« 真実の近現代概略史(3) | トップページ | 真実の近現代概略史(4) »

聞かせてよ愛の言葉を

 突然ですが。『聞かせてよ愛の言葉を』(原題『Parlez-moi D‘amour』)というシャンソンの名曲をご存知でしょうか。今回この歌を取り上げる気になったのは何でかといいますとー。
 先々週のいつだったか、深夜たまたまNHK総合テレビを見ていました。その時番組の間に、NHKBSだかの紹介コーナー(NHKお得意の自局CM?)が流されました。

 それは昔の名画(名映画)を放映している番組紹介のようでした。児玉清扮する渋い老賢人が、若い身空のお嬢さんに名画について薀蓄を披露するというようなものでした。その中で流れていたのが『聞かせてよ愛の言葉を』だったのです。
   
Parlez-moi D'amour  パルレ モア ダムール
Redites-moi des choses tendres  ルディット モア デ ショーズ タンドル
Votre beau discours  ヴォートル ボー ディスクー
Mon c?ur n'est pas las de l'entendre  モン クー ネパ ラ ドゥ ランタンドル
Pourvu que toujours  プービュ ク トゥージュー
Vous r?p?tiez ces mots supr?mes : ヴ レペテ セ モ シュプレーム
"Je vous aime"  ジュ ヴ ゼム
 ・・・・・・・・
(日本語訳1番-訳詞:五味比左志)

 聞かせてよ 甘き愛の言葉を
 いつの日も変わらぬ あの言葉
 わが胸にやさしく 囁いて言葉を
   聞かせてよ 愛の言葉を
   囁いてやさしく
   たとえ夢でいい
   恋に傷ついた この胸に熱く
   わたしの魂を やさしく包まん

 リュシェンヌ・ボワイエ(Lucienne Boyer)が歌うこの歌は、児玉清役の老賢人とお嬢さんが対面している、アンティークでシックな部屋の雰囲気にとてもマッチしていました。

 私がこの歌を初めて聴いたのは今から25年ほど前、30代前半頃のことです。それはメロディだけのものでしたが、初めて聴いた時から、甘美でノスタルジックなメロディに強く惹きつけられたのです。
 私はシャンソンといえば、ほかに『枯葉』『ラ・メール』『愛の賛歌』などほんの数えるほどしか知りません。そんな私が言うのは口はばったいですが、『聞かせてよ愛の言葉を』は、私的にはシャンソンを代表する歌として確固たる地位を占めているのです。

 リュシェンヌ・ボワイエがこの歌を歌ったのは、もう80年以上前の1930年のことだそうです。1930年(昭和5年)といえば、その前年ニューヨークのウォール街の株暴落に端を発した大恐慌が世界に拡大していた時代です。
 我が国もモロに影響を受け、米国頼みの生糸などの輸出は減少、株は大暴落し大手企業の倒産が相次ぎ、社会不安に乗じて時の浜口雄幸首相が東京駅で襲撃されるなどテロが横行し、軍部の急速な台頭を許す暗い時代に突入していきました。
 さらにこの頃頻発した冷害・凶作が東北の農村に追い討ちをかけ、いつぞやの『娘ことごとく売られし村』記事のような身売り、欠食児童などが深刻な社会問題となりました。

 先進国を巻き込んだ世界恐慌はフランスも例外ではなく、すべての仏経済指標が恐慌が進行中であることを示していたようです。
 そんな中パリはどんなだったのでしょう。巷には失業者が溢れていたことでしょうが、恐慌などお構いなしに芸術の都・パリには外国の芸術家たちが大勢押しかけ、大車輪の活動を繰り広げていたようです。
 ただ『聞かせてよ愛の言葉を』には、そこはかとないメランコリーとアンニュイが漂っているように感じられます。やはり当時の時代状況が反映されているのでしょうか。
 
 なおこの歌でリュシェンヌ・ボワイエはディスク大賞を授賞、後の世界的大ヒットにつながりました。(作詞、作曲:ジャン・ルノワール)
 また日本では早くも1933年(昭和8年)に佐藤美子が我が国初となるシャンソン・リサイタル『パリ流行歌の夕べ』を開き、その中でこの歌を初演しました。また1935年(昭和10年)にはボワイエの歌でコロンビアから発売されました。

 以下はユーチューブで視聴できる、この歌のお奨めバージョンです。それぞれに違った味わいがあります。

 リュシェンヌ・ボワイエ (1930年)

    http://www.youtube.com/watch?v=rIAQWr34De0&feature=related

 ジュリエット・グレコ (1967年、ベルリンでのライブ版)

         http://www.youtube.com/watch?v=PtXzVFYPkyc&feature=related

 ナナ・ムスクリ (年代不詳)

    http://www.youtube.com/watch?v=BnXKRwezQaw&NR=1&feature=fvwp

 須佐卓郎作成によるMP4曲

         http://www.youtube.com/watch?v=BYTIh-Dt1Ww

 (大場光太郎・記) 

|

« 真実の近現代概略史(3) | トップページ | 真実の近現代概略史(4) »

名曲ー所感・所見」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。