。
シンポジウムの詳細は後日会報をして公にされますが、コーディネイター・小沢遼子さん、コメンテーター・平野貞夫さんからも、菅派そしてマスコミの実態が明かされ、『仙谷に警戒!』が共通認識でした。
                        *

平野貞夫氏主宰の「日本一新の会」事務局より以下のメルマガが届きましたのでコピーを貼り付けさせて頂きます。

『衝撃!!「菅くんを絶対信じてはダメよ」市民運動家・市川房枝元参議院議員
   の遺言!!知人、友人に教えてください、至急!!』

  菅総理は市民運動で活躍した市川房枝参議院議員をブランティアで応援したこと
  を最大限利用し、踏み台にしてのし上ったことは多くの人が知る。
  ボランティア運動員を指揮した菅直人を信じていたと筆者も思い込んでいた。
  ところが、市川房枝元参議院議員が自分の選挙運動中の菅直人を見て、「この男
  は私を利用してのし上ろうとしてボランティアをしている。己のみ、世話になっ
  た人をも踏みつけにしてなんとも思わない男」と人間性を見抜き、教え子とも言
  える後に参議院議員になる紀平悌子に、「菅くんは絶対に信用してはダメよ」と
  呟くように口にしたのだという。
  読者にも市川房枝氏のファンも多いと思う。私自身も自民党議員の秘書を長く勤
  めたが、市川氏に尊敬の念を持っていた。その市川参議院議員が自分の選挙をボ
  ランティアで応援している菅という若者に心を許していなかったのだ。生みの親
  の田中真紀子衆議院議員を潰そうとした小泉純一郎元総理とそっくりの冷酷な性
  格のようだ。   (以上KAD様記)
                       *

 (付記)9日午後3時から、小沢、菅両候補による最後の立会い演説会が、札幌市中央区の大通公園で行われました。ニュース映像でご覧かと思いますが、同公園がいっぱいになるほどの人だかりでした。何だかんだ言っても、代表選への国民の関心の高さがうかがわれます。
 なおネット版「BNN北海道365」が『小沢一郎が語ったすべて』と題して、小沢氏演説の全容を掲載しています。1日の共同記者会見以来一貫して訴えてきたことの集大成と考えますので、ご紹介しておきます。 (大場記)

|

« 「代表選」メディア狂騒曲間奏曲 | トップページ | 村木元局長無罪判決 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

平野貞夫氏情報を拡散頂き有難うございました。
今日(9/10)の東京新聞デスクメモにも‘この逸話’が引用されています。
小生、小沢一郎の高校クラスメートです。誤解を与え申し訳ございませんでした。
尚、鳩山は5年後輩です。

投稿: KAD | 2010年9月10日 (金) 14時05分

 どう致しまして。
 すみません、私が早とちりしていました。かの名門・都立小石川高校の時のクラスメートでしたか。本文早速訂正させていただきます。また鳩山由紀夫氏は5年後輩とのこと。今まで知りませんでしたが、小沢氏と鳩山氏は同じ高校の同窓生。両氏の絆の強さの原点は、ここにありそうですね。

投稿: 時遊人 | 2010年9月10日 (金) 15時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「代表選」メディア狂騒曲間奏曲 | トップページ | 村木元局長無罪判決 »