« 「空洞地球」について語る時がきた(5) | トップページ | 福島第一原発3号機の惨状写真 »

春の鳥な鳴きそ鳴きそ

                                  北原 白秋

  春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外(と)の面(も)の草に日の入る夕べ

…… * …… * …… * …… * …… * …… * …… * …… * ……
《私の鑑賞ノート》
 北原白秋(きたはら・はくしゅう) 略歴は『出臍の小児笛を吹く』を参照のこと。

54317

 若き日の北原白秋の詩歌(しいか)には、今読んでもハッとするような斬新な作品がけっこうあります。近代日本文学において、幻想文学の先駆者であった泉鏡花が「言霊(ことだま)使い」なら、詩人の北原白秋は「言葉の魔術師」と評されました。
 この短歌は、白秋の類い稀な才能がいかんなく発揮された作品と言えます。

 「春の鳥な鳴きそ鳴きそ」
 意味としては「春の鳥よ。そんなに鳴かないでおくれ」ということです。その裏には、「それ以上鳴かれると、私の心まで哀しくなってしまうから」という含意があるわけです。
 それにしても「な鳴きそ鳴きそ」とは何という表現なのでしょう。古雅でありながら、逆にかえって瑞々(みずみず)しい表現として印象されてきます。

 「あかあかと外の面の草に(当っている)日の入る夕べ」
 小鳥のなおも鳴き止まない声を聴きつつ。ちょうどその頃、白秋が佇んで眺めている草原(くさはら)を赤々と返照させている夕日が、今しも西の方の小高い丘か小山かに沈もうとしています。
 北原白秋という鋭敏な詩人の心は、その情景に言い知れぬ「哀しさ」を感受したのです。そうであるがゆえの「春の鳥な鳴きそ鳴きそ」です。したがってこの場合の春の鳥の「もの哀しい」鳴き声は、白秋自身の心の投影に他なりません。

 「短さ」を生命線とする詩歌にあって、言葉は決定的に重要です。優れた詩人、歌人、俳人であればあるほどそのことが骨身に沁みて分かっていて、一つ一つの言葉に命を吹き込むようにして、詩や短歌や俳句を作ってきたのです。
 そのようにして刻み込まれた「詩的言語」は、もはや単なる言葉にとどまらず、幾重にも重層的な意味を帯び、その短い作品に奥深さと広がりを与えます。

 北原白秋のこの短歌などはまさにその好例のようです。
 普段見慣れたある春の夕暮れの景色が、いっぺんにその様相を変じて、常ならぬイメージをまとった北原白秋的物語世界が現出されてくるのです。

 (大場光太郎・記)

|

« 「空洞地球」について語る時がきた(5) | トップページ | 福島第一原発3号機の惨状写真 »

和歌・短歌観賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「空洞地球」について語る時がきた(5) | トップページ | 福島第一原発3号機の惨状写真 »