« 良い子が住んでる良い町は… | トップページ | 天の怒りか、HAARP攻撃か »

超巨大地震発生

 -犠牲になられた方々に深い哀悼の意を表させていただきます。併せまして、激甚な被害に遭われた地方の方々に心よりお見舞い申し上げます。-

 3月11日午後2時46分、三陸沖を震源とする「東北地方太平洋沖地震」が発生し、宮城県北部の栗原市で震度7を観測し、遠く離れた東京23区でも震度5強の揺れを観測するなど、東日本全域に及ぶ広い範囲に激甚な被害を及ぼしました。
 
 震源は男鹿半島の東南東130キロ、深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は8.8と、平成7年1月17日の阪神淡路大震災のM7.3を遥かに上回る規模となりました。午後3時台の余震すら、M7.4という巨大なものでした。
 死者6千人以上を出した阪神淡路大震災は、激甚な被害をもたらした巨大地震としてまだ記憶に新しいものです。しかし今回の東北地方太平洋沖地震は、規模にしてその約178倍といいます。そして「M8.8」は明治以来観測史上最大規模、世界的にみても1900年以降では5番目の規模だそうです。

 地震発生直後から、その被害の状況がテレビでノンストップで報道され続け、徐々にその被害状況が明らかになってきつつあります。12日未明の段階で、既に死者数は数百人超、行方不明者約1千人超と、慄然とする数に上っています。
 人的被害以外にも、家屋の倒壊、火災、土砂崩れ、地盤沈下など物的被害が広範囲で起っていると見られています。福島県では一部ながら、他の東北各県ではほぼ全域で停電中だそうです。
 そのほか水道、ガスといったライフラインのストップも相当数に上るとみられ、春の夜寒の中一夜を過ごさなければならない、被害地の方々には心よりご同情申し上げます。

 さらに地震直後から大津波がちょうど襲いかかっているもようを、テレビ画像は生々しく映し出していました。あっと言う間に押し寄せる海水、流されながら呑み込まれる夥しい車、翻弄される船舶など。
 北海道から千葉県まで、太平洋沿岸に数メートル以上という大津波が押し寄せたといいます。こんなに広い地域に巨大津波が押し寄せたのは、ある専門家によれば「青森県の八戸沖から茨城県沖まで、400~500キロメートル以上にわたって断層が壊れた可能性があるため」ということです。
 
 今回の地震は日本列島付近を走る複数の断層が連動して活動し、揺れた「連動型」だったため揺れの激しさを増した、とも専門家は述べています。
 そういえば、私が居住している神奈川県県央の当市でも、(物的被害もほとんどなかったものの)震度5弱の激しい横揺れが2~3分も続きました。最近言われ出した「長周期振動」というものなのでしょう。そのため震源地から数百キロも離れた東京でも、九段会館の天井が落下し結婚式に臨んでいた何十人もの人が下敷きで怪我をし、亡くなった人もいました。また横浜でも高層ビルの壁面が崩れ落ち、逃げまどう人々の姿が映し出されていました。

 首都圏内の交通機関はほぼ全面ストップ、遠く神奈川県内でも12日未明現在、停電所帯が百万所帯弱にも及ぶのです。
 これ一つとってみても、誰かが言っていた「スマトラ沖地震にも匹敵する、我が国初めての“スーパー広域災害”」の被害の全容は、12日の夜明け以降だと思われます。

 地震発生によって「命拾い」した人物がいます。菅直人総理です。菅総理はこの日、自身にも「外国人献金問題」が発覚し、大変な窮地に追い込まれるところでした。しかしこの大地震発生により、菅総理は一気に「災害対策本部長」、もう献金問題など半日にして吹き飛んでしまいました。
 ご存知のとおり、激甚災害など危機的状況が発生した場合、情報収集力などで、時の政権与党は圧倒的に強いのです。

 菅直人は意外にも「持ってる」のかもしれません。「悪“総理”運」を。この運によって、今後3年間政権を続けられたら、まさに今年は「壊国元年」、つまりは「最大不幸社会」が完璧に実現してしまいます。
 しかし非常時の今は、「菅おろし」などやっている場合ではありません。あの阪神淡路地震の総被害額は数十兆円といわれています。それからすると私の推測では、今回の地震の総被害額は200~500兆円にも上るのではないでしょうか?

 とにかく菅内閣も、与党民主党も、各野党も一致協力して、一刻も早く被害地・被害者の救済にあたり、この未曾有の国家災害を乗り切ってもらいたいものです。
 阪神淡路大震災の時も疑われたけど、まさか“闇の勢力”による「地震兵器」(HAARPシステム)の発動などということはないよね?
 くれぐれも「IMF管理国」にはなりませんように。


 (大場光太郎・記)

|

« 良い子が住んでる良い町は… | トップページ | 天の怒りか、HAARP攻撃か »

3・11、地震、自然災害」カテゴリの記事

コメント

しかも首相が12日朝現地(原発)を訪れ、1時間近く視察したことは現場の作業を遅らせ(爆発・被爆・損失)る一因になったとの指摘もあり、責任を問われかねない。
参考
http://news.livedoor.com/article/detail/5409751/

投稿: s | 2011年3月13日 (日) 10時08分

 確かに福島原発問題一つ取ってみても、政府の対応にはかなり不手際が目立ったようですね。その上今回は多くの都県にまたがる「スーパー広域災害」で、被害は甚大。多くの被災者が待ちわびているわけですから、事は迅速かつ緻密な政府の対応が求められます。
 何だかんだ言っても、自民党には激甚災害時の対応については、危機管理がまるでダメな菅政権より、一日の長があるはずです。この危急時に当たっては、超党派で良い知恵を借りるのも一つの方法なのではないでしょうか?

投稿: 時遊人 | 2011年3月13日 (日) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良い子が住んでる良い町は… | トップページ | 天の怒りか、HAARP攻撃か »