« 有色人種40億人殺戮キャンペーン?(3) | トップページ | 悪夢の三月を越えて »

ホピ族長老のメッセージ

 -あの9・11直後のメッセージ。ただ「叡智の言葉」は時の試練を経ても不滅だ-

 過日の『ホピ族からのメッセージ』はおかげ様で好評で、連日けっこうアクセスがあります。今回はそれに勢いを得たわけでもありませんが、米国アリゾナ州オレイビ在住の「ホピ族長老」よりのメッセージをご紹介します。
 ただしこれは最近のものでなく、ちょうど10年前の2001年10月に出されたメッセージです。その頃何が起きたか思い出してみましょう。
 そうです、その1ヵ月余前全米と世界中を震撼させたあの「9・11」が起きたのです。このメッセージは内容的に、同事件を踏まえて出されたものと考えられます。
 
 「9・11」からほぼ10年経過して、今度は我が国で恐るべき「3・11」大震災。共に「11」の日付であることに、奇妙な共時性的意味を感ぜずにはおられません。それに「2011.3.11」を数秘術的に加えていきますと、つまりは「9」になりますし。9・11がそうだったように、やはり「3・11」も闇の勢力によるドエライ仕掛けだったのでしょうか。
 何年か前のあるチャネリング情報では、「(闇の勢力は)9・11以上のことをやろうとしている」という警告がありました。今回の大震災が、あるいはそうだったのでしょうか。

 今回の大震災が世界に与えたインパクトは、その後引き起こされた福島原発事故によって、9・11を遥かに凌ぐものとなっているはずです。「雛型の国・日本」発ということがミソです。今後これがどう世界に波及していくことになるのでしょうか。
 ホピ長老のメッセージとは何の関係もないコメントとなりました。メッセージをじっくりお読みください。なお同文は、以下のサイトからの転載です。

 http://homepage2.nifty.com/silverring/maatdrunvalohope1hopi.htm

 (大場光太郎・記)

                       *

マアアトの精霊より「ホピ族長老のメッセージ」
第2年期:2001年10月28日
希望のメッセージ掲載 1/3
実在を脅かすもの無し
実在せざるもの存在せず
ここに神の平安あり
――奇跡の学習コースより――

ホピ族長老は語る
「ひとつになる」それが、私たちがずっと待ち望んでいたことです

あなたは「時は近い」と仲間に伝えてきました
今、仲間のもとへもどり、今が「その時」であると伝えなければなりません
そして、よく考えてみるべきことがあります―――

   あなたはどこに生きていますか
   何をしていますか
   何とつながっていますか
   その関わりはふさわしいものですか
   あなたの水はどこに流れていますか
   あなたの心の園を思いやりなさい
   真実を伝える時です
   あなたと同じように仲間を大切にしなさい
   自分の内側にしか神はないのです

今がよい時かもしれません!

河が今ものすごい勢いで流れています
この河はあまりに大きく、流れが急なので、恐がる人たちもいるでしょう
岸に、必死でしがみつこうとするでしょう
今にも引き離されると思い、とても苦しむでしょう

河には行先があると知りなさい
私たち古老は告げます、岸から手を放しなさい
河の真ん中へ、からだを押し出すのです
みな、頭を水面からもたげ、しっかりと目を見開いたまま
そこでは誰がいっしょか見まわし、
そして、祝いなさい

歴史上のこの時に、何ごとも自分のものとして悩むことはありません
とりわけ、私たちのものとしては・・・
そうしたとたん、私たちの霊的な成長も旅もとまってしまいます

偽りの一匹狼の時は終わりました
みなで集まりなさい、悟りなさい!
言葉も振る舞いも、もがくことから逃れなさい
私たちは、今、すべてを神聖に、祝いながら行なわなければいけません
「ひとつになる」それが、私たちがずっと待ち望んでいたことです

――アリゾナ州オレイビ、ホピ族の長老たちより――

(訳:Luminous.Lumiko)
            ☆★☆

元の英文のページです。
http://www.maatresearch.com/messages/oct28/hopi.htm

|

« 有色人種40億人殺戮キャンペーン?(3) | トップページ | 悪夢の三月を越えて »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有色人種40億人殺戮キャンペーン?(3) | トップページ | 悪夢の三月を越えて »