« 「空洞地球」について語る時がきた(3) | トップページ | 新宿上空にUFОの大群 !? »

ルシア自身が語る「ファティマ第3の予言」

 今からおよそ100年近く前の1917年5月13日、ポルトガルの一寒村のファティマに聖母マリアが出現しました。この日の正午過ぎ、羊を連れた3人の牧童が村から2キロほど行ったコバ・ダ・イリアという窪地にさしかかった時、突如空中に鮮烈な閃光がきらめき、柊(ひいらぎ)の木の上に美しい貴婦人が現われたのです。
 後に聖母マリアと特定された貴婦人は、今後毎月同じ13日にこの場所に来るよう3人の子供に告げます。


ルシア、フランシスコ、ヤシンタ-1917年
 
 このようにして、その年の10月13日まで聖母マリアは都合6回示現したと言われています。この噂は同村はもとよりポルトガル中、ヨーロッパ中に広まり、回を追うごとに聖母示現を一目見ようと群集が押しかけるようになります。
 特に最後となった10月13日には、同地に10万人もの群集と報道陣などが集結しました。この日は土砂降りの雨だったものの、突如ピタッと止み分厚い雲の切れ間から「銀色に輝く太陽」が出現し、群衆めがけて3度ほど降下、上昇するなどの大奇跡が起りました。青空となり「本物の太陽」が現われた時には、群集の着物や木々や地面も完全に乾燥していたといいます。

 ルシア、フランシスコ、ヤシンタの3人の子供のうち、特に当時10歳で最年長だったルシア・ドス・サントスに、聖母マリアは人類の未来に関する重要なメッセージを託したとされています。.ルシア自身後に修道女となり、聖母から託されたメッセージを「3つの予言」としてまとめバチカンに預けます。
 そのうち第1は、当時進行中だった第一次世界大戦が間もなく終結すること。第2は、第二次世界大戦の勃発に関すること。この2つは、細部まで予言が的中したと言われています。

 問題は「第3の予言」です。これについてバチカンは、なぜか「1960年まで公表してはいけない」として内容を公表しませんでした。そして直前にこれを読んだ時の法王・パウロ6世はあまりの衝撃的な内容に卒倒し、「これは人の目に絶対触れさせてはいけない」として発表差し止めとしたのです。
 以来第3の予言は秘密文書として、バチカン宮殿の奥深く今に至るも厳重に秘匿されているのです。そのためさまざまな憶測を呼び、「ファティマ第3の秘密」と言われています。

 なお聖母示現のあったファティマには、フランスのルルド同様その後堂々たる大聖堂が建立され、世界中から年間何百万人もが訪れるカトリックの大聖地となっています。
 また修道女となったルシアは、2005年2月13日97歳で昇天しました。

 今回ルシア自身が、その「第3の秘密」を語っています。ミノリスさんがチャネルしたものです。私自身は「なるほどそうだったのか」と思っていますが、後はお読みの方がご判断ください。  (大場光太郎・記)
 出典元 『ミノリス Minoris の URGENT MESSAGE』
        http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010

                       *

長く、秘密にされてきたファティマの第3の予言だが、

その内容とは、「地球が闇の組織の活動により地獄化し、
さらに邪悪な異星人の侵攻にさらされる」というものだった。

その間、人工的な天変地異や細菌兵器、そして戦争によって
人類が多数、亡くなっていくという予言だったのだ。

……………………………………………………………
ルシア・ドス・サントス メッセージ 2011.4.7
……………………………………………………………

第3の予言について教えて頂きたいのですが)

はい。

第3の予言は、あまりにも恐ろしい事なので、
隠されています。

歴代の法王、バチカンの関係者、
そして闇の存在たちは見ていると思います。

それは、
闇の勢力が拡大し、様々な災害や戦争を起こし、
世界中を怯えさせるのです。

彼ら闇の勢力は、宇宙人とも連携を取り、
世界を征服しようと思っているのです。

そのやり方は、金と権力を使い、全てをコントロールします。

インフルエンザの様なウィルスも彼らの仕業です。

そして、その中枢部にいる者は宇宙人です。

ほとんどの人は、彼らに騙されています。
それは、巧妙な手口でわからずに行われているからです。

様々な自然災害に見せかけた地震や、
津波、洪水など天変地異が起きます。

大勢の人々が亡くなるでしょう。

訳のわからない疫病(細菌)によっても大勢の人が亡くなります。

世界は、混沌とした状態に入っていきます。

戦争も起こるでしょう。

しかし、最終的には、闇の勢力は、
人間と宇宙の良い存在によって、滅ぼされる事になるでしょう。

人の意識が高まる事で、「愛」と「団結」の力が生まれ、
宇宙のサポートしてくれる存在と、波長が合ってきます。

そして、長い間、人を脅かしていた闇の勢力は、
滅ぼされるでしょう。

希望はあります。  (転載終わり)

|
|

« 「空洞地球」について語る時がきた(3) | トップページ | 新宿上空にUFОの大群 !? »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい記事を拝読致しました。

聖母マリア様は、今も天から人類の行く末をお見守りになられてるんですよね。

このブログは大変に興味深い記事ばかりです。
とても面白く拝読させて頂いております。

投稿: エリア467 | 2012年11月28日 (水) 00時19分

 どうもありがとうございます。
 ファティマに出現した聖母マリアについては諸説あるようですが、聖母ご自身は昇天した「アセンデットマスター」の一人だと言われています。その子イエスとともに聖母マリアも古来示現例は数多くあります。一説にはこれは、世界のどこかに共に遺骸を残したためだそうです。遺骸を依り代にして、この世に現れることが可能になるようなのです。
 対して、お釈迦様はご自分の遺骸を残していません。日本にも「仏舎利」が伝わっきているほどですから。だからお釈迦様の示現例は古来ほとんどないはずです。これは単に、偉大なマスターたちの役割の違いでしょうね。
 

投稿: 時遊人 | 2012年11月28日 (水) 01時31分

http://inri22001.rakurakuhp.net/

ルシア・ドス・サントス メッセージは、私たちが預言を解読したものとそっくりで驚かされました。
未来からの最終警告の短縮版を読んで見て下さい。

きっとその類似性に驚くと思います。 

投稿: アンリ二世 | 2013年2月12日 (火) 22時27分

 貴サイト訪問し、少し読ませていただきました。
 神・天使も悪魔も、ともに地球を滅亡させ当事者。宇宙ステーションに避難していた彼らは、タイムマシンにより、善と悪とに分かれた「未来人」として破滅前の地球にやってきて、有史以来の人類世界に善悪それぞれ干渉・導きをしてきた。
 こんな要約でよろしいでしょうか。
 聖書預言、仏典、ノストラダムス予言、そしてこの「ファテマ第三の予言」との関連も出てきそうです。何せ「未来人」なら、彼らにとって現歴史はすべて既に起こったことであるわけですからね。
 私には真偽のほどは分かりませんが、お説、興味はあります。

投稿: 時遊人 | 2013年2月13日 (水) 01時57分

第1と2の公開された物に比べると、非公開にするような内容ではないと思いますが、恐らく、生き延びる者の数が相当違うのでしょう。
また、闇の支配の実態を知ると、そうなるのが分かります。
そして、彼らは滅亡するのは、各時代に生まれてきた聖者達の予言通り。ですが、聖者達が失敗したように、駄目な場合はこの世は終わる。
終わると言っても、千年王国は次元がかなり高いので、神様と共に常に在り続けて、そちらに行けるように精進しましょう。

投稿: 河西郁枝 | 2016年6月21日 (火) 19時23分

河西郁枝 様

 コメントありがとうございます。

 確かに、1960年公開予定だった「第3の秘密」を、時のパウロ6世が読んで卒倒し、以後も非公開のままにしては、『えっ、こんな内容?』と思うところはあります。

 しかしこれはミノリスさんによるチャネリング情報ですから、実際この通りの内容かどうかは分かりませんよね。ちなみにミノリスさんは3・11の年、かなり深刻な警告を集中的に発しておられましたが、その後ブログ自体を閉鎖してしまわれました。

 なお、私がファティマ予言の存在を知ったのは今から30年以上前、当時聖母予言研究の第一人者だった鬼塚五十一氏の本によってです。確かそれには、第3の秘密は「神の教会(ローマカトリック教会のことでしょう)にサタンが入る」というフレーズを含むものだ、という記述があったかと記憶しています。

 私など非キリスト者からすれば今いちピンと来ませんが、それは当時の純真なキリスト者からすれば、法王の卒倒に値する大衝撃予言だったのではないでしょうか?

 今のバチカンは案の定、その後フリーメイソン・イルミナティ悪魔勢力によって占領され、至るところサタニズムのオンパレードです。

 別記事でも書きましたが、前ベネディクト16世の異例の中途退位は、バチカン地下施設で幼児虐殺の悪魔儀式を行っていた事実が発覚したためだとも言われています。

 現フランシスコ法王は、聖マラキ予言などで「最後のローマ法王」とされるのだそうですが、法王自身2014年、「私の命は後2、3年しかない」と言っていたそうです。

 不慮の出来事による今年あたりの現法王退位、バチカン消滅、サタンによる新世界統一宗教、偽メシアの登場、ハルマゲドンで人類3分の1に・・・。などという、イエス預言や黙示録預言の成就ということになるのでしょうか?

 非キリスト教徒の私などは、そんな残酷なプロセスを経ての地上天国などいいですから、どうかもっとソフトランディングで穏やかにお願いしますよ。神様&悪魔勢力様、と言いたくなります。(少し不真面目な終わり方になってしまい、ごめんなさい。)

投稿: 時遊人 | 2016年6月22日 (水) 00時24分

ありがとうございます。確かに、そうですね。
神が人間を分ける時は、99%近くこの世を支配している悪人が居なくなるのだよ、と教えられています。仏教の末法の世も似ていますね。
今は、この世を創った神は、この世の終わりの日を延期していると言われています。闇の者が戦争を起こす前に、神は大節を起こすと降りていた時もありました。
そして、この世を変える人達は現れてきています。が、各自の信仰と神の御力によって導かれて、進んでいる感じです。
各自の信仰は必ず神に届いていますので、頑張りましょう!

投稿: 河西郁枝 | 2016年6月22日 (水) 09時23分

河西郁枝様

 たびたびありがとうございます。

 最初にお断りいたしますが、貴コメント、昼に拝見しました。しかし私が返信したいコメントはその直前の公開とさせていただいています。本日多忙のためその時は返信できず公開も遅れてしまいました。お詫び申し上げます。

 終末思想はキリスト教、仏教を問わずありますね。ノストラダムス「1999年7の月」も、マヤ暦の「2012年12月22日」もそうだったのかもしれません。またわが国近代の「大本」系の新宗教でも「世の大峠」などと新旧の世の切り換えを説いていました。

 確かに今の時代の様相を見るに、終末的な末法極まれる世になっている感を深くします。

 私のような不信心者には詳しくは分かりませんが、要はこのような困難な時代をどう生きるか?ということだと思います。

 この邪悪な社会の様相に埋没し吞み込まれるのか、それとも自分自身の心を軽く精妙にしてこのような時代を軽々と喜びをもって生きていけるのか。

 決めるのは「自分自身の人生の創造主」である、一人ひとりなのでしょうね。

投稿: 時遊人 | 2016年6月22日 (水) 19時29分

ありがとうございます。
公開して良い1960年代に私達が生まれてきています。(お知らせした人物も含みます)
[私の前世は、勤めの手を覚えたら、この世に戻すと言われた人物だと思います(天理教)]
今は、神の裁きの日の前に、多くの人が亡くなる理由を、神様が教えてくれている気がします。
神は、その時がきたら、『勤めにかかれ』と言われています。
色々知ると、平凡な1日が、貴重な1日に…

投稿: 河西郁枝 | 2016年6月26日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「空洞地球」について語る時がきた(3) | トップページ | 新宿上空にUFОの大群 !? »