« 超巨大地震発生 | トップページ | HAARPに関する情報 »

天の怒りか、HAARP攻撃か

 -いささか不謹慎ですが。米国の目に見えない宣戦布告の可能性について-

 直前の『超巨大地震発生』記事に、「地震兵器」「HAARP」関連の検索フレーズでのアクセスがけっこう多くみられました。
 これは「今回の巨大地震は、本当に自然災害なのか?」と、懐疑的な人たちが少なからずいることの表れだと考えられます。これらの人たちは、テレビの地震情報などを鵜呑みにせず、何歩か引いたところから見て判断しているということです。

 今回は少しこの問題ついて述べてみたいと思います。なお本記事は、「こういうことは大いにありうる」という観点から述べていきますが、後はこれをお読みの方々の自主的なご判断に委ねたいと存じます。

 まず簡単な用語解説から。
 「地震兵器」とは、文字どおり「地震を引き起こす兵器」のことです。この研究は第二次世界大戦中ナチスなどで既に始まっており、それを基に米国と旧ソ連が独自の開発を進めて今日に至っているものです。
 もし地震兵器が実用化されているとしたら、核使用と同等の破壊効果があり、放射能汚染を引き起こさず、しかも自然災害と受け止められ、「使用源」を巧みに隠蔽することができます。幾重にも重宝な兵器なのです。

 「HAARP」(ハープ)は、高周波活性オーロラ調査プログラム(High Frequency Active  Auroral Research Program)の略称で、アメリカで行われている高層大気研究プロジェクトのことです。
 「ハープ」は、アラスカ大学、空軍、海軍、DARPAの共同研究であり、大出力の高周波を電離層に照射して活性化させ、電離層や無線通信への影響を調査することが目的であるとされています。
 これは「テスラ・コイル」で有名な、天才発明家のニコラ・テスラの援用技術との指摘もあります。なお余談ながら。ニコラ・テスラは、1943年1月7日にNYで86歳の生涯を閉じたことになっています。しかしある「地下都市情報」では、テスラは空洞地球に入ったのであり、今でもそこで健在だそうです。

 産軍学複合体合同研究からして、ハープ研究は軍事目的であることが明らかです。その用途は多岐にわたり、中には広範なマインドコントロール兵器としても利用可能です。今回問題なのはハープシステムが、巨大地震発生目的の「地震兵器」として使用出来ることです。

 現に2004年以降、世界各地で起こり続けている巨大地震は、この「ハープ = 地震兵器」によるものではないかと疑われているのです。何年か前甚大な被害をもたらしたスマトラ沖地震も、昨年のハイチ地震も、まだ記憶に新しい今年2月のニュージーランド地震も…。
 これらの地震には、奇妙なことにある共通点があります。震源地の深さが、ほぼ「10キロメートル」であることです。M9.0と途方もなく巨大な今回の東北地方太平洋沖地震も、気象庁は「震源地は三陸沖の東南東130キロ、深さは約10キロ」と発表しました。
 これは単なる偶然でしょうか?というような予備知識を踏まえて、以下をお読みください。

 まずは、国際戦略情報の専門家である原田武夫氏の、地震発生直後のツイッターからです。

原田武夫@本人、です。「地震とは、起きるものではなく、起こすものである。2004年以降、そうなっている。知らないのは日本人だけだ」米側関係者から伝わってきた言葉。要注意。

|

« 超巨大地震発生 | トップページ | HAARPに関する情報 »

3・11、地震、自然災害」カテゴリの記事

コメント

この、活断層に刺激を耐えて地震をトリガーする装置は、意外と簡単につくれそうに私には思えます。
地震の起こるタイミングを操作できるこの装置があれば、天変地異を好きなときにトリガーできる。未来をつくれるわけですから、株、国債、為替などで簡単に儲けることもできる。
学術的背景無しに、この地震兵器をトンデモだと主張する人は、脳足りんか、カンの鈍い人か、情報操作を狙う工作員(スパイ)でしょう。
十分に存在しうるレベルの兵器だと私は思います。
人口爆発問題を解決するのに最適な兵器ですよね。ただ地震の起こるタイミングをトリガーしているだけで、自然災害にはかわりないわけですから。
ミサイルだとばれちゃいますからね。

投稿: Jerry E. Smith 指示者 | 2011年3月16日 (水) 02時20分

 断定は出来ないものの、HAARPをにおわせる兆候の幾つかが示されています。米国、ロシアなどはそれを実用化し得る技術レベルに達しているとみるべきです。
 また本文中でも触れましたが、地震兵器を用いるに足る幾つかの理由も存在するようです。
 「秘密」の「秘」とは旧字では「祕」、つまり「必ず示す」という意味だそうです。当座は隠されている真実も、やがて必ず真相が明らかになるものです。
 それにしても、こういう被害甚大な巨大地震を仕掛ける勢力がこの世に存在するとすれば、本当に恐ろしいことです。まさに「闇の勢力」、血も涙もない「レプティリアン」(爬虫類人)というべきです。冷血人種です。

投稿: 時遊人 | 2011年3月16日 (水) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超巨大地震発生 | トップページ | HAARPに関する情報 »