« 前原外相辞任 | トップページ | 「前原切り」を仕掛けたのは? »

池田大作氏死去?

 -池田が患ったのは脳腫瘍という仏罰病。皮肉な「逆・人間革命」ではないか-

 前原外相関連記事で、創価学会名誉会長の池田大作(以下に述べる次第で敬称略)に触れました。その後気になってネット検索で調べてみました。すると意外な事実(?)が分かりました。池田大作(83)は「先月下旬に死亡していた」というのです。

 それらしいことを書いているのは『二階堂ドット・コム』です。タイトルは「いやはや、大ちゃん、天に召されてた。」(3月4日付)。そして「どこの誰か特定してないぞ !」と言いつつ、その中の一文は、
 「いずれにせよ、一時代が終わったな。もちろん本発表はだいぶ先になるし、違う話になる。そして、『先週会いました』みたいな奴も現われるだろうよ。でもいいんだ。誰とは言わないが、ド中枢で認めた奴がいるし、わかるべきものだけがわかればいいと。。。」「これがガセなら逆に驚くわ。」

 私はこれは、池田大作の死亡情報だと確信します。大いに有り得る話だと思うからです。というのも、池田名誉会長は、昨年5月13日に創価学会の大会合に出席して以来、公の場に一度も姿を見せていないからです。そして5月の最後の姿は、「げっそり痩せていた」といいます。
 池田はここ何年か体調不良で、決定的に悪化したのは09年8月30日の衆院選直後だったとみられています。それもそうでしょう。何せ民主党が政権交代を果たした同衆院選で公明党は、太田代表以下、冬柴、北側ら党幹部など軒並み落選。それまでの“公明党不敗神話”が崩れ、池田長年の悲願である「日本乗っ取り計画」が根本から頓挫したのですから。

 長期間姿を見せないことにより、池田大作の健康不安説が創価内外に広がっていたのです。久しぶりに池田消息記事が出たのが今年2月初旬です。『週刊新潮』(2・10号)が伝えました。そのタイトルは、
   「池田大作」は「脳梗塞で車椅子」と講演した「星浩」
 朝日新聞編集委員の星浩は、今や心ある国民主権者にとって「仏敵」の一人です。その星浩が、1月下旬の内調(内閣情報調査室)に招かれ、公明党関連として唐突にタイトルどおりのことを話し、永田町で話題になったのだそうです。

 同週刊誌はさらに踏み込んで、古参学会員が幹部から直接聞いた話を載せています。
 「似た話を昨年12月ごろ聞いたことがあります。ある婦人部の大幹部が“名誉会長の本当の病状は脳腫瘍なの。切開手術をしないで治療しているけど、今は車椅子の生活よ”と話しているのです。しかし、ガンの一種である脳腫瘍は学会の中で“仏罰”と見られており、池田先生がそうだとしたら絶対に公表できません。そんなことから、外には脳梗塞と伝わっているのかも知れません」

 公称数百万創価学会員の頂点に長く君臨し、全国の学会員から絶対視されている「池田センセイ」が、あろうことか脳腫瘍という業病(ごうびょう)?仏罰てき面?
 しかし池田が3代会長に就任した、昭和35年以降のほぼ半世紀の創価の歩みを見てみますと、「さもありなん」という気にさせられるのです。
 平成4年、学会内部で次の参院選に向けて、以下のようなとんでもない内部文書(幹部指導用)が配布されたそうです。

 「日本の中で公明党の占める位置が、誠に重要になってきた。ある意味でいえばキャスチング・ボートを握る立場になり、事実上、(連立を組む)自民党が二百数十議席あろうと、最後に参議院の二十議席の公明党ですべての重要法案が決まってしまう。現実に今、そういう事態が起っている。しかも、そのバックに創価学会がある。日本の運命を決していくのが創価学会・公明党である。創価学会・公明党によってがっちり握られているのが今の日本である。(中略)そう見ると日本を挙げてその焦点は、すべて池田名誉会長のところに集まる時代になってきている。(以下略)」

 曲がりなりにも民主主義国日本にあって、こんな恐ろしいファッショ教団があっていいのでしょうか?このような悪魔的謀略のすべてをコントロールし、指令してきたのが、池田大作なのです。
 池田は若い頃から、「広宣流布」という手段で日本に「創価王国」を築き上げ、自らがその“王”になる大妄想を抱いていたのです。池田学会は「南無妙法蓮華経」のお題目を“商標登録”しようと試みた(特許庁不受理)ように、日蓮も題目もご本尊もすべてそのための手段にすぎないのです。
 
 池田は多面的な構想で、この日本を完全支配しようとしていたのです。そのための最重要政党が公明党です。また尖兵として、裁判官、検察官、弁護士、キャリア警察官、外交官など、各分野に送り込まれたエリート学会員は千人を超えると言われています。

 池田大作の「目的のためなら手段を選ばず」式の謀略体質によって、創価による数々の事件が引き起こされています。今回は主な事件名のみ列記してみます。
 「替え玉投票事件」(昭和43年)、「言論出版妨害事件」(昭和44年)、宮本共産党元委員長宅への「電話盗聴事件」(昭和45年)、学会員による「暴行・吊るし上げ事件」(何度もあり)、ルノワール絵画「巨額脱税疑惑」(平成3年)などなど。
 これはたまたま発覚して表に出ただけで、ほんの氷山の一角だと思われます。

 すっかり日本人に成りすましていますが、池田大作は正式名を「成太作」(ソン・テチャク)という韓国人というのが定説です。両親は全羅南道出身で戦前日本に渡り、東京大田区大森に住み着きました。昭和3年生まれの池田自身、向こうで生まれた一世の可能性もあるようです。
 そこから、創価の北朝鮮系カルト教団、また統一教会とともに米CIAの手駒教団である可能性が高まります。さらに驚くべきことに、「前原誠司 = 池田の隠し子」説まで囁かれているのです。機会があればこれらの一つ一つを、もう少し突っ込んで述べてみたいと思います。

 仮にお亡くなりなら死者に鞭打つ話ですが、成太作さんの“成仏”と、洗脳されている“純粋な”学会員の覚醒を願って、池田個人の悪魔性の一端を。
 池田大作は、若い頃から異常性欲者だったようです。だからこそそのパワーで創価を一代で、総資産10兆円もの超優良企業(?)に育て上げたわけです。宗教指導者だから「性欲は悪」などと言うつもりはありません。しかしそのために、度重なる「婦女暴行」を働いてはいけません。それはレッキとした犯罪です。

 池田大作がまさに、その「強姦魔」だったのです。もちろん多くの学会員は知りません。巨大教団の長であることをいいことに、若い頃から全国の創価施設の池田専用のVIPルームなどに、人妻である婦人部員などを呼び入れて…。学会員の浄財で建てられた神聖な場で、酒池肉林。
 中には崇拝する池田センセイですから、合意の上もあったことでしょう。しかし度を越して、昭和51年複数の女性との関係を『月刊ペン』で取り上げられ、池田側が告訴する事態になっています。司法のすべてに手を回している創価ですから、ペン社が有罪にはなりましたが、そのペン社になぜか池田側は2千万円もの裏工作金を渡しています。

 またその後池田は、脱会した元婦人部数人から、その件で直接告訴されています。その中の一人の信平信子さんの手記の一部が、『池田大作レイプ事件を追う !!』というサイトに掲載されています。
 暴行された時のようすが生々しく再現されているのです。まあこれが本当に宗教指導者のやることか。あまりのおぞましい「鬼畜の所業」にヘドが出そうです。

 このような池田個人と創価学会の巨悪に対して、各マスコミはまったく報道しません。そのため学会員はもとより、多くの国民が創価の実態を知りません。
 なぜなのでしょう?大手新聞社、テレビ局、有名出版社などに、広告料など多額の「創価資金」が流れ込んでいるからです。各マスコミは皆々「創価の毒」にやられているのです。こうして池田学会は、すき放題「日本乗っ取り計画」を進めてこられたのです。(ただしネットでは、多くの告発サイトがあります。)

 いつまでも好き勝手にさせておいてはいけません。もし池田死亡情報が本当なら、創価がまっとうな宗教団体に立ち返るまたとないチャンスです。もし池田のやり方を踏襲し続けるのなら、国民の力を結集してこんな教団は解体に追い込まねばなりません。
 これを契機に私たちは、創価学会に厳しい監視の目を向けていきましょう。

 (注記)本記事は、『池田大作の正体』サイトを参考、引用してまとめました。

 (大場光太郎・記) 

|

« 前原外相辞任 | トップページ | 「前原切り」を仕掛けたのは? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

僕は曹洞宗ですが、8年ほど前に創価会館にむりやりつれていかれて、ビン作(池田大作)の擦り切れたビデオをみました。げっそり痩せてて、「信者が全員反対したらどうしよう」と言っていました。ビデオでしか観れないようなので、その時点でとっくに死んでいる可能性大です。壁には有名人と会っている合成写真がいっぱいありました。有名人が会うわけないので合成でしょう。くれぐれも会館に行かないようにしましょう。

投稿: 裸時 | 2011年6月21日 (火) 19時08分

 裸時様。そうですか、無理やり創価会館に連れていかれましたか。当市にも同会館がありますが、それはそれは広い敷地にご立派なコンクリート建造物です。会員から浄財を巻き上げて、カネの力で諸法律を捻じ曲げて、宗教法人無税なのをいいことに、建てた代物なのでしょう。そんな建物に本物の仏など宿っていないのは明らかです。何の疑問も感ぜずに“参詣”している会員達が可哀想です。
 池田大作が既に死亡しているのは、客観的状況から明らかです。ただ北朝鮮と同様な「創価王国」では、世間一般のように即発表とはなりません。これも確かに異常なことですね。

投稿: 時遊人 | 2011年6月21日 (火) 19時23分

はじめまして.たまたまネットサーフィンをしていたら辿り着きました.

池田大作死去説ですが,どうやら大嘘のようです.
私は日蓮宗ですが,学会員ではありません.ですが,たまたま学会員の友人に連れられ,学会の本部幹部会のビデオを見に行く機会がありました.昨年の映像でしたが,それに池田大作が映っていて,「これより後続の青年に全てを託す云々」という話をしており,友人曰くそれ以来幹部会には出席していないそうです.

しかし,先月31日の聖教新聞にローブを羽織った池田大作の新しい写真が載っていたそうで,更に「新・人間革命」という毎日連載の新聞小説も書いているそうで,残念ながらまだまだお元気みたいです.

今月は創価学会の誕生月らしいので恐ろしい限りです.

長くなりましたが,ネットに出ていない情報だと思うので書かせて頂きました.

投稿: じゅん | 2011年11月11日 (金) 02時41分

じゅん様
 貴重な情報、大変ありがとうございます。
 えっ、池田大作ことソン・テチャク、まだお亡くなりではなかった?はてさて本当に往生際の悪い御仁だこと。
 ただ映像とか写真では、全面的に信用するわけにはいきませんね。幾らでも操作が可能ですからね。その時ご覧になった池田の様子がどうだったのか、述べておられませんが、昨年春既にげっそり痩せた姿が聖教紙上に掲載されました。あれを見ると、『これは余命いくばくもないな』と判断せざるを得ないものでした。
 本当にまだ存命なら、池田は会員たちの動揺を静めるためにも、一度は生身の姿を現すべきだと思いますね。それと自身と層化の罪滅ぼしと国益のため、是非国会の場に引っ張り出して、これまでの池田自身と層化の悪事を満天下にさらけ出してもらいたいものです。
 なお余談ながら。『(新)人間革命』は池田が書いているものではありません。池田にはそんな能力ありはしませんよ。書いているのは「ゴーストライター」です。

投稿: 時遊人 | 2011年11月11日 (金) 03時34分

 近所で成太作(ソンテチャク)の偽者をたくさんみました。たぶん1995年に死んでいるというひともいましたし、死んでは影武者が本物になりすましているのだろうと思います。死にそうになったと隠れて次の影武者を本物のように粉飾してきたと思われます。
 学歴は名前から解るとおり朝鮮尋常小学校中退で日本語が書けないのようです。だからやはりゴーストライターが書いてるのでしょう。毎日に苦情の電話をかけてみるつもりです。

投稿: 裸時 | 2011年11月18日 (金) 02時08分

毎日新聞に電話したところ成太作の小説は載って無いそうです。

投稿: 裸時 | 2011年11月18日 (金) 09時22分

 裸時様。いつもコメントありがとうございます。
 へえ~、池田大作の替え玉大勢いるんですか。もし本当なら、サダム・フセインなどと同じ世界ですね。本物はとうに死んでいても、偽者が成りすまし「本仏は死なない」とばかりに、いつまでも「(偽)池田体制」を続けていくことが可能ですね。
 いずれにしても層化は北の将軍様の国と同じで、外部には甚だ見えにくい「池田独裁王国」です。有名組織の長が生きているのか、死んでいるのか皆目分からないなど、通常ではあり得ませんよ。いやしくも民主主義を掲げる日本に存在してはならない閉ざされた暗い組織です。まして「政教一致」で完全な憲法違反の公明党が、この国の政治を壟断するなど許されることではありませんね。
 

投稿: 時遊人 | 2011年11月18日 (金) 13時12分

残念!まだご健在だそうです!

投稿: じゅん | 2011年12月 2日 (金) 23時10分

じゅん様 また何か確度の高い層化情報を得られたのでしょうか。
 10月あたりから、聖教新聞などがしきりに「池田記事」を流すようになったようですね。それまでの長い消息不明期間、池田センセイはどこでどうお過ごしだったのでしょう。
 私が確認したのは小さな「ご本仏」画像だけですが、以前の健康時とさほど変わらないごようすのようです。すると昨年秋頃のげっそり痩せたお姿は、一体何だったのでしょう。さすがはご本仏、死に至りそうな病魔も、奇跡的に自ら癒されたということなのでしょうか。
 今ひとつ分かりません。こうなったら池田センセイ様には、是非テレビの生中継番組に出られて、ご健在ぶりを日本国民はおろか全世界の民にお示しいただきたいものです。ノーベル平和賞をしつこく狙い続け、何百の世界中の大学から名誉博士号を金の力で買いまくっておられる池田センセイは、全人類の至宝なのです。せめて健在なご尊顔を拝し奉り、「我等が偉大なる池田(成太作)センセイ、マンセー !!」とご祝福申し上げたいものです。

投稿: 時遊人 | 2011年12月 2日 (金) 23時45分

創価学会が全うな宗教団体になれるチャンスはない。
はやく壊滅させよう。

投稿: のり | 2012年7月13日 (金) 16時23分

 のり様 確かにそのとおりですね。真っ当な道に帰れない宗教団体に、池田大作当人がしてしまったのです。2代会長の戸田城聖は、創価の後継者として池田は考えていなかったようです。別な人物を後継者として考えていたのです。しかし戸田死後その人物を蹴落として3代目を襲ったのが池田です。そもそも出発点から不純なのです。

投稿: 時遊人 | 2012年7月13日 (金) 23時34分

しがらみで続けている二世三世で池田大作の死亡を
願っている人はかなりいると思います。
これを機に学会が分裂もしくは衰退してくれるといいのですがね。

投稿: 幽霊二世会員 | 2012年7月29日 (日) 16時36分

幽霊二世会員様
 コメントありがとうございます。
 会員に、「しがらみ」で続けてさせている信仰組織はロクなものではありませんね。池田大作の消息は本当に分かりずらいですが、仮に延命措置によってまだ生存しているにせよ、池田が表に出てくることはもうないのでしょう。
 外部からはうかがい知れない内部では、既に醜い分裂抗争が始まっているのではないでしょうか。良くも悪しくも池田大作というカリスマあっての層化だったのです。今後は求心力を失って急速に衰退していくのは自明だと考えます。

投稿: 時遊人 | 2012年7月30日 (月) 03時55分

文が長くて読み切れません(笑)
凄い文章ですね
他の国もこんな感じですかね?
僕も一応ブラジル人ですけどあんまりブラジルのことが詳しくなくて
他の国はこれをやってるってことが分かりました
池田大作先生の知り合いの中にブラジルのマサオって人がいるなら私のお爺なんですけど知らなかったらすみませんお母さんが知ってるって言ってたんで気になってあのもし知ってたならDollars713@Gmail。comのメールしてください必ず返事しますのであ、だけど僕
一応学生なので休日の時にはメールはいつでもOKです
間違ってるならすみませんでしたね
この文章の事忘れていいですはいそれでは失礼いたしました

投稿: iamamotomasahiro | 2012年10月31日 (水) 12時38分

iamamotomasahiro様
 コメントありがとうございます。ええ、私の文章はいつも長いです。それにこの記事については、少しコメント数も多いので、よけい長く感じられるのかもしれませんね。
 ごめんなさい。お爺さんの「マサオ様」、残念ながら存知あげておりません。それにしてもお爺さん、「世界宗教」トップの池田大作先生とお知り合いとはすごいですね。iamamotomasahiro様ご一家は、ひょっとして創価学会の会員なのでしょうか?ブラジルには学会員も多いのでしょうからね。
 でしたらこの記事、あまり熱心に読まれない方がいいです。本当は創価学会関係の方々にこそ読んでいただきたいとも考えますが、池田先生のことを相当手厳しく批判していますので。

投稿: 時遊人 | 2012年10月31日 (水) 23時55分

池田大作は、間違いなく2013年度に死去しております。
この鬼畜野郎の一家は、とんでもない末路で終わるでしょう。

投稿: 平松幸胤 | 2015年4月26日 (日) 20時44分

学会の暗部・深部をエグる本となれば、溝口敦の『池田大作 「権力者」の構造』(三一書房刊→その後、講談社+α新書)にトドメをさすのではないかと独断?している、“学会とは無縁”のただの通りすがりの者です(同書の内容の転記・引用は長くなるので省略させて頂きます)。
溝口敦は池田を“権力者”“学会のドン”“稀代のカリスマ”と書いてましたが、今や“憲法を超越する”“最高権力者”気取りで内政外交大暴走中(今、宗主国に参勤交代で外遊中)の世襲三代目安倍晋三の、富裕層優遇・庶民無視の悪辣さに比べれば(宗主国米国 (上位法)日米安保条約、日米原子力協定→→植民地日本 (下位法)日本国憲法)、世代こそ全く違うが、池田など“好々爺”みたいなもんです。

投稿: ただの通りすがり | 2015年4月27日 (月) 09時51分

池田大作は虚悪の根元! 私の母は、元草価学会員でした。母が全てを語ってくれました。恐怖感で脳を操り、向上心を巧みに利用し、悪の戦士に仕立て上げてしまいました。 学会員の皆様は、この事実を知らないまま、操られて来ました。 草価の意味を再度、正しく、思い起こして頂きたいと思います。

投稿: ヤマトネコ | 2016年7月18日 (月) 09時38分

 どうもありがとうございます。

 いわゆる「マインドコントロール」というヤツでしょう。宗教組織は多かれ少なかれ信者たちをマインドコントロールしているものですが、創価学会は特にヒドイようですね。創価・公明のこれだけの大悪行が満天下に曝されている今、かなりの会員が「これはおかしいぞ」と気がつき始めています。さらに覚醒者が増えて、内部から大崩壊していってもらいたいものですね。

投稿: 時遊人 | 2016年7月18日 (月) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前原外相辞任 | トップページ | 「前原切り」を仕掛けたのは? »