« 凍てて巌を | トップページ | 無免許総理また脱輪 »

亡国菅内閣は即刻退陣せよ

 -政権交代を成し遂げた国民の意思を悉く踏みにじる菅政権は有害なだけだ-

 菅直人総理の所信表明演説に対する、谷垣禎一自民党総裁の衆院代表質問が26日ありました。菅総理の、ただ言葉が踊っているだけで中身は“スッカラカン”の同演説で、「開国」という言葉を15回も使ったことを踏まえたものか。谷垣総裁は質問の中で、「解散」という言葉を13回使いました。

 「“熟議の国会”だから、野党はつべこべ言わずに与党の案に従うのが筋だ」と言う菅総理の演説の後、「あの人は“挑発の人”だから」と、谷垣氏はいたって冷静に受け止めていました。が、さすがはかつての手馴れた弁護士先生、質問では「マニフェスト破りや、消費税を含む税制改正を行うのであれば、早期に衆院解散を行うべきだ」「与謝野氏が変節したか、政権(つまり菅直人)が変節したかだ」などと問い、“イラ菅”に対して「逆挑発」を仕掛けた格好です。

 さらに谷垣総裁は、消費税を含む税制抜本改革について「考えがぶれる方とは交渉できない」と、菅直人の本質にズバリ切り込んだところ、痛いところを突かれた菅総理は「私の考えは一切ぶれておらず、一貫している」と、声を荒げて反論する“イラ菅”ぶりを発揮しました。
 そして自分から超党派協議を呼びかけておきながら、野党の要求には一切応じない姿勢を見せたのです。そんなことで“熟議の国会”がどうして出来るの?菅直人という御仁は、そういう自己矛盾にはまったく気づかないお方のようです。

 菅直人殺すにゃ、刃物は要らぬ。イラつくことを言えばよい。
 この者は、総理維持のためには、なりふり構わず黒を白と言い、恩人を裏切り仇で返し、取るべき責任は一切取らず、相手が国民だろうが誰だろうが約束など平気で破る…という、とことん性根の腐った最低野郎です。
 こんな者が一国のトップリーダーと言うのでは国際的に恥ずかしいことですし、国民にとっては「最大不幸」の何ものでもありません。

 私はこれまで度々言明してきましたように、自民党や公明党大嫌い人間です。しかし菅総理と谷垣総裁の発言を冷静に聞き比べますと、谷垣氏の方がよほど理に適っています。
 ここは「敵の敵は味方」ということで。自民党、公明党のみならずみんなの党や共産党まで、野党は結束を固めて、「倒閣」「解散」を今国会最大の目的として突き進んでいってもらいたいものです。

 (1月28日付『日刊現代』によりますと)07年参院選での民主党の総得票数は「2400万票」、民主党は60議席を獲得し、参院第一党に躍り出ました。続いて09年衆院選時の同得票数は「3347万票」、国民の熱狂的な支持を得て308議席を獲得し、国民念願の政権交代が成し遂げられたわけです。
 いずれも、小沢一郎元代表の強力なリーダーシップがあったから可能になったのです。「国民生活が第一」のスローガンに、大多数の有権者が夢を託したのです。

 それに続く『日刊ゲンダイ』の論調は、いつもながらに手厳しいものです。以下に引用してみます。
                       *
 ところが、あれから1年半。目を覆いたくなるような民主党政権の堕落テイタラクと変節はなんなんだ。
 政権交代の功労者だった小沢と鳩山は執行部を追われ、小沢にいたっては犯罪者扱いされ、党内で抹殺されようとしている。
 代わりに司令塔として招き入れたのが、ミスター自民党で大増税論者の与謝野馨ときた。狂っている。
 で、首相の菅は、この不況の中で「消費税アップだ」と叫び、農業潰し・失業者増大のТPPに突っ走っている。正気なのか、この首相と民主党はー。 (以上引用終わり)
                       *
 まったくそのとおりです。両選挙とも、私は民主党に全面的に投票しました。私のみならず民主党を応援した国民有権者は、「民主党四人組」(あるいは植草一秀氏の言う「民主党悪徳八人衆」)が牛耳る今の民主党政権には、裏切られた気持ちでいっぱいのことでしょう。
 とにかくこの際結果がどうなってもいいから、一刻も早く衆院を解散して総選挙をやり直してもらいたいものです。そして私は今の民主党の体制のままなら、絶対投票しません。政権交代時民主党を支持した多くの人が同じ気持ちのはずです。

 今度下野したら、民主党に政権はもう二度と戻ってこないことでしょう。

 (大場光太郎・記)

|

« 凍てて巌を | トップページ | 無免許総理また脱輪 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 凍てて巌を | トップページ | 無免許総理また脱輪 »