« 続々・2012年12月22日 | トップページ | 「美しすぎる女スパイ」のその後 »

『クリスタルの階梯』

 -「アセンション」とは何かを、基本から学びたい人にはお奨めの一書です-

 『クリスタルの階梯』という本のタイトルを思い出しては、読んでみたいと思っていました。これはスピリチュアル関係の本ですが、その関係専門の出版社である「太陽出版」の、設立当初発行された本の一冊です。

 書店でわざわざ取り寄せてもらうのも億劫で、入手は延び延びになっていました。ところが今から1ヵ月余前、たまたま我が家の久しく覗いていない本棚に並べられた本を、ほこりもかぶっていることだし、一冊ずつ取り出して“にわか虫干し”してみたところ、何とその中に『クリスタルの階梯』があったのです。
 少し変色気味の本のカバーを見てみると、本厚木駅ミロード内にあったI集文堂のもの。しかしいつ、どんな次第で買ったものかなど仔細はサッパリ覚えていません。そのくらいですから、本の内容などまったく記憶にないわけです。

 『思わぬトクをしたわい !』とページをパラパラめくってみるに、実はしっかり読んでいたのでした。それが証拠に、本文中の重要な個所に水性の青ペンで、最後のページまで傍線が引いてあるではありませんか。
 この本の奥付を見ますと、「1995年6月27日初版発行」そして同年「8月20日第二刷発行」とあります。わずか2ヵ月弱で第二刷ということは、当時スピリチュアルに関心のある人たちから、大好評で迎えられたことをうかがわせます。
 今から15年前のその頃、私もこれを求めそして一読したものなのでしょう。それにしても読んだことも本そのものの記憶も一切飛んでしまっているというのは、我ながらあきれ果てる話です。

 いずれにしても今回、思わぬ形でこの本を新たに読むつもりで再読してみました。これは「チャネラー」でもあるエリック・クラインが、1990年サナンダ(イエス)から「アセンション」をテーマとしたクラスを、シリーズでチャネリングしてほしいと依頼されて行われたセッションをまとめたものです。(キヨ・ササキ・モンロウ:監訳)
 1990年といえばもう20年も前のこと。この超スピード化の時代、その後アセンションそのものも、次々に新たな情報が加えられてきています。

 その意味でこの本は、同出版が同時期に発行した『アセンション』とともに、もはや類書中の古典的な位置を占めるものかもしません。しかし今回改めて読み直して感じたことは、「アセンションの基本概念」は不変なんだなということです。その意味でこの本は、今読んでも決して古くはなく、大いに新たな気づきが得られます。

 高度なチャネリング情報をもたらしてくれた存在は、サナンダのほかに、アシュター・コマンド、大天使ミカエル、サンジェルマンです。今回はそのうちサナンダによる情報のごく一部を、可能なかぎり以下にご紹介してみます。
 これを読んだだけでもアセンションのおおよその概念は掴めるかもしませんが、さらに興味を覚えられた方は、是非手にとってご自分で精読されることをお奨めします。(気になって調べましたら、現在絶版のようです。ただしアマゾンで古書として少し在庫があるようです。)  (大場光太郎・記)
                       *
 アセンション、すなわち高次元への移行とは、常に三次元世界に住んでいる人間にとっての究極的なゴールであり、また三次元の存在としての最終結果でもあります。現在地球に起っている変革は、宇宙の進化から見れば珍しいことではありません。これは多くの惑星においてすでに起ったことであり、神の創造活動を通して新たに進化する時に起きる、惑星丸ごとの変化なのです。

 そうです、新しい地球が生まれるのです。地球自体が力強く五次元へと変身していくとき、一緒に五次元へ移行することを決めた人々は、新しい誕生を体験するのです。この出来事の重大性を人類の言葉で表現することはとうていできません。一人一人が内在する神性を素直に認め、宇宙から放射されている無限の愛の波動の中で、各々に合った場を自分のものとしてください。

 あなた方は、自己の本来の姿、すなわち高次元に存在する神としての意識体へ戻ってゆく成長の一過程にあることを知る最初の人々です。そして自己本来の姿に戻ることこそがアセンションと言えるのです。

 それでは「アセンション」とはなんでしょう。ひとことで言えば、それは自己の内なる意識が想像もつかないほどの飛躍を体験することです。そして今の三次元から、五次元もしくはより高次元へと飛躍することなのです。三次元の世界では、見るもの、聞くもの、味わうもの、経験するもの、すべてが固体として現われます。すなわち三次元は固体の次元です。そしてこの三次元に、より四次元的な要素である思考、理念、感情などといったものもつけ加えたいと思います。すべてがこの惑星界に存在しているのです。五次元もしくはそれ以上の高次元とはもっと精妙な波動、すなわちより高い周波数の世界なのです。

 アセンションとは、この肉眼で見える光のスペクトルの範囲を突破することです。宇宙の本質はさほど変化するわけではありません。しかしあなた方の意識を拡大させ肉体の波動を高めたことで、三次元では見えなかったさまざまな色が見えるようになり、高次元へと移行することが可能になるのです。

 あなた方が経験するアセンションも、私の場合とほとんど同じ過程をたどるでしょう。あなた方は肉体を捨て去って高次の意識に移行するのではなく、肉体もろとも変容するのです。肉体を構成している原子や分子構造のすべてが変質し、五次元へと飛躍するのです。したがって、もはやあなた方は死ぬ必要がなくなります。これはよい知らせです。人類は今まであまりにも死に慣れすぎてしまって、死ぬことがすっかりあたり前になってしまいました。しかしアセンションを終えると、もう死ぬという経験はなくなるのです。  (以上引用終わり) 

|

« 続々・2012年12月22日 | トップページ | 「美しすぎる女スパイ」のその後 »

読書」カテゴリの記事

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続々・2012年12月22日 | トップページ | 「美しすぎる女スパイ」のその後 »