« 記事数1000越えました | トップページ | 通常「本免許」国会始まる »

青 春

                         サミュエル・ウルマン

 青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。
 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦(きょうだ)を却ける勇猛心、
  安易を振り捨てる冒険心、
 こういう様相を青春というのだ。
 年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
 歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。
 苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ
  恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、
 精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてまう。
 年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
 曰(いわ)く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰(せいしん)
  その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)、
 事に處(しょ)する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
  人生への歓喜と興味。
   人は信念と共に若く
   疑惑と共に老ゆる。
   人は自信と共に若く
   恐怖と共に老ゆる。
   希望ある限り若く
   失望と共に老い朽ちる。
 大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
 そして威力の霊感を受ける限り、
 人の若さは失われない。
 これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽(おお)いつくし、
  皮肉の厚氷(あつごおり)がこれを固くとざすに至れば、
 この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他(ほか)はなくなる。

                         (邦訳: 岡田 義夫)
… * …… * …… * …… * …… * …… * …… * …… * …
《私の所感》
 この詩は、以前取り上げました『成功哲学の詩』と並んで、“自己啓発の詩”として日本でも有名な詩です。

 原作者のサミュエル・ウルマン(1840年~1924年)は、米合衆国の実業家、詩人、教育者です。元々はドイツ生まれでユダヤ系ドイツ人だったため、迫害を避けてアメリカに渡ったのです。
 この詩(原題『YOUTH』)は、80歳の誕生日に自費出版した『80歳の歳月の高見から』に収められています。

 この詩は第二次世界大戦後、アメリカの雑誌『リーダーズ・ダイジェスト』(1945年12月号)に掲載され、連合国総司令官のダグラス・マッカーサー元帥が座右の銘として執務室に掲げていたということです。
 同誌に掲載された詩に深い共感を覚えたのが、岡田義夫氏です。岡田氏はこの原詩を早速格調高い日本語として翻訳しました。

 岡田義夫氏の略歴は不詳ですが、氏の級友(旧制第一高等学校?)に、山形県立米沢工業高等専門学校(現山形大学工学部)学長、山形大学学長を務めた森平三郎氏がいます。
 森氏は戦後間もない頃、岡田氏からこの訳詩を見せられ深く感動し、13年後の1958年群馬県桐生市(同氏の出身地)の東毛毎夕新聞に、『青春とは』の題で随筆を寄稿し、その中でこの訳詩を「親友の岡田義夫氏の名訳である」と紹介したのです。それがきっかけとなって、この邦訳が世に知られることとなりました。

 特に当時経済界をリードする人たちの間で評判となり、松下幸之助も座右の銘としていたといいます。
 なお岡田義夫氏と森平三郎氏のよしみで、米沢市内の山形大学工学部構内には、この訳詩と邦訳に至る謂れを記した《青春の詩碑》が建てられています。(ブログ『米沢より愛をこめて』より)

 青春とは「心の様相」なのであって、「体(年齢)の様相」ではないと謳っていることに注目すべきです。「創造力」「意志」「情熱」「勇猛心」を保持していさえすれば、たとえ「年は七十」であろうと「青春」であり得ることが出来るのだというのです。まさに「思考は現実化する」です。
 「良いことを思えば良いことが現われ、悪いことを思えば悪いことが現われる」。逆に「苦悶」「狐疑」「不安」「恐怖」「失望」を常としているならば、20代、30代であっても「若年寄り」だというわけです。

 この『青春』の詩は、年配者ほど勇気づけられることでしょう。
 かくいう私も“年配者”ですが、「生涯青春」を我が身に具現すべく折りに触れて読み直し、「信念」「自信」「希望」の涵養に努めていきたいと思います。

 なお私などはすっかりなじんでいますが、この邦訳は岡田氏が意訳している部分もあるようです。より原詩に近い現代訳として、『粟倉健二氏訳 青春』があります。

 (大場光太郎・記)

|

« 記事数1000越えました | トップページ | 通常「本免許」国会始まる »

名詩・名訳詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記事数1000越えました | トップページ | 通常「本免許」国会始まる »