« 刑事告発首相の「脱原発」を信用していいのだろうか? | トップページ | なでしこが“居座り菅”に引導 !? »

大偉業。なでしこ世界一 !!

なでしこ世界一=PK戦、米国倒し偉業-沢MVP、得点王・サッカー女子W杯

 【フランクフルト時事】サッカーの第6回女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝が行われ、日本代表「なでしこジャパン」が世界ランキング1位の米国を2-2からのPK戦で3-1で破り、初優勝した。五輪3度、W杯6度目の出場で念願の世界一。日本のスポーツ史を塗り替える偉業を遂げた。
 日本は後半24分に先制されたが、同36分に宮間あや(岡山湯郷)が同点ゴール。延長前半14分にワンバックのゴールで勝ち越された後も、同後半12分、沢穂希(INAC)が決めて再び追い付き、PK戦に持ち込んだ。過去21敗3分けの米国戦に初勝利か。
 沢は今大会5点目で、得点王を獲得。大会最優秀選手(MVP)に選ばれた。
 世界ランキング4位の日本は今大会、1次リーグを2勝1敗で通過すると、準々決勝で3連覇を狙ったドイツを倒し、準決勝でスウェーデンに逆転勝ち。初の決勝進出で一気に頂点に立った。米国は3大会ぶり3度目の優勝を逃した。
 日本女子はW杯で1995年大会のベスト8、五輪は2008年北京大会の4位が過去最高。昨年のU-17(17歳以下)W杯では準優勝している。 (2011/07/18-06:52)

『共同通信』記事

                        *

 なでしこジャパン、遂にやりました !
 『共同通信』記事のタイトルではないけれど、最強の相手米国を倒しての世界一、本当に「大偉業」です。
 それまで20数試合戦って、長い間1勝もできなかった相手なのです。それをW杯決勝という最高の晴れ舞台で倒してみせるとは。ミラクル ! アンビリーバブル ! の領域です。
 それも前半、後半をフルに戦ってドロー、延長戦でも取られれば取り返す死闘。その末のPK戦決着ですから、これ以上ないしびれる試合でした。

 とにかく今回のなでしこジャパンは、当初から何か「持ってる」予感をさせられました。人智、人力を超えた大きな力…。
 後押ししてくれたのは、震災被災地、福島原発事故被災地の方々の、見えざる、声なき声だったのかも知れず。またはこのまま打ちひしがれることなく、新たな「日本再生」に向かって進んでいこうという、すべての国民の総意だったのかも知れず。
 私はとうとう最後まで試合を観ることができなかったので、何とも言えませんが。決勝戦に至る一つ一つの試合、一つ一つのプレーに、奇跡的、神がかり的な要素が見られたのではないでしょうか。

 女子W杯史上、日本スポーツ史上に長く刻まれる、記念碑的大偉業です。大会MVPを獲得した澤穂希選手をはじめ、すべてのなでしこ選手の皆さんの健闘と栄誉を讃えたいと思います。「なでしこジャパン」に国民栄誉賞を !

 さあ次は、男子「ザックジャパン」の番です。もうこうなったら、次のブラジル大会では、やっぱり頂点を目指すしかないでしょう。

 おめでとう。ありがとう。なでしこジャパン !!

 (大場光太郎・記)

|

« 刑事告発首相の「脱原発」を信用していいのだろうか? | トップページ | なでしこが“居座り菅”に引導 !? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。