« 「黄桜かっぱ家族」あれこれ | トップページ | 10月訪中?延命菅、遂に外交までダシに »

えっ。311は「第3次世界大戦」の始まり !?

 『有色人種40億人殺戮キャンペーン(1)』以来久しぶりで、ベンジャミン・フルフォード氏発信(都内での講演会)情報をお伝えします。毎度お騒がせな古歩道(フルフォード)情報ですが、これはひとえに同氏が帰化している日本への愛、人類への愛のしからしむるところと理解すべきです。
 同氏は確か以前、3・11大震災や福島原発事故は、闇の勢力による「世界人口削減計画」第一弾としての仕掛けであると述べていたと記憶しています。いずれにせよドエライ事を仕掛けられた私たち日本国民は、真実から目を逸らさず、この問題と真剣に向き合うことが求められています。
 本記事は、最近阿修羅掲示板に掲載されたものを、フルフォード氏講演会を聴かれた人の元のサイトに当り直して転載するものです。適宜段替え、行詰めなどをしていますこと、ご了承ください。

 阿修羅掲示板 『最新情勢の見方。「静かなる第3次世界大戦」の真っ最中 !』
 http://www.asyura2.com/11/senkyo115/msg/861.html
 『精神世界の鉄人』 
 http://www.tomaatlas.com/lib380.htm
                       *

 まず、今までも何回も、書いてきたように、現在の最先端の国際政治、国際経済は、主に、アメリカやイスラエルなどに、巣くっている「闇の権力」とか「闇の支配」と呼ばれている、ユダヤ系金融財閥などが、深く、関わっている出来事が、多いとのことでした。

 彼らは、私有の銀行を持ち、通貨発行権を、持っていて、今までに、ドル札などを、いくらでも、無限に、印刷できることから、さんざん、やりたいほうだいの悪事を、重ねてきたようですが、数年前に、世界中の心ある超大富豪たちが、「もう、うんざりだ。彼らの印刷するドル札は、もう、受け取りたくない。これ以上、ドル札で、取引するのは、やめる」と、言い出したことから、混乱が、始まったのだそうです。
 つまり、どんなに、大量に、札束を、刷っても、誰も、受け取って、くれなくなれば、その紙幣は、ただの「紙切れ」に、なってしまうということです。

 「もう、バーチャルなお金は、お金と、みなさない。きちんとした、物やサービス、そして、エネルギーやゴールドなどで、支払いを、提供してもらいたい」と、世界中の金持ちたちが、言い始めたのだそうです。
 「リーマンショック」という大事件の本質は、このあたりから、考えたほうが、いいという話でした。

 それで、闇の権力者たちは、通貨発行権という大特権を、持っているにも、関わらず、金に、困って、借金だらけになり、やけになって、やったのが、3月11日の日本での「人工地震&人工津波」、そして、「福島第一原発の爆破」なのだそうです。
 以前にも、書いたのですが、ベンジャミンさんからの情報では、この超大規模な人工地震は、以前に、ロシアの潜水艦から、盗まれた原爆を、利用したものらしいです。4発盗まれて、それを、使用したらしいです。

 最初は、沖縄のどこかの離島に、しばらく、隠してしたようです。それから、漁船に乗せて、九州を経由して、神奈川県に、運び込まれ、それから、朝鮮総連の建物から、船に乗せて、宮城県沖に、運ばれ、1月17日に、震源地の海底に、埋めれられたようです。
 この埋めたことは、新聞にも、記事として、ちゃんと、掲載されているので、ガセネタなどでは、ないようです。

 それから、3月11日に、爆破させて、大津波を、起こしたようです。
 その後も、原発を、爆破したりして、日本から、天文学的なお金を、脅しとったそうです。

 先月あたりにも、イスラエルにいる闇の権力の手先が、「もっと、お金を、よこさないと、福島第一原発以外の原発も、また、爆破するぞ!」と、日本を、脅したそうですが、その時は、このあまりの横暴を、見かねた、ロシアとアメリカのペンタゴンが、「日本に、そんなことを、もし、やったら、こちらからも、報復の核攻撃を、やるぞ!」と、脅し返してくれて、日本を、助けてくれたのだそうです。
 世界情勢、凄いことに、なっていますねー!

 ベンジャミンさんの話で、とても、印象に残った話は、世界は、今、「第三次世界大戦」の状態に、入っているのですが、どちらかというと、大規模な核戦争や空爆、地上戦などではなくて、いわゆる、「サレントウォー」と呼ばれる、「静かな戦争」なのだそうです。
 金融や情報などの意図的な混乱、ウイルスなどの生物兵器、人工地震や気象兵器などを使った攻撃など、水面下で、行われている工作が、多いようです。

 よく、日本では、「この災害時にも、関わらず、政府は、情報を、隠蔽している」と言って、怒る人がいますが、この怒りは、根本的に、間違っています。311以降の地震や津波、原発などが、「災害」と「事故」だと、思い、「災害時」だと、思っているから、そういう発想になるのです。
 そうではなく、311は、第三次世界大戦の始まりであり、日本への「攻撃」や「テロ」であり、現在は、「戦時下」であるという認識に、発想を、切り替えたほうが、いいみたいです。
 「戦時下」では、国家と言うのは、情報のコントロールを、しなくては、いけなくなるのです。

 政府の中にも、いろいろな人間がいます。
 ベンジャミンさんが、言っていたのは、「311の地震が、人工地震だということは、現在では、もう、永田町の政治家たちのほとんどが、知っています。すでに、常識になっています」とのことでした。
 さらに、「ただ、表立って、事を荒立てることは、できません。どうしてかというと、表立てると、本当に、戦争に、なってしまうからです。闇の権力者たちは、今、破れかぶれになっていて、戦争を、やりたくて、しかたがないのです。だから、彼らの挑発に、決して、のっては、いけません」と、強調していました。
 怒ったら、負けだというのです。

 では、日本の政府は、どういう対策を、とっているのかというと、いきなり、お金の支払いを、停止すると、彼らが、逆上して、何をするのか、わからないので、少しづつ、支払い金額を、少なくしていき、彼らの支配している銀行や企業が、自然に、倒産してくという方法を、選んでいるのだそうです。
 本当に、「静かな戦争」ですね…

 このように、現在、世界中のあらゆるところで、「静かな戦争」が、勃発しています。
 20世紀の戦争は、弾丸やミサイルが、飛び交い、国家対国家の戦争という単純な戦争だったのですが、現在、行われている、21世紀の戦争は、とても複雑な「静かな戦争」みたいです。
 日本の政府の中でも、おそらく、311の人工地震や原発の爆破に、関わった、闇の権力の手先も、たくさんいると、思います。彼らは、自分たちの悪事が、バレないように、嘘を、つきます。

 一方で、本当に、国民のことを、思い、平和を、願っている人たちも、たくさんいます。彼らも、国民が、怒って、闇の権力に向かって、攻撃を起こすことを、阻止するために、嘘を、つきます。
 さらに、国民に、不安を、与えないようにするための嘘も、あるでしょう。このように、政府の嘘にも、いろいろな理由の嘘が、存在しているみたいです。

 おそらく、政府の中では、悪事が、バレないように、ビクビクして、様々な工作を、やっている人たち。どうしていいのか、わからず、オロオロして、パニックに、なっている人たち。本当に、世の中を、よくしたいと思って、がんばって、動いている人たち。
 こういう3つのグループが、存在しているしていると、思われます。

 ベンジャミンさんは、「先月くらいに、世界中の心ある人たちが、闇の権力の印刷する紙幣の印刷機を、いろいろな手段を使って、停止しました。だから、彼らは、もう、新しいお金も、造りだせない状態です。もう、彼らは、虫の息です。失脚は、目前です」とも、言っていました。

 そして、「彼らは、今年の8月くらいまで、身動きが、とれない状態です、だから、現在は、静かな戦争は、休戦状態に、入っています。8月あたりに、決着が、つくと思いますが、おそらく、いい方向に、向かうと、思っています」とも、話していました。

 さらに、「皆さん、闇の権力者たち、正確には、悪魔教の信者たちの時代は、もうすぐ、終わります。ただ、大切なことは、彼らを、これ以上、追い詰めないように、することです。追い詰めれば、彼らも、必死になります。何もしなくても、彼らは、勝手に、自滅します。今は、それを、静かに、眺めていてください」とも、言っていました。これは、凄い話です。

 ほとんどの人たちは、「どうやって、悪を、打ち負かし、やっつけるのか?」ということばかり、強調するのですが、ベンジャミンさんは、「負ける彼らに、逃げ道を、用意してあげましょう」と、提案しているのです。
 まさに、「青い目のサムライ」ですね。日本人なんかよりも、はるかに、素晴らしい、「大和魂」を、持った、現代のサムライです。感動しました。

 他にも、「西洋人である闇の権力者たちは、聖書の終末予言を、心底信じています。これは、裏を返せば、彼らは、終末が、来るまでは、不安なのです。だから、人工的に、悪い終末を、起こして、世界を、破滅に、向かわせようとするのです」
 続けて、「せっかくの機会ですから、来年、2012年を、皆で、仮の終末にしませんか? 大規模な戦争なんかではなくて、とても、楽しく、ワクワクするような楽しい大イベントを、世界中で、開催しませんか? それで、世界を、いったん、リセットさせて、本当に、素晴らしい、素敵な地球を、2012年から、始めませんか?」と、提案していました。  (以上転載終わり)

|

« 「黄桜かっぱ家族」あれこれ | トップページ | 10月訪中?延命菅、遂に外交までダシに »

真実の近現代概略史」カテゴリの記事

コメント

 日本が中国の植民地になったらどうなるか?考えた事があるだろうか?
 ミンスの鳩ポッポや空き缶は、中国が大きな国だというだけで、日本が中国に抱き付いて行く、中国の懐に飛び込んで行く事で、日本が現在抱えている課題が解消するかのような幻想を抱いているようだ。
 しかしこれは大変に愚かな事だ。
 中国にしてみれば、「鴨がネギを背負って鍋に飛び込んで来る。」位にしか見えない。
 中国は、内部矛盾が露呈して、内部崩壊するだろう、と予想している人達がけっこういるようだが、そうはならない。
 インターネットやテレビの検閲を徹底的にやっているので、中近東諸国における民衆革命のような事が起こらないようになっている。
 中国政府の金欠問題は、手っ取り早い方法として、軍事力を高めて周辺諸国侵略で元を取ろうとしている。
 中国は日本の血をすする事でゾンビとなって生きながらえる事を企てている。
 日本の島国本体には資源はなくても、周辺海域の海底には膨大な資源が眠っている。
 日本は昔、中国の古代王朝に対しては、拝謁朝貢した歴史があるため、既に、日本は中国の版図に描かれているのだ。
 この資源と日本の資金、技術、技術者がターゲットだ。

投稿: ゴンザレス | 2011年7月 6日 (水) 02時39分

ゴンザレス様
 貴重な情報、大変ありがとうございました。確かに日本海を挟んだ隣国・中国は、時に鷹揚な大人(たいじん)の国を装いながら、内実は日本に対して危険な思惑を抱いているようですね。
 かと言って、その古代中国・戦国時代の戦略「近攻遠交策」とばかりに、米国隷属一辺倒では独立国と言えず。未来永劫「日本の真の独立」を果たしていくにはどうすべきか?
 前門の虎、後門の狼のこの状況下、我が国は極めて難しい外交の舵取りが求められていると言えそうですね。

投稿: 時遊人 | 2011年7月 6日 (水) 09時13分

すごく共感を覚えました。日本は今、第2次世界大戦
以来の窮地を迎えていると自分は実感しております。
しかし、民主党政権や東日本大震災を経験し確実に
日本人としての誇りに目覚めて来た人が多いと思います。
それは政治家しかりだと思います。
自国を知り真の日本の在り方を、今一度考え直せれば
おのずと外交も上手く行くと、自分は信じております。
又、管理者さんの記事を読ませてもらいより一層自信
を持つことが出来ました。抽象的な文ではありますが、
ありがとうございました。

投稿: akira | 2012年5月 4日 (金) 22時33分

akira様
 コメントありがとうございます。
 まさに3・11と直後の福島第一原発事故(事故に見せかけた爆破?)は「第二の敗戦」のような衝撃をこの国と国民全体に与えました。福島原発各号機が果たして本当に冷温終息しているかどうかは疑問ですが、日本国民は復元力の強い民族であるようです。ともかくもリスタート、どん底のショックから立ち直って明日に向かって生き始めています。
 天の配剤により、当初「闇の勢力」が計画していたように、首都圏直下型地震、富士山大噴火という事態は回避されました。もしこれが起きていれば間違いなく世界は第3次世界大戦に突入していたことでしょう。
 日本という国、日本民族の使命の大きさを感ぜずにはおられません。

投稿: 時遊人 | 2012年5月 5日 (土) 00時13分

こちらこそコメント有難うございます。
そうですね、自分も経緯を辿れば原発事故は間違いなく人工地震だと思っています。そして次の計画が阻止出来たのも日本国を思う人の過去の努力があったからこそのロシア、ペンタゴンの応援だと思います。
自分は、ついこの間迄平和ボケ状態の人間でした。そして今まで平和でいられたのも先人の努力あったこそだからだと思います。時遊人さんの言う通りまさにリスタートをし、今までのツケをこれから返済していくつもりです。
支那や米にはまだまだ油断は出来ませんが、人も国も支え合わなくてはいずれ破綻を迎える一つの教訓だと思います。そして日本が世界の先頭を担えるよう自分も努力していきたいです。

投稿: akira | 2012年5月 5日 (土) 02時52分

 どういたしまして。
 「日本の真意義」につきましては、当ブログ記事『日本雛形論(正・続)』『日本御神体論』などわお読みください。

投稿: 時遊人 | 2012年5月 5日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「黄桜かっぱ家族」あれこれ | トップページ | 10月訪中?延命菅、遂に外交までダシに »