« 七転八起様へのお願い | トップページ | アセンションの実例 »

2012年~『意識がシフトする時』

            2012
          A Shift In
         Consiusness

    2012年~『意識がシフトする時』

 「君はこの流れに乗る準備が出来てるか?」 

 「宇宙でも稀なイベント」と言われ、宇宙全体がこの地球に注目しているという超変革の今この時、肝心の私たち地球人の意識レベルはどうなのでしょうか?
 いつどんなことがあってもいいようなレベルまで向上しているでしょうか?
 かく言う私自身はなはだ心もとありません。

 「息子よ。そんなことはたいした問題ではないのだ」
 これは以前このタイトルのシリーズ(08年9月)で述べましたが、20世紀初頭、ヨーロッパ文明がいかに凄いか得々と話した英国紳士に対して、ヒマラヤ大師が放った一言なのでした。
 「準備の出来ている者に師は訪れる」。英国紳士はこの一言にかつてない衝撃を覚え、迷妄が木っ端微塵に打ち砕かれ、心の底から大師のもとで修行する準備ができたのです。
 この紳士は、その後世界的なスピリチュアリストとして、世界各地を講演して回り多くの深遠な書を残した人です。

 「日常に埋没することの恐ろしさを知らなければならない」という、ある賢者の言もあります。
 日常私たちが後生大事に思い、守ろうとし、しがみついていることの多くは、「そんなことはたいした問題ではないのだ」に相当するのではないでしょうか?なのになぜ守ろうとするのでしょうか?
 それこそが、私たちを3次元世界にがんじがらめに呪縛している原因なのに…。

 宇宙は公平です。「地球全体がやがて次元上昇しますよ」という肝心要の情報は、とうの昔にすべての人に、ありとあらゆる方法で繰り返し発信されています。(ただし世界中の主要マスコミは徹底的に秘匿しています。)
 要はそれを素直に受け入れたか、エゴが拒否したかの違いだけなのです。

 これもそのメッセージの一つだと思います。心ある方。どうぞ一語一語噛みしめてご覧ください。もし分からない用語などがあれば、ご自身で調べられれば、それが探求の入り口となることでしょう。(とうにお分かりの方、失礼致しました。)

      2012年~『意識がシフトする時』

             2012年
          2012年12月21日

  その時、地球がフォトン・ベルトにすっぽりと入り
    冬至の太陽が銀河赤道と一直線に並ぶ

    君はこの流れに乗る準備が出来てるか?

    ハートを中心に生きる準備はできてるか?

           多次元の世界へ

  私たちはアルシオンの渦にある3番星マヤと共に
        フォトンベルトに入ってゆく

     私たちの内面の男性性と女性性が
        完全な調整に入っていくと
 私たちはパーフェクトに自分を映し出すものを引き寄せ
    共に高次の領域へと上昇することになる

   フォトンベルトは銀河の中心から放射され・・・
    それが、私たちの12本のDNAストランドと
5次元のクリスタルライトボディーの活性化を促すことになる

    君はこの流れに乗る準備が出来てるか?

         ( Make the shift )
           変化を起こせ !

          ( Choose Love )
           愛を選択せよ

 【注記】 ただし最新の情報では、2012年12月22日に「ガイアアセンション」が完成するということではないようです。

 (大場光太郎・記)

|

« 七転八起様へのお願い | トップページ | アセンションの実例 »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

            2012年
          2012年12月21日

  その時、地球がフォトン・ベルトにすっぽりと入り
    冬至の太陽が銀河赤道と一直線に並ぶ

 ここで述べられている「2012年12月21日 冬至」がいよいよ本日となりました。この日「冬至の太陽が銀河赤道と一直線に並ぶ」というのです。
 それは、「1999年7の月」だったか、あのノストラダムス予言の「惑星直列」「グランドクロス」という一太陽系内の現象など問題にもならない、極めて稀な我が太陽系と銀河系との共時性的大現象のはずでした。しかし今のところ何も起きてはいません。そして明日はいよいよ「運命の2012年12月22日」です。
 このまま何も起きずに、この一両日が過ぎる可能性も高そうです。しかし何が起きようと起きまいと、自分個人の責任において、今後とも「意識のシフト」を心がけていく必要性を私自身痛感しています。わが身に照らして思うに、意識のシフト、拡大、上昇というものはより良く生きるために不可欠なのに、容易なことでは進みませんから。

投稿: 時遊人 | 2012年12月21日 (金) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七転八起様へのお願い | トップページ | アセンションの実例 »