« 台風上陸そして通過 | トップページ | 聖母は名もなき者を嘉し給いて »

美しすぎる書道家

 -「美しすぎる書道家」としてますます美しく輝け ! 涼風花-

 以前何度か「美しすぎる○○」を取り上げました。
 例えば『美しすぎる○○』。これは、昨年のサッカー南アW杯で一躍美人サポーターとして世界的に注目を浴びた、パラグアイのラリッサ・リケルメ嬢についてでした。また『美しすぎる女スパイ』。これは米国でスパイ容疑で捕まり、その美貌に米国民の関心が集まったアンナ・チャップマンについてでした。

 リケルメやチャップマンについては、その後追跡記事も出しました。リケルメ嬢は本国を中心として、本業のモデルで大活躍。次回W杯の開催国ブラジルの企業のイメージモデルにも抜擢されたといいます。

 またチャップマンは微妙な米ロ関係を反映して、他のスパイ仲間とともに早々と母国ロシアに強制送還されました。「自由世界」での生活に味をしめた拘留中のチャップマンは、接見した弁護士に「帰りたくない」と駄々をこねましたが、いざ母国に帰されてみると国民的スター扱い。メドベージェフ大統領やプーチン首相ら政府要人らの歓迎を受け、今や某銀行の役員であるばかりか、昨年は男性誌のロシア版に大胆なセクシーヌードまで披露しました。プーチンの親衛組織の幹部にも抜擢され、ゆくゆくは国会議員やその上も視野に入れているといいます。

 と前置きが長くなりましたが、これまでの「美しすぎる」は国際級でした。しかし日本でも「美しすぎる」は当然各界にいるわけです。以前の記事の中でも紹介しましたが、例えば「美しすぎる市議」「美しすぎる尼さん」「美しすぎる公認会計士」などなど。
 そんな中昨年までは無名で、今年になってから男性ファン急増中という「美しすぎる書道家」が台頭してきました。今回はこの人の話題を取り上げてみたいと思います。

涼風花2

 その女性は「涼 風花」(りょう・ふうか)さん。「美しすぎる」を冠されたわりには見掛け倒しもいる中で、涼風花さんは掛け値なしの美人です。美人というよりは、25歳のお姉さんには申し訳ないながら「美少女」と形容したいくらいです。
 今年に入ってSMAPのテレビ番組に出演したり、東スポで「美人すぎる書ドル」として取り上げられたりして人気に火がついたようです。
 人気度を計るバロメーターとして「ブログアクセス数」があります。涼さんは2月に『花の詩』というブログを開設したところ、何とわずか3日で200万件ものアクセスが殺到したというのです。今でもコンスタントに1日10万件のアクセスがあり、アメブロ文化人ランキングでトップを独走中だそうです。(独り言 いやはや驚いた !)

 涼風花さんは1985年10月12日、栃木県で書道好きの家庭に生まれました。11歳で地元栃木の「福祉書道展」で金賞を獲得、一躍「天才少女」ともてはやされ、中学2年生で早くも日本書道協会で「師範代」の資格を取ったといいます。
 涼さんにはゆくゆく書道教室の先生という道もあったものの、別の夢があってそれは“女優”になることでした。しかも『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』に魅せられて時代劇の。
 高校卒業後女優を目指そうとしたものの両親が難色を示し、きちんとした資格を得て収入を得ようと考え、歯科技工士の資格を取って地元の歯科医院に就職しお金を貯めたそうです。「実績づくりですね。その上で両親を説得しました」とは涼さんの言です。

 21歳で上京。スカウトされた芸能事務所がたまたまレースクイーン専属で、そのままレースクイーンに。書道家として和服が似合いすぎる涼さんには似つかわしくないようですが、2年前までレースクイーンだったのです。その頃の画像もありますが、スレンダー体型のわりにはけっこう豊乳でハイレグ姿がさまになっています。
 「でも、このお仕事はちょっと違うなって。それで事務所を辞めました」。ということで、いよいよ「美しすぎる書道家」の誕生となったわけです。

 これまで3回ほど小劇場の舞台にも立ったといいますが、当然ながら今は書で生計を立てています。教室は開いていないものの、売れっ子書道家としてイベントに招かれて筆をとったり、企業のロゴを描いたり、ブログで作品を受注してそれを売ったり。サイズにもよるものの、一点5千円から1万円くらいといいます。

 「涼風花」という名前は、本人が好きな漢字を組み合わせたものだそうです。
 「私の田舎は冬になると、毎年男体山(なんたいさん)から吹きつける風花(かざばな)が日光に当ってダイヤモンドダストのように輝きます。この光景が一番好き。将来、ダイヤモンドダストのように輝けたら嬉しいですね」
 故郷栃木を愛する涼さんは、日光観光大使も務めています。本当にダイヤモンドダストのように、今後ますます美しく輝け !

涼風花オフィシャルブログ『風の詩』
http://ameblo.jp/ryo-official/
参考・引用
『日刊ゲンダイ』9月19日(12)「美人すぎる書道家 涼風花さん」
画像は『ガジェット通信』から拝借しました。

 (大場光太郎・記)

|

« 台風上陸そして通過 | トップページ | 聖母は名もなき者を嘉し給いて »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

こい☆こい14
涼風花さん出演!!
華道×書道×水墨画×アニメーションの体感型コラボレーションアートフェス!

アドレスからイベントの詳細がご覧頂けます!

投稿: こい☆こい | 2011年10月 7日 (金) 13時27分

こい☆こい様
 華道の横井紅炎さん、書道の涼風花さん、それに水墨画やアニメーションのコラボレーションイベント。その概要を少し見させていただきました。
 ご案内のとおり、何とも斬新な体感型コラボレーションアートですね。ご成功お祈り申し上げます。

投稿: 時遊人 | 2011年10月 7日 (金) 19時42分

古いブログを開いてみましたら、すごい。車好きな私には
レースクイーンも気になりましたが、筆で書いたアイスクリームで十分です。涼さんのホームページにもお邪魔しました。
 感動をありがとうございました。理系、飛行機大好き男なので漢字に疎く字も下手なので、彼女のブログ見ながら
習字を始めましょうかね。

投稿: 1947LEO | 2012年6月30日 (土) 09時58分

 本文中にもありますが、一連の「美しすぎる」シリーズの一つとして涼風花さんを取り上げたものでした。気に入っていただけて幸いです。なお今のところ、シリーズラストが今年1月の『美しすぎるフォレスタ』です。
 女声フォレスタと出会ったことで、その後「美しすぎる」を取り上げる必要性を感じなくなりました。今後飛び切りの「ザ・美しすぎる」が現れた時は、その時点で取り上げるかどうか考えます。

投稿: 時遊人 | 2012年6月30日 (土) 23時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しすぎる書道家:

« 台風上陸そして通過 | トップページ | 聖母は名もなき者を嘉し給いて »